mantis さん プロフィール

  •  
mantisさん: アメリカ名門大学留学
ハンドル名mantis さん
ブログタイトルアメリカ名門大学留学
ブログURLhttps://ameblo.jp/meimonkoryugaku/
サイト紹介文アメリカのトップランクの大学に留学する方法
自由文特に地方の進学校の高校生に読んでいただきたいBlogです。現役留学生からの賛否両論のコメントが多数寄せられています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/12/29 13:16

mantis さんのブログ記事

  • 英訳古事記を小学校の英語の授業の検定教科書とせよ!
  • 今や、日本は世界のあこがれの的である。 日本の風土、食文化、武士道、茶道などなど世界の人々を魅了してやまない。その人々が古事記の英語訳を読めば”大日本帝国の正統性”を納得するだろう。 英語版古事記は核兵器より強力な日本の戦略的武器である!日本の小学校の英語の授業は英訳古事記を暗記することに充てるべきだ。 子供向け 大人向け 古事記(英文版) - The Kojiki Amazon [続きを読む]
  • 日本復興に英語を活用する
  • 漢字を維持することが日本文化の維持に必要だと勘違いしている人が多いが、漢字こそ日本人から大和心を奪った張本人である。 かの本居 宣長のテーマは”日本人の心に深くしみついた漢意(自らはそれと気付かず中国流の発想をしてしまうこと)を取り除きやまとだましひ(日本人の心の本来のあり方)をとり戻すこと」であった。英語を公用語化することで、その本居 宣長の遺志を達成しよう。 英語公用語化の効用は計り知れないほど大 [続きを読む]
  • 2020年オリンピック東京開催はロシア・中国の陰謀だった
  • 中西 輝政元京大教授が、ずいぶん前から、1960年代に吹き荒れた新左翼運動の理論的支柱である、マルクーゼ、アドルノなどのフランクフルト学派の理論の危険性を警告されていたけれど、それは、脈々とアメリカで生き続け増殖し、米国社会を侵食し続け、トランプ大統領の支持基盤と全面衝突の段階に来ている模様だ。 トランプが弾劾されたり、再選されなければ米国内では内乱が勃発するという見解があるが、確かに、そうだろう [続きを読む]
  • 2020年アメリカに内乱勃発説
  • 2020年にトランプ大統領が失脚し、アメリカは内乱に突入する、という説があるらしい。それを察知した大富豪はニュージーランドなどの土地を買うなどして、海外逃亡の準備をしているとのことだ。 それらの大富豪の一人ビルゲイツは日本の軽井沢に別荘を建設しており、日本に逃亡先を確保しているらしい。 この見通しが正しいとするなら、アメリカへの留学はやめておいたほうがいい。 そうなると、イギリスの大学ということにな [続きを読む]
  • イギリスの私立小学校留学の必要性
  • 1945年8月15日の大日本帝国の崩壊をもって日本人は冬眠状態に入った。2018年に至るまで、日本人は眠ったまま働き、生きてきた。一部の目覚めた者は片隅に追いやられ、口を封じられ、無視をされ、冷遇されたまま、淋しくこの世を去って行った。そしてはや72年が過ぎようとしている。 林 千勝氏の執拗な追及で、日米開戦、日本の敗戦の本当の責任者が誰であるか、解明されようとしている。氏が展開する背筋も凍るよう [続きを読む]
  • 近衞 文隆とアメリカのプレップ・スクール
  • 近衞文麿・千代子夫妻の長男・文隆(1915年生まれ)は敗戦の年1945年に陸軍中尉としてソ連に抑留され1956年、収容所で亡くなった。学習院中等科卒業後、周囲の反対を押し切りアメリカに留学しローレンスビル・スクールを卒業、プリンストン大学に入ったが中退。 1930年ころ、いったいどうやってアメリカの全寮制高校の情報を手に入れていたのだろうか? ローレンスビル・スクールとはアメリカの全寮制の高校の中 [続きを読む]
  • 漢字栄えて国滅ぶ
  • 政治、経済、軍事、科学など、どの分野をとってみても漢字が必須である分野など存在しない。必須なのは英語である。従って、漢字などにかまけていたなら国が亡ぶのである。 日本人の多くは英語を勉強している、と思い込んでいるが、実は英語の語彙の60%はラテン語、ギリシャ語由来だそうである。サイエンス分野に限定したなら90%がラテン語、ギリシャ語由来だそうである。従って英語を本当に理解するにはラテン語、ギリシ [続きを読む]
  • 漢字を捨ててラテン語へ!
  • 日本人が滅びゆく漢字に連綿としがみついていたならば日本は沈没する。 漢字は滅ぶに任せよ!英語を公用語とせよ!2020年以降は小学生には漢字を教えるな!英語、ラテン語、ギリシャ語を教えろ! 世界のディファクト・スタンダードになっている英語の語源の60%はラテン語、ギリシャ語である。Over 60 percent of all English words have Greek or Latin roots. サイエンス分野に限定するとラテン語、ギリシャ語由来が90 [続きを読む]
  • 白百合学園小学校よりイギリスの私立全寮制小学校
  • 白百合学園幼稚園は3年保育45人の枠に300人ほどが応募する難関幼稚園だそうですが、この幼稚園に入って小学校に進んでも英語力は身につかなさそうです。 日本の医学部を目指すという場合はさておき、この幼稚園に応募したけれど不合格となってしまい渋々他の小学校に在籍しているお子さんをお持ちの父兄にお薦めしたいのがイギリスの私立全寮制小学校への留学です。 7歳または8歳から入学できます。勿論学費は高額ですが、教育 [続きを読む]
  • 英語化で日本にルネッサンスを起こせ!
  • 日本語に漢字が侵入してきたことをもって「文明化した」というのが日本の悲しい歴史です。アジアの東端に位置する以上、やむを得なかった。7世紀ころから漢字を使って文章を書くようになったそうなので日本人は1300年間もの長きにわたり漢字に汚染されてきたと言える。 今、世界は英語がディファクト・スタンダードになりつつある、いや、なってしまった。その英語と日本人は相性が悪い原因は漢字のためだ。漢字を使わなけれ [続きを読む]
  • 日本の歴史教科書は最先端の研究成果が反映されていない
  • 稲作は渡来人が朝鮮半島から伝えた、という誤った説は、36年前の1981年の佐賀県の菜畑遺跡の発掘後の研究で、既に覆されている。 しかし未だに教科書は誤った説を採用している。 1980年-81年の発掘で、従来縄文時代晩期末とされた地層から、大規模な水田が営まれていたことを裏付ける水路、堰、取排水口、木の杭や矢板を用いた畦畔(けいはん)が発掘され、これは従来縄文時代晩期末とされた今から2930年前ぐらいに日本で [続きを読む]
  • 東大の凋落
  • Times Higher Educationの世界大学ランキングでの東大のランキングを2011年から2018年までをグラフにすると、東大の順位が2016年に「ガクン」と腰が折れたように下がっている様子が分かります。2017年に持ち直すかに見えたものの2018年には46位にまで落ち込んでいます。 文部科学省はTimes Higher Educationの世界大学ランキングに日本の大学を10校入れることを目標にして、様々な施策を行っていますが、 [続きを読む]
  • 大学が崩壊し人工知能化による大量失業が襲いかかる
  • 汎用量子コンピューターが2022年までにグーグルなどによって実用化されればどうなるか?人工知能が爆発的に普及し大量失業が起きる。真っ先にリストラされるのは「事務職」。銀行、生保を筆頭にすべての企業が事務職をなくす。当然のことながら人工知能同士が仕事をするようになれば人間は「邪魔」になるので一斉にリストラが行われ、数百万人〜数千万人が失職しカタストロフィーが起きる。 大量失業時代に入れば、学費を負担 [続きを読む]
  • エリートに漢字教育を押し付けるな!
  • 現在の日本語は漢字に毒されているため日本人の知的発展を阻害している。漢字に未来がないのと同様、その言語を使っている民族に未来などない。今、日本人に必要なことは漢字との決別、ラテン語・英語への転換である。 その転換の時代にあって学校は漢字教育を即刻やめるべきで、ラテン語・英語教育を行うべきである。 戦前のエリートは英語、ドイツ語を一生懸命やった。今、政府、財界が推し進める英語教育は、戦前型の「エリー [続きを読む]
  • 漢字学習をなくしラテン語学習に変えるべきである
  • 1945字もの馬鹿馬鹿しい漢字を覚え、加えて中国由来の熟語を覚えることに、日本人は膨大な時間を浪費してきた。しかも日本人が使っている漢字は日本人独自のものでしかなく、少数言語のひとつとして100年以内には消滅してしまう。 日本人が、その漢字に、おさらば、すべき時がとうとうやってきた。 漢字はコンピューターのキーボードとの親和性もない。コンピューターと親和性がない言語は地球上から消える。日本人が地球 [続きを読む]
  • 日本民族存亡の危機
  • 古代から太平洋戦争を経て現在にいたるまでの「歴史の真実」を知らなければ、日本国家の安寧を保つことは不可能です。国内には、その国家の安寧を破壊する衝動に駆られた者がおおぜいいる。これは何も日本の戦後に限ったことではなく、戦前にも存在したし、アメリカにも、おおぜいいる。オバマ元大統領も、その一人であるという説もある。 「国家を弱体化して改造する」ことに「先進的かつ良心的」な人々が全力を挙げて取り組んで [続きを読む]
  • 2030年の就職事情
  • 今をときめくAI企業Prefered Networks。この企業の求人では「文系」の人間をほとんど募集していない。募集しているとしても「スキルの高い経験者」だけだ。文系の新卒採用をしていない。 2030年前後には、こういう会社がほとんどとなるだろう。 文系新卒の就職先はなくなる。財務、法務の専門家レベルしか職がない、しかも、その専門家すら徐々にAIにとって代わられる。そういう時代がやがてやってくる。 英語、プログラミング [続きを読む]
  • 日本の大学生の英語力は英米の小5以下
  • おそらく日本の大学生の英語力は英米の小学校4〜5年程度かそれ未満じゃないかと思います。 このままでは日本が世界から取り残されてしまう。 唯一の解決策は、理数科目の授業では小学校の段階から用語を全て「英語」にすることでしょう。漢字、カタカナは廃止する。同時に大学医学部は率先して漢字、カタカナを廃止する。 分数なんていう言葉使わない。Fractionに変える。微積分と言わずCalculusにする。 [続きを読む]
  • SAT Readingのスコアが低い場合の応募先はStanford
  • SAT Readingのスコアが伸びず600〜650あたりで低迷していて、とてもではないが700を超すことができないという日本人の場合、応募先は下記のようにすべきと思われます。 応募すべき大学Williams Swarthmore  Carleton PomonaなどのトップレベルのLiberal Arts Collegeまたはリサーチ大学ではStanford  Duke  BrownCornell 応募してもよいが合格の可能性はあまり期待できない大学Princeton 応募しても合格の見込み [続きを読む]
  • パイロットが不要になるのは2030年?
  • 今朝の朝刊にパイロット不足が2030年にピークになるので対策を講じろと書かれていた。キャップテンになるまでには10年かかるのだから今から対策を講じないと間に合わない。どうするべきか?その新聞は「自動運航などの新技術の導入による一人体制を研究しろ」と書いている。 実際のところ、旅客機はクルーズ状態になった以降は「自動運航」している。パイロットは何もする必要がない。人間が必要なのは駐機場を出てから離 [続きを読む]
  • 日本人の科学力の停滞の元凶は漢字である
  • 多くの識者が「母語で思考力を鍛える必要がある」と訴えていますが、もし「使う言語が世界の見え方を決めていて」しかも「日本語は科学的思考にはむいていない」のだとすると日米バイリンガルであることは科学者にとっては不利なことです。日本語はおそらく文学には向いているが科学には向いていないというのは素人にもわかる。岡 潔という数学者は情緒性が重要だと仰っていますが、それは天才レベルの話であって一般人には無縁な [続きを読む]
  • 中3からでは遅すぎる
  • 埼玉県立浦和高校からイギリスのWhitgift Schoolに2年間留学するプログラムで、Oxofrdなどの世界トップレベルの大学に進学する目覚しい実績をあげていることを先に書きましたが、しかし、これは非常に異色であって、「普通の」高校生が、同じことをしても英語力のギャップで挫折すると思います。 日本の高校生がいきなりアメリカの名門大学にチャレンジしても同じでしょう。英語の壁に遮られる。また中3からアメリカの高校に進学 [続きを読む]