machineko.net さん プロフィール

  •  
machineko.netさん: 街猫-まちねこ-
ハンドル名machineko.net さん
ブログタイトル街猫-まちねこ-
ブログURLhttp://www.machineko.net
サイト紹介文街に住む猫の写真で綴るフォトログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/01/09 17:46

machineko.net さんのブログ記事

  • コラム「猫の手も借りたい」№158 トラミさん
  • 元気です。 「口内炎」と思われる症状が出てから久しい。 一度、食後のお皿が血で染まっていたことがあり、記録を見るとそれが昨年(2017年)11月だ。 一時は食が減り本当に心配したが、フードを選び、それこそ食器も考え、とにかく「食べさせる」ようにしている。 食が進まないと、たくさん残してすぐにいなくなるのでよく観察し、ちょっと落ち着いたら再度食べさせたり、お腹が空いてくるであろう深夜にまた与えたり、とこちら [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№157 便秘
  • このところ、私の周囲でネコの「便秘」で困っている人が何人かいらっしゃる。 「下痢」と違って「便秘」は、解りにくいと思うし、特に「複数飼育」の方は、解りにくかろう。 確かに、人でも「便秘」は怖いが、自分の状況を話せないネコにとってはさらに、怖いなあ、と思う。 私も実は高校生の時、便秘で病院に行ったことがあった。 「数日間出てないな」、と思っていたが、次にトイレに行った時にはすでに、硬くて自力で出すことが [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№156 ミュータント
  • 毎夏、「猛暑」の文字が躍る、やれやれ。 本当にたまらない。 今夏も例外なく「猛暑」、しかも飛びっきりの猛暑。 それもまだ「7月」、というおまけつき。 7月半ばの3連休の前に、屋外の子が1匹体調を崩した。 とたんに猛烈な暑さがやって来た。 最悪。 餌場に来ない、、、 名前を呼ぶと「とぼとぼ」と歩いては出てくるが、所在なさげ。 いつも一緒にいる子も、1匹で別行動になってしまっている。 はー、どうしたもんか。 と [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№155 脱走について
  • 年に何回か「うちのネコが脱走しました。なにか情報をお持ちではありませんか?」というお問合せと相談が寄せられる。 「いつもなら、そこのソファで気持ちよさそうに眠ってる時間なのに、いったい今、どうしているのか、、、」と、いてもたってもいられない衝動に駆られ、後悔ばかりが頭をもたげる、など心痛な心境をつづられている内容のメールが舞い込む。 ネコさんも、最初は好奇心で飛び出したり、あるいは何かのはずみ、例え [続きを読む]
  • ペルシャMIX ♂ ふうた 里親さんを探しております
  • とにかく慣れており、人追いします、抱っこOK ロングヘア(現在はサマーカットされています) ちょっと「憂い顔」です。 なかなか良いショットが撮れません、、、 現在所在地: 東京都北区 種類/年齢: ペルシャMIX ♂ オス  5〜7才(推定 動物病院での推定年齢です) 【募集経緯】 4月半ばの夜、自宅前にうずくまっていたため捕獲器で保護、翌日朝一で動物病院を受診、そのまま約1ヶ月入院となりまし [続きを読む]
  • <北区 地域ネコの助成金について(平成30年度)>
  • 平成29年に引き続き30年度も、標記助成が決定しました。 飼い主のいないネコ(ノラネコ)を対象に、避妊/去勢手術費用を手術を行った区民が申請することにより、 3分の2 の手術代金が助成されます。 ・助成金額の上限は メズ1万円/ オス5千円 ・手術は区内の動物病院にて行なえます *事前に動物病院への問合せと予約が必要です 手術を予定している方は必ず、「北区保健所生活衛生課」にお問い合わせください。 助成金は [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№154 うちの子に限って
  • このところ、割とご年配の方からの「子猫の里親さん探し」のご依頼があり、対応におおわらわであった。 2件、全部で6匹(1匹と5匹)。 幸いにも「5匹」の方は、ご自分たち(数人で頑張っていらっしゃる方々)で探されたようで、結局こちらで代行することはなくて済みそうだ。 もう1件は、ポスターやチラシにての里親探しを展開し、なんとかトライアル(お試し飼育)に出たばかりである。 これで、トライアルのお宅が「ぜひに [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№153 ジジ
  • 私は黒猫好きである。 断っておきますが、どっかの宅配便の回し者ではありません(笑) 黒猫は、黒い被毛が光を受けると美しくなびき、ほれぼれしてしまう。 キュートでしなやか、抱いている時、するりと手の中を抜けていく感覚が、なんだか好きである。 私が関わった「黒猫」は性格が極端で、ものすごいキツイ性格でまったく人を寄せ付けない、うちの庭のくーちゃん(前足骨折で手術したメス №22,23 うらめしや〜上下 をご覧く [続きを読む]
  • おちゃのこ祭々 ネコなんでも相談会
  • 6月9日、10日(土/日) 両日とも11−14時 滝野川会館にて「おちゃのこ祭々」が開催されます。 私たちも参加し「ネコなんでも相談会」を行います。 ノラネコにエサをやっている人がいて、ネコが増えている、 エサをやっていて、近所から苦情を言われている、 ノラネコの避妊・去勢手術をしたいが、 どうして良いかわからない、 など お困りのことがありましたら、会場で直接お会いして ご相談を承ります。 どうぞ、お出か [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№152 一年  
  • タマが亡くなって、1年が経った。 光陰矢の如しで、あっという間の1年であった。 ふと、どうしているかしら、とわけのわからない感情が頭をもたげる。 どうしているはずもない、きっと静かに眠っているだろうから。 一緒に暮らした12年余りの歳月。 遠い遠い昔のようにも思うし、そうかと思えば「階段」を登ってくる足音や息遣いを感じ、はっとするようなこともある。 小者の私は、別れ間際の辛かったタマを思い出す。 別れ際 [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№151 「ネコ」のドラマって
  • 長年「ネコ」と付き合っていると、もちろん個体差はあるものの、ネコのことが解ってくる。 だから、例えばテレビドラマや漫画雑誌などを見ていると、これって!?という場面が出て来て、とても気になってしまう。 いつだったか、亡くなった妻が残したたくさんのネコたちを、物語の主人公である夫が妻に任せ切りだったネコの世話をしながら、里親さんを探す、というドラマをやっていて、見るとはなしに見ていたが、、、 いつの回だ [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№150 矛盾
  • おかげ様で私の近隣のネコたちは「TNR」を続けた結果、効果があがり、最初からいた子たち4匹、その後加わった子たちが2-3匹、全部で6-7匹くらいにまで減って来た。 トラミもくーちゃんも、なっちゃんも、なんとか冬を越すことが出来た。 あれだけ具合が悪かったトラミだが、今は食欲も戻り、相変わらず頬を引っ掻くしぐさはあるものの普通に暮らしている。 今はフードに混ぜて与えている「サプリメント」を欠かさない。 私は [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№149 パンストのCMか?
  • また、子猫の時期がやってくる。 そうは言っても、ここのところ時期を問わず子猫が産まれている。 猫の出産は日照時間に関係しており、日照が14時間になると母猫は発情するということ。 だから基本的に日照時間が14時間になる「春」と「秋」に妊娠するわけであるが、昨今は犯罪防止や諸処の事情で夜も街灯が明るく、これも発情に少なからず影響しているようである。 さて、私もボランティア歴が長くなり、里親探しをした「猫」 [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№148 新しいこと
  • ここのところの、東京都の「ネコの殺処分数」は減少の一途をたどっており、喜ばしいことである。 しかし、その内訳を見ると「子猫(乳飲み子)」が多い傾向は相変わらずのようだ。 小さな目の開かない子猫は、授乳をしなくてはならないので、母猫から離してしまうと人が手をかけないと生きていけない。 動物愛護センターに持ち込まれると、殺処分ということでもなく亡くなってしまう、ということであろうと想像する。 この現状に私 [続きを読む]
  • Zeroプロ & 相談会 参加します
  • NPO法人 ねこのみみ さんと一緒に新しい取り組みをスタートしました。 「フューチャーZeroプロジェクト 〜殺処分ゼロの未来へ〜」略して Zeroプロ そして「ネコで困っていませんか?」 いろんな、ネコの問題で困っている方のお話を聴く「相談会」の開催、 この2つです。 私たち ネコのボランティアは、ノラ猫の避妊・去勢手術を推奨する「地域ネコ活動」をベースに活動していますが、東京都の「猫の殺処分」の内容を知る [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№147 スノーマン
  • 「スノーマン」雪だるまのことである。 この「スノーマン」は なっちゃん のことだ。 12才のオス、一昨年の5月にふっと姿を消した切りいなくなった「しんちゃん」の兄弟である。 なっちゃんは、女の子みたいな名だが、実際は「ナカオくん」という。 しんちゃんとナカオくんは兄弟だが、それぞれ別の動物病院で去勢手術をした。 その時に混合ワクチンをしたが、そのワクチンの種類が病院さんによって異なるため、判りやすいよう [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№146 続 今年も大寒 
  • 「今年も大寒」をアップし、雪も寒さもこれから、と書いたとたんに東京は大雪になった。 4年ぶりの大雪、寒さはなんと「40何年振り」だという。 私は、実家が東京より寒波が厳しい場所なので40数年ぶりってことはないが、今いる猫たちは初体験に違いない。 4年前の30センチ近い積雪は、いやー大変だった(コラム№79 「大雪の中で」 をご覧ください)。 私宅の外階段下にはネコたちの「専用ハウス」を置いており、そこ [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№145 今年も大寒
  • 「大寒」である。 寒い。 乾燥し、深々と冷える外の寒さ。 私は雪の多い土地で生まれ育ったので、雪が降った一面の銀世界を嫌いではない。 雪が降ると外はしーんと静まりかえる。 粉雪は温度が低い証拠、すべてが「白」一色で静粛な感じで、なんだか「汚れた世界」が雪という神聖なもので覆われ、自分もリセットされたようなイメージで、うきうきしたり厳かな気持ちになったりした。 さて、私は寒いのは嫌いじゃないが、猫たちにと [続きを読む]
  • コラム「猫に手も借りたい」№144 今年は春から
  • 2018年が明けました。 今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年は新年早々、保護の依頼があった。 なんでも、大晦日にカラスに追われてコンビニの植え込みに逃げ込んだ子猫を助けたい、とのこと。 その依頼は1月1日 元旦の朝11時に問合せフォームから寄せられたもので、私はまだ、恥ずかしい話だが布団の中にいた。 いつもは仕事をしているから、すぐにはお伺い出来ないことがほとんど。 今回は正月休みだし、今日な [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№143 ねこのみみ さん
  • 2017年もあますところ、あと1日となった。 今年はなんと言っても、北区に「NPO法人 ねこのみみ」さんが誕生したことが大きな出来事だった。 2月2日(にゃんにゃん、ですね)に創立された「ねこのみみ」さんは、以前「傷病ネコ」の件でご連絡をいただいた方(現代表)が一念発起され、立ち上げられた。 最初にご挨拶をいただいた時、本当に嬉しかった。 だって、一緒にやってくださる法人さんがもう一団体出来たんですから。 [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№142 干支
  • 暮れのここに来て「猫の飼育頭数が犬を逆転した」というニュースが流れた。 あらら、来年は「戌(犬)年」だけど。 少し前のニュースで「逆転する公算大」と言われており、気になっていた。 もっとも、飼育世帯数は犬の方が猫よりかなり多い。これは、猫が「複数飼育」されているということに他ならない。 犬の飼育頭数はここのところ伸びておらず、猫はそれに比べてぐんぐん伸びていた。 90年代後半以降に到来した「小型犬ブーム [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№141 あれから
  • タマを送ってから今日で7ヶ月経った。 あっという間のような、永いような変な感覚がある。 数日前、仕事から帰り玄関に立った時、ふと扉の向こうに彼女がいるような感覚にとらわれ、「ただいまー」といつも通りドアを開け彼女を確認したが姿はなかった。 思わず、そうか、いないんだね、、、と涙になった。 そうは言っても、いつも通り寝室に行くと彼女が階段を登ってくる音が聴こえたり、ふと室内を横切る姿(姿と言っても、ふっ [続きを読む]
  • コラム「猫の手も借りたい」№140 傷病ネコ
  • 急に寒くなって来て、外の子たちを見守る方々はさぞやご心配と拝察する。 お問合せフォームからの相談事も、寒空のなか外で過ごしている「傷病ネコ」のことがけっこう寄せられる。 「具合が悪そう/ケガをしている」から何とかしてやりたい、動物病院で治療していただき、また【地域】に戻したいので捕獲して欲しいという内容である。 ノラ猫たちに気を配り、餌を与えたり観察したり、優しいお気持ちが本当にありがたい、と思わずに [続きを読む]