obtusa さん プロフィール

  •  
obtusaさん: 私のきれぇい&かわゅい♪
ハンドル名obtusa さん
ブログタイトル私のきれぇい&かわゅい♪
ブログURLhttp://obtusa.blog69.fc2.com/
サイト紹介文obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/01/11 06:52

obtusa さんのブログ記事

  • オンタデ
  • 現地ではオンタデって確信していましたが、こうして今画像を見ると、不安が…。もしかしたらイタドリ?大丈夫だと思いますが…。いずれも、18.08.15 茅野市にほんブログ村 [続きを読む]
  • コオニユリ
  • 夏の山歩きでよく見かけます。暑い中、このオレンジをみると、元気が出ますね。もう一汗かこう、歩こうって。このコオニユリは榛名山上の沼ノ原を散策しているときに出会ったものです。右側の花がらが写らないように撮ってあげればよかったかなと思います。18.08.18 高崎市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 御場山
  • 御場山は西上州、下仁田町の北西の奥、長野県境に近いところに位置する山です。標高1059.2m。何でそんな山に?と問われれば、まだ登ったことのない山で、たまたまに目にとまったからとしか言えません。下仁田町から軽井沢町に抜ける県道、和美峠の手前、初鳥屋から入ります。林道を少し無理して車で入り、御場山の南南東、標高800m付近から歩きます。登山口には立派な標が立っています。この作業道を尾根近くまで辿りま [続きを読む]
  • 桐ノ城山、2000年五月
  • 桐ノ城山は西上州、御荷鉾山の南西、オドケ山の南南東に位置するかわいらしいお山。この日、白石山を登ったあと、桐ノ城山にも行ったようです。登山口は、御荷鉾スーパー林道から万場に下る県道の桐ノ城山登山口と山と高原地図に記されているところです。頂上でお昼を食べて、往復1時間ほどでした。桐ノ城山の写真はありません。18.01.21 スーパー林道近く、オドケ山への道標00.05.0710:30桐ノ城山登山口 → 10:43桐ノ城山(10 [続きを読む]
  • ドクツルタケ
  • とても美しいきのこなのに、名前で損をしていますね。まあ、毒、それも猛毒なことは確かですけど。9月も終わりのこの日、しかも標高1500m付近で見つけました。どちらかというと夏のきのこのイメージなのですが、やはり残暑が長引いたと言うことでしょうか。18.09.29 前橋市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大菩薩嶺〜牛奥ノ雁ヶ腹摺山 …その3
  • 牛奥ノ雁ヶ腹摺山からは日川林道に下る道を辿りました。このコース、意外に登ってくる人が多い。バスの時間で集中するのかしら。下りだしてすぐ、立ち枯れの木が乱立していました。斜面方位から考えると冬の北西風が当たるのでしょうか。そのうちに笹原になるのかも知れません。途中から大菩薩嶺方面を眺めます。日川林道に出ました。道際がカラマツの造林地で、シカ柵が張り巡らせたありました。ネットのゲートを開けて入って閉め [続きを読む]
  • 大菩薩嶺〜牛奥ノ雁ヶ腹摺山 …その2
  • 大菩薩峠にはさすがに数人の登山者がいました。写真だけ撮り、ザックを下ろすこともなく石丸峠へ。2、3のパーティが同じ方向に歩いています。大菩薩嶺からではないので、峠に直接登ったのか、介山荘に泊まったの人たちですね。石丸峠の辺りは笹原で、お天気がよければ素敵なところなのでしょうが、残念ながら見渡すこともできません。石丸峠からひと登りしたところが天狗棚でした。まだ、笹原が続きます。少し天気がよくなったで [続きを読む]
  • 大菩薩嶺〜牛奥ノ雁ヶ腹摺山 …その1
  • 牛奥ノ雁ヶ腹摺山、その長い名に憧れ、大菩薩嶺から縦走してきました。前夜に上日川峠に入り、車中泊。12月の初めだし、標高もさほどでないので油断したら、けっこう寒かった。寒いので明け方暗いうちから歩き出しました。上日川峠、ロッヂ長兵衛横の登山口。まだ暗い車道を登り、福ちゃん荘裏の分岐。唐松尾根の途中で夜が明け、ようやくの雷岩分岐。もちろん左へ、大菩薩嶺をめざします。霧で、風が強く、霧氷もつく、あいにく [続きを読む]
  • リンドウ
  • 秋が深まる11月、低山でもさすがに花が少なくなってきます。こんなときは、一株のリンドウでも貴重。多くの時間をかけ、観てしまいます。 いずれも、18.11.04 藤岡市にほんブログ村 [続きを読む]
  • あしかがフラワーパーク駅〜大小山〜長林寺〜足利駅 …その4
  • あわぎ山から5分ほど下った岩場でランチタイムです。南向きの岩場は、お日さま燦々、風は当たらないし、とてものどかで、気持ちよい。広々関東平野を一望し、足もとは切れ落ちているし。ゆっくりコーヒーを飲み、絵を描いたりしました。さて、長林寺をめざします。見晴台とされているところかな。写真では大きさがわかりませんが、3mくらいある大きな方向指示が立っていました。道は山腹を巻くようについており、車道に出ました [続きを読む]
  • あしかがフラワーパーク駅〜大小山〜長林寺〜足利駅 …その3
  • 妙義山を辞して、尾根を辿ります。少し歩いて、鷹巣方面への山道を分けます。そこから、妙義山、大小山を振り返ります。前方、これから歩く尾根です。一番左が大坊山です。一歩きの後、がま岩にぶつかりました。がま岩を越え、妙義山と越床峠の中間のピーク、「仮称 あいの山」。さらにひとつ小ピークを越え、越床峠に着きました。峠からひと登り、途中からシルバーコースに逃げ込み、いくつかの小ピークを越え、つつじ山到着。つ [続きを読む]
  • あしかがフラワーパーク駅〜大小山〜長林寺〜足利駅 …その1
  • 雪のたよりも聞こえてくるようになり、登りに行く山を悩みましたが、まだタイヤを履き替えていないので、里山歩きにしました。足利、フラワーパーク駅から足利駅までの周回コースを歩いてみました。スタートは静かなあしかがフラワーパーク駅。駅前で身支度を整え、駅前の道を西へ、住宅地の中の道を行きます。駅から200mほどの踏切を渡り、県道に出て、西へ600mほど、細い道を入ります。緩い登りが下りになる辺りに右に登 [続きを読む]
  • サラシナショウマ
  • サラシナショウマは、穂状花序が特徴的で、覚えてしまえばわかりやすいはずです。○×ショウマと言う名は、キンポウゲ科、ユキノシタ科などに多くあり、混乱します。見かけるたび、何だったかなと悩みます。これで、サラシナショウマは覚えられたかな。いずれも、18.10.04 安中市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 白石山、2000年五月
  • 白石山と言われても、それ、どこ?と思う人が多いことでしょう。西上州、神流町の塩沢川の上流栗木平の南西、赤久縄山の東南に位置する1102mのお山です。記録でははっきりわかりませんが、おそらく栗木平から林道に入ったところから歩き出したようです。記録には登山口について、「林道、送電線下 新榛名線127号 入口」と書かれています。そこから、20分ほどで頂上で、ピストンしたようです。途中、ヒトリシズカの群落 [続きを読む]
  • ノハラアザミ
  • アザミの仲間は同定が難しいです。アザミだって言うことはすぐにわかるのですが、そこから先が…。で、ノハラアザミとしました。アリ科の昆虫がトッピングされています。いずれも、18.08.12 高崎市にほんブログ村 [続きを読む]
  • ミヤマホツツジ
  • はじめ、またホツツジがあったと思いましたが、写真を撮るとき、なんか違うなと感じました。帰宅後調べてみると、ミヤマホツツジのようです。特徴というか、ホツツジとの違いは、ホツツジよりも標高の高いところに分布すること、ホツツジよりも樹高が低いこと、雌しべが象の鼻のようにくるっと上向きに巻いていることでしょうか。湯ノ丸山は、ホツツジとミヤマホツツジが両方観ることができます。いずれも、18.08.01 東御市にほん [続きを読む]
  • ホツツジ
  • 先日、榛名山のホツツジを紹介しましたが、今日は湯ノ丸山のホツツジです。本当に普通にあり、あちらこちらで見ることができます。白に朱を差したような花弁もかわいらしく、魅せられてしまいます。いずれも、18.08.01 東御市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒檜山〜小黒檜山、2000年GW
  • このとき、息子と二人で黒檜山に登り、あまりのよいお天気と雪の斜面に誘われて、小黒檜山まで縦走?しました。黒檜山から小黒檜山の鞍部までは多くを尻セードで滑り下り、わずかに上り上げて小黒檜山の山頂にたどり着きました。頂上には大きな反射板が立っていました。頂上ではだいぶゆっくりし、息子と一緒に絵なんか書いたようです。恥ずかしながら、そのときの絵です小黒檜山からは藪を漕ぐようにして、県道に出、登山口に戻り [続きを読む]
  • ホツツジ
  • ホツツジ、昨年の夏に南会津で目にとまり、くわしい方に名前をたずね、そのとき同時に普通にあることも教えていただきました。そうしたら、今年はよく見かけるように…。不思議なものですね。今まで、なぜ目にとまらなかったのかわからないくらいにあちらこちらの山で見るようになりました。「知る」と言うことの大切さを思い知りました。いずれも、18.08.12 高崎市にほんブログ村 [続きを読む]
  • コウリンカ
  • 花弁がまばらなのが特徴ですね。夏の草原に咲いていますが、日差しをやり過ごすためでしょうか、花弁が下を向いているのもおもしろいです。いずれも、18.08.18 高崎市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 相馬山〜臥牛山 …その2
  • それでは、臥牛山からの眺めをお楽しみください。まずは東に赤城山。そして、二ッ岳のうち雄岳。右に隠れるように立つのが雌岳。左奥は、水沢山。逆光のためかピントのボケた相馬山。西側、榛名富士と手前に蛇ヶ岳。榛名湖を手前に榛名山の最高峰、掃部ヶ岳。烏帽子ヶ岳。左奥に鬢櫛山が少し見えます。ひいてみると、蛇ヶ岳から烏帽子ヶ岳まで一望です。お湯も沸いて、コーヒーを落とし、カフェタイム。ほとんど葉は落ちていました [続きを読む]