obtusa さん プロフィール

  •  
obtusaさん: 私のきれぇい&かわゅい♪
ハンドル名obtusa さん
ブログタイトル私のきれぇい&かわゅい♪
ブログURLhttp://obtusa.blog69.fc2.com/
サイト紹介文obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/01/11 06:52

obtusa さんのブログ記事

  • 十二ヶ岳〜小野子山 …その3
  • まずはランチタイム。時間は早いけど、ここが今日最後のピーク。下山後の林道歩きに備え、しっかり食べます。夏の定番、冷製パスタ。パスタはゆで上げて冷凍しておいたものを持ってくると、ちょうどよい具合に解凍されてます。それにコンビニサラダとノンアルコールビール。お腹がいっぱいになったら、展望を楽しみましょう。夏の小野子山は木々の葉に隠されあまり見えませんが。榛名山。西半分の烏帽子ヶ岳(左)、鬢櫛山、掃部ヶ [続きを読む]
  • 十二ヶ岳〜小野子山 …その2
  • 木々の間から榛名山が見えました。北側から見る榛名山、見慣れていませんが、特徴的な山容の烏帽子ヶ岳(右)とアンテナの立っている雄岳(左から2番目のピーク)からほかのピークもわかります。少し下ると、尾根道と南北両側から登ってくる山道の十字路がありました。本当ならここに登ってくるはずで、しっかりとした登山道が続いていました。男坂の急登の苦しみながらも十二ヶ岳に到着。視界良好で群馬の山々、県境の山々がよく [続きを読む]
  • 十二ヶ岳〜小野子山 …その1
  • ずっと昔、南側から登ったことがあるので、今回は北側、高山村側から登り、周回コースを取りました。林道小野子山線の十二ヶ岳登山口から登り、小野子山まで縦走し、別のルートを下り、林道を歩き戻ることにします。林道歩きが暑さの中憂鬱ですが、何かよいこともあるでしょう。と言うことで登山口。登山口の案内板をよく確認します。登山口の横には簡易舗装の立派な作業道が一直線に登っていましたので、迷うことなく歩き出します [続きを読む]
  • 掃部ヶ岳 …その3
  • 硯岩からの榛名湖と榛名富士。いい角度ですね。先ほど登ってきた掃部ヶ岳を振り返ります。こちらは反対側の烏帽子ヶ岳(右)と鬢櫛山(左)。鬢櫛山は半分木に隠れています。山型の葉が特徴のダンコウバイ。それから、コアジサイ。硯岩からはひと下りで湖畔です。湖畔を少し歩いて、無事下山です。対岸から見た掃部ヶ岳(中央やや左の最高点)と硯岩(右)。掃部ヶ岳頂上付近。硯岩のアップです。18.06.2207:39湖畔の宿記念公園  [続きを読む]
  • 掃部ヶ岳 …その2
  • お湯が沸くまでの間、展望を楽しみましょう。と言っても、この季節の掃部ヶ岳は東から西まで南側の展望しかありません。まず目についたのは奥秩父の峰々。どれがどれだかわかりませんけど。そして、八ヶ岳。赤岳から蓼科山までよく見えています。赤岳のアップ。そして、浅間山。冬だと葉がなくて、すっきりどんと見えるのですけど。手前に倉渕の懐かしい山々が並んでいます。再び南に目をやると、東御荷鉾山、西御荷鉾山、オドケ山 [続きを読む]
  • 掃部ヶ岳 …その1
  • 何と20日ぶりの山歩きでした。ずいぶんと間があいたものです。と言っても、今日もほんのわずかな時間ですけど。榛名湖西岸、湖畔の宿記念公園から榛名山の最高峰、掃部ヶ岳をめざしました。この道、以前に登ったときは雪のあるときでしたが、夏に登ると意外に藪っぽいです。尾根をまっすぐ登っていきます。やがて硯岩から登ってくる道と合流します。合流点から少し登ると榛名湖がよく見えます。榛名湖の向こうには榛名富士とさら [続きを読む]
  • ハルトラノオ
  • 以前にも見たことがあるような…。名前がわからず、くわしい方に観てもらったところ、ハルトラノオとわかりました。タデ科とのこと。自分ではとてもそうは思えませんでした。いずれも、18.05.04 昭和村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小浅間山、1999年秋
  • このときは息子と一緒でした。峰の茶屋からハイキングです。記録には、「山頂  晴   と思ったが手前のピークであった」と書かれています。あらためて地図を見ると、小浅間山は双耳峰になっていて、三角点ピークの西側にもピークがあります。きっとこれに登ったのでしょう。山頂では30分くらい遊んだようです。16.10.04 蓼科山から眺める浅間山99.09.2711:00峰の茶屋 → 11:35西峰 → 11:45小浅間山(1655.2m)12:15  [続きを読む]
  • 男体山、1999年夏
  • この日、八溝山に登ったあと、男体山に転戦したようです。正確なルートは今となってはわかりませんが、大円地登山口から登ったと記録されており、山頂を踏んで、持方分岐から下ったようなので、周回コースを取ったようです。山頂では、「雷が聞こえた」ようです。99.08.1811:25大円地登山口駐車場 → 12:20男体山(653.7m) → 12:25持方分岐 → 13:15大円地登山口駐車場行動時間:1時間50分歩行時間:1時間50分にほ [続きを読む]
  • オシダ
  • 剛毛で毛むくじゃら、いったい何が出てくるでしょう。という感じですが、オシダだそうです。湿った森の中、葉を展開するとシダの森になります。しゃがみ込むとコロボックルになれます。いずれも、18.05.04 昭和村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 八溝山、1999年夏
  • 松倉山に登った後、どこかに泊まったようです。翌日、朝一番で八溝山頂を踏んでいます。と言っても、お恥ずかしいことに、車で行けるところまで…おそらくほぼ山頂に設置されているアンテナの下でしょうか…行き、そこから一歩きしただけです。いつか、ちゃんと歩いて登りたいなと思いつつ、そのままになっています。99.08.1809:45駐車場 → 八溝山(1022.0m) → 駐車場行動時間:0時間05分歩行時間:0時間05分にほん [続きを読む]
  • ヤブデマリ
  • この時期、山では白い花をつけた低木が目につきます。遠くから見て、種がわからないことも多いです。ヤブデマリは装飾花の5枚の花弁のうちの1枚が極端に小さいのですぐわかります。いずれも、18.05.06 南牧村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 松倉山、1999年夏
  • 用があり烏山に行った折、登ってきました。しかし、まったく記憶がありません。記録を見て、地図やネットの情報と合わせて、歩いたコースが想像されるだけです。記録には、「松倉山(烏山町)」とありますが、今は合併して那須烏山市になっていますし、登山口は烏山ですが、山頂は茂木町です。また、「観音堂」とも「県道274号」ともあり、烏山側から登ったことにまちがいなさそうです。さらに山頂には一等三角点があるようです [続きを読む]
  • 烏帽子ヶ岳〜鬢櫛山
  • おうちのご用もあるので、半日程度で行って帰ってこれるお山ということで、榛名山系にしました。榛名湖畔、烏帽子ヶ岳登山口より登ります。ひと登りで烏帽子ヶ岳への尾根に登り上げ、右へ、東へ、烏帽子ヶ岳までそこそこの急登です。すぐに加護丸稲荷の鳥居と狐さんが迎えてくれます。右側の狐さんのアップ。ササにおおわれた烏帽子ヶ岳山頂。すぐに引き返し、いま登った道を下ります。鬢櫛山との鞍部にクサタチバナが咲いていまし [続きを読む]
  • 三ツ峠山〜本社ヶ丸 …その5
  • 本社ヶ丸からの景色です。まずは、三ツ峠山と富士山、そして歩いてきた尾根。お約束の富士山アップ。三ツ峠山アップ。左が三ツ峠山で、右が御巣鷹山ですね。ひいての三ツ峠山と富士山。歩いてきた尾根がよくわかります。頂上でゆっくりしていましたが、いつまでもいられません。辞して、下山にかかります。大幡八丁峠までは来た道を戻りますが、本社ヶ丸への登りには気がつかなかった富士山があらためて目に留まります。見る角度が [続きを読む]