白猫ミルク さん プロフィール

  •  
白猫ミルクさん: 白猫ミルクのお部屋
ハンドル名白猫ミルク さん
ブログタイトル白猫ミルクのお部屋
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/qualis_vip
サイト紹介文元野良猫でメタボ気味な白猫ミルクのブログです。youtubeにアップ中の花火動画や車の事、自作パソコンなど
自由文youtubeにて白猫ミルクちゃんのおもしろ動画や、各地の花火大会で撮影した花火動画やその他いろいろ公開中です。ブログ内では、写真や動画などを織り交ぜながら日常の事を面白おかしく記事にしてみたり、時には、i7 920のオーバークロックで常用中の自作パソコンネタを真面目に記事にしちゃったりしてますが、基本的にメインは白猫のミルクちゃんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 155日(平均1.2回/週) - 参加 2010/01/01 18:22

白猫ミルク さんのブログ記事

  • Japan Videographyブログ移転しました。
  • 突然ではございますが、Japan Videographyブログを移転させました。レンタルサーバーを3年契約している都合もありますが、こちらのブログでは、ほとんど需要が無いのではないかという結論に至りました。誠に勝手ではございますが、今後は閉鎖か放置とさせていただきます。長い間ありがとうございました。今後ともJapan Videographyをよろしくお願いします。新Japan Videography公式ブログhttp://japan-videography.com/blog/Japan [続きを読む]
  • 写真はRAWで撮るかJPEGで撮るか。
  • とある写真撮影会社のサイトで見かけたんですが、とても気になってしまった言葉がありました。「RAWで撮影するのはアマチュアだ!」そんな事はありません。RAWは撮影した写真の生データなんです。JPEGは、カメラ内で圧縮や調整を加えて写真のデータにしているので、白トビ黒つぶれや色の補正も修正できない状態なのです。写真は光の状態や反射光などによってホワイトバランスが刻々と変化しますが、晴天時にホワイトバランス太陽光 [続きを読む]
  • 一眼レフカメラ ニコン D7500が凄い!!
  • 4年前ぐらいから、ミラーレス一眼レフが普及しはじめて、現在では一眼レフを超えそうな勢いでミラーレスがシェアを伸ばしてきました。私も、4年近くソニーα7Sを使用していたんですが、さすがフルサイズと言わんばかりのダイナミックレンジと高感度性能を持っていたようにも思えたんですが、塗りつぶしたような色が好みでなかったので、メインのカメラから外しました。そこで、新しい機材として導入したのがNikon D7500です。さす [続きを読む]
  • [動画]2017年9月14日 神岡南外花火大会(秋田県大仙市)
  • 2017年9月14日に秋田県大仙市神宮寺で開催した、第38回 神岡南外花火大会です。秋田県大仙市は、2度の豪雨と洪水で甚大な被害を受けましたが、復興祈願と希望を乗せて今年も開催されました。開催当日は、観覧会場を埋め尽くす程の観覧客で賑わい、予想外の雨にもかかわらずほとんどの観覧客が帰らず、さすが花火の街だと実感させられました。神岡南外花火大会は、毎年9月14日固定で開催し、2017年は約7000発の花火が打ち上がりまし [続きを読む]
  • カメラの手ぶれが無くなるスタビライザー 3軸ジンバル Feiyu Tech α2000
  • カメラの手ぶれ補正が進化して、手持ち撮影でも充分撮影可能にはなってきてはいるのですが、カメラ内部だけでは必ず限度があって、いざ使ってみると意外と対応できていない事ってありますよね。そこで、Japan Videographyでは、3軸ジンバルを導入いたしました。歩き撮影でも手ぶれがかなり軽減され、走りながらでも撮影可能になってしまうんです。3軸ジンバルは、カメラ軸の回転や上下を抑えて常に水平を保つ事が可能で、カメラ本 [続きを読む]
  • 2017年 宮城県富谷市 市制施行1周年記念 花火プロジェクト
  • 2016年10月10日に、合併無しの単独で宮城県黒川郡富谷町から宮城県富谷市になりました。宮城県富谷市は、昭和32年に宮城県知事から、昭和35年には内閣総理大臣からの合併勧告を拒否し、平成の大合併も大きな話題にならなかった事もあり、また、スイーツの街や音楽の街としても富谷ブランドは知名度も高く、「とみや国際スイーツ博覧会」が行われ、音楽の街としても「マーチングバンド・バトントワーリング東北大会」には富谷市から [続きを読む]
  • 2017年 みちのくYOSAKOIまつり(JR長町駅西口広場) MEGERE
  • 2017年10月7日と8日に、宮城県仙台市で開催した「みちのくYOSAKOIまつり」は、地下鉄沿線の8つの会場に分かれ、会場間の移動に地下鉄を利用する事によって、渋滞緩和や地域の経済効果などが期待できるイベントとなっています。その中で今回撮影したのは、今年で結成10年目となるMEGERE(めじぇーる)の演舞です。会場はJR長町駅西口広場で、最前列から置きジンバルで撮影いたしました。みちのくYosakoiまつりを見るのが初めてだった [続きを読む]
  • おおがわら桜イルミネーション (宮城県柴田郡大河原町)
  • 東北の桜名所で 、日本のさくら名所百選にも選ばれている、宮城県柴田郡大河原町の「白石川堤一目千本桜」の会場で、「おおがわら桜イルミネーション」が2017年12月1日から開催されました。おおがわら桜イルミネーションは、地元の大河原中学校の生徒さんが考案したもので、仙台市の照明デザイナーが演出を手掛けたそうです一目千本桜の四季を表現したそうです。春の一目千本桜ライトアップ同様に桜の木をライトアップして満開の桜 [続きを読む]
  • 東京湾アクアライン 海ほたるPAの夜景と飛行機の光跡
  • 東京湾アクアラインは、千葉県木更津市から東京湾を横断して神奈川県川崎市へ至る自動車専用の有料道路で、木更津金田ICから木更津JCTまでを「東京湾アクアライン連絡道」、木更津金田ICと川崎浮島間を「東京湾アクアライン」と呼ぶ東京湾横断道路です。1997年に開通してから20年が経過しようとしていますが、木更津から川崎間の距離が100kmから70kmも短縮されて時間も90分から30分と大幅に短縮されています。東京湾アクアラインの [続きを読む]
  • 2017年 大曲の花火 秋の章「花火劇場〜あきた満開〜」その2
  • 先日書いた、2017年10月14日に秋田県大仙市で開催した、大曲の花火 秋の章「花火劇場〜あきた満開〜」その1に引き続き、ハーフタイムショー「スポンサー花火」です。スポンサー花火は、レディーガガも入店した事がある麻布の老舗クラブELE TOKYOが提供するスポンサー花火です。ドレスコードもある会員制のクラブがスポンサー花火をやるとは何事かと思いましたが、ハーフタイムの定義がわからなくなるぐらいの花火でした。文字打ち [続きを読む]
  • 2017年 大曲の花火 秋の章「花火劇場〜あきた満開〜」その1
  • 日本三大花火の一つである大曲全国花火競技大会が開催される、秋田県大仙市では、大曲の花火 四季構想として、「春夏秋冬」に分けられた花火大会が開催されるようになりました。今回ご紹介するのは、2017年10月14日に雄物川河川敷で開催した「大曲の花火 秋の章〜あきた満開〜」です。オープニング花火では、秋田県民歌をJAZZにアレンジし、栗林聡子さんが独唱。美郷ジャズオーケストラWithフレンズの生演奏とコラボレーションした [続きを読む]
  • 谷底から湯気が立ち上がる渓谷・小安峡大噴湯の風景(秋田県湯沢市)
  • 岩壁から98度の蒸気が噴出する、日本の美しい渓谷の風景・東北の観光名所である秋田県湯沢市の小安峡大噴湯(おやすきょう だいふんとう)です。雄物川の支流、皆瀬川上流にある峡谷で、栗駒国定公園に含まれます。すぐ上流には、小安峡温泉があるため、観光地としても人気が高く、秋には美しい紅葉も楽しむ事が出来ます。下流側から上流側に向かうと、上り階段がきついので、上流側から降りて下流側の階段を昇った方が少々楽だと思 [続きを読む]
  • 大正浪漫の湯の街 山形県尾花沢市・銀山温泉の夜景
  • 山形県尾花沢市にある銀山温泉は、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のような、郷愁を感じるノスタルジックな町並みと四季によって変化する美しい風景を楽しめて、夜に温かい光に包まれた幻想的な美しい夜景も楽しめます。また、体の芯まで温める銀山温泉の泉質は、含食塩硫化水素高温泉で神経痛、リウマチ、皮膚病、創傷、成人病、婦人病 等に効果があります。大正時代から昭和初期に建造された旅館が立ち並び、銀山川には橋が架か [続きを読む]
  • 2017年 いわせ悠久まつり花火大会(福島県須賀川市岩瀬地区)
  • 2017年10月29日に福島県須賀川市岩瀬地区で開催した、いわせ悠久まつりから、国内最大級のスターマインも打ち上がる「花火大会」です。地域住民総参加のにぎわいの場の創出と地域振興を目的とし、日中は「米ロールケーキ」早食い大会や、岩瀬清流米を使用した「かっぱ巻き」早食い大会などが催されます。そして、夜18時からは、地元の花火製造業者である㈲糸井火工が担当する花火大会が開催され、音楽創作花火や唐傘行灯花火などの [続きを読む]
  • 日本の美しい秋の風景 2017 宮城県大崎市鳴子峡の紅葉 
  • 宮城県大崎市の鳴子峡は、鳴子温泉街の上流側に位置する、宮城県で最も有名な紅葉の名所で、大谷川が刻んだV字型の渓谷が黄色や赤色に染まる景色は絶景そのもので、鳴子峡の北側や大深沢にも及ぶ、約2.2kmの遊歩道があり、日本有数の紅葉の名所を堪能できます。東北地方の紅葉の名所の中でも人気が高く、温泉街も近くにある事から、とても多くの観光客やツアー客などでも賑わいますので、早朝から行かないと見頃の時期は確実に渋滞 [続きを読む]