Kazu さん プロフィール

  •  
Kazuさん: TOEICはKazuにまかせろ!
ハンドル名Kazu さん
ブログタイトルTOEICはKazuにまかせろ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/kazutoeic/
サイト紹介文愛知県でTOEIC専門塾を運営している、満点講師kazuのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/01/06 18:53

Kazu さんのブログ記事

  • 刀は常に磨いておかねば
  • 私はパート3&4では、設問の先読みをすべてやっているというわけではありません。旧形式の時は基本的に全部先読みしていましたが、今は一部の設問しか先読みしません。 その理由は、「設問全体の80%が、先読みしなくてもしっかり聞いていればわかる」ものだからです。つまり、2〜3年前と比べて、私のリスニング力が確実に進歩したのでしょうね。一番大きな要因は、海外のビジネスニュースを聞いているのと、韓国模試での再 [続きを読む]
  • もしもこんなパート1があったら
  • 私が公開テストのパート1で最後に間違えたのはいつのことだっただろうか?もう何年も前のことなので覚えてないです。 私は新形式になった時にパート1は廃止になると予想していましたが、予想は見事外れて残りましたね。喜んだ人は多いんじゃないでしょうか。 でも、個人的にはもうこのパートの存在意義はありません。昔は時々1問くらい引っかかって間違えていた時もありましたが、今はミスは皆無です。その理由は簡単。「完璧 [続きを読む]
  • 頻出する業種、でもつまらないかも
  • TOEICのリスニング及びリーディングではいろいろな業種の会社が登場します。でもよく考えたら、頻出する業種はだいたい決まっているんですね。例えば、construction company, catering company, real estate agency, landscaping companyなどは頻繁に登場します。 それに対し、絶対に登場しない職業というのもたくさんあります。例えば、株式仲買人、保険外交員、結婚相談所、興信所、質屋、日雇い労働者派遣会社、軍人、ギャンブ [続きを読む]
  • 何人もTOEICの難化をなめることなかれ
  • 今のTOEICの大きな特徴を一つだけ挙げるとすれば、「パート7の問題数増&その難化」の一言に尽きると思います。 私が公開テストで990点取れない時は、その主な理由がパート7でのミスです。言い換えれば、パート7の54問をすべて正解できたら確実に990点取れるということです。(リスニングは確実に495点取れますから) それなのに、個人的には少し気になることがあります。それは「TOEIC学習者も、教える講師も、こ [続きを読む]
  • TOEICが必要な役員さんから感じたこと
  • 現在、私の生徒さんで会社の役員に昇進したためにTOEICスコアが必要な方と、役員になるのにTOEICスコアが必要という方がそれぞれ一人ずついらっしゃいます。 当然、お二人とも執行役員になる方なので、お年も私とそれほど違わないベテランの方です。どちらも今までTOEICなんてほとんど受験されていないわけで、お一人は今まで英語とはほとんど縁がないサラリーマン生活を送られてきた方です。その年齢になって会社からTOEICのスコ [続きを読む]
  • つらい国民病にもめげず、頑張るカズ
  • 今の時期、花粉症でお悩みの方は多いですね。もうそろそろピークは終わりとか言われていますが、私の場合、今のところ沈静化する気配は全くありません。私のレッスンでも多くの生徒さんがこの病気で苦しんでおられます。そうです、花粉症は立派な病気なのです。それも、日本の人口1億2千6百万人の内、2千5百万人が患っている立派な国民病です。5人に一人ですよ。! そういえば、前回の3月公開テストの試験会場では空席が結 [続きを読む]
  • 採点対象外問題は腐ったリンゴ
  • 先日の3月公開テストでは、パート7で正解の根拠が見つけられずにマークしたのが2問ありました。 その内1問は、私の読みが浅かったためなので私の負けです。でももう1問は、何度も読み返しても正解の選択肢が一つも見つからないものでした。おかげでその1問だけでかなりの時間を費やすはめになり、それが後々まで尾を引いて、結局最後まで解答し終えたのが終了1分前というドタバタでした。 今でも、いったいあの問題の正解 [続きを読む]
  • 「バカ」になれない「バカ」
  • 昨日のTOEICは体調が悪く最悪でした。それでもリスニングは99問は正解できているはずです。あのコンディションを考えれば、自分でも上出来だと思っています。 昨日は新参者のオーストラリア人の男性が登場しましたね。発音はやはり訛っていました。慣れない人は大変だったんじゃないでしょうか。でも私は大丈夫。日頃から聞き慣れていますから。オージーイングリッシュに抵抗がある人は、下記の教材で練習されたらいかがでしょ [続きを読む]
  • TOEICスコアの有効期限は?
  • TOEICスコアの有効期限は一般には2年というのが通説です。でも、TOEICを主宰している一般財団法人「国際ビジネスコミュニケーション協会」は、「特に期限と言うものは設けていない。ただ、スコアレポートの再発行期限が2年のため、日本ではその数字が独り歩きしたのではないか」と説明しているらしいです。 でも皆さん、先日ある生徒さんからニュージーランドで受験したTOEICのスコアレポートを見せてもらいました。するとそこ [続きを読む]
  • valued customer にはもっと特典を
  • 日本の企業には、いわゆる「valued customer」を他の新規顧客に対して手厚くもてなそうという姿勢が無いように思われます。 例えば、私はもう11年間以上同じ携帯電話会社を使っていますが、昨日今日新規に契約した顧客に対して何の特典も受けていません。それどころか、携帯各社は新規契約のみに手厚い特典を付与して新規顧客獲得に必死になっているのが実態です。昔通っていたスポーツジムもそうでした。 では一般財団法人「国 [続きを読む]
  • 1月は「approximation」にやられた!
  • 1月の公開テストの結果はまたもや985点でした。こんな中途半端なスコアはもうイヤと言うほど取ってますので、もう要らないですし、うんざりなんですけど。でも、いくら私が嫌っても、なぜか向こうからやって来るんですね。そんなに私って魅力あるのかしら? ところで、1月はアビメによれば語彙問題で1問ミスし、それが致命傷となったようです。おそらくパート7の同義語問題、つまり、近い意味の単語を選ぶやつです。悩んだ [続きを読む]
  • ますます遠のく全問正解
  • 1月の公開テストの結果がネットで発表になりましたね。目標スコアを達成された方はおめでとうございます。 ところで、私は新形式になってから公開テストで200問全問正解できたのはわずか1回だけです。それ以前の旧形式の時は、だいたい年に3回くらいは全問正解していたので、これだけ見ても新形式になっていかに難易度が上がったかがよくわかります。 毎回ネットで結果が発表されると、その日のうちにスコアレポートの画像を [続きを読む]
  • ETSさん、俺のブログを読んでますね
  • 先日の1月の公開テストで私が受けた問題フォームのリスニングで、TOEIC受験以来初めてのことが起こりました。それは、パート3か4で「home page」という単語が使われていたことです。 私は21年間TOEICを受け続けていますが、テストで「home page」が使われたのは初めてです。今までは必ず「web site」でした。でも、なんでいきなり今回突然「home page」という単語を使ったのでしょうか? 実は私には思い当たる節があるんです [続きを読む]
  • 公式問題集の解説は十分か?
  • 自分のレッスンで使用している公式問題集の「自分流の解説」を考えていていつも思うことは、「公式問題集で独学する学習者は、問題集に書いてある説明で本当に理解できるのかな?」ということです。 例えば、公式問題集1のTEST1のパート5の120番にこんな問題(英文は変えてあります)があります: ―――― a small restaurant popular among local residents, the Miracle Diner has become one of the biggest nationwide [続きを読む]
  • プリーズ ウァイト
  • 先日の1月の公開テストで私が受けた問題フォームは、特にリスニングが難しかったです。たしか、いつもより多くのナレーターが登場しました。それが、4〜5人のレベルではないです。もっと多かったような気がします。 その中に、私にとって公開テストでは初めて聞くナレーターが一人いました。オーストラリア人の男性です。従来からオーストラリア人は男性2人と決まっていましたが、昨年末に第3の男が現れたと思ったら、今回つ [続きを読む]
  • 某電機メーカーの生徒さん曰く
  • 昨年のことですが、私の生徒さんで国内の有名電機メーカーにお勤めの管理職のAさんがいました。その会社は管理職にはTOEIC600点以上が義務付けられており、彼は当時まだそのスコア未達でしたが、事後に必ずそのスコアを取ることを条件に管理職に昇進したそうです。だから私のレッスンに来てくれたというわけです。 ちなみに、その会社は数年前から業績が低迷しており、事業の一部を中国のメーカーに売却しなければならないとい [続きを読む]
  • 公式問題集は必須単語の宝庫
  • 私は現在、自分の1〜3月のクラスで使用する「公式 Listening & Reading 問題集3」の頻出単語一覧表を急ピッチで作成しております。 この作業は新形式の公式問題集の第1号以降続けて行っているので、今回で4回目になりますが、作成していていつも感じることがあります。それは、「公式問題集で使われる単語は毎回ほとんど同じ」ということです。 例えば、今回の最新版3で使われている単語の中で、過去の公式問題集に登場して [続きを読む]
  • 壁を打ち破るには
  • 目標スコアを目指す上で、壁に立ちはだかれて大変苦労をされている方は多いと思います。例えば、「IPテストでは900超えのスコアがとれたのに、公開テストはそれより数十点低い850前後しか取れない」と言って嘆いている人たちです。また、500点台半ばで伸び悩み、社内の昇格要件の600点になかなか届かないで苦労している一流メーカーの社員の人たちも多く見てきました。 では、壁を超える人とそうでない人の差は何で [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 新年あけましておめでとうございます。 今年も健康で、無事に新年を迎えることができました。 昨日の大みそかは紅白歌合戦を見ました。毎年必ず見るわけではないですが、映画を見に行く予定を変更して、番組のオープニングから気合を入れて見ました。 出演者のなかには、私にはその良さがわからない人もいましたが、「よかった!」と思ったのは郷ひろみさんとX JAPANのYOSHIKIさんです。 郷さんの華麗な踊りには脱帽です。あの人 [続きを読む]
  • なめたらいかんぜよ
  • TOEICのスコアには「目標スコアをなかなか取らせないように、意地悪してわざと阻止しているんじゃないか」と思いたくなるような壁のようなものがあります。私の場合も、14年前に985点を取ってから最後の5点を取るのに2年もかかってしまいました。当時の公開テストは年8回くらいでしたので、最後の5点で16回も「待たされた」わけです。今でもあの苦汁を味わった2年間は思い出したくありません。 当然ですが私の場合、 [続きを読む]
  • あと3日で仕事納めです
  • 今年はあと3日仕事をして終わりです。ここ3年くらいは毎年、年末までに1度は高熱を出してダウンしていましたが、今年はなぜか今のところ大丈夫なんです。 今のところ元気な原因は何なのかわかりませんが、おそらく毎日サプリメントを飲んでいるのと、定期的なウォーキングのおかげではないでしょうか。それとも気合の賜物か?まさかねえ。 毎年、年末は30年来の友人と二人で下呂温泉へ行くのが恒例となっていますが、今年は [続きを読む]
  • 真冬でもノースリーブの米国女性キャスター
  • 私は日頃からネットで米国のCNBCビジネスニュースを聞いていますが、以前から気になっていたことがあるんです。それは、登場する米国人女性のニュースキャスターたちの多くが、真冬にもかかわらずスタジオでノースリーブの服を着て仕事をしていることです。 サンプル動画はこちら ⇒ https://www.cnbc.com/video/2017/12/21/high-tax-states-on-salt-diet-after-tax-reform.html CNBCのスタジオはニューヨークのマンハ [続きを読む]
  • 医者へ行くも地獄、行かぬも地獄
  • 昨日、先月受けた心臓のCT検査の結果を聞きに病院へ行ってきました。やはり冠動脈に軽いプラークができていました。いわゆる動脈硬化です。ただ、これは男性の場合40歳以上であれば、程度の差があるだけでほとんどの人があるそうで、それを聞いて一気に気が楽になりました。 そして、今私に出来ているプラークの3倍の大きさになると、カテーテルによるステントを使った手術が必要になるそうで、私のはまだそのレベルに達して [続きを読む]
  • 新参者のオージーと北米人
  • 今日12月のTOEIC公開テストを受けてきました。今日の目玉は何と言っても、リスニングで私にとって初めての男性ナレーターが2人登場したことです。 一人はおそらく米国人又はカナダ人です。彼が話す英語は聞き取りやすいものだったので、何の苦労もせずに聞き取れました。 しかし、もう一人の男性が話す英語はかなり個性がありましたので、細心の注意を払って集中して聞きました。彼は間違いなくオージーです。「way」を「ウァ [続きを読む]
  • 受講生の声
  • 先日、受講生の方から下記のメッセージをいただきましたので御紹介します: 独学でのTOEIC学習に限界を感じていた私がEiproudを選択した理由は、「先生が何回も満点を取得されて、現在も受験し続けている」ということと、「少人数での講義を受講したかった」ということです。 説明会の内容ははとてもわかりやすく、また先生が全授業を担当されているため受講を決断しました。 とてもわかりやすい説明の仕方、そして大手の塾とは違 [続きを読む]