suisyaban さん プロフィール

  •  
suisyabanさん: 村の水車番
ハンドル名suisyaban さん
ブログタイトル村の水車番
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suisyaban
サイト紹介文水車小屋のおじさんは見た! 村の暮しは今日も快調!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/01/02 14:13

suisyaban さんのブログ記事

  • プリンターの故障
  • 短歌会から新聞社への投稿は、私が担当している・・・10月の短歌会の投稿歌を印刷しようと思ったら・・・プリンターが故障だ・・・後期高齢者になってから、とかく世間との交わりが無くなってくる・・・プリンターで印刷することも少なくなって来た・・・まだ現役の頃には、地区内の全所帯に配布するだけの資料なども、我が家のプリンターで刷っていたが・・・近頃は月に一回程度の使用頻度になった・・・「ノズルが目詰まりして [続きを読む]
  • 吊るし柿の落下から
  • 吊るし柿作りに挑戦してから1週間は経った・・ぼちぼちとあめ色になった吊るし柿は・・そばによると甘い香りを放つようになって来た・・・吊るし柿の作り方の指南書通りに・・・熱湯もくぐらせた、扇風機にも当てている・・雨は厳禁とのことで、室内に干して風通しもよくして置いた・・・今年は美味い吊るし柿が食べられると・・・・期待は膨らんだ・・・全てが順調に見えたが・・・朝方に吊るし柿の干場に行って見ると・・・5〜6 [続きを読む]
  • 噛ませ犬
  • 近頃、米軍、自衛隊での軍用機や軍艦の事故の話をよく耳にするような気がする・・・装備などが古くなって来たのだろうか・・?軍艦の事故や飛行機の事故が多発するようになった時期と、トランプさんの北朝鮮への軍事行動での圧力とやらも多くなった時期が重なるように見える・・・ひょっとしたら・・・アメリカの老朽化した兵器の有効利用のために、軍事力ではアメリカの足元にも及ばない北朝鮮を挑発して、軍事産業の立て直しを図 [続きを読む]
  • わが家の乳酸菌
  • 2〜3日前に下漬けして置いた白菜の本漬けをする・・・今季初の白菜漬けである・・・何時も入れている昆布が無かったが・・・冷蔵庫の奥にあった「しおっぺ」を代用した・・・しおっぺ を入れると・・白菜漬けに色が付くので家内が嫌がるが・・私が漬ける白菜漬けでは昆布味は欠かせない…私のこだわりだ・・・生姜、リンゴ、唐辛子、ニンニクで味付けした、私の白菜づけは家庭内では評判がいい・・数年前のテレビドラマ「ごちそ [続きを読む]
  • 亭主の不作は・・?
  • 背戸の畑の縁に柚子の木がある・・・昨年は、採り切れないほどの柚子が成ったが・・・今年は柚子らしき実は全然見当たらない・・・本当なら・・今頃になるとほのかに色づいた柚子が葉陰から顔を出しているはずだが・・・?見当たらない !昨年、成り過ぎたからだろうか・・?今は荒れ放題になっている山の畑の縁にも一本の柚子の木がある・・・そこの柚子なら成っているかもしれない・・・と・・・藪を掻き分けて行って見た・・・ [続きを読む]
  • 島根の自慢カレンダー
  • 何かの調査会社が出していた2017版都道府県魅力度ランキングが新聞に載っていた・・・上位は常連県らしいが・・・どこの県も知事さんを先頭に相当気にしているランキングらしい・・・わが島根県は27位だった・・ちなみに・・昨年も27位と変わらい・・・マラソンの順位で言うと・・真ん中あたりをキープしている・・・県名の知名度ではワースト1だと聞いていたので・・27位と聞いて意外な気がする・・・中国地方で見ると・・ [続きを読む]
  • 永遠にあなたのもの
  • 居間の花瓶の花を活け替えておくようにと・・・本職の主婦から出かけるときに仰せ付かっていた・・・何か活けるものは無いかと探して見たが・・・しゅうめい菊も、真弓の実も、吾亦紅も早盛りを過ぎていた・・・・蔵の後ろの畑の畔に・・・咲いている花があった・・・10年前に園芸店で買い求めたホトトギスが大きな株になっていた・・・園芸店のホトトギスは、ごちゃごちゃと沢山花を付けていて、野生のホトトギスのような風情が [続きを読む]
  • 梅雨空に九条守れの女性デモ
  • 梅雨空に 「九条守れ」の女性デモさいたま市の公民館だよりに、毎回、句会の優秀作を掲載されていたそうだが・・上記の句は優秀作として提出されたが掲載拒否されたそうである・・・政治的に偏向と見られたのが理由らしい・・・俳句の事はよくわからないが・・・どこに偏向があるのだろう?街中で出合った女性達のデモの様子を句にしただけに思える・・・「九条を守れ」が良くないのだろう・・?これも・・憲法改正を強く進めてい [続きを読む]
  • 吊るし柿作り
  • 朝から吊るし柿の干し場所を作ったりと・・・吊るし柿作りの一日になった・・・最初は・・・皮剥ぎからである・・剥いだ柿を吊るし柿用の縄に10個づつ付け・・・沸騰した鍋に入れて煮沸する・・・用意した干し場所の竿に等間隔で吊るし・・・下から扇風機の風を送るまでの作業だが・・・150個ばかりの干し柿作りは・・・一日仕事だった・・・正月飾り用の干し柿に高い値が付いていることに納得がいった・・・干場の竿には、ま [続きを読む]
  • 渋柿爺さん
  • 親戚の家から、「西条柿が沢山生ったから採りに来ないか・・?」と電話を戴く・・今日も二つ返事で出かけた・・・昨年もいただいたお家だが・・昨年は戴いた西条柿のほとんどを、ドライアイスを使ってあわし柿にした・・・数年前に吊るし柿にしたら、ほとんどカビで、吊るし柿にならなかった経験から、あわし柿なら・・・と思ったのが間違いだった・・・2個3個のあわし柿なら美味しくいただけるが・・・10キロ近くのあわし柿と [続きを読む]
  • 贅沢な悩み
  • 掛合のFさんから昨夜お電話をいただいた・・・花好きのFさんは、花についての造詣が深い・・「庭のオダマキ、その他の花の苗をお譲りすると約束していましたが・・ご都合は・・・?」二つ返事で、今日は早速F家にお邪魔した・・・F家の庭は広い・・旧家の佇まいだ・・広い庭のあちらこちらには、いろいろな花が咲いていた・・・その中から・・・オダマキ、ホット・リップ?小さな花の咲いたハーブ2株と・・松葉牡丹、をいただ [続きを読む]
  • 大型スーパーマーケットの開店
  • 出雲への用事の帰りに、斐川町へ新しく開店した大型店「プラント」へ寄ってみた・・・ホームセンター兼スーパーマーケットの様な店舗だそうだ、大きい・・広い・・・・開店から間が無いので大勢の客である・・・広い店内は、高齢者にはこたえる・・歩き疲れたが、体育の日の運動にはなった、島根県の人口は、全国で唯一大正時代の人口を下回ったと聞いていたが、人口は減っても、次から次へと大型店の進出がある・・・もちろん・・ [続きを読む]
  • 木次線
  • 親戚の法事にお参りした・・・墓参は・・木次線の沿線を通ってのお参りである・・・折から・・気動車が走っていた・・・わが家の周囲には鉄道線路は無い・・・こんなにまじかに気動車を見ることなどめったにない・・・田舎者のようだが珍しい・・気動車は沿線の草叢に触れんばかりに走っている・・・鉄道線路は、意外と狭い幅の路面である、道路と違って、こんなに狭い空間を大量輸送できる乗り物が今・・存亡の危機を迎えていると [続きを読む]
  • ラッキョウが好きになる
  • 玉ねぎ苗の注文でホームセンターに行くと・・・・売り場にラッキョウの種球が出ている・・・ラッキョウの植え付けは、確か・・・初夏の頃だったように思っていた・・・種球の入っている袋の説明書を見ると・・・植え付けは7月〜10月と記されているではないか・・・今なら・・10月に入ったばかりである・・この頃・・・年と共にラッキョウがなぜか好物になって来た・・・たまに、漬けラッキョウを買って帰っても・・・家内と二 [続きを読む]
  • チェンソー修理
  • 昨日、田んぼの中に残していた、折れたハデ木を整理しようと・・・チェンソーを持ち出したが・・・エンジンが掛かることは掛かっても続かない・・・それでもどうにか、予定の作業は済ませることが出来たが・・・今日は朝からの雨である・・・雨降り仕事に調子の悪いチェンソーを修理して置こうかと・・・分解する・・・機内に溜まった鋸くずなどを取り除き、キャブを清掃しても直らない・・・良く見ると・・タンクからキャブに入っ [続きを読む]
  • 月に群雲
  • 昨夜は中秋の名月・・・縁側での観月は、寒いのであきらめていたが、いざ、向山の頂上に月の出を迎えた頃、家内の声に誘われて見ることが出来た・・・月の群雲 花に風・・・丁度、月の上がる八重山の頂上付近には群雲が掛かっている・・・群雲の中で光る中秋の名月は、それはそれで風情がある・・・雲の隙間からの月光に浮ぶ八重山のシルエットは絵になる・・・北斎の浮世絵版画を見るようだ・・・希望の党の動向が、テレビ報道を [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 今夜は中秋の名月・・・予報では晴れるそうだが・・・雲の具合を見ると・・今一つだ・・・留守番亭主は、それでも夕方には観月の準備をした・・・向いの八重山の山頂から丁度良い具合に月が顔を出すはずである・・・今夜は、縁側で、老夫婦二人での月を見ながらの晩餐・・・と思っていたが・・・寒い・・・結局は、台所へと移動する・・・ストーブの付いた台所で、テレビ画面の中の名月を鑑賞・・・自然を相手の計画は、うまくいく [続きを読む]
  • 花瓶の檀
  • 家内の職場の花瓶には檀が活けてある・・・枝が弓の材料になったからだそうで真弓と書いていた、真弓は、花よりも紅葉とピンクの実が楽しめる秋が本番だ・・・我が家の庭にも真弓が植えてある・・・長女の名前を満由美と名付けた父が、山から採って帰って植えた真弓である・・・姉も85歳になったので、我が家の真弓も庭に根付いてから85年は経っている・・・毎年、ピンク色の実が裂果して赤く染まるまでを愛でていたが・・近年 [続きを読む]
  • 立憲民主党
  • やれやれ・・・ようやく、まともな政治団体らしき名前の政党が出来た・・・立憲民主党日本が近代国家への道を歩み始めた明治から昭和の初め頃の政党名の様な名前だが・・・良い名前である・・聞けば、帝政ロシアの時代にもあった、由緒ある政党名らしい・・・民進党のていたらくぶりでは、一時はどうなる事かと思ったが、結局は正常な形で収まったようだ、これで・・・国会挙げてのやみくもに改憲に向かって突き進むことも・・・多 [続きを読む]
  • ストーブ解禁
  • 近頃、朝方に少し冷え込むことがある・・・朝食時にストーブを点けて見たら・・・違和感が無い・・・地区の祭りが来たら暖房を出すのが、私たちの地域のしきたりの様なものだった・・・天神様の祭りの10月25日頃がストーブや炬燵解禁?の日として定まっていた、今頃は祭りの日も10月の第4土曜日になった・・・祭りの日が毎年変わる、そのためだろうか・・?炬燵やストーブを出す日の見極めがつかなくなって来た、夫々の家庭 [続きを読む]
  • 感動した!
  • 今日は、大東町の山の中で、一日数食だが・・予約でランチを戴けるふたば家と言う自然農業を営む農家に食事に行った・・・家内の姪のM嬢のお誘いである・・・以前から自然農法には興味があった・・・無耕起、無肥料、無農薬での作物栽培はまさに原始の世界である・・・実際に、自然農法で生活している農家をぜひこの目で見たいと思っていた・・・農家としての我が家も、、相当に近代農業から見たら遅れてはいるが・・まだまだ甘え [続きを読む]
  • わが家のつるむらさき
  • つるむらさきは、栄養価も高く、作りやすい夏の野菜として人気が高い・・・と聞いて・・・今年は我が家でも作ってみた・・・春先に植えた4本のつるむらさきは、夏になるとぐんぐんと成長する・・・初めての野菜なので、家内も私も食べ方がわからない・・・ネットで検索していろいろの調理法を試して・・・いざ・・・食べてみたが・・・・何しろ初めての食材である・・独特のぬめりと香りは・・・どうも我が家には合わなかったよう [続きを読む]
  • 現金封筒
  • 遠方に住んでいる友人宅のすでに過ぎていた訃報を聞き、遅ればせながら手紙を添えて供物料を送ろうかと思ったが、・・・手紙の中に包紙を入れるのも常識がない様で気が引ける、・・・うろ覚えの知識では、現金封筒には現金の他に手紙などは入れてはいけないと聞いていたような気もした・・・郵便局へ電話で問い合わせると・・・現金封筒で、手紙などの通信文でも熨斗袋でも入れて大丈夫だそうだ・・・現金封筒には、定形と定形外の [続きを読む]
  • 神話
  • 昨日、臼引きを済ませた新米を精米して、30キロ一袋、何時も買っていただく大阪の知人に送り出した・・・郵便局では、出荷用の紙袋のままで送ってくれる・・・田舎ならではのサービスだろうか・・?昔は、袋に入れたものを段ボールで荷造りをしていた・・・紐もしっかりと掛けて荷造していたので、お米の送り出しにはたいそう手間がかかっていたが・・・楽になった、郵便局に持って行くと・・・「はで干しの新米は味も格別でしょ [続きを読む]
  • 門坂の金木犀
  • わが家の門坂の2本の金木犀が今、花盛りである・・・外出から帰ると・・・強い芳香で否が応でも振り向かざるを得ない・・・香りが強い事も、功罪ある・・・昔、田舎の便所は汲み取り式だったので、金木犀の強い芳香で便所の匂いをごまかしていたそうである・・・それくらいだから、田舎では、金木犀は便所の脇に植えられていることが多かったらしい・・・折角の香りも、トイレを連想するために金木犀そのものも、偏見を持って見ら [続きを読む]