茫猿 さん プロフィール

  •  
茫猿さん: 鄙からの発信
ハンドル名茫猿 さん
ブログタイトル鄙からの発信
ブログURLhttp://bouen.morishima.jp/
サイト紹介文鄙の不動産鑑定士が綴る遠吠と打座の日々、最近は悉皆調査、ネットワーク、地理情報に多く言及する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/01/07 16:28

茫猿 さんのブログ記事

  • 今冬も源平干し
  • この冬は暖冬のようである。寒いことは寒いし雪も降ったし氷も張った。でも感じるのは暖冬なのである。 昨冬は02/27頃に作った大根と人参の切り干しを作った。題して源平干しまたは紅白干しである。 こちらは菜花である。これも例 […]Continue reading ?今冬も源平干し? [続きを読む]
  • 年越しの嵐過ぎ去りて
  • 年末年始の喧騒の嵐が過ぎ去って、閑けさよりも侘しさがつのる日々である。2018/12/29夕刻に来岐して2019/01/07(休み明けの月曜日)午前に帰京していった長男一家の三名(長男だけは仕事の都合その他で5日に帰京) […]Continue reading ?年越しの嵐過ぎ去りて? [続きを読む]
  • 年越しの嵐過ぎ去りて
  • 年末年始の喧騒の嵐が過ぎ去って、閑けさよりも寂しさ侘しさがつのる日々である。2018/12/29夕刻に来岐して2019/01/07(休み明けの月曜日)午前に帰京していった長男一家の三名(長男だけは仕事の都合その他で5日に […]Continue reading ?年越しの嵐過ぎ去りて? [続きを読む]
  • 2019年 己亥 春風献上
  • 新年明けましておめでとうございます。 平成31年の年明けであり、新しい元号の風が吹く年明けでもあります。 今年こそは賀状を全廃もしくは大幅に縮減するかと考えましたが、結局は例年どおりの枚数を投函しました。ただ、宛名は手書 […]Continue reading ?2019年 己亥 春風献上? [続きを読む]
  • 2018年 年の暮
  • 2018年が暮れてゆく。今年は平成という元号が終わる年の暮れでもあり、一つの時代が暮れゆくような感慨がある。現役を引退して公文書や行政文書に接する機会が減ってからは、元号というものを日常的に意識しなくなって久しい。元号に […]Continue reading ?2018年 年の暮? [続きを読む]
  • 伊吹初冠雪
  • 伊吹山が初冠雪した。今朝の最低気温は2度だった。昨年の初冠雪をアーカイブから確かめて見ると、11月21日に初冠雪とみられる写真を掲載していた。 昨年よりは二十日遅れですっかり雪景色、今朝の伊吹山である。 庭先で水仙が咲き […]Continue reading ?伊吹初冠雪? [続きを読む]
  • 師走の彩り
  • 11月は二本の記事を掲載しただけである。「霜月の彩り」を月初めに掲載し、「埒も無い」を掲載してから二週間が過ぎた。師走は何処にというほどに暖かい小雨降る朝(室内16度)である。書くこともないというよりも書く気がしないのは […]Continue reading ?師走の彩り? [続きを読む]
  • 埒も無い
  • 雨が二日も続くと所在がなくて、ロクなことを考えない。本を読み続けるのも、テレビを見続けるのも、衰えが気になる目によろしくない。只々ぼんやり過ごしていれば埒もないことを考える。山茶花と菊の画像だけでよいのだが、何かを語ろう […]Continue reading ?埒も無い? [続きを読む]
  • 鄙里・霜月の彩り
  • 今日は霜月朔日。2018年も残すところ二ヶ月、年明ければ平成が終わり新しい年号が始まる。さていつもいつも、そんなに記すことがあるわけでもなし、そこで鄙里の秋の彩りをグラビア記事風に。 先ずは立冬(11/07)が近くなった […]Continue reading ?鄙里・霜月の彩り? [続きを読む]
  • 秋の桜
  • 秋桜とはコスモスの異名であるが、ここでは文字通り秋の桜である。各地で季節外れの桜が咲いていると報道されているが、我が鄙里では如何かと見廻ってみたら、我が家の庭先でも季節外れの桜が咲いていた。 大きな台風が二つも襲来し(2 […]Continue reading ?秋の桜? [続きを読む]
  • この秋も採れた
  • もうこのサイトは休止でも閉鎖でもいいかと思いながらも、記事掲載が十日も空くとなにか気になって、なにか新しい記事を上げなければと少しは強迫感がある。そこで、鄙里の秋の定番、今年も採れたである。この強迫感を感じなくなれば、「 […]Continue reading ?この秋も採れた? [続きを読む]
  • 秋晴れなのに野分襲来
  • 今週末には台風24号が日本列島を縦断すると予報されている今朝、数日来続いてた雨が上がり、空は雲ひとつない秋晴れである。 24号が襲来するというに、昨日はようやくにして台風21号の後始末を終えた。折れ飛んだ枯れ枝を拾い集め […]Continue reading ?秋晴れなのに野分襲来? [続きを読む]
  • 鄙里の話題二つ
  • 鄙里の土手の彼岸花(曼珠沙華)は満開である。近在の津屋川土手には比肩すべくもないけれど、これはこれで それなりになのである。話題その二はショッピングセンター跡に開業予定のmoriwaku market についてである。 […]Continue reading ?鄙里の話題二つ? [続きを読む]
  • 先が見えてきた旅支度
  • 先号記事からいつの間にやら二週間が過ぎ、鄙里は秋の気配が濃くなってきた。続く暑熱のなか、ウカと土手の草刈りを先延ばししていたら彼岸花が咲き始めた。ウオシュレットの洗浄水が冷っこく感じられる朝に、サイトの記事下書きを掘り返 […]Continue reading ?先が見えてきた旅支度? [続きを読む]
  • 台風21号の顛末
  • 台風21号は風に流された2500tタンカーが関空連絡橋を破損するなど、大阪湾周辺に大層な暴風被害を残していった。当地も台風の進行方向右側に位置し、相当の強風に見舞われた。岐阜市での最大風速が40m/sだから、遮るもののな […]Continue reading ?台風21号の顛末? [続きを読む]
  • 茫猿の駄句・冗句
  • ふと思い立って、と云うよりも為すことなく猛暑の昼下がりを過ごしながら、ふと思いついて、このサイトに記録する駄句・冗句を抜き出し取りまとめてみようと考えた。句会に参加した経験があるわけでも、俳句を真面目に勉強したことがある […]Continue reading ?茫猿の駄句・冗句? [続きを読む]
  • 野分の後始末
  • 野分の後始末といっても、H30.7豪雨被災地のような大変なものではない。08/23深更に徳島・淡路・神戸を駆け抜けていった台風20号が、当地にも残していった多少の風被害の後始末である。 一応の顛末を記しておけば、(一)サ […]Continue reading ?野分の後始末? [続きを読む]
  • 盆過ぎて
  • お盆前の十二日から帰省していた長男家族が先ほど(2018/08/19 16:00)帰京した。孫娘ふたりは『まだ帰らない』などと祖父母泣かせの嬉しいことを言ってくれていたが、父親の休暇の関係もあり言い含められていたようだ […]Continue reading ?盆過ぎて? [続きを読む]
  • 阿Qの世迷い言(再)
  • 「忘れてならない事実と真実」と題する記事を載せてから、「鄙からの発信」初期の頃の八月には何を書いていたかとアーカイブを検索したら、此の記事に出会った。面白く読めたし色褪せてもいないと思えるので再掲しておく。「阿Qの世迷い […]Continue reading ?阿Qの世迷い言(再)? [続きを読む]
  • 忘れてならない事実と真実
  • 「鄙からの発信」が「忘れてはならない日」と題する記事を載せたのは、2006/06/23である。此の日は沖縄慰霊の日である。先の戦争で、国内唯一の地上戦が戦われた沖縄で組織的抵抗が終息した日である。組織的抵抗が終息した日と […]Continue reading ?忘れてならない事実と真実? [続きを読む]
  • 万年青が枯れ始めた
  • 酷暑と乾燥で万年青が枯れはじめた。名前のとおり青々としているのが常のオモト(万年青)が庭の彼方此方で枯葉を見せている。台風21号がもたらす恵みの雨を期待したのだが、畑の上っ面だけを湿らせて終わった。七月半ば以来、庭にも水 […]Continue reading ?万年青が枯れ始めた? [続きを読む]
  • 職能集団の社会的存在感
  • 2018年7月26日に投稿する「復興支援に鑑定士の取組み」と題する記事をフォローして、改めて災害復興支援において不動産鑑定士の果たせるであろう役割を考えてみたい。それは職能集団としての不動産鑑定士集団の社会的存在感を考え […]Continue reading ?職能集団の社会的存在感? [続きを読む]
  • 変な台風・12号ジョンダリ
  • 台風12号は変な台風だった。通常はフィリッピン沖などの南西方海上で発生し、北東方向に北上するのが台風である。12号ジョンダリ(ヒバリ)は、南方海上で発生してから北上し、小笠原付近から伊豆諸島付近で北西方に方向転換し、伊豆 […]Continue reading ?変な台風・12号ジョンダリ? [続きを読む]