Sym さん プロフィール

  •  
Symさん: 勝ち続けるためのFX戦略日記
ハンドル名Sym さん
ブログタイトル勝ち続けるためのFX戦略日記
ブログURLhttps://3tulipani.wordpress.com
サイト紹介文逆行、薄利、損切り貧乏。そんな人のための負けないFX戦略ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/01/11 23:29

Sym さんのブログ記事

  • 2018/06/11〜ドル円、ユーロドル、ポンド円
  • ちからを溜めている通貨が多くタガの外れ次第で一気に荒れる週になるかも知れない。ドル円FOMCはポジティブな傾向だが市場では一時的で逆に向かう可能性もあり。特に指標発表直前直後は注意。クロス円がぶつかり合いいつもより難しい相場になりそう。今週は短期で細かく利を稼ごうかな。ドル円月足ユーロドルトレンド順張りよりも、レンジ内逆張り、トレンド転換(ダブルボトム)のほうが狙いやすいかな。ポンド円微妙…まだ手は出し [続きを読む]
  • 2018/05/25
  • ユーロドルショートなら1時間足レジスタンスライン(緑線)辺りから。ロングなら1時間足レジスタンスラインを完全に上に抜けて、サポートラインへの転換を確認してからの入り。ロングでも一時的であってほしい場面。ショートにトレンドが向かってくれればいいのだが…。********************* [続きを読む]
  • 2018.5.2
  • 中段持ち合いならず。。。ドテンを中止し指値で決済。その後109.76付近のレンジスタンスラインを目安に2シグマタッチ後の右側のローソク足で再度ショートエントリー。先ほど半分決済をして108.44付近まで落ちるか様子見。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ようこそ!
  • はじめまして。FXトレーダーのSymです。どうぞよろしくお願いします。僕がFXを始めたのは2006年ですからもうかれこれ10年以上になりますね。その頃はまだ日本ではあまりやっている人が少なくて、手法を正しく教えてくれる人もいませんでした。また、今のように国内の証券会社が多くなかったので、僕は海外の証券会社を使って取引をしていました。今では日本国内でもすごくたくさんの証券会社があって、どこもいろいろなサービスが [続きを読む]
  • 逆行しにくいポイント3
  • 逆行しにくいポイント3『大きく下落した時は様子見のタイミングを作る』早すぎるエントリーで逆行するパターンは多いです。下に大きく値が動くと心理的に焦りますね。でも少し時間を置くと右肩上がりだったりします。今回は右肩上がりなのか右肩下がりなのかを確認してからのエントリー方法です。①は右肩上がり、②は右肩下がりです。①の場合、様子見のタイミングを待たずにショートエントリーすると逆行します。①と② 右肩上 [続きを読む]
  • 今週のFOMC見通し(モーサテ他2016.12.12)
  • 「モーサテ」『FOMCでは利上げそのものよりも来年以降の利上げペースなどが投資家心理を動かしそう。』利上げはほぼ確実とした上で景気については今回の利上げの根拠を示す必要があるためさらに楽観的な見方が示されるとみている。ただ金融政策に関しては、 新政権の政策を確認した上で新たな方向性を打ち出すだろうと見ているため大きな変更はないだろう。株価に関しても、週末、OPEC加盟国と非加盟国の生産調整の合意に至り原油 [続きを読む]
  • 逆行しにくいポイント2
  • 逆行しにくいポイント2『落ちるタイミングは早く上がるタイミングは遅い』レンジ中で次のトレンドまで揉んでいる場面や、水平線に何度も跳ね返っては戻る繰り返しの場面。アップトレンド中のレンジで「しばらく」揉んでいる場合は次に上がる力をためているため、上がることが多いです。どれくらいが「しばらく」なのかは場数を踏んで感覚をつかむしかありません。私は1時間足ベースなので数時間とか数日とかいう感覚です。なんか [続きを読む]
  • 逆行しにくいポイント1
  • 逆行しにくいポイント1『方向性が見える時』例えば、ミドルも右肩下がり(上がり)MAも右肩下がり(上がり)5分足と1時間足が一致していて、日足がレンジ上限(下限)か、MA・ミドルラインを超えた時。逆に、各時間足が一致していない、もしくは読みづらい場面で日足がレンジのど真ん中にいるとき。逆行しやすいです。Syn.にほんブログ村 [続きを読む]
  • 年末エコノミスト懇親会にてインタビュー (モーサテ2016.12.9)
  • 日本企業のトップたちは日本の今後の景気にどのような見通しをしているのか。「日経平均は2万を超えるのか?」10人中9人が超えると答えた。・キッコーマン名誉会長 茂木友三郎氏アメリカがかなり良くなってきている。いつまで続くかはまず置いておくとしても、日本株もそれに引きずられていくのではないか。・オリックス シニアチェアマン 宮内義彦氏トランプ時期大統領はアメリカの景気を何としてでも良くしたいと考えてお [続きを読む]
  • 逆行に対する恐怖心からの克服
  • こんにちは。Synです。〜マーケットは常に不確実性の繰り返しです〜いわばトレードとは不確実性との戦いと言えるのではないでしょうか。数多く存在するテクニカルは主に確率の方向性を見える化したようなもの。ただ、テクニカルは未来を見える化したものではなく、過去を見える化したものです。そこにファンダメンタルズや値動きを加えても、これらもまた次にどうなるかはその時になってみないとわかりません。未来を完全に予測で [続きを読む]
  • 本日の戦略2017.12.8
  • こんにちは。Synです。「ドル円」昨日は下抜けしたのでショートに切り替えました。お得意の5分足の+2シグマからの逆張りです。1時間足→サポートラインからレジスタンスラインに変わりレンジスタンスラインに当たりそうな位置5分足→2シグマ突き抜けたところでの逆張りとなります。その後、5分足→113.1あたりで下支えされた後、MAを抜けたので一旦利確しました。1時間足5分足また様子見です。Syn.にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本日の戦略2016.12.7
  • こんにちは。今日は特に大きな指標発表はないが、日本時間でのどっちつかず的な変な動きがありそう。私はあまり日本時間内でトレードはしません。変な動きも多く損切り率も高いです。個人的には合わないようです。一般的にも日本のマーケットはまだ成熟度が低いと言われていて、動きもはっきりしないのが特徴です。「ドル円」さて、現在ですが週足の114.5をまだ抜けれない状況が続いています。大きな指標までは難しいですかね。日 [続きを読む]
  • MA(Moving Average)の設定
  • こんにちは。Synです。今日はMA(Moving Average)の設定についてお話しします。と、その前にMAの使い方を説明しますね。MAとは移動平均線と呼ばれるもので、私はトレンドの終了か継続かを判断するために使っていて、MAを実体で完全に抜ければトレンドの終わりとして判断しています。またトレンド継続中のエントリー判断としても使用しています。「MAを抜ければレンジ入りのサイン」「MAを抜けなければトレンドの継続としてショート [続きを読む]