IZFU さん プロフィール

  •  
IZFUさん: 地下は暖かい。
ハンドル名IZFU さん
ブログタイトル地下は暖かい。
ブログURLhttp://underground-is-warm.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文日本国内の野宿旅の様子を、写真を中心に紹介しています。
自由文旅の行程毎に○○編と分けてアップしています。
現時点でのおススメは、遠野編と伊勢志摩編。
あ、沖縄出張中に見聞したものをまとめた「沖縄散見」もいかがでしょうか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/01/08 20:42

IZFU さんのブログ記事

  • 心霊散歩 23区(渋谷・新宿・中野)編 4:戸山公園
  • 心霊散歩・23区編その4。■戸山公園・解説新宿区にある広い公園。かつては旧陸軍の施設でした。1987年、ここで死後100年を経ていない大量の人骨が発掘されています。公園内にある小山ではうめき声が聞こえる・トイレでは自殺した男の霊が出る・漂う人魂と、報告される現象も盛りだくさん。到着。夜の新宿区にしてはあまりにも静か。 [続きを読む]
  • 心霊散歩 23区(渋谷・新宿・中野)編 2:陽運寺
  • 心霊散歩・23区編の続き。■陽運寺・解説四谷怪談で知られるお岩さんを祀っているお寺。縁切りの名所としても知られています。お岩さんは江戸時代に実在した女性ですが、怪談の逸話自体は後世の創作ということが確定しています。心霊的には微妙なスポットなのですが、少々興味深いことになっているため(後述)、訪問。四谷の裏路地。於岩稲荷霊神の"白い幟"が夜風にふらふらと揺れる。 [続きを読む]
  • 心霊散歩 23区(渋谷・新宿・中野)編 1:千駄ヶ谷トンネル
  • 心霊散歩・23区編を始めます。■千駄ヶ谷トンネル・解説都内のスポットとしてはトップクラスの知名度を誇る渋谷区のトンネル。昭和39年、東京オリンピックの際に開通。急な工事のため墓地の下を無理に通したことで、女性の霊が出ると言われています。登場パターンも道を横切ったり車にびっしり手形だったり天井から落下したりと様々。原宿駅から歩く事10分少々。こちらが千駄ヶ谷トンネルとなります。明るいねー。 [続きを読む]
  • 心霊散歩 東金編 3:雄蛇ヶ池
  • 心霊散歩・東金編ラスト。■雄蛇ヶ池・解説灌漑用に造られた溜池。村娘と役人の身分違いの恋の果てに娘が身を投げた、嫁いびりで追い詰められた嫁が同じように身投げした、などの言い伝えがあります。心霊現象としては、すすり泣く声と池の水面に浮かぶ霊。今回のスポット群は東金周辺にまとまっているので助かる。東側からアプローチ。 [続きを読む]
  • 心霊散歩 東金編 1:八鶴湖公園
  • 心霊散歩 東金編、始めます。■八鶴湖公園・解説東金駅から徒歩5分のところにある、小さな池を囲んだ公園。かつて、敷地内で女性が内縁の夫を焼殺するという事件が起きています。謎の声が聞こえるらしいとか。東金駅を降りたのが19時。深夜までそこらで仮眠しようと思ったのですが、ただ寝るのも暇なので、適当な酒屋に寝酒を買おうと入店。そのお店、地元の悪いお父さん達のたまり場になっていたのでした。酒屋の一角がストーブを [続きを読む]
  • 富山編:3日目_4
  • 富山編3日目の続きー。前回は、埋没林と米騒動の碑…まで。魚津水族館。入り口では巨大魚イトウ。ペンギンは食事タイムでした。入ってすぐはだいたい日本の渓流コーナー。ここもそうでした。アマガエルみたいな体色変えられる奴だと判定難しそう。こちらが色変わりカエル。目が黒いのはアルビノとは別で、白化だか白変というそうな。こちらは多分アルビノ。きれい。レイアウトが地味に凝っている。さては担当はアクアリウム者か。 [続きを読む]
  • 富山編:3日目_3
  • 富山編3日目続き。前回は、下村木架道橋…まで。駅前の湧水で作った水割りをちびちびやりながら歩く。ちょい濃いめなのか、やや足元がふらつく気がする。正面の建物の向こう、海。蜃気楼料理ってなんぞ。実体がないとかでもないでしょうし。こちらが目的地その1、魚津埋没林博物館。埋没林がなんだか知りませんが、字面がいいので来てみました。この後に行く予定の魚津水族館との割り引きセット券があったので購入。まずはビデオで [続きを読む]
  • 富山編:3日目_2
  • 富山編3日目その2。前回は、ほたるいかミュージアムの休館日と美味しい水割り…まで。海岸の方に色々あるらしいのでそっち行きます。相席。陽が高くなってきました。本日すっごい暑い。誕生日祝いのパンダ花輪。地焼酎、越中米騒動。米不足が原因の事件が元ネタですが、ちゃんと米焼酎でした。観光案内所前には魚津イメージキャラクターのミラたんの石像。左側に生えてる角が結構鋭い。ポストの上の謎のオブジェ、銅鐸か何かかと思 [続きを読む]
  • 富山編:3日目_1
  • 富山編3日目。前回は、高岡散歩と銭湯と快適野宿…まで。数日ぶりに熟睡できた気がします。さて本日最終日。まだ朝早いこともあってか駅前アーケードは大体シャッター降りたまま。ここで朝食を…とか考えていたのですが早くもとん挫。駅前アーケードと言っても、商店街というより駅に隣接した商業施設群といった感じ。イカが名産か。となると、このほたるいかミュージアムとか気になります。そう遠くもないので徒歩移動。空は快晴 [続きを読む]
  • 富山編:2日目_4
  • 富山編2日目ラスト。前回は、下界への帰還と銭湯とお昼…まで。高岡駅の北西にある古い町並み。千本格子の家並みと呼ばれているエリアです。よく見ると石畳にも融雪パイプ。千本格子の名のごとく、建物には細くて密度の高い格子。お土産屋さんなんかも。奥のくすんだコンクリ建ての建物が違和感あって、なんかこれはこれでよい。駅へと方向転換。お寺の名前に「超」ってインパクトあります。単純にすごいとかの意味の超ではないと [続きを読む]
  • 富山編:2日目_3
  • 富山編2日目その3。前回は、心霊散歩番外編・頭川トンネル…まで。頭川トンネルの探索を終え、下界へ帰還中。引き続き、途中で見かけた生き物を紹介していきます。ミヤマヒメギス。たぶん。尻尾がやたら長いカナヘビ。身体の4倍はあるか。ツユムシ。バッタの仲間ではキャラが薄い方。落石ガード。ここまで来れば後もう少し。鉄工所にあったやけに立派な仏像。銭湯で瘴気とかを洗い流そうと思ったのですが廃業してました。高岡は水 [続きを読む]
  • 富山編:2日目_2 / 心霊散歩 富山番外編:頭川トンネル 
  • 心霊散歩番外編。富山にも心霊スポットはいくつかあるのですが、いずれも山奥で夜に行ったら割りと死にます。なので、今回は比較的近めのところを昼に攻略。■頭川トンネル・解説高岡の山中で朽ちゆく廃道、その途中にある頭川トンネルは富山最恐スポットと言われています。かつてトンネル内で女性が焼き殺されたとの噂。新道(県道64号線)が通ったことにより破棄された道。ここを進みます。緑の浸食が進む。道の中央には落ち葉など [続きを読む]
  • 富山編:2日目_1
  • 富山編2日目。前回は夕暮れ氷見市と豪華な野宿…まで。おはようございます。昨夜はかなり充実した場所で野宿したはずなのですが、なぜかすごい眠い。ぐるっと回りこむ消雪パイプ。高岡市のゆるキャラ、利長くん。日によって身長が10〜15センチほど変わるという。脱穀の水車モチーフ。家の裏手によさげな水路が伸びる。野菜とか洗えるのかしら。祖父川。橋の上では消雪パイプが地上に顕現します。さっきからこんな道。金鳥のトタン [続きを読む]