ヒカラビの父 さん プロフィール

  •  
ヒカラビの父さん: ヒカラビ一家の花日記
ハンドル名ヒカラビの父 さん
ブログタイトルヒカラビ一家の花日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hikarabinotiti
サイト紹介文山の上に住む花農家です。魚沼発のあれこれを、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/01/07 12:16

ヒカラビの父 さんのブログ記事

  • くろもじ
  • この時期の花クロモジ。上品な花。高級和菓子についてくる凝った爪楊枝はこの枝から作りますw。ようやく晴れてこの畑でこの景色に合うとなんだか気合入ります。掘り残しのウルイがいい感じで芽が出てる。もったいなかったな。今年はたっぷり切ってくれるぞ!って感じの芍薬畑。うちはあまり急いで融雪しなかった。遅くなった方が飯山とバティングしなくて儲かるのです。芍薬は産地リレー。これがベストでしょう。植える畑を間違って [続きを読む]
  • 雨の日
  • 雪は消えたものの冷たい雨の日が続いている。ようやく小屋もかかって始動体制には入った。パイプ資材の準備も出来たのだが、、、、雨のせいなのか激しい頭痛が、、、、病院に行ってCT検査。結果は脳みそには異常なし、肩こりが原因だそうだ。山は山菜のシーズン真っ只中。この時期の一番は木の芽だ。ウドも出てます。長い間出荷したハウスの山菜ウルイ。本日36パックで終了。昨シーズンより1割の収量減で終った。単価は良かった [続きを読む]
  • 買ったバッグはカッターバック
  • 暮れに買っておいたバッグ、長年使ったルコックからカッター&バックへ。ジーンズ柄でいいでしょ。冬はお揃いのブルゾンも来てました。ゴルフアパレルは高いけど丈夫なものが多い。今年の初打ちは70周年御来賓の皆様を囲んで。いい天気だ。会場は小千谷カントリー、ティーマークは錦鯉。10年前の60周年記念コンペもここでした。その時のスコアは88で優勝。あれから10年、、、、、、歴史を重ねることは意義も深いが罪も深い、、、 [続きを読む]
  • 気が付けば70周年。
  • 花き組合創立70周年。昭和23年にはもう組合が出来ていた。「 宝物のような値段の種を買って栽培が始まった 」 で始まるビデオクリップ。来賓のドタキャンがあったので編集作業は夜なべだったようだ。懐かしい人たちがお祝いに駆けつけてくれた。ビデオメッセージ。花業界全部に支えられての70年。感謝感謝の一日でした。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショップはこちら    [続きを読む]
  • 畑仕事開始
  • まだ水は引かないまでもようやく出てきた畑です。ここには秋植えのカサブランカ(北海道小清水産)とピンク系オリエンタル2種が植えてある。この図太い芽。9月末から10月頭に植えてすぐに黒マルチを張っておいたので、去年の長雨の中でもふかふかの状態だ。黒マルチなので草も生えていない。マルチを剥いで保温材を張って今度は温めます。陽の当たる斜面にはスプリングエフェメラルたちが春を謳歌している。全てのものが一斉に春を迎 [続きを読む]
  • 開花宣言
  • 今頃と思うかもしれないがようやく開花しました。こちらは赤木蓮。白木蓮の方が早生なのかな。最近は逃げもしない鴨。食ったらうまいかも。清水んちのしだれ桜はいい色だ。全ての花が一斉に開花するのが豪雪地の春。ウルイは残すところ3ベッド。去年よりも1割ほど収量が少ない。単価は去年並みか少し良いか。株割も同時進行で進んでいます。去年より25%ほど増産する予定です。ニンジンはほぼ完売、次は山ウドの出荷を待つばかり。 [続きを読む]
  • 今夜はどう?苦心
  • 町を見下ろす畑です。まだ雪有ります。最近はボイ(薪)を切らないので雑木が大きくなっているがこいつは、、、、大好きなあれじゃないか。そう、アンニンゴだ。本来なら塩漬けするのだがアガアガしてるので塩でギュッと絞ってすぐに食う。この苦みと臭味、エグミは山菜通ならではのもの。ついでに蕗の薹。アンニンゴ、ふうきんとう味噌、直売所で物々交換した八色菜、冷蔵庫にあった野菜で野菜炒め。炭水化物無しで野菜食。今夜はカ [続きを読む]
  • そうかい、そうかい、、、
  • 道路わきはヒメオドリコソウが満開となっております。草食系雄犬は芽生えた草をおいしそうに食べておりますw。きっと前世は羊だったのだと思います。健康的。残雪の中に咲く桜。青葉と白い雪、そして青空。この季節は活力にあふれております。直売所の総会での上位表彰。売り上げ、販売点数、販売日数をポイント集計しての表彰。去年は2位、今年は4位での表彰でした。売り上げ落ちたのでしょうがないか。1位、2位がユリだけの農家 [続きを読む]
  • 完売御礼〜?オンレィ〜オレオレ〜
  • 南風が吹いたり冷たい雨が降ったり、、、、まだ雪のある山の上の村。背中の筋肉がパンパンに張っているのは、畑仕事に励んでいるからです。ユリ屋の仕事も始まっていて、芽が出てますw。藁掛けや土かけの作業にまだ体がなじんでません。バリスタがやたら太い芽が出てます。シャバに春が来て野菜の価格が安定してきた途端に我が家のニンジンの売れ行きも渋ってきました。雪下にんじんはとても寿命が短くてすぐに芽が出てきます、、 [続きを読む]
  • 気分総会
  • 直売所に向かうお気に入りの土手道路の雪が消えた。この道を走るのはとても気分爽快だ。ここは桜並木になっていて雪消えと同時に開花が始まる。我が山の上の村にはキリマンジャロが現れた。キリマンジャロは数日前まで富士山だった。年によってはヨセミテのハーフドームになったりする。これは道路わきに冬の間積み上げられた雪をいったん排雪して積み上げられた山。無駄なようだがこれによって畑仕事開始が早まる。ありがたいこ [続きを読む]
  • 芽でたい
  • ハウス内のユリが芽を出し始めた。連日温かい天気ではあるが山の畑はまだ雪がどっさり。除雪したところはようやく地面が見え始めた。平場はもうだいぶ雪が消えたので直売所で球根売り出しました。2芽球ばかりだが1球100円。毎年この時期結構売れます。恒例の雪室芽伸ばし庫の雪積み、シートかけ。毎年お盆前くらいまでは雪冷熱で省エネ。電気代は約半分で済んでます。これが終わると毎週球根が出庫されて畑仕事が始まるので [続きを読む]
  • 4月1日
  • 今年初のスミレですw。やっと春が来た。今朝未明、奥方の姪っ子が3人目の息子 三男 を出産した。3500g超のデカベビーだ。4月1日生まれの超早生まれ。実はその兄 次男も 4月1日 生まれなのだ。さらにその兄 長男は 1月4日生まれ。実は、、、産んだ姪っ子は4月14日生まれ。さらにさらに、、、婿殿も4月14日生まれ、、、同じ誕生日の夫婦。これで家族全員 1と4の日が誕生日、、、こんな偶然があるのだろうか ?? [続きを読む]
  • 隙間産業
  • このところの晴天続きで本業のウルイ出荷は大忙しだ。隙間産業的な雪下にんじんは好調な売れ行きで残りはあと1列ちょっとになってしまった。先週パートさんに植えてもらった本業のユリなのだが、若干畑が余ってしまっている。本荘として植えたのはバリスタ。オランダ産。10日ほど遅れた出庫で植えたのがサロニキ。国産球なので輸入球とは一味違ったボリュームに育つ実績がある。そしてシレンシア。サロニキとペアになるほどの超極 [続きを読む]
  • 見映える週末っは
  • F1 並みに飛ばして行ったのだが週末の東京はどこも大渋滞。裏道裏道と探っていくと桜並木の向こうに見えるのは東京農大。東京の桜は3分咲きくらいか。予定より少し遅れてキャンパス到着。2日間、4回に分けての卒業式。午前の部を終えた卒業生たちで華やか。保護者は講堂には入れないものの控室でライブ映像を見る。親たちもなんだかみんな年取った感がある。4年間大金をつぎ込み続けた疲れが顔に出ている。お決まりの紅白まんじ [続きを読む]
  • 食う寝るwork
  • 突撃アポなし会社訪問 ! お世話になってる(株)クーネルワークさん訪ねたところ、予想通りの若いイケメンさんが迎えてくれた。もう3年の付き合いになると を運営しているベンチャー企業だ。事務所の中は若者ばかり。女子社員は結構美人ぞろいでいい感じだが画像での紹介はよしておこう。おらの名刺にのロゴを張ってあるのをえらく関心してくれたけど当たり前じゃん。うちの店なのだから。直売所の品ぞろえのために人参生産を [続きを読む]
  • The 段階
  • 布場の山に上がっておりますw~  秋以来、今年初山だ。ポールとポールの間、ハウス1棟分には、あのサロニキの国産球が秋植えされている。サロニキ、バリスタ、モンサノ、パタゴニア、ヨープ、ビナスコ、そしてまた秋にモンサノ、バリスタとはっきりした色めのピンク系を段階付けてリレーするように計画てたいる。もちろん最初は超早生系のサロニキを、ハウス、露地、ハウスと3連作用意している。合わせる白系はシレンシア、これ [続きを読む]
  • 雪下にんじん
  • ようやく雪下にんじんが見えてきた。ネットにはもう注文が殺到しているらしく発送伝票がすでに10口。スーパーからもまだかまだかの催促が。でもね、、、、やっぱり去年の長雨であんまり太ってないんだよ。鼠食ってるし。ポップ用の撮影をしてたらQちゃんからも催促が。顔が切れちゃったけどこれが一番絵になってる。ニンジンで儲けて一杯飲みに行こうぜ ! すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。 [続きを読む]
  • 陽を集める
  • 晴天が続いてますw。7日の朝に炭を撒いて6日経過。雪面を黒くすることで陽を集めて雪は速く消えて行きます。あまり均一に撒くよりはムラがあるように撒いた方が空気に触れる面積が増えてさらに早く消えます。6日間ですでに30センチは違いが出てます。現在2mほどの積雪量。このまま晴天が続けば、1日5センチの違いが累積して回りが1m位の時に畑は顔を見せてくれます。それがいつになるのかは今後の天気次第。予想では4月 [続きを読む]
  • のりゆき
  • 今朝、ちらっと降った雪、のり雪って言います。彼岸が近くなったなと言う感じになってきた。山の口も開いて春らしくなってきた。除雪したニンジン畑が少しづつ消えて畑が見えてきた。見下ろすとこんな感じ。畑も道路脇も融雪を早めるために掘り起こしてます。ウルイのベッドの中では株に付いて来たスミレが咲くところ。春だねぇ。昼の番組でまた出てました。仲間のお菓子やさんも出てたぞ。だいぶ髪が白くなったな。こちとら春にな [続きを読む]
  • 座技とは?
  • 雪下ニンジン畑、2段目の除雪しました、、、、硬い、、、、雪が硬い。5aほどではあるが1段目2時間で出来た除雪が2段目は4時間かかった。さらにその下に5〜60センチほどの雪。除雪って作業、座ったままで楽そうに見えるが硬い所は機械が刺さっていかないし柔らかい所は沈んでぬかっていく。傾いた機械とロデオの様に格闘して進む。ともすると斜めのまま動けなくなることもある。人が思うよりは技術のいる仕事なのだ。でも、久しぶ [続きを読む]
  • marchに待った3月
  • だと言うのにいきなり嵐の3月。平野部ではかなりのハウスが倒壊したりビニールが破けたりと被害だ出たようだ。新潟市の農業士仲間に電話したところ 「 5棟やられたよ 」 と、笑いながら話してた。近くでは電柱が折れたりトラックが転んだりと大騒ぎだったそうだ。従業員のシンちゃんがイタリアから帰還。おみやげのお菓子がいっぱい。味付けが少し違うだけで素材や作り方は日本のお菓子に似ている。イタリアの歌舞伎揚げ。味も [続きを読む]
  • ほんとうに
  • オリンピック終っちゃいましたねぇ。今大会一番のシーンはこれだったな。しつこいくらいに同じ内容のインタビューにていねいに答える選手たち、、、、「 ほんとうに 」何度も何度も 「 本当に 、、、本当に」 嘘じゃないことは誰もが分かってるけど 「 ほんとうに 」 を付けると真実味が増す。今回カーリング3位決定戦は第1エンドから全部見ました。全部見ると本当にゲームの面白さが分かる。パシュートの伊藤選手、カーリングの [続きを読む]
  • 鼠だねぇ〜
  • ちょっと前のシイラ。さすがにいただいてから1ヶ月以上咲き続けて終わりにしました。去年作の地元産最後のユリでした。でも、さすがにユリは値打ちある。そだねぇ〜地元スーパーに並んでいるユリはうちの名前で並んではいるもののもちろん地元産ではなくて埼玉産のユリだ。去年7月から並べ始めたのだが固定客の要望だとかで店長にせがまれて深谷さんのユリを並べてもらった。正規のパックやさんが並べるユリとは一味違うらしく冬で [続きを読む]
  • 2年 越しの完売
  • 満杯に詰まっていた人参庫が空になりました。12月から販売開始して4トン弱のニンジンが売り切れです。ありがとうございました。今年から始めたスーパー2店舗のインショップ、初めはそれほど売れなかったものの野菜の高騰が後押ししたのか最近ではどれだけ山積みしてもほぼ1日で売りつくす勢い。吹雪で仕入れ配送業者が遅れた日には担当から偉く感謝されたりと、思わぬ経験が出来ました。百菜花んの分だけはもう少しありますがそれ [続きを読む]
  • 韓国女性にせかされる 「 兄よぉー早ょせよぉ〜」
  • タイトルは意味のない下ネタ。日の出はずいぶん早くなったものの早朝から散歩をせかされる。新雪の下にはスケートリンクが隠れていて滑ることもたまにはあるのです。(ギャグも)犬も飼い主も両方滑ってこけそうになった足跡、、、、兄(羽生結弦)が完ぺきな滑りを見せたので弟(宇野昌磨)も安心してベストな滑りができたってことかな。それにしてもお見事。こちらの姉妹はもう一発かましてもらいたい。村の兄貴分が叙勲。おめでとう [続きを読む]