sanga さん プロフィール

  •  
sangaさん: フランスで手作り無農薬の日本食材「さんが」
ハンドル名sanga さん
ブログタイトルフランスで手作り無農薬の日本食材「さんが」
ブログURLhttp://sangainfrance.blog13.fc2.com/
サイト紹介文フランスで、無添加・無農薬の日本の食材の手作りに挑戦しています。手作り家具も紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/12/27 10:20

sanga さんのブログ記事

  • 麹づくりの会
  • フランスで麹造り!日本でも麹つくりを勉強できる会はあまりないのでは。家庭でもできる方法を伝授いたします。プロの麹屋だけでなく、みんなの手に技を取り戻さなければ、技は失われてしまいます。日本にとって大切な技を次世代に。下記以外の日程でも、参加者4名を集めていただけるますと、麹の会を開催することが可能です。ご希望がございましたら、ご連絡ください。【手作り麹の会】日時:通常10月〜4月の第4火曜日14h00〜17h3 [続きを読む]
  • 手作り味噌の会
  • フランスTOURS近郊で手作り味噌の会を開催します。海外に居るからこそ、知ってほしい本物の味噌。皆さまの参加をお持ちしております。下記以外の日程でも、参加者4名を集めていただけるますと、お味噌の会を開催することが可能です。ご希望がございましたら、ご連絡ください。ぜひお友達と参加ください。Photo: Pierre Javelle - Minimiam【手作り味噌の会】日時予定:通常10月〜4月の第4月曜日14h30〜17h30を予定しております。参 [続きを読む]
  • 手前味噌セット
  • 【手前味噌セット】BIO大豆1kg、米麹920g、塩360g【米味噌のレシピ】 麹920g、乾燥大豆1kg、塩360gの米味噌です。 昨夜から水につけておいたBIO大豆を圧力鍋で煮ます。 灰汁がスポンジのように盛り上がります。圧力を掛ける前に、しっかり灰汁を取ることが大切です。吹き零れをなくします。 1時間ほど茹でると、柔らかくなります。指で軽く押し潰すことができるぐらいまで。 [続きを読む]
  • 「さんが」ってなに?
  • 「さんが」は、いつまでも季節労働者でありたい。そう思っています。「さんが」とは、「僧伽(そうぎゃ)」という僧侶の集まりを指しています。「自他共栄」「拳禅一如(技と心は一つ)」の一念を「さんが」の店名に込めました。そして、漢字で「仏」と書くフランスに導かれて、フランスで味噌・麹屋「さんが」をはじめました。私たちはフランスで自給自足の生活を目指す中、多くの日本食材の手作りを始めました。もちろん家族のた [続きを読む]
  • (無題)
  • 「さんが」が皆さんにぜひ読んでもらいたい本がいくつもあります。厚かましくもここで少しづつ紹介させていただきたいと思います。私は少しの間、数学の教師をしておりました。数学の問題や証明を考えるにあたって、過不足のない解答を 体質と食物―健康への道1980/9秋月 辰一郎「本当に私は、自分の命を賭けて医学をした。今、みそ汁にたどりついた。毎朝の味噌汁である。これが健・不健の鍵と思う。」東日本大震災後、再度見 [続きを読む]
  • お餅つき
  • フランス「さんが」恒例 【お餅つきの会】子供参加大歓迎、おもち食べ放題です。お腹いっぱい食べて帰ってください。日時:2017年12月最終週??日(日)10h00〜17h00頃参加費:大人30euro、子供20euro(7〜17歳)詳細:メールにてお問い合わせください。 [続きを読む]
  • 使用材料について
  • 「さんが」ではできる限り産地地消、現地訪問を心掛けています。CamargueのBIO米Camargueの米農家を訪問しました。たくさんのトンボが飛んでいるのが見えるでしょうか。カマルグの湿地帯全体が自然保護域に指定されていて、BIOでない農家も最小限の農薬を使用するよう指導があるようです。Mme.Caterineがカマルグの米農家の現況を語ってくれました。農家は何を作っても大変のようですが、都会には住みたくないと言っていました。カ [続きを読む]
  • 甘酒
  • 【甘酒】 原材料:BIO米、BIO麹、BIO砂糖甘酒健康法を実践している方が結構います。これに唐辛子、みかん皮などを足すとべったら漬の麹床になります。麹床に塩漬けした大根を寝かすこと5日間。おいしいべったら漬の出来上がりです。 [続きを読む]
  • なっとう
  • 左は丸大豆(皮付き)で、右は反割り大豆。「さんが」の納豆は反割り大豆納豆。 大豆を水洗いし、1日水につけた後、圧力鍋で15分ほど茹でて、好みの固さまで煮る。      乾燥大豆500gに対して、耳かき程度のスプーン1杯(0.1g)を入れる。      ここで、滅菌水を小さじ半杯2.5cc加え、納豆菌液を作る。      煮た大豆の水をよく切り、大豆がさめないうちに納豆菌液を [続きを読む]
  • こんにゃく
  • 《蒟蒻(8丁)の作り方》 (蒟蒻8丁セット内容:蒟蒻粉50g、石灰大さじ1、海藻粉小さじ半分) 蒟蒻8丁を作る場合、1600cc、80℃のお湯に、蒟蒻粉50gを少しずつ入れながら、粘りが出るまで、かき混ぜる 蒟蒻粉がしっかり混ざったら、粉末海草を小さじ半分(2.5ml=約1g)を投入。 更に良くかき混ぜ、30分程寝かします。良く寝かすとしっとりとした蒟蒻が出来ます。 石灰水小さじ1杯半(7.5ml=約3 [続きを読む]
  • 米糠
  • 【米糠】原材料:米糠玄米麹のために自家精米するときにできる米糠です。体調がすぐれない人は、毎日大匙山盛り3杯を食してください。米糠ダイエットです。一般的に謳われている米糠の効用は、コレストロール値、高血圧の解消、血糖値、便秘、貧血の改善もしくは低下、体重の減少などです。米糠で病気がなくなるのですから、すごいものです。 [続きを読む]
  • 自家製純蜂蜜
  • 《ロアール地方の蜂蜜》【春のはちみつ】・・・4月。主に菜の花の蜜。その他りんご、梨等の蜜。フレンチトーストやホットケーキに。白く軟らかくクリーム状に結晶します。【アカシアの蜂蜜】・・・5月。アカシアの蜜。癖が少なく透明感のある蜂蜜。そのため紅茶やヨーグルトなどシロップ代わりに気軽に使えます。結晶しにくい。6月:森の蜂蜜・・・菩提樹、栃、栗、楓、等の蜂蜜。結晶しにくい。鉄分が多いので色が濃い。寒くなる [続きを読む]
  • 納豆菌
  • 【納豆菌】0.5gの納豆菌で、何kgもの納豆を作ることができます。是非挑戦してください。【納豆作り用アルミ容器】1箱4eur(180mm*90mm*25mm)納豆作りは適度の保湿、保温、通気が大切です。様々な容器で納豆を作ってみましたが、最終的にこのアルミ箱がよかったです。ご家庭の容器で様々試されて、うまくいかなければこのアルミ容器をお試しください。 [続きを読む]
  • 各種味噌
  • 【白甘味噌】原材料:BIO大豆、自然塩、BIO米麹の割合が多いために甘く、塩分を少し控えた9.5%の甘い風味の白味噌です。【赤味噌(2年物)】原材料:BIO大豆、自然塩、BIO米2年熟成させると赤味噌らしい味になります。1年物の赤味噌とは味が違います。【田舎味噌】原材料:BIO米、BIO裸麦、BIO大豆、自然塩【玄米麹味噌】原材料:BIO大豆、BIO米、自然塩自家精米のBIO3分搗き玄米麹を使用した玄米麹味噌(塩分約9.5%)です。【田舎玄 [続きを読む]
  • 米、玄米、麦麹
  • 【米麹】原材料:BIO米、麹菌【玄米麹】原材料:三分搗きBIO玄米、麹菌【麦麹(緑麹菌)】原材料:BIO裸麦、麹菌【麦麹(白麹菌)】原材料:BIO裸麦、麹菌米麹3kgからお味噌が約10kg作ることが出来ます。「さんが」では、注文を受けてから仕込みに入るので、いつも新鮮な生麹をお届けします。生麹は、活性が強くよい味噌が出来ます。麹は日本の伝統の食文化そのものです。麹を家庭に取り戻してください。生麹で1週間ほど保存できま [続きを読む]
  • シュタイナー幼稚園"Petit Porteau"
  • 【シュタイナー幼稚園 Petit Pommier à FONDETTES 見学会毎年3月 】私たちがフランスに移住した目的の一つは、子供たちにシュタイナー教育を受けさせるためでした。それは、日本の教育環境から抜け出す挑戦でした。子供たちは、フランスのシュタイナー幼稚園"Petit Porteau"で夢のような時を過ごしました。子供たちにとって渡仏は大きな環境の変化だったでしょう。子供たちは、それを"Petit Porteau"でゆっくり受け入れました。妻 [続きを読む]
  • アクセス
  • フランスの麹屋「さんが」Thoringy37250 Veigne FRANCE(Google Mapで検索可)biosangafr●gmail.com (●=@)【アクセス方法】①TRAMWAYで・・・TOURS駅前よりTramwayに乗車(10min毎あり)。南終点駅 Lycee Jean Monnet下車(所要時間30分)。そこからTAXI(予約要0247203040)で10分。運転手に「"Domaine de la Tortiniere de Veigne"を目指し、その門の前から道沿いに西へ600m1分。TGV線路横のRond-pointから橋を渡りすぐのカー [続きを読む]