obtusa さん プロフィール

  •  
obtusaさん: 私のきれぇい&かわゅい♪
ハンドル名obtusa さん
ブログタイトル私のきれぇい&かわゅい♪
ブログURLhttp://obtusa.blog69.fc2.com/
サイト紹介文obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2010/01/11 06:52

obtusa さんのブログ記事

  • 東御荷鉾山〜西御荷鉾山〜オドケ山 …その2
  • さて、まだ先は長いです。東御荷鉾山はザックを下ろすことなく下山。下りながら途中にある釜伏山を越えるつもりです。と、目の前に釜伏山。尾根上の1ピークとは思えないボリュームです。木々の間から八ヶ岳が見えました。さらに下り、釜伏山すぐそこ。それでも、鞍部からひと登りで釜伏山山頂です。消えかけた山名板と山道。地形図ではこちらのルートが破線になっていますが、廃道寸前、登る人も少ないのでしょうね。投石峠への途 [続きを読む]
  • 東御荷鉾山〜西御荷鉾山〜オドケ山 …その1
  • どこから見てもこの3座がセットになって見えるので、よくわかります。ひそかに御荷鉾三山などと呼んでみたり…。私はオドケ山が大好き。だからといって、めったに登りませんけど。ずっと昔、息子がまだ小さかった頃、家族で登った思い出があります。だから好きなのかな。実はそれ以来の再訪です。西御荷鉾中央登山口にあった案内板。この日、歩いたコースがしっかり載っています。まずはスーパー林道を投石峠へ向かいます。スーパ [続きを読む]
  • 立山、五色ヶ原、1997年夏
  • その年の夏のビッグイベントだったんでしょうね。その割になぜか印象がうすいのです。多くの人数で行ったからでしょうか。その頃入っていた、軟弱な山の会の山行でした。行程を記録から読み解くと、室堂から入って、一ノ越山荘に一泊。二日目に雄山に登ってから、五色ヶ原山荘まで。三日目に黒部湖に下り、ロッジくろよんで宿泊。四日目にケーブルやロープウェイなど乗り継いで下山、と言うルートです。おつきあいもあったとは言え [続きを読む]
  • 臼入山〜官ノ倉山 …その2
  • 官ノ倉峠に到着。先日と変わらず暗い峠です。休むことなく官ノ倉山に向かおうとすると、スギの枝に何かぶら下がっています。変な形をしているなぁと思い眺めると、一本歯の下駄だと気づきました。大きさから言って、天狗さまの下駄ですね。忘れもの。さぞやお困りのことでしょう。ひと登りで官ノ倉山。先日と変わらない山頂。すぐそこ、石尊山が見えます。遠く、筑波山。左の方は加波山辺りでしょうか。大休憩です。お湯を沸かして [続きを読む]
  • 臼入山〜官ノ倉山 …その1
  • 1月6日に官ノ倉山に登ったとき、歩きたいと思っていた臼入山への尾根をパスしてしまったので、再びです。今回は小川町駅からバスを利用し、東秩父村奥沢へ入り、まず臼入山に登り、官ノ倉山を越え、小川町駅に戻るコースとしました。早朝の小川町駅、バス乗り場はと心配していましたが、何のことはない老々男女の団体さんが並んでいました。同じルートだったらどうしようなどと思いましたが、どうやら違うようです。バスで20分 [続きを読む]
  • 崇台山 …その2
  • あらためて登ってみると、ここ崇台山はよい展望台です。まずはひときわ白く大きく目を惹く浅間山。反時計回りに、妙義山。手前左が大桁山。大桁山の右奥が荒船山。遠く純白の八ヶ岳。その手前の山並みが上信境の山々。一番手前右側が切れていますが、四ッ又山。つぎは、中央奥が御座山。こちらは稲含山。稲含山(右端)から赤久縄山(やや左の三角形)への稜線。東御荷鉾山(左奥)と西御荷鉾山。関東平野は省略しました。筑波山も [続きを読む]
  • 崇台山 …その1
  • 安中市と富岡市の境にある標高300m弱の低山です。それでも、ぐんま百名山に連なっています。崇台山と書いて、「そうだいさん」と読みます。以前、一度登ったことがありますが、この日は午後から富岡市内でご用があったため午前中に軽くと言うことで登ってきました。長學寺からのコースです。長學寺の前を通って、谷をはさんで見た長學寺。作業道を進んでいくと尾根に出て、とりあえず鉄塔の巡視路に入ります。道なりにゆるゆる [続きを読む]
  • アオキ
  • 官ノ倉山へ登る途中、林床はアオキが優先していました。埼玉北部でも、暖かいんだなと実感します。登山口の池は凍っていましたが、強い北西風が吹かないのでしょうか。冬芽を中心に撮ってみました。18.01.06 埼玉県小川町にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒檜山から時計回り …その5
  • 小地蔵岳で、いつものスコーンとコーヒータイム。もう13時近い時間ですが、ようやくまともな休憩が取れました。さて、このあとどうしたものか…。計画では長七郎山を越え、地蔵岳までとしていましたが、ちょっと疲れたようです。とりあえず、長七郎山との鞍部まで下り、登り出しました。が、振り返り、遠く日光白根山や皇海山を眺めます。もう今日は十分かなって。小沼へ向かい下山しました。小沼の上の展望台から、黒檜山、駒ヶ [続きを読む]
  • 黒檜山から時計回り …その4
  • 駒ヶ岳でひとしきり展望を楽しみ、大洞方面に下りました。稜線から大洞へ下る鉄階段の上でひと休み。ここからが今日のメインです。まずはわかんを装着。篭山に向かい、尾根を直進します。うすいトレースがわずかにある程度。新雪のラッセル、下りとは言え、楽しめました。自分のトレースを振り返ります。篭山北側の鞍部によれよれになりながら到着。ここから直登、篭山をめざします。大岩を乱雑に積み上げたような篭山、雪を踏み抜 [続きを読む]
  • 黒檜山から時計回り …その3
  • 黒檜山を辞して、駒ヶ岳に向け下ります。やがて見晴らしのよい場所で、東南に遠く筑波山。富士山に比べ標高は低いけど、美しいお山です。そして、西側を見れば八ヶ岳。まだ雪が薄そうです。そして、富士山。雪と笹と筑波山。大ダルミから登り上げて駒ヶ岳。代わり映えしませんが、駒ヶ岳からの眺め。小地蔵岳、長七郎山と富士山。長七郎までたどり着けるかな。そして、筑波山。関東平野。利根川でしょうか、川が光っています。…つ [続きを読む]
  • 黒檜山から時計回り …その2
  • 頂上からの眺めです。いつもながらの皇海山。このどっしりとした大きさがいいですね。そして、日光白根山。関東平野を望みます。うすい雲がかかってきてしまいました。雲の晴れ間から、遠く筑波山です。そして分岐まで戻り、あらためて富士山を眺めます。この稜線は、筑波山と富士山の両方が右に左に観ることができるのが、お気に入りです。小沼と富士山。富士山の手前、左右に見えるピークはどこなのでしょう?さて、駒ヶ岳に向か [続きを読む]
  • 黒檜山から時計回り …その1
  • 前日の官ノ倉山が不完全燃焼でしたので、この日は今シーズンはじめての雪山を堪能しようと、黒檜山から地蔵岳までの縦走を計画しました。さて、どこまで行けるかな。いつもの大洞、おのこ駐車場に車を停め、出発です。黒檜山に呼ばれている気分。それにしても、風が強く、冷たい。黒檜山登山口。雪は軟らかそうなので、とりあえずアイゼンなしで行きます。猫岩手前より大沼と長七郎山、地蔵岳。地蔵岳アップ。あそこまで歩けるかな [続きを読む]
  • 官ノ倉山
  • おそらく先日アップした1997年以来の官ノ倉山です。できれば西に縦走して細窪山まで歩きたいと思いつつ登り出しました。歩き出しは1997年と同じ天王池。うすく氷が一面に張っていました。寒いんですね。スギ林、シダとアオキの林床が興味深いです。やがて官ノ倉峠。ひと登りで官ノ倉山。奥は石尊山。呼吸を整えて、石尊山へ。わずかでも下るのは残念。石尊山山頂。展望がいいですね。裏山の赤城山。振り返って、官ノ倉山。 [続きを読む]
  • 至仏山、1997年梅雨
  • 山の手帳には、「山の会」と一言付記されていますが、いったいどんなパーティで登ったのでしょう。まったく記憶がありません。山の記憶もないことから、おしゃべりなおじさんやおばさんたちと登ったのかしら。とにかくも、鳩待峠から至仏山をピストンしてきたようです。17.08.28 至仏山から燧ヶ岳、尾瀬ヶ原97.07.0606:45鳩待峠 → 08:25オヤマ沢田代 → 09:45至仏山(2228.0m)10:40→ 13:13鳩待峠行動時間:6時間28分 [続きを読む]
  • 横手山、1997年、初夏
  • 確か家族で登ったと思います。渋峠から登って、頂上のパン屋さんでパンを買い、ゲレンデをまっすぐ下った来たら、スピーカーに「ゲレンデを歩かないでください」って怒られました。ほかに道がわからなかったし…。と考えると登りもゲレンデを直登したようです。02.08.29の横手山97.06.0509:15渋峠 → 09:45横手山(2307m)10:30 → 10:50渋峠行動時間:1時間35分歩行時間:0時間50分にほんブログ村 [続きを読む]
  • 官ノ倉山、1997年正月
  • この年の正月2日に家族で登りました。天王池から登り、官ノ倉山でランチ、石尊山まで足を伸ばし、ピストンです。かわいらしいお山ですが、それ以来登っていません。また、登ってみたくなりました。97.01.0211:45天王池 → 12:15官ノ倉山(344m)12:55 → 13:05石尊山(340m)13:15 → 13:50天王池行動時間:2時間05分歩行時間:1時間15分にほんブログ村 [続きを読む]
  • 昨年の山
  • もう3日ですが、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 雲取山、1996年暮れ
  • 今年2017年の山として話題になった雲取山。よい機会なので再訪しようかと思っていましたが、かなわずです。そんな雲取山、1996年の暮れの山行として、山の会のメンバーと二人で三峯神社からテン泊でピストンしました。一日目は白岩小屋まで、秩父市内でお昼をいただいてからの余裕の出発でした。前白岩直前の急登が苦しかったのを覚えていますが、かんじんの雲取山頂の様子など記憶がおぼろです。雪はとても薄かったような [続きを読む]
  • 大高取山、1996年師走
  • 桂木峠から大高取山へピストンしたようです。本当に行って帰ってきただけのようで、めずらしく何も記憶にありません。その後2016年3月に越生から高麗まで歩いたときに大高取山から桂木峠までも歩いているのですが、そのときも何も思い出しませんでした。16.03.05 桂木観音96.12.0611:10桂木峠下駐車場 → 11:30大高取山(376.2m) → 11:45桂木峠下駐車場行動時間:0時間35分歩行時間:0時間35分にほんブログ村 [続きを読む]
  • 八風山、1996年晩秋
  • 軽井沢の南、群馬・長野県境近くにあり、林道からひと登りで登れてしまう山です。家族で登りました。この日は快晴無風だったようです。あまりにあっけなかったのでしょうか、八風山の東にあるピークまで足を伸ばしたようです。山登りと言うよりもピクニックですね。08.12.29、八風山の近くの日暮山から物見山と八ヶ岳を望む96.11.0411:03八風山登山口 → 11:18八風山(1315.4m) → 東側ピーク(1320m) → 12:20八風山登 [続きを読む]
  • 烏帽子ヶ岳〜鬢櫛山 …その2
  • 烏帽子ヶ岳と鬢櫛山の鞍部から烏帽子ヶ岳を振り返ります。そして、前を向けば鬢櫛山。こうした景色も冬だからこそです。夏では葉しか見えませんから。新年になれば、雪も着くでしょうか。そうなれば、また景色が変わります。ひと登り、急登を登れば、鬢櫛山です。鬢櫛山から、烏帽子ヶ岳と二ッ岳(右奥)。そして、相馬山(左奥)と榛名富士。コーヒータイム。干し柿付きです。来た道を鞍部まで戻り、鬢櫛山側の道を榛名湖畔まで下 [続きを読む]
  • 烏帽子ヶ岳〜鬢櫛山 …その1
  • 榛名湖の北側の2山、半日しか時間がないので、失礼ながらトレーニング山行です。榛名湖温泉北側の烏帽子ヶ岳登山口から登ります。奥に見えているのが烏帽子ヶ岳。ガサガサ…って。何かなと思ったら、カモシカ君でした。ほどなく烏帽子ヶ岳と鬢櫛山を結ぶ尾根に到着。まずは右へ、烏帽子ヶ岳をめざします。すぐに加護丸稲荷の鳥居と狐さんが迎えてくれます。あえぎつつ急登を登り上げると、烏帽子ヶ岳の肩につき、気持ちのよい笹原 [続きを読む]
  • 矢筈山〜モロコシ山〜子双山〜鈴ヶ岳 …その4
  • この日、ここまで、登ろうと計画した山、道を順調に歩くことができました。あとはちゃんと車までたどり着くことが大切。さて、静かな時間を過ごしたら下山です。大ダオへの下りの途中から、荒山(左)と鍋割山。大ダオをはさんですぐ向かい、鍬柄山。荒山のアップです。北面には雪がついているようですね。こちらは黒檜山。わずかですが、雪の量が違います。大ダオを北に下り、北回りルートで下山です。うすく雪のついた道を下ると [続きを読む]
  • 矢筈山〜モロコシ山〜子双山〜鈴ヶ岳 …その3
  • さあ、鈴ヶ岳頂上。うすく雪が載っています。誰もいない静かな山頂です。それでは、お湯が沸くまで眺望を楽しみましょうか。まずは、黒檜山と駒ヶ岳。大沼はまだ凍っていないようです。黒檜山アップ。遠く、日光白根山。すっかり白くなっています。皇海山。すぐ隣の地蔵岳。電波塔が乱立していますが、ずっと昔から立っているため、もはや景色、お山の一部にしか見えません。さて、コーヒーを入れ、お昼です。…つづくにほんブログ [続きを読む]