Bays9 さん プロフィール

  •  
Bays9さん: 横浜 ニュー マシンガン
ハンドル名Bays9 さん
ブログタイトル横浜 ニュー マシンガン
ブログURLhttps://ameblo.jp/bays9/
サイト紹介文良い時も悪い時もひたすらベイスターズの事を書き続けるベイスターズ専門ブログです!
自由文2010年1月に初めたブログです。
筒香の入団とともに歩んできたブログです。
シーズン全試合の記事を書き続けます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/01/12 17:40

Bays9 さんのブログ記事

  • 須田は先発としてJFE東日本で
  • 戦力外通告からトライアウトを受けるも他球団からのオファーなし。プロ入り前の古巣であるJFE東日本へ復帰することが決まった須田。まずは本当に良かったなという思いです。先日は網谷なども社会人野球へ身を移して来年以降の身を固めていますが、プロでなくともしっかりと仕事がある、食い口があるというのは本当に大事なことです。社会人野球とは企業人になることも意味しており、所定の業務をこなしたうえで、いわゆる部活とい [続きを読む]
  • FOR REALを楽しみに
  • 今年は仕事ばっかりしていたような一年でした。年末に向けて追い込んでいますが、とにかくいろんな案件をこなしたな〜と思っています。プロ野球に関しては例年通り見ていたつもりですが、ブログの記事の内容が薄かった回数は結構多かったなと反省。 師走に入って更新頻度が落ちていますが、選手の契約更改も終わり、いよいよ本格的なオフを迎える運びとなりました。シーズンオフでもウィンターリーグで活躍している選手などもいま [続きを読む]
  • 濱口の咆哮
  • 濱口、開幕投手を目指し、エースになりたいエースと呼ばれる存在は実績とは別のところで魅力があるものだと私は思います。投げっぷりの良さではピカ一なのが濱口。うなりをあげるストレートにパラシュートがついているかのようなチェンジアップ。バッタバッタと三振に切って取り、グラウンドの中心で雄叫びをあげる。私はまさにこの濱口にエースの資質を感じていました。が、二年目の今年は試練でしたね…7月1日に登板した広島戦 [続きを読む]
  • タレントのマネジメントが必要!
  • 外野手の布陣スーパースター軍団になりうる来年の外野手争いは厳しいです。レフトに筒香をおいたとして、センター、ライトには誰を配置するのか。カリブの怪人ソトの出現で、彼がライトを守ることを規定路線だとすると、もはやセンターしか空いていない状態。センターには桑原?神里?…師走に入ると各所でビールを呑みながら来年の構想を語り合って盛り上るのもファンの常ではありますが、我らのスーパースターだったはずの梶谷の [続きを読む]
  • 全選手契約更改!
  • 全選手が契約更改終了少し遅れてしまいましたが、ベイスターズが無事に全選手との契約更改を終えました。今年も最後を飾ったのは山崎ヤスアキ。その、山崎はなんと1億円アップの2億5000万での更改!「納得のいく提示でハンコ」ということでした。37セーブでセーブ王のタイトルもとっていますし、アップは当然ではありますが、1億円アップはちょっと驚きですね。本人も自覚している通り、夏場に疲労を隠せない弱点があるのと、今年に [続きを読む]
  • 奪三振能力で切り開く!リリーフ三嶋は勝てる投手!
  • 三嶋は2700円増の4800万円で更改。会見では久々に給料が上がったと笑みを見せました。今年は貴重なリリーバーとして大活躍。60試合に登板して7勝2敗、防御率は3.97。イメージよりも防御率は良くないですね…WHIPは1.35と、こちらも思ったよりも塁上を賑わせていたみたいですね。ところで奪三振率は10.85と非常に高い。先発とリリーフを比較できませんが、規定投球回数以上のランキング1.位の東を上回ります。与四球は31と、投球回6 [続きを読む]
  • 明快な奪三振率1位
  • 東が更改山崎を越えて2年目最高額へ東に関しては新人賞獲得の時に記事にしたので、多くを書く必要はないですね。新人王東は勝てる投手ベイスターズの話題と言えば東、ソト、宮崎。とりわけ東に関しては11勝した事実と新人王というタイトルが輝く格好で一躍スター選手の仲間入りですからね。開幕投手としての期待も寄せられるほどになりました。その前に規定投球回数をクリア出来ただけでも大きな評価。で、その規定投球回数を投げ [続きを読む]
  • 高い適応能力のポイントゲッター
  • 宮崎倍増大台突破1億6000万円で契約更改もはや説明の必要はないほどの大活躍でした。宮崎がほぼ倍額となる1億6000万円で契約更改。打率.318、ホームラン28本、打点は71。ベストナイン、ゴールデングラブと外部からの評価もされているとおり、一流選手の仲間入りを果たしたと言っていいでしょう。ただ、本人が悔やんでいるのは出場142試合という部分。全試合出場まであと1試合足らなかったことを不満としていました。打撃成績の数字 [続きを読む]
  • バリオス残留とウィーランド自由契約
  • バリオス残留3300万で1年契約なかなか契約の情報が出てこなかったバリオスとウィーランドの両外国人先発。バリオスの方は無事に契約更新が発表されて残留という運びとなりました。バリオスはウィーランドをはじめとする投手陣の控えのようなイメージの入団でした。ところが開幕からウィーランドが故障で離脱、それどころか今永、濱口までが離脱して苦しい船出となった先発ローテの一角に。一定の活躍を見せて14試合で2勝5敗、防御 [続きを読む]
  • 筒香は圧倒的な四番になるべし!
  • 筒香4億円へ将来はメジャーリーグの夢筒香の年棒が遂に4億に届きました。そして交渉の席で将来はメジャー移籍の希望があることを伝えたとのこと。前々からそういう話はありましたが、本人が正式に球団に伝えたのは初めてのことですね。 ただ、本人も良く分かっているとは思いますが、彼はベイスターズの中でどのような立ち位置でいるのかを真剣に考えた方が良いと思っています。日本代表の4番と言われます。しかし、彼の最大の魅力 [続きを読む]
  • 感銘を受けた井納に関する記事をご紹介
  • ガッツリ減額フリーライターの西澤千央さんが2018年4月10日に素晴らしい記事を書いていたのでご紹介。DeNA井納は炭坑のカナリアだった(正しくは"炭鉱"だと思います)私は深く感銘を受けました!炭鉱のカナリアは、炭鉱においてしばしば発生するメタンや一酸化炭素といった窒息ガスや毒ガス早期発見のための警報として使用された。本種はつねにさえずっているので、異常発生に先駆けまずは鳴き声が止む。つまり危険の察知を目と耳 [続きを読む]
  • 周囲に緊張感を与えない投手
  • 脇役の活躍こそ力藤岡のマウンド姿に元気をもらえる登板15試合、投げたイニングは14回と2/3。1勝0敗1ホールド、防御率は6.14。登板数を見ればチームから寄せられる期待値は残念ながら高くはありません。ただ、故障者が相次ぎチームが苦しい状況の中、彼のマウンド姿には救われました。基本的にどんな場面でも便利に使われる存在で、実は貴重な戦力でもあります。藤岡の一番素晴らしいことは、マウンド上で周囲に緊張感を与えないこ [続きを読む]
  • 新人王の東は勝てる投手!
  • 新人王決定DeNAから東が選出!有効票数294のうちダントツの290票を獲得11勝5敗、防御率2.45!苦しむ先発ローテのなかでルーキー東がチームを支えた年でもありました。ストレートの威力やチェンジアップの切れ、奪三振能力など、投手の力量を示す材料はたくさんありますが、彼はとにかく「勝てる投手」というのが最大の魅力だと思います。長いイニングを投げることができ、先発としてその試合を支配する。我々ファンは東の登板日は [続きを読む]
  • ベストナインを来年への材料に!
  • ベストナイン発表ベイスターズから2選手選出ソトが外野手部門で初受賞!宮崎は三塁手部門で二年連続2018年のベストナインが発表されました。外野手部門で108票で三位の票を獲得したソトが初受賞。ファームスタートで試合に出場したのは5月にはいってからにもかかわらず、41本のホームランをかっ飛ばし、ホームラン王に輝く大活躍。ベストナインの常連になりつつあった筒香を引き離して堂々の受賞でした!また、三塁手部門では250 [続きを読む]
  • パットン残留に一安心
  • パットン残留2年契約、年棒は1億6000万円来シーズンの去就が定まっていなかったセットアッパーのパットンが残留決定。2年契約、年棒1億6000万円で合意し、球団からも公式に発表されました!今年のパットンは58試合に登板して5勝1敗、防御率は2.57の結果を残しており、鉄腕ぶりとともに安定した数字が残せることを示していたので、退団となると少々痛手となるところでしたが、残留が決まって一安心。ファンからの人気も高い選手なの [続きを読む]
  • ファン感謝祭:タレント揃いのベイスターズ!
  • 2018年 ファン感謝祭秋晴れの中サプライズゲストが連発勤労感謝の日に開催されたファン感謝祭。今年は横須賀で開催され、多くのファンで横須賀の街が賑わいましたね!私は自宅でテレビ中継にて観戦。11時に始まり、そのままボーっとしながらも最後まで観てしまいました(笑) 今年のファン感では各イベントでサプライズゲストがたくさん出てきましたね。でもやっぱり最後のキックベースで登場した田中浩康が一番うれしかったです! [続きを読む]
  • 平良契約更改、エースの資質だ!
  • 平良,73%UP!!1300万円で契約更改!5勝3敗、防御率3.49。プロ5年目の23歳として考えれば苦しい先発ローテ事情の中でよく頑張ったと言っていいでしょう。しかし!今年彼が示したポテンシャルを考えると、とうてい納得のできる数字ではないとも私は思います!月間で3勝した9月はまさに彼の覚醒を感じさせるものの証。安定したスリークォーターから放たれるボールは打者の膝付近の高さで出し入れ。アウトローのストレートで見逃三振、 [続きを読む]
  • チェンジ!
  • 週キャンプが終わり、テーマであった「チェンジ」に対して60%の達成度だったことを報告。それに対してある程度の満足感があったとのことです。各選手が思いを持って取り組んだであろうキャンプ。今年はプレーオフシーズンに勝ち進むことが出来ずに苦杯をなめただけ、その練習には身が入ったのではないかと感じています。既に契約更改も始まっている時期であり、また補強選手の情報もでてきていますね。 巨人を自由契約になった中 [続きを読む]
  • 来年の先発候補について考え始めた
  • 毎年この時期は仕事が非常に忙しくなる時期で、今年は特にプロジェクト案件も複数重なり連日帰りが遅くなっております…この時期は会社が取得しているある規格の認証審査があり、ここ一ヶ月はバタバタと準備に終われていました。明日からその審査が三日間に渡って行われます。がんばります!さて。FAの話題が出てくるようなり、いよいよ野球界もオフシーズン、並びにストーブリーグシーズンに突入ですね。広島の丸や西武の浅村、ま [続きを読む]
  • スラッガーのそれ
  • 伊藤裕季也が逆転ホームラン神宮大会で立正大学を優勝に導く多くのベイスターズファンがこの瞬間の動画を視聴したのではないでしょうか。来年ベイスターズに入ってくるスラッガー伊藤裕季也が明治神宮大会の決勝戦で特大の一発!これが終盤にでた逆転の一発となり、立正大学が見事大学日本一となりました。キャプテンでもある伊藤の一発で勝利、スター性を感ぜずにはいられませんね!伊藤は準々決勝でもレフトスタンドへ試合を決め [続きを読む]
  • 俊足強肩遊撃手の狩野
  • 2016年ドラフト7位で入団した狩野が神奈川新聞の記事になっていました。なんでも両打ちにするのだとか。狩野は遊撃を本職とする内野手。ベイスターズは遊撃のポジションが以前として固まらない状況であるため候補は一人でも多い方がよい。狩野は俊足と強肩を売りにする選手ですが、2017年、2018年と出場した二軍の試合ではいずれも1割台と打撃が決定的に欠点。これではいかに脚が早くとも上に呼ばれることはないでしょう。もとも [続きを読む]
  • 守護神と呼ばれるための要件
  • ヤスアキ進化論守護神と呼ばれるにはプロ野球界は日米野球で盛り上がってますね!日本代表は夢のようなメンバーがズラリ。故障で出場回避した筒香がいないこともあり、日本の4番には柳田が座り、サヨナラホームランを放つなど鬼神のごとく暴れまくってます。打率や脚力を考えれば今年のナンバーワン打者は彼で異論の余地はないでしょう。さて、そんな中第2戦、最終回のマウンドを任された山崎がしっかりとその務めを果たしました [続きを読む]
  • ゴールデングラブに見る喜びと課題
  • 2018年のセリーグゴールデングラブ賞に一塁手としてロペス、三塁手として宮崎が選出。今年はチームがいまいち振るわなかった中でしたので、ゴールデングラブやベストナインは厳しいかと思いましたが、二人も選出されるとは正直嬉しいですね。ただ、今年は二人とも去年よりもパフォーマンスが落ちたことは否めません。特にロペスは長期離脱がありながらの受賞で、それだけ一塁手として評価されているという一方、セリーグの中に他に [続きを読む]
  • 上茶谷!過去のフレームを越えてビッグになれ!
  • ドラフト1位の上茶谷が入団決定!背番号は27という球団にとっては重みのある番号に決まり、期待値の高さを表していましたね。本人曰く売りはコントロール。素晴らしい!やはり投手はコントロールが一番重要。また加えて150キロを越えるストレートも魅力。彼のストレートは単に球速があるだけでなく、美しさと力強さを感じさせ、質の高さは一級品だと思っています。肩周りが非常に柔らかく、そこから繰り出されるすべての球種で空 [続きを読む]
  • 凡事ってなんだろう?
  • 日本一になったソフトバンクの戦いを観て思ったこと。■投手の投げるコースがエグいソフトバンクの投手は軒並みエグい。150キロを越える速球を持ちながら急角度で低めを捉える武田、膝の上か下かで徹底的に低めにしかいかない森。そして打者の近め、つまり内角で出し入れ出来る能力を全員が持っている。  ベイスターズの投手陣はこれが決定的に欠けている!制球力以前に捕手が要求するコースも甘い。荒れ球の国吉のほうがよっぽ [続きを読む]