obtusa さん プロフィール

  •  
obtusaさん: 私のきれぇい&かわゅい♪
ハンドル名obtusa さん
ブログタイトル私のきれぇい&かわゅい♪
ブログURLhttp://obtusa.blog69.fc2.com/
サイト紹介文obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/01/11 06:52

obtusa さんのブログ記事

  • 烏帽子ヶ岳〜鬢櫛山
  • おうちのご用もあるので、半日程度で行って帰ってこれるお山ということで、榛名山系にしました。榛名湖畔、烏帽子ヶ岳登山口より登ります。ひと登りで烏帽子ヶ岳への尾根に登り上げ、右へ、東へ、烏帽子ヶ岳までそこそこの急登です。すぐに加護丸稲荷の鳥居と狐さんが迎えてくれます。右側の狐さんのアップ。ササにおおわれた烏帽子ヶ岳山頂。すぐに引き返し、いま登った道を下ります。鬢櫛山との鞍部にクサタチバナが咲いていまし [続きを読む]
  • 三ツ峠山〜本社ヶ丸 …その5
  • 本社ヶ丸からの景色です。まずは、三ツ峠山と富士山、そして歩いてきた尾根。お約束の富士山アップ。三ツ峠山アップ。左が三ツ峠山で、右が御巣鷹山ですね。ひいての三ツ峠山と富士山。歩いてきた尾根がよくわかります。頂上でゆっくりしていましたが、いつまでもいられません。辞して、下山にかかります。大幡八丁峠までは来た道を戻りますが、本社ヶ丸への登りには気がつかなかった富士山があらためて目に留まります。見る角度が [続きを読む]
  • 三ツ峠山〜本社ヶ丸 …その4
  • 清八山も富士山の姿が美しいお山でした。今朝登った三ツ峠山と富士山。歩いてきた尾根を振り返ることができます。いつもながら、よく歩いてきたなぁって。少しひいて撮ってみました。さて、清八山を辞して、この日の最終ピーク本社ヶ丸をめざします。途中、少しだけ岩場があり、かわいいはしごがかかっていました。清八山と本社ヶ丸との中間地点辺りからの富士山と三ツ峠山。清八山を振り返ります。三ツ峠山のアップ。悲しいくらい [続きを読む]
  • 三ツ峠山〜本社ヶ丸 …その3
  • 三ツ峠山を辞して、御巣鷹山に向かいます。あれ、ドウダンツツジが…と思いましたが、よく見ると違うようです。調べてみたら、シロフウリンツツジといい、サラサドウダンの白花のようです。御巣鷹山までひと登り。それにしても電波塔が乱立しています。登ってみると…、あの先端が頂上でしょうか。電波塔の周りのフェンスを一周してみましたが、何も興味をひくものはありませんでした。あとは本社ヶ丸をめざし縦走です。まずは茶臼 [続きを読む]
  • 三ツ峠山〜本社ヶ丸 …その2
  • 三ッ峠山荘の前を通って、その先の展望台からの富士山です。さらに四季楽園の前を通ります。どちらの山小屋も多くの方が泊まったようで、出発の準備をしたり、富士山を写真に収めたり、にぎやかです。さて、三ツ峠山への登りにかかります。ここでも、もちろん富士山。手前左側のかげになっているところにはトウゴクミツバツツジが咲いていました。うまく撮れないものです。電波塔を回り込んで、三ッ峠山頂。箱入りの三角点。先ほど [続きを読む]
  • 三ツ峠山〜本社ヶ丸 …その1
  • 富士山を間近に見たいような気がして、三ツ峠山を狙ってみました。三ツ峠山だけでは物足りないので、本社ヶ丸まで縦走しました。金ヶ窪沢の登山口に、前日まだ日があるうちに到着。明るいうちに寝袋の中へ。その甲斐あって、当日は3時頃起きだし、4時前に歩き出すことができました。道を心配したけれど、三ツ峠へはジープの上がれる道、迷う心配はありませんでした。夜の気配と朝の気配が交錯する微妙な時間。明け行くが楽しみの [続きを読む]
  • 湯ノ丸山、1999年夏
  • 家族で地蔵峠からのんびり往復したようです。メインの2101mピークは人がいっぱい。それもあってか、ただピークを踏みたかっただけか、北側の2099.1mピークにも足を伸ばし、ゆっくりしてきました。16.07.10の湯ノ丸山99.08.0810:00地蔵峠 → 11:30湯ノ丸山(2101m)12:00 →12:10湯ノ丸山北峰(2099.1m)12:35 → 13:40地蔵峠行動時間:3時間40分歩行時間:2時間45分 [続きを読む]
  • カツラ
  • カツラは樹高30m、幹まわり20mにもなる高木です。山で見かけても、その大きさ、独特の樹皮、かわいらしい葉の形ですぐにわかります。そう、小さかったらわからないかも知れませんが。いずれも、18.05.03 南牧村にほんブログ村 [続きを読む]
  • カスミザクラ
  • この春はサクラもツツジも開花がだいぶ早かったですが、カスミザクラはどうなのでしょう。いずれにしろ、5月に入り満開のサクラを見ると、いつもながら感激しますし、山登りのメリットを感じます。そういえば、6月に入ってからサクラを見たこともありました。あれは日光白根山だったかな…。いずれも、18.05.05 前橋市にほんブログ村 [続きを読む]
  • オオカメノキ
  • ムシカリとも言います。かめ好きの私は、オオカメノキの名の方が好きですが、何がかめなのかよくわかりません。葉が似ているかな。少し見上げる位置に咲いていました。こちらは上から目線で撮れました。少しアップ。葉はまだ広がりきっていません。装飾花のアップ。少し暗いですが、装飾花に囲まれた小さい花が両性花です。いずれも、18.05.04 昭和村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 難台山、1999年夏
  • 難台山は笠間市にある山、もちろん低山です。このとき、何かご用があって茨城に行った帰り、手ぶらで帰るのは…と登りました。頂上からは筑波山や加波山を見ることができたようです。13.08.31の筑波山真夏の低山、まるで雷雨にあったかのようにいっぱい汗をかいたのを覚えています。よく熱中症にならなかったなぁ。でも、あのときのことを思えば、真夏の低山ハイクも平気かなって。でもでも、あれからずいぶん年月が経ったし…。99 [続きを読む]
  • 子持山 …その2
  • 頂上でお楽しみのランチタイム。冷製パスタとノンアルコールビールです。さて、同じ道を下りますが、少しゆっくり、花を探しながらです。まずはエンレイソウ。ユキザサが咲き始めでした。ヤマツツジが盛り。チゴユリも咲いていました。無事下山です。18.05.1609:23小峠 → 10:08林道接点 → 10:37子持山(1296.2m)11:12 →11:33林道接点 → 12:02小峠行動時間:2時間39分歩行時間:2時間04分にほんブログ村 [続きを読む]
  • 子持山 …その1
  • しばらく子持山に行ってなかったなぁと思い、歩いたことのない北面、小峠から登ってみました。しばらくってどのくらいかというと、どうも1995年以来のようです。ずいぶん前、前世紀ですね。小峠の登山口、簡単に作った駐車場と古びた案内図があります。はじめはまだ車が入れそうな作業道を行きます。10分ほどで作業道から登山道に入ります。ぼろぼろになった階段の脇を登っていきますが、地味にウスバサイシンが咲いていまし [続きを読む]
  • メグスリノキ
  • メグスリノキ、その名のとおり樹皮に含まれる成分が眼病によいとか。一時、盗伐されるほどのブームになりましたが、今はどうなのでしょう。ちなみにカエデの仲間です。いずれも、18.04.12 榛東村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 富士浅間山 …その2
  • 焼山峠の西側に法面の上に登れるように歩道がついています。それを登り、尾根に乗るとすぐ岩場。岩場の下を左、東へ回り込み、小尾根を登ります。富士浅間山に続く尾根に乗ると、しばらくはこんな感じです。ところどころにあるテープを探しつつ、うすい踏み跡をたどり、登っていきます。ヤマツツジが咲いていました。とにかく高い方へと登っていくと、富士浅間山の頂上に着きます。祠のある方向から登ってきました。この日は暑い日 [続きを読む]
  • 富士浅間山 …その1
  • 南牧村の役場の北にある山です。道の駅オアシスなんもくの手前から黒滝山に向かう道に入り、小塩沢の集落から林道に入ります。林道がどこまで続くかよくわからなかったので、路面が荒れている手前、標高500m辺りに車をおき、歩き出しました。が、歩いてみるともう少し入れて、少し損をしたような…。とは言え、林道脇にみごとにヤブデマリが咲いていました。観察するにはちょうどいいですね。林道の終点から、さらにまだ車が入 [続きを読む]
  • 長七郎山〜オトギの森 …その4
  • さぁ、あまり長くいると森から出られなくなりそう。腰を上げ、最後に巨木を見上げます。ダケカンバの立派な木が門番のように立っています。青い空に輝いています。オトギの森の出口。小沼に戻ります。途中、森の精のおうちでしょうか。ここまで来れば大丈夫。小沼越しに黒檜山が見えました。こちらはお昼前に歩いた長七郎山。無事、下山です。18.05.0510:55小沼駐車場 → 11:22長七郎山(1579.1m) → 11:42オトギの森分岐→ [続きを読む]
  • 長七郎山〜オトギの森 …その3
  • オトギの森の様子です。一面、背の低いミヤコザサにおおわれ、ミズナラの巨木が多く立っています。まだ、葉が展開していないでの明るいですが、夏になれば空の見えない深い森になります。地上近くから空を見上げると、小さな生き物になった気分です。さらに小さく。一番の巨木かな。風雪に耐えた枝ぶりがみごとです。純粋に空を見上げてみます。ササの下にもぐり込み、まるでアカネズミが空を見上げたようです。ミズナラの枝ぶり。 [続きを読む]
  • 長七郎山〜オトギの森 …その2
  • いざ、オトギの森へ。この標の方が雰囲気が出ますよね。途中から見える荒山と前浅間。オトギの森の核心部。コーヒータイムです。まだ葉が茂る前、森の奥深くからも深い谷をはさんで対岸を見ることができます。アカヤシオが点々と咲いていますし、気の早い木が葉を広げだしています。アカヤシオのアップ。また、先ほど越えてきた長七郎山も見ることができます。…つづくにほんブログ村 [続きを読む]
  • 長七郎山〜オトギの森 …その1
  • GWの最中、渋滞混雑が予想される赤城山にしかも、ゆっくりした時間に出発しました。いつもより混んでるかなと言うくらいでたいした渋滞もなく、予定していた小沼の駐車場に車を停めることができました。まずは長七郎山へ向かいます。すぐの展望台からの黒檜山と駒ヶ岳と大沼。黒檜山の左肩には至仏山と武尊山。快調に登り、小地蔵岳と長七郎山の鞍部から皇海山。遠く男体山も見えます。ひと登りで長七郎山頂上。さすがに人が多く [続きを読む]
  • 船ヶ鼻山 …その3
  • 牛石コースは鉄塔に続く作業道をずっと下ります。30分ほど下り、林道との合流点が牛石でした。そして、この岩が「牛石」なのでしょうね。しばらく林道を下ると、「中間」とのこと。ここで林道を離れ、また作業道に入ります。途中、消火器を再利用した鐘がおいてありました。登山道の要所要所に鐘がぶら下がっていて、野生動物の密度の濃さを感じさせます。シダの森。少し暗いシダの森を進むと、ひらけて、目の前に子持山が広がり [続きを読む]
  • 船ヶ鼻山 …その2
  • 「ガンバレ  ガンバレ   山頂」頂上直下の鉄塔が近づいた頃、線下でひらけている中にコブシが1本咲いていました。巻くように鉄塔の上に出て、そこはコースの分岐、山頂まで0.5kmです。緩やかな広い尾根を登っていくと山頂でした。山頂からは、木々の間から鈴ヶ岳が見えました。季節が進み、葉が茂ると展望はなさそうです。カップ麺を食べ、コーヒーを飲んで、早すぎるランチとしました。風が冷たいので、早々に下山です [続きを読む]