天邪鬼 さん プロフィール

  •  
天邪鬼さん: パイプ喫煙が好き
ハンドル名天邪鬼 さん
ブログタイトルパイプ喫煙が好き
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tak206/
サイト紹介文パイプ喫煙を通じて感じたこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/01/08 19:25

天邪鬼 さんのブログ記事

  • 理想的?
  • 使い始めたのは随分前なのに、ここ最近、急に調子づいて使っている ダンヒルのユニーク、エレベーター・ウィッグ(と、言うらしい・・・)パイプ喫煙の着火には、マッチが良いのかライターが良いのか人それぞれだと思います。私個人で言えば、火の着き方はマッチが好き。だけど、マッチではどうしても消費量が多いというのが気になって、ずぅ〜っとライターでした。本当は、最初にじっくりと火を着けたいのですが、マッチですと充 [続きを読む]
  • うれしい・・・・
  • 昨日投稿した、ライターの着火確率の問題。実は、諸々の理由から、このDunhill Unique Oil のエレベーター(って言うのかどうかはっきりしませんが)は、私にとって理想のパイプ用ライターでは?と最近感じているので、この低い着火率をなんとかできないかといろいろ考えました。で、それがあっけなく解決しました!!いやぁ〜、うれしい。もう、うれしくて意味もなく着火を繰り返しています。さて、今日の写真は左が 1 号君。右が [続きを読む]
  • テキトーが効を奏しただけ?
  • 先日、フリントチューブがもげて焦った Dunhill Unique Oil 2号君。セメダイン社の接着剤のおかげでもげる不安はなくなりましたが(これが正しい処置だったかは、若干疑問が残っていますが)、着火に難点が・・・。謎の男さんからいただいた 1 号君は、今の所100% の着火率。しかし、2 号君は、機嫌の良し悪しでひどい時は 10 回擦ってようやく着火というテイタイラク。このブログでは 1 号君を「調整」したとちょっとエラそうに書 [続きを読む]
  • Butera / Latakia No.1 , No.2
  • 4noggins に発注していた Butera / Latakia No.1 と No.2 が届きました。発注は、4 月 9 日。発送は、4 月10 日。到着は、4 月 23日。発注時にNo.1 は1 缶しか受け付けられなかったので、最後の1 缶かと思いきや、後で追加で注文できたので、後日届く予定。なので、安心して喫えます。それにしても、さすが 4noggins 。凹んだ缶が届くのは相変わらずですね。 [続きを読む]
  • 悦びも束の間・・・
  • 先日購入して、ご機嫌だった Dunhill Unique Oil Lighter 。なんと、ブログに投稿した日の夜に、フリントチューブがもげてしまいました。着火の調整をしていたところに、いきなりもげたので、それはもう、ビックリ!ヤフオクのノークレーム・ノーリターンですし、おそらく出品者もまさかこんな所が壊れるとは思っていなかったでしょう。さて、もげたところですが、どうなっていたんでしょうね?仕事場のマイクロスコープで確認して [続きを読む]
  • 知らないで買ったのですが・・・
  • 先日、Smokingpipes.com から購入した St. Bruno 。実は、まったく予備知識なしに、過去に誰かが旨いとブログに書いていたかな?という記憶とセールになっていたからという理由だけでの購入。(実は、jinsen さんのブログも購入後に気づいたくらい)当然、葉組みもわからず、ただイギリスで一般的に売れている煙草とのことなので勝手にイングリッシュタイプと思いこんでいました。で、缶ではなくポーチの包装なので早めに喫おうと [続きを読む]
  • 趣味からひろがる趣味
  • 私が根城にしているバーで、時々会うパイプスモーカー。お互い読書が好きで、会えば本にまつわる四方山話などでいつも楽しいひとときをすごすことができます。そんな彼に先日教えてもらったこの本。「推理作家の家」海外の著名な作家さんを直接訪問して撮影した写真とインタビュー集。私の好きな作家さんが掲載されているので、速攻で購入しました。表紙をめくると・・・。パイプのマークが。さらに目次は、やはりパイプって、推理 [続きを読む]
  • 「ご縁」と「タイミング」
  • 今月15 日に、一念発起して(ちょっとオオゲサ)して調整してみたDunhill Unique Oil Lighter 。パイプ喫煙用にリフトアップ機構もついている、なかなか見かけないブツです。それが調子が良くなったものですから、スペアが欲しいな〜、なんて贅沢なことを思いつつも、ふとヤフオクを覗いたところ・・・・。あれ?出品されてる!しかも、値段は妥当で誰も入札しておらず、締め切りまであとわずか。いやぁ〜、これが手元のモノの調子 [続きを読む]
  • 221B シリーズ
  • 先日購入した Black Shag ですが、McClelland の煙草では 221B Series として3 種類がでています(いました)。ご存知の通り、これはシャーロック・ホームズの住所、Baker Street 221B からの出典でしょうね。Black Shag は、ホームズ自身が好きな煙草。ラベルには、以下の説明文が。Sherlock Holmes kept it in the toe of a Persian slipper nailed to the mantelpiece. It was dry and strong. Kept at what we today have dedu [続きを読む]
  • やはりお手入れは大切
  • 随分前にいただいた、Dunhill Unique のパイプ用オイルライター。わざわざ匂いが少ないオイルを取り寄せたりとかなり気に入ってはいたものの、ここしばらくはまったく使っていませんでした。いや、一時はヘビロテではあったのですが・・・。実は、なにが原因かわからなかったのですが、とにかく着火にてこずるんです。そうなると、だんだん手が伸びなくなって来て・・・。う〜ん、でももともと高価な品ですし、実用品として通用し [続きを読む]
  • 最後の1缶
  • 実は、恥かしながら、今回の McClelland (廃業)騒動で、Butera の煙草が McClelland 製造だったことを初めて知りました。パイプ喫煙を始めたばかりのころ、なぜか Sweet Cavendish を購入し、その喫いにくさに辟易としたため Royal Vintage シリーズそのものに興味をひかれることはそれ以来なく・・・。その後、 Pelikan や King Fisher など J.F.Germain が作った煙草については、多少・・・。それが今回の騒動で Buteraの煙草 [続きを読む]
  • プラグ比較
  • 私の好きな煙草、 Seattle Pipe Club の Mississippi River Special Reserve と Plum Pudding Special Reserve 。どちらも Special Reserve は、ガチガチの大型プラグ煙草。Reserve ということで、「塊」の方が長期熟成向きだからでしょうか?(通常盤は、リボンカット)。ちなみに写真左が Mississippi River 、右が Plum Pudding で、別たちでカットしたもの。Mississippi River はイングリッシュタイプ。葉組みは、Latakia, Ori [続きを読む]
  • これが熟成??
  • 先日煙草の整理をしていて発見した Peter Stokkebye / Luxury Navy Flake 。購入は、2014 年 3 月。バルクで購入し、その袋のままタッパに入れていました。開けてみると、くっついているはずのフレイクがボロボロです。でも、喫ってみたところ、「悪くない・・・」。う〜ん、これって熟成なのかしら?で、そんな時にネットでみてみるとBullseye とTwist が欠品中。比較にも良いし、なにより買い逃しもしたくなかったので、4oz. 購 [続きを読む]
  • 都市伝説?
  • 随分以前の話ですが、ある人に Lee Von Erck のパイプは、喫煙しているうちにオイルキュアの成分が抜けて軽くなるんですよ、と言われた事があります。えっ?本当?と、思ってひとまず重さを計っておきました。で、そんなことすらすっかり忘れていたのですが、先日ブログを読み直していてその投稿を発見。早速、重さを計ったところ・・・・。念のため、カーボンもできるだけ落とした結果がご覧の通りの 93g 。ま、0.5 g ですから、 [続きを読む]
  • 基本が違う?
  • 一昨日、わざわざ「パイプ喫煙を始めました」と報告してくれた初心者君と喫む機会がありました。正確にいつ始めたのかは知りませんが、少なくともお誕生日プレゼントを渡した日に同席した時以降でしょうから、せいぜい3ヶ月程の経験。なのに、上手なんです!しかも、ダンヒルの古いパイプをすでに3本も!それがまた、信じられないほどの格安で入手しているという、私自身を振り返ると5年ほどかかって習得したことをすでに・・・ [続きを読む]
  • 買えるときに・・・
  • 昨日、仕事が終わって郵便物を整理していると、海外からの封筒が・・・。私の場合、仕事関係の書籍なども海外通販しているのですが、ここ最近頼んだ覚えも無いし、なんだろう?と思って開封したところ、Smokingpipes.com からの煙草でした。そういえば、Smokingpipes.com からパウチの煙草だけを購入したのは初めて。段ボールでない配達も初めて。実は一度も喫ったことがなく、興味はあったのですがどうしようかな?と思っていた煙 [続きを読む]
  • McClelland / Black Shag
  • シャーロッキアンとまでは言いませんが、シャーロック・ホームズに興味がある人間として、我慢できずに早速開けてしまいました、 Black Shag 。いままで買いもしなかったのに、現金なものです。葉組は、ストレートヴァージニア。刻みは、これぞシャグという細く細かいカット。真っ黒と少し茶の葉が混在しているのですが、何種類の葉を使っているのかはわかりません。開けた途端に立ち上るマクレ独特のケチャップ香。嗅いだ瞬間には [続きを読む]
  • 最後、最後と言いながら・・・
  • 最後、最後と言いながら、しつこく McClelland の煙草を購入してしまいました。写真の Black Shag です。パッケージのイラストと 221B シリーズという名称から、かのシャーロック・ホームズをイメージした製品であることはすぐわかります。パケージ内の説明書にも書いてありますし。購入は、LS 安藤さんから。国内販売している銘柄ですから何度か目にはしていたのですが、気になっていたのがパッケージの大きさ。遠目にみても薄く [続きを読む]
  • 神経過敏
  • 先日投稿した 「ドキドキします(2) 」で、Peter Stokkbye の Luxry シリーズが欠品していたことを投稿しましたが、無事復活しましたね。お騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした。まさか、とは思いつつも、ここのところ「まさか」が現実になっていることが続いたので、ちょっと神経過敏になっています。 [続きを読む]
  • 一理ある、のかな?
  • ご存知、Pipes & Cigars のサイトで見つけたエッセイ。意訳すれば、「パイプのシェイプは味わいに影響するのか?」と言ったところでしょうか?The shape of a pipe can have an effect on the smoking qualities of a pipe, but the degree of the effect is subject of a number of factors. However, there are a few things we can accept as generally true. The width of the chamber is probably the biggest factor affecti [続きを読む]
  • 作家のギャラリー
  • Smokingpipes.com などに代表されるショップのサイトでいろんなパイプの写真を見るのが好きなんですが、それだけでなく「ちょっと気になる作家さん」のサイトでパイプの写真を見るのも好きです。作家さんの個性が垣間見れますし、癖や嗜好も感じられますしね。それほど多くの作家さんのサイトを見ているわけではありませんが、私の好きなギャラリーは、以下の通り。Michael Parks 右上の Galleries を すると過去作品を見る [続きを読む]
  • 当たり外れにご注意
  • 昨日投稿した、煙草保管用につかっている弾丸ケースですが、ある方から「そんなに密封性は良くないんじゃないでしょうか?」というご意見をいただきました。その方が所有するケースは、水に落としてしまった時に、だだ漏れだったとのこと。なので、早速自分のモノで実験。ゴミ箱に水を張って沈めてみました。そのままだたプカプカ浮いてしまうので、手で押さえ、約5分。敢えて水が入りやすいように逆さまで浮かせましたが、まった [続きを読む]
  • あてにならない「ティン・ノート」
  • 煙草の保管方法には様々な方法がありますが、一つ試して見ているのが米軍放出の弾丸ケース。湿気を嫌う弾丸用ですから、密封性も良いはずというアドバイスをいただいたので、袋モノの Esoterica を入れています。実際使ってみると、さすがに密封性は良いようで、そのまま置いているだけではまったく匂いがしないのに、開けると一気に香りが立ち上ります。この Esoterica の香りって独特なんですね〜。で、ここしばらく仕舞い込んで [続きを読む]
  • トレーニング
  • MAKIYAMA PIPE を昨年の東京パイプショーで購入し、ちょっと手こずりながらも喫い方に慣れたところに、同パイプのローデシアンを比較喫煙するという経験から、今まで苦手にしていた「短いパイプ」がまったく苦にならなくなりました。おそらく、手こずった理由は、小さいパイプに慣れていなかった。というか、デカイパイプに慣れすぎていたのでしょうね。そんな癖が、このローデシアンを「キチンと喫って、評価しなければならない」 [続きを読む]
  • メーカーはどうしているのかしら?
  • パイプ喫煙を始めて煙草のコンディションに気を遣うようになってから、ずぅ〜っと気になっているのが、メーカーは煙草をどうやって保管しているのかということ。個人であればメイソンジャーや、その他いろいろとパッケージに工夫を凝らしていますが所詮「少量」(いや、微量?)。全世界に販売する煙草の量となると、それこそ倉庫一杯でしょうし、それだけの量の煙草のコンディションを整え、商品として缶(またはパウチ)に梱包す [続きを読む]