ささどん さん プロフィール

  •  
ささどんさん: ちょこっとGUM
ハンドル名ささどん さん
ブログタイトルちょこっとGUM
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/n_boy/
サイト紹介文ロッテ野球は甘くない。だけど噛めば噛むほど味が出る。そんな“お菓子な”チームが大好きよ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供556回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2010/01/05 06:53

ささどん さんのブログ記事

  • 備忘録【7/12〜7/16】
  • ≪2018/7/12≫ロッテ・安田、清宮に対抗「一歩先行かれている感じあるけど…」/F球宴 イースタン選抜は高校出のドラフト1位ルーキー3人で中軸を組んだ。4番を任された村上(ヤクルト)は二回に中前打を放ち、盗塁もマーク。イースタン・リーグで安打と盗塁でトップに立つ実力を見せ「いい経験ができた。もっと上のレベルで野球ができるよう頑張りたい」と飛躍を期した。 5番に入った安田(ロッテ)は4打数無安打に終わり [続きを読む]
  • コラム備忘録【7/10〜7/16】
  • ≪2018/7/10≫「どこへ行っても変わらない」―広島からロッテ“移籍”のコーチが貫く信念ロッテの根本淳平1軍ストレングスコーチ、交流戦では古巣と“初顔合わせ” 今季の『日本生命セ・パ交流戦2018』では、ドラフト1位で巨人に入団するもわずか3年で退団し、アメリカ挑戦を経て昨年から日本ハムに加入した村田透投手が2年連続で古巣・巨人を相手に勝利。さらには、3日に行われた阪神戦で今年3月に阪神から西武にトレードで加入 [続きを読む]
  • 備忘録【7/9〜7/11】 vs 西武
  • ≪2018/7/9≫【パ・リーグ 西武11―5ロッテ ( 2018年7月9日 メットライフD )】ロッテのドラ5ルーキー・渡辺 6度目先発もプロ初勝利ならず 3回5失点KO ロッテのドラフト5位ルーキー・渡辺啓太投手(24)のプロ初勝利はまたもや、ならなかった。6度目の先発だった9日の西武戦(メットライフドーム)では2回までに5点の援護射撃を受けたが、悪夢は3回に待っていた。  3回2死二塁から四球、内野安打で [続きを読む]
  • 備忘録【7/6〜7/8】 vs 日本ハム
  • ≪2018/7/6≫【パ・リーグ ロッテ1―1日本ハム ( 2018年7月6日 ZOZOマリン )】ロッテ涌井9回1失点でも勝てず 7試合白星なしに「特にはありません」 ロッテ・涌井は9回1失点の力投も報われなかった。初回から無走者の場面もセットポジションで投球が安定。失点は5回1死でのアルシアのソロだけだったが、これが登板6試合連続の先制点献上で、7試合連続で白星なしとなり「特にはありません」と語るのが精いっ [続きを読む]
  • 備忘録【7/3〜7/5】 vs オリックス
  • ≪2018/7/3≫【パ・リーグ オリックス2―2ロッテ ( 2018年7月3日 京セラD )】ロッテ石川 2年ぶりの2桁勝利ならず 8回5安打2失点 ロッテの石川歩投手(30)は2年ぶりの2桁10勝目は持ち越しとなった。 3日のオリックス戦(京セラドーム)に先発し、初回無死二、三塁を無失点に切り抜けるなど、粘り強い投球を見せたが、2リードの6回1死一塁、オリックス・ロメロに同点2ランを浴び、8回5安打2失点。 [続きを読む]
  • コラム備忘録【7/4〜7/5】
  • ≪2018/7/4≫混パの主役ロッテで頼もしい復活劇。酒居知史の2勝目の大きな意味。「練習では頭を使って、試合では体を使って」 千葉ロッテ・酒居知史は、それを常に念頭においてきた。「(大阪体育大学時代に)体のことを勉強して、理にかなった練習法があることに気付きました。自分の投球フォームを客観的に見て、こういう投げ方をしているんだと再確認したり、他の方の投球フォームを見て、この人はこういう体の使い方をして、 [続きを読む]
  • 備忘録【7/2】
  • ≪2018/7/2≫ロッテ石川が9連戦の先陣、唐川、渡辺もローテに ロッテ石川が9連戦の先陣を切る。今日3日からはオリックス、日本ハム、西武と上位チームとの対戦が続く。3位で並ぶオリックスとの初戦に先発する右腕は「ここで勝てたら大きいと思うんで、頑張ります」と直接対決に備え、大阪市内で入念に調整を行った。 力が入るにはわけがある。相手先発のアルバースには今季3戦全敗。計17回で3点しか取れておらず、大量援 [続きを読む]
  • コラム備忘録【7/2〜7/3】
  • ≪2018/7/2≫【1軍をマクレ】「プロだけで記憶に」―「ミラクル星稜」のエース、ロッテ右腕が歩む1軍への道2014年夏を沸かせた「ミラクル星稜」エース岩下大輝 交流戦では12球団断トツの防御率2.40を誇り、11勝7敗のパ・リーグ2位で終えたロッテ。開幕当初は湿りがちだった打線も、チーム打率.278と12球団トップだった。投打のかみ合った試合運びでリズムを掴み、再び戦いをペナントレースへと戻す中、2軍では自分もその一角に名 [続きを読む]
  • 備忘録【6/28〜7/1】 vs ソフトバンク
  • ≪2018/6/28≫ロッテ涌井が正念場 結果次第で2軍再調整も ロッテ涌井秀章投手(32)が正念場を迎える。 今日29日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発予定。5月18日を最後に5試合白星から遠ざかっており、6月はここまで4戦2敗。西武菊池や巨人菅野、広島大瀬良らエースと投げ合っていることもあるが、2試合連続5失点など内容も良くない。井口監督は28日、羽田空港で「状態が悪ければ下で調整もありますし [続きを読む]
  • コラム備忘録【6/30】
  • 鳥越コーチが力説。ホームランを打つより、落ちているゴミを拾える人間に【連載】チームを変えるコーチの言葉〜千葉ロッテマリーンズ ヘッドコーチ・鳥越裕介(3) 3・4月は12勝12敗、勝率5割で乗り切った今季のロッテだったが、5月に入り負けが込み出したところで、球団はコーチングスタッフの配置変更を発表。一軍ヘッド兼内野守備走塁コーチだった鳥越裕介はヘッド専任となった。 この変更に伴い、試合で攻撃中の鳥越の [続きを読む]
  • 備忘録【6/25〜6/27】 vs 楽天
  • ≪2018/6/25≫ロッテ石川、楽天戦でボルシンガーに並ぶ9勝目狙う「頑張るしかない」 ロッテ・石川歩投手(30)が26日の楽天戦に6連勝を狙って先発する。勝てば今季9勝目(3敗)となり、早くも二ケタ勝利に王手をかける。 石川は6月に入って3連勝中で、26日に白星を挙げれば6月の「月間MVP」も視野に入ってくる。 この日、石川はZOZOマリンで前日の調整に臨んだ。 交流戦で4勝をマークして、日本生命セ・ [続きを読む]
  • コラム備忘録【6/25〜6/29】
  • ≪2018/6/25≫史上初のタイトル独占あるか 外国人投手活躍目立つ ボルシンガー(ロッテ)が16日巨人戦で来日初完封勝利を挙げた。初回の1点を守りきったもので、外国人投手の「スミ1完封」は12年8月9日ロマン(ヤクルト)以来、6年ぶり。パ・リーグの外国人投手では95年8月15日グロス(日本ハム)06年9月19日デイビー(オリックス)に次いで3人目の珍しい完封勝ちだった。 今季の交流戦は外国人投手が活躍 [続きを読む]
  • 備忘録【6/22〜6/24】 vs 西武
  • ≪2018/6/22≫【パ・リーグ ロッテ1―5西武 ( 2018年6月22日 ZOZOマリン )】ロッテ 3盗塁神話崩壊 貯金は消滅 ロッテの無敗伝説が終わった。  井口監督が「走塁改革」を掲げる今季、1試合3盗塁以上した試合はここまで6戦全勝だった。4回無死、左前打の中村は今季18個目の盗塁。だが、1死二塁、清田の遊ゴロで飛び出し、三塁アウト。菊池攻略の糸口はつくったが、得点には結びつかなかった。2回は鈴木、 [続きを読む]
  • コラム備忘録【6/21〜6/24】
  • ≪2018/6/21≫ロッテ・ボルシンガー、“Wおめでた”の快挙なるか<We love Baseball> 「あと6日もないじゃないか。人生の中で素晴らしくうれしい日が、間近に迫っている」。ロッテの右腕マイク・ボルシンガー投手(30)は、ふと通訳に「今日は何日?」と尋ね、「20日」と聞くと幸せそうに目尻を下げた。パパになる日へのカウントダウンはもう始まっている。 第1子誕生となれば、多くの外国人選手は帰国 [続きを読む]
  • 備忘録【6/18〜6/21】 vs 阪神
  • ≪2018/6/18≫ロッテ石川、甲子園初先発 自然体を強調 ロッテ・石川歩投手(30)が19日の阪神戦に先発する。甲子園登板はプロ5年目で初めて。交流戦4勝目を狙うマウンドへ向け、18日はZOZOマリンで最終調整に臨んだ。 8日に予定されていた甲子園での阪神戦が雨で流れ、19日に組み込まれたために登板機会が巡ってきた。ひょうひょうとした雰囲気が石川の持ち味。甲子園初登板には「特に(感想は)ありません」と [続きを読む]
  • 備忘録【6/15〜6/17】 vs 巨人
  • ≪2018/6/15≫【交流戦 ロッテ0−5巨人 ( 2018年6月15日 ZOZOマリン )】ロッテ、涌井7回5失点で5敗目 井口監督「相手がエースで追いつけなければ…」涌井の防御率は4.29まで上昇 ロッテの涌井秀章投手が菅野とのエース対決に敗れた。15日の巨人戦(ZOZOマリン)にチームは0-5で菅野に完封負けを喫した。 先発した涌井は7回107球9安打5失点と踏ん張ることができなかった。2年前の対決では、涌井に軍配があがったが [続きを読む]
  • コラム備忘録【6/18〜6/20】
  • ≪2018/6/18≫“日本一の美爆音”習志野高校吹奏楽部とロッテ応援団、異例のコラボの舞台裏 敗戦後に指揮官が口にしたのは高校生への感謝の気持ちだった。6月14日にZOZOマリンスタジアムで行われた横浜DeNA戦。外野スタンドには習志野高校吹奏楽部250人が陣取り、千葉ロッテマリーンズと異例のコラボ応援を行った。全国屈指の実力で名を馳せる同校吹奏楽部。“日本一の美爆音”と称されるその演奏でマリーンズナインを外野から強 [続きを読む]
  • 備忘録【6/12〜6/14】 vs DeNA
  • ≪2018/6/12≫【交流戦 ロッテ3―0DeNA ( 2018年6月12日 ZOZOマリン )】ロッテ連勝で借金1も…走者三塁でなかなか点が入らず、井口監督「課題」石川の好投で勝利、指揮官は打者に「リラックスして打席に入ってほしい」 ロッテは12日のDeNA戦に石川、松永、内の完封リレーで3-0で勝利し、2連勝。借金も1に減り、たびたび跳ね返された「5割の壁」突破へ井口監督は「明日はしっかりいいゲームをしたい」と意気込ん [続きを読む]
  • 備忘録【6/8〜6/10】 vs 阪神
  • ≪2018/6/8≫【ロッテ】井口監督、阪神戦中止は“恵みの雨”「いい休養になった」 ロッテ・井口資仁監督(43)が阪神戦の雨天中止を歓迎した。前日7日の中日戦(ナゴヤD)は延長10回サヨナラ負けを喫していただけに「昨日の今日なんで選手は切り替えてくれれば」と前向きに捉えた。 また、3連投中だった守護神・内にも休養ができ、「内が今日は基本的には投げない予定だった。そういう意味では明日は万全でいける」と救援 [続きを読む]
  • コラム備忘録【6/8〜6/13】
  • ≪2018/6/8≫【稲葉監督 侍チェック】ロッテ・中村の台頭で二塁争いは最激戦 侍ジャパン・稲葉篤紀監督(45)の12球団視察第7弾は中日・ロッテ戦(ナゴヤD)。指揮官は昨秋も代表に選出したロッテ・中村奨吾内野手(26)の成長に目を見張った。中村の“参戦”で五輪の二塁は最激戦区の様相を呈してきた。 ネット裏から急成長した中村を目に焼き付けた。左前安打で好機を広げ、初回4得点へ導くなどチームに貢献。稲葉監 [続きを読む]
  • 備忘録【6/4〜6/7】 vs 中日
  • ≪2018/6/4≫“第2の故郷”で…ロッテ・石川、5日先発 5日の中日戦に先発するロッテ・石川は4日、入念に最終調整を行った。ナゴヤドームでは1年目の2014年に6回16安打9失点で大敗を喫しているが「あのときは状態が悪かっただけ。今年もオープン戦で投げていますから」と苦手イメージを否定。名古屋は中部大時代を過ごした“第2の故郷”だけに「チームも連勝しているので自分も勝てるように」と気持ちを集中させた。 [続きを読む]
  • コラム備忘録【6/5〜6/6】
  • ≪2018/6/5≫【千葉魂】憧れのチームとの対戦 原点思い出した井上 あれは忘れもしない、よく晴れた日だった。大学4年生だった若者は野球部のリーグ戦が終わり、つかの間のオフに入っていた。だから友人とプロ野球を見に行くことにした。広島から一人、上京し都内の大学に進学した若者は時折、無性に故郷の匂いを感じるために広島カープの応援に行きたくなることがあった。だからこの日もレフトスタンドに座った。2011年6月 [続きを読む]