Bays9 さん プロフィール

  •  
Bays9さん: 横浜 ニュー マシンガン
ハンドル名Bays9 さん
ブログタイトル横浜 ニュー マシンガン
ブログURLhttps://ameblo.jp/bays9/
サイト紹介文良い時も悪い時もひたすらベイスターズの事を書き続けるベイスターズ専門ブログです!
自由文2010年1月に初めたブログです。
筒香の入団とともに歩んできたブログです。
シーズン全試合の記事を書き続けます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2010/01/12 17:40

Bays9 さんのブログ記事

  • 信頼の濱口続投!広島相手に主導権を渡すことなく!
  • 2017.10.19 横浜スタジアムCS Fin.Stage 第2戦横浜DeNA 6 - 2 広島CSでも雄たけび濱口熱投7回128球、7安打2失点でチームを勝利に導いたこの日私が感じたのはベンチの濱口への信頼感でした。チームが5-2とリードをしている中で、6回を投げ抜いた時点で球数から行っておそらく交代だと私は思いました。しかし、ベンチの判断は7回も続投。様々な要素もあったでしょう。・ローテーションから言えばおそらく濱口の先発登板はこれが最初 [続きを読む]
  • 雨が滴る石田が突如崩れる。。1日でも長く野球を!
  • 2017.10.18 マツダCS Fin.Stage 第1戦横浜DeNA 0 - 3 広島 (5回降雨コールド)無念失点した途端に降雨コールド0-0で迎えた5回裏。4回までは広島打線をノーヒットに抑えてきた石田がマウンドに登った時には徐々に雨足が強まり、帽子のひさしから雨が滴り落ちていました。先頭のバティスタに四球。。。。続く新井にこの日初のヒットを許してしまいました。先頭四球の後の初ヒット。流れは俄然広島へ。その後、西川のバントの処理、 [続きを読む]
  • 主砲が目を覚まし、阪神との激闘に挑む!
  • 2017.10.16 甲子園横浜DeNA 雨天中止 阪神決戦は予備日へ阪神とのCSファーストステージ第二戦。5回に訪れた筒香の第3打席。阪神のピッチャーは三番手の石崎。筒香の顔付近に来たボールを慌てて避けた筒香はヌぬかるんだグラウンドに足をとられ、大きく体制を崩して転倒。みっともないくらいに…左半身は泥だらけに。。。。のっそりと起き上がった筒香の雰囲気は明らかに変わっていました。表情は変えずにノシノシとゆっくりベンチへ [続きを読む]
  • 雨にも負けず良く凌いだ!猛打爆発のベイスターズ打線!
  • 2017.10.15 甲子園CS1stステージ第2戦横浜DeNA 13 - 6 阪神雨天のシーソーゲーム猛打炸裂21安打13得点!いや〜、もう、すごい試合でしたね。1時間遅れて始まった試合、雨が降りしきる中、もうグラウンドに水たまりが見えるような状態の中での試合。序盤から追いつ追われつの見事なシーソーゲーム。ぬかるんだグラウンドが多くの悪戯をして、戦っている選手たちをあざ笑うかのような展開となりました。 今日の試合はあまりにも多く [続きを読む]
  • 井納の意地が見れた!崖っぷちもまだ終わっていない!
  • CS 1stステージ 第1戦2017.10.14 甲子園横浜DeNA 0 - 2 阪神ついに2017年のポストシーズンが開幕しました。セ・リーグクライマックスシリーズ、ファーストステージ第1戦は天候が心配される中、甲子園で開始。雨が落ちてくることもなく、最後までしっかり試合が出来てまずは良かったですね。井納、意地の熱投!福留の2ランによる2失点で試合を作る注目のCS開幕のマウンドは開けてびっくり井納でした!一部報道ではありましたが、 [続きを読む]
  • 強豪阪神に敬意と集中力で!真のクライマックス!
  • 9月8日からの甲子園での阪神3連戦。第一戦 横浜DeNA 3 - 8 阪神第二戦 横浜DeNA 1 - 2x 阪神第三戦 横浜DeNA 6 - 7x 阪神激しい3位争いと、目標だった2位奪取のために意気込んだ甲子園での三連戦で悪夢の三連敗を喫しました。この時点で事実上2位は現実味を失い、巨人にゲーム差で並ばれるという現実を迎えました。第二戦では延長12回までもつれ、引き分けでやむ無しという中で12回裏に二死満塁でマウンドに上がった三嶋が鳥谷 [続きを読む]
  • 掴みとった細川!
  • 細川は持っている!細川がレギュラーシーズンのラスト2試合に続き、社会人相手の練習試合3戦でも5打数3安打1打点と結果を出し、CSのベンチ入りを掴みとりました。ラミレス監督は「スーパースターの素質がある」として決断。これにはびっくり!しかし、彼には強打の他にも強肩、俊足とツールは揃っています。代走などでもスタンバイさせることは出来ますので意外と使い勝手が良いかもしれません。大きな舞台、細川の貴重な経験とな [続きを読む]
  • 強打のDeNAクリーンアップ!
  • 宮崎が首位打者に!シーズン中盤に3割4分台の打率を維持し、首位打者独走状態。しかし、そこから突然ヒットが出なくなり、打率は3割1分台急降下。そこへ巨人のマギーが打ちまくって打率を急上昇させたことで、シーズン終盤になってマギーに抜かれてしまった時は「むう、これまでか…」と思いました。しかし、そこからまた打率を上げていって首位打者に躍り出ると最終的に.323の打率でゴール。本来ならばCS出場を決めた後の2試合は [続きを読む]
  • 元気な桑原は元気なベイスターズ打線
  • 先日、元ロッテの里崎氏がクライマックスシリーズの展望を語っていた記事がありました。http://news.livedoor.com/article/detail/13722397/ この記事では阪神とDeNA、それぞれが1st突破のカギとなるのは何かを上げていました。里崎氏は勝敗のカギを以下のように表現していました。1、阪神の突破のカギは先発投手陣2、DeNAの突破のカギは阪神の先発を打ち崩せるか 当然といえば当然。阪神のリリーフ陣は屈強で実はベイスターズは [続きを読む]
  • 余暇にNIGHT RANGER!感慨の水道橋
  • このところブログの更新頻度が下がっていましてすいません。シーズンが終わって少し休暇をもらっています。週末にはCSが開幕しますので、そろそろペースを上げて行こうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 今後のブログの予定としては、CSローテの考えや阪神との勝負の分かれ目への考察などを交えてみなさんと意見交換をしつつ、週末のCS開幕を迎えたいと思っています。 さて。10月7日の土曜日から暦の上では三連 [続きを読む]
  • 甲子園のベンチに座るのは誰か!
  • CSで右の代打は?横浜の”秘密兵器”細川か! レギュラーシーズンのラスト2試合が細川に与えられた経験の場。この2試合限定の一軍登録の予定でした。ところがデビュー戦でプロ初打席初ホームラン、続く最終戦でも濱口の10勝をアシストするホームラン!2試合連続でホームランを打ったことで、2試合の限定登録の延長が決定。2本とも決勝打であったことも、何かを持っていると思わせる存在ですよね。 今年は代打に困ったシーズンで [続きを読む]
  • <退団選手>次のステージでの活躍を願います
  • 秋はプロ野球界にとって寂しい季節でもあります。今年もベイスターズを退団する選手が多数出ています。 投手高崎健太郎(32)大原慎司(32)小林寛(28)林昌範(34)久保康友(37)小杉陽太(31)柿田裕太(25) 野手山崎憲晴(30)下園辰哉(32) どの選手も一度はファンに夢を魅せてくれた選手ですよね。 DeNA元年、弱小ベイスターズに中畑監督を迎えて迎えた開幕のマウンドには高崎が立ちました。京セラドー [続きを読む]
  • 最終戦勝って貯金8でフィニッシュ!143試合書き終えたぞ!
  • 2017.10.04 横浜スタジアム横浜DeNA 2 - 1 中日喝采!最終戦を勝って貯金8 濱口10勝!7回を投げて4安打1失点! 今日も打った!細川第2号の決勝ホームラン! レギュラーシーズン全日程終了!73勝65敗5分でフィニッシュ!結局最後は3連勝を決めて貯金を8まで伸ばし、4位の巨人に2ゲーム差をつけての3位ということになりました。最後は若手の台頭もあり、実にフレッシュな気持ちになれましたね。宮崎は試合に出てホームランを打って打 [続きを読む]
  • New Generation!躍動する投打の二人!
  • 2017.10.13 横浜スタジアム横浜DeNA 3 - 1 中日NewGeneration綾部、初登板 初先発 初勝利!細川、初打席 初ヒット 初本塁打 初打点!主力を大量に登録抹消し、非常にフレッシュなメンバーで挑んだ一戦。投打の若い二人が活躍してくれました! まずは初登板、初先発の綾部。どっしりとした下半身とオーバースローから投げおろす威力のあるストレートと、大きく割れるようなチェンジアップでバッタバッタと中日の打者を打ち取ってい [続きを読む]
  • 4番筒香、そしてペナントを最後まで
  • 主砲が決めたCS昨日の記事では歓喜に枠スタジアム、そして感動する自分を押さえきれず、内容の薄い記事になってしまいました。でも、巨人の猛追を背に長い期間に渡って苦しい戦いをしてきただけに、3位死守できたことは本当に嬉しかったのと、これで追われる苦しさから解放されるかと思うと涙を流さずにいられませんでした。そして一年間思うような打撃ができなかった筒香が乱打戦の中心にいたことは、これまた感動。4番という定 [続きを読む]
  • 日本の4番 横浜の4番
  • 2017.09.29 横浜スタジアム横浜DeNA 6 - 2 阪神石田涼しくチームの窮地を救う6回無失点!先日の中日戦で6イニングを無安打無失点の快投を見せた石田。まさにラスト10試合を幸先良く滑り出せたのもこの石田の好投あってこそ。そしてこの日は中5日で阪神戦。今年一年、なかなか思うようなピッチングが出来なかった石田が、その真価を問われる登板でした。そして、やってくれました!昨日の大敗から一夜明け、石田が涼しい顔でアウト [続きを読む]
  • 横浜スタジアムはまだまだ熱いままで!!笑顔のままで!!
  • 2017.09.28 横浜スタジアム横浜DeNA 2 - 11 阪神完敗!投手陣崩れて大量失点打線は能見の前に4安打 満を持してマウンドに上がった井納が3回に6安打と集中砲撃を受け、5失点。1,2回は四球のランナーを一人許していただけで、能見との投げ合いになっていく様相でしたが、突然崩れてしまいました。4回には平田を投入しますが、虎を鎮めることは出来ずに2イニングで3失点。後を継いだ三嶋は1イニングで3失点と、軒並み失点を繰り返して [続きを読む]
  • 空前の完封劇!気がつけばワンサイド!
  • 2017.09.25 甲子園横浜DeNA 7 - 0 阪神ウィーランド102球、完封劇! 昨日、今永で先勝した甲子園2連戦の2戦目。今永がチーム勝ち頭であれば、このウィーランドはここまで安定感抜群のピッチングでチームを支えてきた男。その男がやってくれました! 適地甲子園での試合で、散発5安打、102球で9イニングを投げ抜き、スコアボードに0を九つ並べる完封勝利!! 簡単には勝たせてもらえないであろう阪神を相手に、空前のピッチングを展 [続きを読む]
  • チーム一丸となって、とにかく勝利をもぎ取った!!
  • 2017.09.24 甲子園横浜DeNA 2 - 0 阪神凌ぎ勝ち!初回の2得点を守り切る! 初回、相手先発の岩貞のストレートに照準。柴田が貴重な四球を勝ちとって出塁すると、筒香が初球の厳しい内角のストレートを詰まりながらライト戦へ二塁打。ロペスはショート内野ゴロながら、三塁ランナー柴田がホームイン。鮮やかな速攻が決まりました。続く宮崎もストレートを強振して三塁線を破り二塁ランナーの筒香を迎え入れて2点目。この2点目は、こ [続きを読む]
  • 筒香が起点となって打線をまわした!チームはReStart成功!
  • 2017.09.23 ナゴヤドーム横浜DeNA 13 - 5 中日ReStart石田、大量援護の中、6回無安打無失点!先発の石田がなんと6回を無安打に抑える好投。大島やビシエドと言った主力を欠く中日打線だったとはいえ、1本のヒットも許さなかったというのは驚嘆に値するでしょう。ファンとしては打たれるまでは代えて欲しくはなかったし、おそらくベンチも同じ思いだったとは思いますが、6回のピッチングでは明らかに疲労から制球を乱していました。 [続きを読む]