モン さん プロフィール

  •  
モンさん: 50歳の日々と備忘録
ハンドル名モン さん
ブログタイトル50歳の日々と備忘録
ブログURLhttp://28468.blog57.fc2.com/
サイト紹介文知らない世界を見聞したい。前へ歩く道は細くてもあるけど、後戻りできる道はない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/01/01 21:53

モン さんのブログ記事

  • 母の遺句
  • 母の趣味の一つだった川柳今年はお仲間の方が、川柳集を届けてくださった冒頭のページで、母の遺句を取り上げて頂いていた・コスモスのやさしさ強さ耐える事・小春日が助けてくれる庭仕事・朝焼けに今日の明暗かけている・脚腰のきしみ具合が決める旅・雨降りは甘えられる日亡母の膝・紅葉を師走に愛でる温暖化・只青きうなじと思慕と走馬燈・ときめいた日々が時に発酵し・意地捨て片目つむって丸く生き・闘病の窓から見える雪中花 [続きを読む]
  • 寒くなってきました。
  • 寒くなってきました。これから2月までは寒く、暗く、気分的にも晴れない日が続くので、どうやり過ごそうかと、毎年の事ながら案じますが、いい方法は見つかっていません。冬季性鬱については日本では注目されていませんが、北欧諸国では確認されていており、人のメンタル傾向の事実のようです。日光に当たる事と身体を動かす事が良いようです。変化のあまりない生活の中で、以前お付合いしていた、年齢的にも近い女性と食事をする [続きを読む]
  • 鹿児島への旅行
  • 母の初盆仏迎えと仏送りをすませて、鹿児島旅行に出かけた。夕方、大阪南港でサンフラワーに乗船し、翌朝、鹿児島志布志湾までの16時間の船旅を楽しんだ。到着当日は鹿児島の指宿砂風呂と知覧平和祈念館に出向き、二日目は福岡大宰府天満宮にお参りして一泊して、翌夕無事帰宅。今までも一人旅はしてきましたが、家に待つ人がいない状況で、思った事があります。それは、一人になったという事実の再認識です。旅行地の知らない場所 [続きを読む]
  • 気持ちを切り替える
  • 母が亡くなりました生きる事を諦めず、不満も言わず闘病しましたが、最後を迎えました眠るように息を引き取る姿を看取る事ができました孤独感と虚無感はなかなか癒えませんが通夜、葬儀・告別式、49日法要、納骨を済ませ次の世界に送り出し一区切りできました今日モカの1周忌も終えました明日から気持ちを切り替えて、一人暮らしを楽しむように心がけたい [続きを読む]
  • 同級生のこと
  • 昨日、中学時代バスケット部の同級生の葬儀に参列した。癌を患い、お母様と4年間二人で暮し、闘病していたが、とうとう次の世界に旅立った。柩へお花を手向けたが、同級生の顔を見ると、寂しくて、辛かった。最後にお母様も花を手向けたが、笑顔で息子の顔を撫でながら声をかけている姿を見て涙が止まらなかった。お母様は、私の母と習字教室の友人でもあったから、母の現況を聞かれた時に返す言葉がすぐに出なかった。生まれた時 [続きを読む]
  • 母のこと5
  • 今日から4月が始まり、桜を見ることができた今朝病院へ行くのに、車までの数メートルが歩けなくなるほど、足腰が弱っていた。おんぶして車になんとか乗せたが、50年前、私は母におぶってもらっていたのにその50年後、私が母をおぶるようになった。人生は変化の連続楽しい時、嬉しい時、喜ぶ時、逡巡する時、悩む時、苦しい時、悲しい時そして、人生は巡り、最後は必ず来る私は思った事、好きな事を最優先にやって行く [続きを読む]
  • 母のこと4
  • 今日で、膵臓癌の余命告知から1年間を過ごすことができた。姉が昨年4月から介護休暇を取得して、母の通院、身の回りの世話、そして私の食事の用意もしてくれている。今日も抗がん剤治療で入院するというが、頭髪の脱毛が以前より確実に少なくなっており、多分抗がん剤ではなく、緩和治療に移行している。主治医は当初から余命は、本人の気持ちで変わります。との助言があり、先生は診察時には、折にふれて母に『変わりありません [続きを読む]
  • 今朝の出来事
  • 今朝は(も?)目が早く覚めて、ベッドで横になっている手持ちぶたさもあり、起きて朝食の支度をする。朝食はここ最近は決まっていて、ご飯、納豆、卵、海苔とコーヒーが定番。今朝の卵は、道の駅で買った卵で大玉でした。割ってみたら、双子でした。朝から、ニコニコ笑顔が見れて、元気が出た。 [続きを読む]
  • 次の世界に出発しました。
  • モカは7/24(日)昼の12時過ぎに、出発しました。食欲がなかったから氷をあげて、この写真を撮ったのが最後に共有した時間です。元気はありませんでしたが、この2時間後に出発するなんて、心の準備もできていなくて驚いて、そしてとても悲しかった。昼過ぎに外出中の私の携帯に、「眠るようにモカが逝ったよ・・・・。」と電話がありました。最後、出発の姿を見せなかったのは、モカの私への気遣いでしょう。慌てて自宅に戻って、 [続きを読む]
  • 7月のモカ2
  • モカが前回太ったって書いたけど、実はここ最近体調が良くありません。本当は病で、しんどいのです。暑いのもありますが、元気がありません。モカは、今まであまりなかったのですが、私の顔をじーっと見ることが多くなってきました。何かを訴えているようでもありますが、大好きだった散歩は長くは歩けなくなっています。最近お気に入りの犬動画。(チワワの銀さん)この動画を見ていると、犬の吉本新喜劇を見ているいようでもあり [続きを読む]
  • 7月のモカ
  • 今日は、まだ梅雨明けしていないが、湿度も高く暑い日。モカはすでにバテて、日陰に連れてきましたがこの有様。土に体表面を最大限接して、放熱している様子。姉が抗がん剤治療中の母のために、色々な食事を作ってくれている。でも抗がん剤の副作用でたくさん食べられないから、残した食材をこの娘にあげていた結果、過去最大に太っている。食べること大好きですから、彼女にとっては嬉しいことかなあと思ってあげますが横腹のあた [続きを読む]
  • この時期
  • 天気が悪く、暗く、雨が続くこの時期、メンタル不調の中波がやってきた。眠れないから、睡眠薬を多めに飲み、その結果翌日ダウン基調になる。結果、思考能力が低下して、その日は仕事の事を考え込んで眠れなくなる。そしてループする、悪循環。先週末と一昨日と昨日は体調不良で会社を休んだ。ベッドから起きあがる気力もなく、母に顔を合わすこともできなかった。今日はなんとか会社に這いつくばって出社した。母の残りの限られた [続きを読む]
  • 人生の刹那を感じた
  • 会社の部下のお父さんが、昨朝亡くなった。お父さんは、私と同じ年生まれの50歳。私は、   その部下の教育担当。私は、   その部下に何を引き継げるのだろうか?人生は短い。他人に迷惑をかけずに自分の人生は、好きなように、思うがまま、生きよう。 [続きを読む]
  • 5月のモカ
  • 今日は年休を取得し、母の病院への送迎、先生からの診察に立ち会う予定。その前に、天気も良いのでモカと散歩する。いつもの公園で、しばしノーリードで自由にウロウロできる時間をあげる。やはりこの娘は、散歩と食事をすごく楽しみにしている事を実感する。私がエチケット用小袋をゴソゴソしていると、おやつの気配を感じてダッシュで帰ってくる。 [続きを読む]
  • 4月のモカ
  • モカの鼻の上あたりの黒さが目立ってきた。おばあちゃんになって禿げてきたのだろうか。(´・Д・)自宅の桃は、昨日満開だった。今年は、この木が育ててくれる桃を食べることができるだろうか。この木が育ててくれた桃 この木が育ててくれた桃2この木が育ててくれた桃3この木が育ててくれた桃4← リンクを貼りました [続きを読む]
  • 2016桃の花
  • 先週末の日曜日には、桃の花弁が広げかけていた。今年も忘れずに、ツバメも来たし、桃の花も咲きつつあるし、庭の草も生える速度が速くなってきた。確実に、春が来ているね。今週、金曜日で4月です。来月は、何をしていこうかな? [続きを読む]
  • 彼岸
  • おととい、彼岸の入りだったようだ入院している母から、見舞い帰り際に言われた『お墓のしきびと菊を入れ替えて』昨日、仕事帰りに父ちゃんが居るお墓に寄ってきた、嫌々ながら。父ちゃんが癌で、最後苦しそうだった姿は覚えているでもあんたは、小学校1年生の私を残していっちゃったよね他にも爺ちゃん、母ちゃん、姉ちゃん、兄弟3人を残して爺ちゃんがあんたのお通夜の参列者に、正座して手をついてお礼を言ってる姿と爺ちゃん [続きを読む]
  • 2016年3月11日
  • 2011年3月11日 14時46分。今日で東日本大地震から5年が経過した。会社でも1分間の黙祷を行った。仕事最中に見たテレビ速報画面に映った津波の映像、流される家や車を見て、愕然として言葉が出なかった。そして、ニュース速報で被害の状況、避難する人、家族を探す人を見るにつけ、気持ちが沈んでいった。あの年自分は、地震直後からメンタル不調が起き、体力気力がガタガタになり結局7月から3ヶ月休職した年だった。今年は、急ぎ [続きを読む]
  • 母のこと3
  • 昨日第1回目の化学療法入院を終えて、会社のフレックス制度を利用して、母を迎えに行った。まだ、痛み、倦怠感、しびれは無いようなので安心した。しかしたった2日間の入院なのに、母は時間の間隔があやふやになっていた。帰りの道すがら、河原に咲いていた花が、梅か川桜か、たわいもない話しをしながら自宅に戻った。病院の近くに勤める男の孫が、イチゴを持ってお見舞いに来てくれた事がとても嬉しかったようだ。今日は、姉とウ [続きを読む]
  • 母のこと3
  • 昨日第1回目の化学療法入院を終えて、会社のフレックス制度を利用して、母を迎えに行った。まだ、痛み、倦怠感、しびれは無いようなので安心した。しかしたった2日間の入院なのに、母は時間感覚があやふやになっていた。帰りの道すがら、河原に咲いていた花が、梅なのか?川桜なのか?、たわいもない話しをしながら自宅に戻った。病院の近くに勤める男の孫が、イチゴを持ってお見舞いに来てくれた事がとても嬉しかったようだ。今日 [続きを読む]
  • 竹内まりや:人生の扉
  • 自分が50歳を迎え、母が80歳を前に癌を患う今、竹内まりやのこの曲の歌詞が心に響いてくくる。母の癌の余命はまだ聞いてはいないが、自分ができるお金と時間を割くことは覚悟を決めた。自分は4/29からベトナムのホーチミンからフエへのエアーをすでにキープしているが、まだキャンセルする決心はついていない。母の癌治療と大切な日常生活を残して自分は観光する事は、親族としては人でなしとか、後々後悔が残る事が予想はされ [続きを読む]
  • 母のこと2
  • 今日母と一緒に病状の説明を受けた。母の病名は膵体部癌今の状況・状態では手術はできないないので、化学療法を勧められた。上腕皮下にポートをいれて副作用と白血球数値を見ながら、抗がん剤投入を2泊3日で隔週治療になるようである。病状説明と治療方針説明が終わったのが15時前で、帰りにひさしぶりに母と外食する事となった。私:『何が食べたい?』母:『あなたが食べたいモノで』私:『・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 母のこと
  • 数ヶ月前から78歳の母は、背中に違和感があると言っており、かかりつけ医に診察してもらっていたが改善しなかった。地元の他の病院でも診察を受けたが異常がわからなかったので紹介を受けて、今日専門病院で精密検査を受けきたとのこと。臓器に影、CA19-9数値が1,700台。今週末、母と病院に行って、医師から詳しい話を聞く。時がきたようだ。 [続きを読む]