はたけ さん プロフィール

  •  
はたけさん: 鶴ヶ崎玉車日記
ハンドル名はたけ さん
ブログタイトル鶴ヶ崎玉車日記
ブログURLhttp://tamaguruma.blog51.fc2.com/
サイト紹介文愛知県碧南市鶴ヶ崎地区の山車祭りを紹介。
自由文愛知県碧南市鶴ヶ崎地区の山車祭りで曳き回される玉車と、玉車を保存する、鶴ヶ崎区玉車保存会の活動を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/01/02 20:27

はたけ さんのブログ記事

  • 玉車組上げ
  • 本日、午前8時より山神社にて玉車の組上げが行われました。心配された雨もなく、天気の良い中で行われました。先週準備したゴマを使用し、組上げていきます。夕方には組上げが終了しました。来週に細かい整備を行います。 [続きを読む]
  • ゴマ掘り
  • ゴマ…といっても、胡麻ではありません。山車の車輪のことをゴマとよびます。本日午前10時30分に山神社集合で、ゴマの保管場所から掘り出しを行うゴマ掘りを行いました。元気ッス!へきなんに玉車を出すための準備です。ゴマは市内の水分が適正量管理できる場所に埋めてあります。大人数人の力で掘り起こし、ユニックの力で運搬を行います。その後、ゴマに付着している汚れをきれいに流し、来週の玉車組上げに備えます。 [続きを読む]
  • 元気ッス!へきなんへ玉車出展
  • 今年は、碧南市市制70周年です。これを記念して、7月28日(土)に行われる、元気ッス!へきなんに玉車が出展されます。同時に、大浜中区中之切車も出展されます。碧南の2輌の山車が碧南市役所前の通りで曳き回されます。ぜひとも碧南の山車を見に来てください。 [続きを読む]
  • 敏車お手伝い
  • 本日、大府市の住宅展示場ウッドビレッジにて、第5回山車まつりが開催されました。阿久比町横松地区の個人作成の山車「敏車」が出展され、そのお手伝いに鶴ヶ崎区山車保存会員がうかがいました。(写真は保存会Tさん提供)早朝に阿久比横松地区を出発し、(写真は保存会Tさん提供)会場にて組上げを行い、展示をしました。 [続きを読む]
  • 保存会総会
  • (保存会Tさん提供)本日午後7時より鶴ヶ崎区民館にて、保存会総会が行われました。昨年度の決算や事業報告が行われました。続いて、今年度の予算案や事業計画が審議されました。 [続きを読む]
  • 亀崎東組陣中見舞
  • (写真は保存会Tさん提供)鶴ヶ崎区の玉車は、亀崎東組より譲り受けたものです。亀崎潮干祭が近づいてきたため、本日、亀崎東組へ陣中見舞へ伺いました。ユネスコに登録されている素晴らしい祭礼の開催が近づく亀崎地区は、山車祭りの熱気であふれています。 [続きを読む]
  • さやの掃除
  • 久々の保存会活動です。本日、午前9時に山神社集合で、毎年恒例の大晦日のさや掃除を行いました。さや内にある神棚のお供えを新しいものに改め、掃除を行いました。 [続きを読む]
  • 玉車の解体が行われました
  • 祭礼終了後、ずーっと日曜日は雨でした。そのため、玉車の解体も延期延期の繰り返しとなっていました。やっと訪れた、晴れ。玉車の解体が行われました。(保存会Iさん提供)(保存会Iさん提供)解体が終了し、2017年の祭礼行事がすべて終了しました。 [続きを読む]
  • 2017年祭礼の想い出その6
  • (菊千代さんより)日の光にあたると、玉車はキラキラの山車だということを再認識します。全国的に祭りにかかわる人手不足が嘆かれる中で、この山車を守っていくために努力をしていかねばならないと改めて強く思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 2017年祭礼の想い出その4
  • (菊千代さんより)浅間神社へと向かう様子です。昔は、この付近にコンビニがあったなぁと思いながら、最近は、鶴ケ崎に新たなコンビニができました。お祭り後に水分が欲しくてアクエリアスを買いに行ってしまえるほど便利です。町の様子は少しずつ変わっていきます。 [続きを読む]
  • 鶴ヶ崎区祭礼が紹介されています
  • 数日前にコメントをいただきまして、今年の鶴ヶ崎区祭礼の様子がブログにて紹介されています。ブログの管理者である、明るい朝様ありがとうございます。祭礼の様子がステキな写真とともに紹介されています。鶴ヶ崎区祭礼が掲載された、明るい朝様のブログはこちらとこちらです。 [続きを読む]
  • 2017年祭礼の想い出その1
  • (菊千代さんより)祭礼も終わり、2週間がたとうとしています。日常生活へと戻りつつあり、あわただしくしています。なんだか、お祭りがあったのがはるか昔のような印象です。雨の影響で、まだ玉車の解体ができていません。玉車の姿がまだあることを考えると、まだまだお祭りから少ししか時間はたっていないのだなぁと感じます。 [続きを読む]