simasetu さん プロフィール

  •  
simasetuさん: 売れない主婦作家生活
ハンドル名simasetu さん
ブログタイトル売れない主婦作家生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/dolpfin0218
サイト紹介文主婦、ときどき同人誌作家。かるーくそううつ気味。趣味で声楽とピアノをしてみたり。あれこれのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/01/02 12:17

simasetu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 久しぶりのご報告です
  • すっかり間が空いてしましました。 4月8日(日)「三輪正道さんを語る会」が大阪上本町の、ホテルアウイーナで開かれました。30名少しの集いでしたが、それぞれが三輪さんへの思い、生前の印象に残ったことを語ることができました。私も下準備や司会をお手伝いでき、哀しいけれど心の整理をつけることができました。 4月14日(土)川崎彰彦を偲ぶ「夜がらす忌」が無事に終わりました。例年どおりお墓参りと、郡山城址での [続きを読む]
  • 三輪正道さんが亡くなりました
  • 久しぶりのブログが、哀しいお知らせとなり、残念です。黄色い潜水艦の同人で、31号がらながく一緒に編集をしてきた三輪正道さんが亡くなりました。私もまだ、ショックが大きくて、信じられず、また会えそうな気がして仕方ないのです。 昨年の12月の初めに胃癌を宣告され、いきなり余命一年と言われたそうです。それでも、なんとか残りの時間に物書きとしての使命を果たそうと闘病していらしたのですが、本当にあっけなく先に逝っ [続きを読む]
  • 66号も無事に発行し、合評会も終えました
  • 潜水艦66号 目次 小説・エッセイ                             美容室グロッタ                       島田勢津子雨があがるまでⅡ                      本 千加子しまなみ還暦走行記                     天見 三郎上棟・平成元年五月吉日>の頃                三輪 正道  夢の残り・ウサギ      [続きを読む]
  • 書くことについて
  • 5月末締め切りの作品に、なかなか取り掛かれない。 これというネタが出て来ない。ネタというのは変だけど。アンテナに引っかかってくる人、モノ、いろいろ。今回は書けないか、としばし悩んでいます。でも昨夜このブログを読み返してここ数年は、いつもそうだったと気付く。一か月前。なんとかなるか? 今日は、明日の教室のために、生徒さんたちの作品を読んでいる。二度目。 最近になって、気づいたこと。小説の [続きを読む]
  • 夜がらす忌 
  • 4/15日。今年も、川崎彰彦を偲ぶ、夜がらす忌が、開かれました。 今年は、お墓参りのあと、郡山城でお花見になりました。 お濠沿いの桜がとてもきれいでした。これ、私ではありません。 例年のように川崎さんの作に触れて、トークというのがなくて、寂しいような。でも気楽なような。私は、数年ぶりにお花見だけを楽しみました。でもやはり、飲み過ぎた人の言葉が心に刺さっていたり。酔えないのは損ですね。川 [続きを読む]
  • 黄色い潜水艦65号発行!
  • 今頃か? と言われそうですが、無事に発行されました。2月には合評も終え、また次号に向けての日々になります。 小説空池                 天見 三郎縁切り寺               島田勢津子雨があがるまで            本 千加子酔芙蓉が酔うまでに          天野 律子 雑記・エッセイ 猫の領分               大江 耀子丹波・但馬の故地行   [続きを読む]
  • クリスマスイブに戦争詩についての集まり
  • ご無沙汰しました。例によってID忘れのため、マイページに入れずこちらの更新は怠っておりました。24日、クリスマスイブなのに、文学学校で「戦争詩」について考える集まりに参加してきました。文学学校は私にとって、やはりサンクチュアリです。 今のきな臭い政治の動きに対して、何が出来るのだろう、あるいは原発にしても。本当に、何も危機感を持たない人たちがいます。アベでいいんだ、あれくらいでないと日本がダメ [続きを読む]
  • やっと次作に
  • お久しぶりです。ふだんは歌ブログにたむろしていて、小説から遠ざかっていると、このブログもなんか敷居が高い気がして、見るのも怖いような?変ですが、書いている人のブログも読みたくないって感じになります。今回も11月末の締め切りに向けて、なかなか始動できなかった。先々週くらいにA4一枚分くらいは書いていたが、主人公のアウトラインが定まらず。あれこれ本を読んだり、FBを覗いたりーああこれ大変な世界です。よ [続きを読む]
  • 64号合評会 無事終了
  • 本日午後、近鉄上本町で 無事に合評会が開かれました。まだ暑さの残る中、駅構内だが半分外みたいなカフエのテラス席で汗を掻きながら 真剣に小説について語る我々。近くの席の人からはガン見されました。席を変わる人もいて、ご迷惑だったと思います。でも新しく同人になる人も参加して、 少し厳しめの意見も飛び交い、充実した時間。そのあとの、ビールとお好み焼きが美味だった。私は、久々に合評会のあとに、ほっとするだけ [続きを読む]
  • 黄色い潜水艦64号 発行!
  • 黄色い潜水艦64号が発行されました。作品を書き、編集し、同人の皆さんと校正のやりとり、PDF担当のAさんにデータを送る。印刷が出来て、発送と、3か月がかりの作業を終えて、ほっとしています。      87P 領価500円墓地の上の陽だまり                  天野律子マスケラ                         島田勢津子溜池と鉱石ラジオ                   [続きを読む]
  • 一億総活躍って?
  • この言葉を聞くたびに、え? なんの話? なにそれ? という気持ちになる。今の日本では、活躍どころか普通に生活するのもやっと、という人は結構いるのだ。それに、こんなことを政治のスローガンにするなんて、恥ずかしい。企業年金にしろ国民年金にしろ、この額でどうやって暮らしていけるのか、という額だ。その血税をあんなに私的に乱用していた知事がいて、参院選。今度こそ、改憲をねらう自民党に愛想づかしが起きるはず、 [続きを読む]
  • 書きました!
  • 約1ヶ月、休みつつ、書きついで潜水艦64号の作品を書きました。書いたとたんに、ああ、あれを入れないと! ということに気付いたりもしますが。ま、取り合えず。ある一つのことについても、人はホントに、それぞれ違うことを思い、考えているのだなあ、と思うこの頃。こだわる所と、譲れるところ。譲れることを多くした方が、楽だと思うけど。同人の方たちの作品も届き始め、一番焦る時期です。楽しみであるはずの声楽も、基本 [続きを読む]
  • 権力者はお飾りがお好き
  • なんか、今小説のことを考えていると「権力者」と「お飾り」という言葉が出てきました。男社会でのし上がるのは、よほどの力と才覚のある、女か、黙って何も言わず、何もせず。微笑んでいられる「お飾り」になれる女だと。私の小説の主人公は、思っていることをはっきり言い、行動する女性。でも、結局権力のある男から、忌み嫌われ、無駄に警戒されて、干されてしまうわけです。どこかに正義はあるのかな。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …