obtusa さん プロフィール

  •  
obtusaさん: 私のきれぇい&かわゅい♪
ハンドル名obtusa さん
ブログタイトル私のきれぇい&かわゅい♪
ブログURLhttp://obtusa.blog69.fc2.com/
サイト紹介文obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/01/11 06:52

obtusa さんのブログ記事

  • アオダモ
  • 三日つづけてのアオダモです。このくらい徹底してみると、忘れずいられそうです。来年もアオダモの咲く季節が楽しみです。いずれも、18.04.14 佐野市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 多田駅〜諏訪岳〜唐沢山〜佐野駅 …その3
  • 唐沢城址に迷いながらも、どうにか鏡岩に行くことができ、そこから佐野市街に続くハイキングコースに入れました。途中のイモリ山。飯盛山とか飯森山とか字を当てているようです。どのようないわれなのでしょうか。イモリ山の山頂は狭く展望もなかったので先へ進みました。イモリ山から300mほど南、標高180mほどの小ピークに落ち着きました。お湯を沸かして、コーヒーの用意。いつものスコーンとコーヒーで遅めのおやつタイ [続きを読む]
  • 多田駅〜諏訪岳〜唐沢山〜佐野駅 …その2
  • 諏訪岳頂上から西側の眺め。先ほど降り立った多田駅も見えます。また、左のピークは大小山です。諏訪岳からは来た道を京路戸峠に向けて下ります。すると登りで気づかなかった唐沢山へ続く尾根が見通せました。ひとつひとつピークは小さいとは言え、ずいぶんとアップダウンがありそうです。よく見えるところがありました。これが唐沢山かな…。京路戸峠を横切り、ひと登りで北見明岳と手作り山名板のある小ピークに到着。240mの [続きを読む]
  • 多田駅〜諏訪岳〜唐沢山〜佐野駅 …その1
  • 2週間ぶりの山行、お天気も今ひとつで里山歩きをしてきました。佐野市の東武佐野線、多田駅から諏訪岳に登り、佐野駅まで縦走?してきました。まずは早朝の多田駅。東に向かって歩き出します。すぐに家々の向こうに諏訪岳が見えます。秋山川の土手からの諏訪岳。秋山川にかかる橋上から諏訪岳。秋山川とこの日歩く尾根。工業団地を抜け、京路戸公園からの諏訪岳。この先から山道に入ります。それにしても、この日の最高峰がアプロ [続きを読む]
  • 剣の峰〜角落山、1999年初夏
  • 県道54号線から少し入った白沢橋辺りに車をおき、剣の峰、角落山と周回してきました。時間とコース記録しかないですが、手帳に、何か樹木の冬芽のスケッチが描いてありました。気持ちに余裕があったのかな。剣の峰、角落山ともあちらこちらのお山から見ているのですが、意外に写真が手元にありません。だから、記録のみです。99.05.0710:10白沢橋 → 11:00赤沢林道終点 → 11:35コル → 12:20剣の峰(1429.6m)13:00 → [続きを読む]
  • ハナノキ
  • 長野県・岐阜県・愛知県の3県の県境付近などごく限られた地域に自生するカエデの仲間で、絶滅危惧種です。この写真の木は植栽されたものです。いずれも、18.03.30 榛東村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 掃部ヶ岳、1999年春
  • このときは当時教えていた学生と歩いたようです。榛名湖畔から硯岩経由で掃部ヶ岳に登り、杖の神峠に下り、杏ヶ岳をピストンして、湖畔に下山したようです。快晴と一言記されています。17.07.09 掃部ヶ岳99.04.3009:45硯岩登山口 → 10:00硯岩 → 10:40掃部ヶ岳(1449m)11:00→ 11:40杖の神峠上の鉄塔12:40 → 13:35杏ヶ岳(1292.3m) →14:40杖の神峠 → 15:30硯岩登山口行動時間:5時間45分歩行時間:4時間2 [続きを読む]
  • ニワトコ
  • ニワトコは独特の匂いがあり、見分けるのが比較的簡単です。その匂いで、まだ芽吹き、つぼみですが、ニワトコとわかりました。この写真を撮ったのが3月中旬ですから、今頃は花が咲いているのでしょうか。 いずれも、18.03.18 東秩父村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒斑山 …その4
  • 表コースを下るとき、槍ヶ鞘と車坂山への登り返しがわずかとは言え、きついところです。それでも、西側の展望がひらけていますので、この日のように遠くまで見渡せる日は気持ちがよい道です。槍ヶ鞘、避難小屋が下りだしすぐ、浅間山の見える最終ポイント。登りのときは再会を喜んだ場所ですが、下りはしばしの別れを惜しみます。振り返り北北西方向、四阿山と北信五岳。アップです。そして、北アルプスの北部。鹿島槍がかっこいい [続きを読む]
  • 黒斑山 …その3
  • 黒斑山山頂は人が多く、落ち着く場所がないので、少し先に進むことにしました。浅間山がよく見えて、明るく、開けた場所まで行こうかなって。すでに蛇骨岳まで行く気は失せていました。黒斑山から5、6分、鞍部に場所を見つけて、大休止です。浅間山がよく見えます。トーミの頭の崖の近く、富士山も見えています。まず、お湯を沸かします。そして、コーヒー&スコーンタイム。風もなく、春の陽にすっかりまったりしてしまいました [続きを読む]
  • 黒斑山 …その2
  • つらい登りに振り返ると、それでも徐々に高度を上げています。手前から、水ノ塔山、四阿山、奥は北信五岳。北アルプス。鹿島槍ヶ岳を中心にして。手前は烏帽子岳。こちらは穂高連峰。右端が槍ヶ岳かな。避難小屋の手前で、視界が開け、ようやく浅間山が見えます。それにしても雪が少ないような。トーミの頭への登路はなんと土が出て、しかも乾いてます。槍ヶ鞘から浅間山。アップ。トーミの頭の上は人がいっぱい。浅間山を横目で眺 [続きを読む]
  • 黒斑山 …その1
  • この冬は下界のご用と体調と天気のタイミングが合わず、雪山に行けずにいました。ようやく残雪の黒斑山へ。例年だったら、シーズンはじめの山なのに…。まずは登山口前、車坂峠からの富士山。アップ。八ヶ岳。赤岳から蓼科山の半分までですね。真ん中、八ヶ岳の向こうに見えるのは南アルプス、甲斐駒あたりでしょうか。赤岳、阿弥陀岳、硫黄岳のアップ。朝ごはんがパン一つで少なかったのでしょうか。バテバテで車坂山。あらためて [続きを読む]
  • カタクリ
  • カタクリはやはり里山の春を代表する花ですね。たとえ大群落でなくとも、登山口で、または登路の途中で出会うと、うれしくなります。ひとときの撮影タイムです。いずれも、18.03.24 足利市にほんブログ村 [続きを読む]
  • ヒメカンスゲ?
  • ヒメカンスゲかな?というところです。スゲの仲間は難しいですね。写真を撮ってしまい、調べてみると、スゲ、さらにはカヤツリグサ科を勉強したいなって思いますが、すぐに忘れますね。いずれも、18.03.24 足利市にほんブログ村 [続きを読む]
  • マンサク
  • 早春に咲く花です。「まず咲く」からマンサクになったとか。確かに、まだ前年の枯れ葉が枝に引っかかっているのに咲いていますしね。控えめな花、それだけに春の訪れをまず告げているようです。いずれも、18.03.24 足利市にほんブログ村 [続きを読む]
  • 深高山、石尊山 …その2
  • 石尊山の空。少し暗く写っていますが、穏やかな晴天、のんびりする頂上でした。地表。落ち葉がいっぱい。ところどころに緑が見えます。ゆっくり休んだあと、来た道を戻ります。明るい穏やかな尾根です。キブシが咲いていました。マンサクも。無事下山です。18.03.2411:36林道、標高350m付近 → 12:06深高山(506m) → 12:29湯殿山分岐 → 12:34石尊山(486.5m)13:23 → 13:59深高山 → 14:33林道、標高350m [続きを読む]
  • 深高山、石尊山 …その1
  • だいぶ出発が遅くなりそうだったことで、手頃なところを探し、足利の深高山と石尊山を歩いてきました。猪子峠から東側から林道を進み、標高350m付近からの歩き出しです。路肩に車を停め、歩き出そうとすると、カタクリが迎えてくれました。道際のカタクリに喜びながら、ひと登りで山中の十字路。短い急登二回ほどで深高山山頂。ここは写真を撮っただけで、素通りです。尾根伝い、こんな明るい道が続きます。振り返れば、深高山 [続きを読む]