仲 恵麻 さん プロフィール

  •  
仲 恵麻さん: わたくしごとですが。
ハンドル名仲 恵麻 さん
ブログタイトルわたくしごとですが。
ブログURLhttp://nakaema.blog.jp/
サイト紹介文一姫二太郎ママ。元看護師。娘の心疾患が発覚!事故に遭う!鬱になった!意外と山あり谷ありな絵日記。
自由文旦那、ヒメ(7歳)タロウ(4歳)の4人家族。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供231回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2010/01/13 09:21

仲 恵麻 さんのブログ記事

  • 寝過ぎてしまう原因を考えた結果
  • 今日は絵のタッチを変えてみました^_^夜は一応、5時間は寝てました。(ベッドに0時には入って、午前2時には寝れるかな…という感じ。)実は4〜5月くらいからずっとこんな感じでした。日中の活動時間が短い!単純に、『季節の変わり目(気温差が激しい)だからかな?』『イベントが多くて疲れてるのかな?』と思っていました。だから、忙しい時期が過ぎて落ち着けば、このまま良くなっていくだろうと思っていました。無理して動くよ [続きを読む]
  • 18、追突事故後に119番【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。17.右手の異常に気付くの続きです。この時は、左に娘を抱えて右手に携帯を持っていて。非常に焦っていて、娘を右に抱き直す余裕がなくて、そのまま動かしづらい右手でダイヤルしました。119番にかけたのに、気がつけば主人にかけたつもりで喋っていました。もう、頭が混乱し [続きを読む]
  • 17、右手の異常に気付く【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。16、事故直後はパニックの続きです。助手席側のドアから脱出出来ました。娘を抱き上げた後、ガラケーを開いて連絡しようと思いました。思いついた連絡先は、119番とヨシ君。しかし、まるで手が凍りついてしまったかのように指が動かせませんでした。この時やっと右手の異変に [続きを読む]
  • ICとムンテラ【ナース専科】
  • 関西にお住いの皆様、昨日は強い揺れでしたね(T-T)愛知の我が家も揺れました。(震源地付近に比べたら大したことありませんが)お怪我はありませんか?引き続き、身の安全を第一にお気を付け下さい震災の時、『テレビ番組や漫画が通常通りだと助かる』というお声を聞いたことがあるので、ブログは通常通り更新させて頂きたいと思います。お知らせです↓ナース専科さんで連載中の『本日もナース日和!』が更新されました!私が現役 [続きを読む]
  • 16、事故直後はパニック【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。15.追突された後の現実の続きです。追突事故に遭ったからといって車が火災するわけではないのですが、一瞬で色んな事態を考えて、頭がパニック状態でした。とにかく娘を抱き上げて、119番や主人に連絡しなくてはと思いました。まだ、たった9ヶ月の娘。目に見えない怪我を負 [続きを読む]
  • 15、追突された直後の現実【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。14.タクシーから追突された瞬間の続きです。後部座席のチャイルドシートから娘の泣き声が聞こえてきました。後ろから追突されたので、後部座席にいた娘への衝撃は計り知れません。当時、たった生後9ヶ月だった娘。(ちょうど9ヶ月0日だった。)静かに眠っていたのに、突然強 [続きを読む]
  • 14、タクシーから追突された瞬間【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。13.運命の日がやってきたの続きです。『グシャっ』と効果音を描いてますが、【コレジャナイ感】があります。漫画でどう表現すればいいんだろう…あの瞬間…。後ろからタクシーに追突されて、すごい衝撃でした。乾いた音がしましたが、一瞬、音が消えたんです。一瞬。大きな音 [続きを読む]
  • 13、運命の日がやってきた【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。12.離乳食は7ヶ月で始めた。の続きです。運命の日がやってきました。この出来事さえなければ、私はうつ病を再発せずに済んだかもしれませんでした。皆さんのお子さんは、チャイルドシートを嫌がらず座っていてくれますか?車内で泣いたりしませんか?私が運転する時、娘は後 [続きを読む]
  • 12、離乳食を7ヶ月で始めた。【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。11、父親の育児負担の割合の続きです。【離乳食はだいたい5ヶ月頃から】と育児書には書いてますが、娘は心臓のこともあってか体が小さく、ベビーチェアにも座れない様子だったので、生後6〜7ヶ月頃から始めました。最初の1ヶ月は全くと言って良いほど飲み込んでくれませ [続きを読む]
  • 夜勤明けの変なテンション【ナース専科】
  • 【本日もナース日和!】の最新話が公開になりました!「夜勤明け、変なテンションになって、大量にお買い物してしまう」と言うのは、あるある話なのかな?聞いたことありますが、私は経験ありません。夜勤明けは、やる事やったら帰宅して、シャワー浴びて寝たい派です。…といっても、すぐには眠れないのですが外は明るいし、人の声や車の騒音が聞こえたりするし、自分自身も、体は疲れてるのに頭がまだ覚醒しているような感じで… [続きを読む]
  • 11、父親の育児負担の割合【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。この時の主人は、人の2倍も働いていて(↑同職者の人の証言)とても忙しくしていました。それなのに、娘をお風呂に入れる為に時間を調整してくれたこと、本当にすごいなぁと思うし、感謝していました。(おむつは「オエッ」と吐き気がしてくるので替えられないそうですが(笑))主人がこんなに調整してくれても、帰 [続きを読む]
  • 10、子育て中は協力者が必要【産後にうつ再発編】
  • 無理…!相変わらず、娘のことや家事でいっぱいいっぱいの私には無理でした…。生後半年でも相変わらず楽にならない子育て。(娘は特に^_^;)小さい子を抱えている人には、必ず、もう1人の手がなければ大変だと思います。私は実家が遠いし、夫は朝早くから夜遅くまで仕事だったので、今で言う『ワンオペ育児』でした。何か、時間がかかることをやる時、集中して取り組みたいことがある時は、赤ちゃんを預けるか、誰かに頼むことが [続きを読む]
  • 9、乳児連れでの引越しは大変【産後にうつ再発編】
  • 子どもが生まれる前から、「引っ越そう。家を買おう。」と考えていて、主人がその為に、色々と動いてくれていました。娘が生まれて3ヶ月頃に家が決まり、その2ヶ月後に引っ越すことになりました。引っ越す頃は、娘が生後半年くらいで、授乳間隔がやっと3時間あく様になったところでしたが、(たまに『3時間あく』って感じで毎回ではなかったですが…)真夏だったこともあって、娘に付きっきりでした。お引越しは周囲の協力もあり [続きを読む]
  • 8、母親は24時間営業【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。7.誰にも頼れない育児の続きです。休めない…!『生後3ヶ月頃になれば授乳間隔もあき、夜もまとまって寝る子が増える』と、とある育児書で読んだのですが、娘にそんな気配は全くありませんでした。娘は4ヶ月でも4800gしかなく、生後0〜1ヶ月頃の育児がずっと続いているような状況でした。スーパーに買い物に行く前 [続きを読む]
  • 7、誰にも頼れない育児【産後にうつ再発編】
  • 昨日、投稿ボタンと下書きボタンを間違って押してしまいました通知が行ってしまったかと思います。申し訳ありませんはじめましての方は→コチラ。【うつ再発編】の第1話はコチラ。6、神経質な母親になりたくなかったの続きです。もっと強くお願いすれば良かったのか?強くお願いしたところで、仕事だからどうしようもなかったのか?今更考えても仕方のないことで…。その時は本当に、誰にも頼れない状況にいたんだろうな…と思いま [続きを読む]
  • 6、神経質な母親になりたくなくて【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【うつ再発編】の第1話はコチラ。5.娘を生かすことに必死だったの続きです。一ヶ月健診を受けて愛知の自宅に戻りました。1ヶ月健診では、特に異常を指摘されませんでした。産後は誰しも神経質になりやすいですよね。赤ちゃんが心配だから、些細なことも気になってしまう…。標準体重枠に入っているにも関わらず「うちの子が小さくて…」と気にしているお母さんをみると、「そんなに気にしなくても…。 [続きを読む]
  • お知らせ
  • この間の記事で紹介したツイートが【笑うメディアクレイジー】様に掲載されました。私のツイートの他に、7つのツイートが紹介されているのですが、どれも可愛くて、『プハッ(笑)』と吹き出してしまいました(笑)よろしければ、ご覧下さい↓笑うメディアクレイジー [続きを読む]
  • 5、娘を生かすことに必死だった【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。【うつ再発編】の第1話はコチラ。【4.娘を可愛いと思わなかった】の続きです。そう、娘を【とても大切に思っている】ということには変わりないのです。授乳が上手くいかないって、母親にとってかなりのプレッシャーだと思うんです。【食べることは生きること】なので、私が授乳を頑張らなければこの子を生かすことが出来ない。もちろん、粉ミルクという選択もありました。しかし娘は、3話目のテキスト [続きを読む]
  • 4、我が子を可愛いと思わなかった【産後にうつ再発編】
  • 3.おっぱい出しっ放しだったの続きです。正確には、『【娘を生かす】こと以外、考えられなかった』…という感じでした。決して、『可愛くない』と思っていたわけではないです。初めての育児だったから、何が最善の方法なのか、いっぱい調べたり考えたりして…。娘の顔を見ながらのんびり「…可愛いなぁ(^-^)」と思える余裕がありませんでした。人によっては「そんなことあるの?我が子なんだから、抱いてればその時に可愛いなと思 [続きを読む]
  • 3、おっぱい出しっ放しだった【産後にうつ再発編】
  • 2、産後は涙もろかった?の続きです。娘は退院時2400gしかなく、吸う力も胃袋も小さく、かなり頻回授乳な赤ちゃんでした。病院からの指導のもと、混合でやっていましたが…【おっぱいに慣れると哺乳瓶で溺れる】【哺乳瓶に慣れるとおっぱいで飲めなくなる】という感じだったので、なかなか軌道に乗らず大変でした(T-T)浅飲みだったのと、頻回授乳で乳頭が痛くて痛くて…直母させる時は「よし!いくぞ!」と心の準備をしてくわえさ [続きを読む]
  • 【バズった】とはこういうこと?
  • 【産後、うつ再発編】からちょっと外れます。ほぼ毎朝、4歳息子の「よーちえんいかない!」と闘っているのですが…こんな感じ↑(その時の記事はこちら)この間の金曜も、朝から息子は【よーちえんいかないモード】で、バタバタしておりました…(笑)やっとの思いで幼稚園まで送り自宅に戻った後、【よーちえん、いかない!】と抵抗していた朝の写真を見返しました。↑これ。(笑)(なんとなくスマホで撮ってた↑)その写真をポ [続きを読む]
  • 2、産後は涙もろかった?【産後にうつ病再発編】
  • 娘はずっと保育器の中で、ろくに抱っこも出来ませんでした…。授乳も直母が上手くいかず…「親子として、スタートラインにも立てていない。」「このままどうなるんだろう…」という不安が募りました。私は「迷惑をかけてしまうんじゃないか」と色々考えてしまうタイプで、その時は、「病院に居続ければ入院費がかさむ…」「退院すれば、車の都合で家族を困らせてしまう…」「娘と早く一緒にいたい」「娘と一緒に退院したいのに…」 [続きを読む]
  • 1、産後、うつになるまでのこと【産後にうつ再発編】
  • 序章です。産後1年はとにかく大変でした。授乳がうまくいかない。睡眠が細切れ。ワンオペ育児。娘の先天性心疾患。乳児を連れてお引越し。交通事故で骨折。リハビリ通院。その上、手を抜くということを知らなかった、人に頼ることが出来なかった為に、全部一人で背負いこんで…ついに倒れてしまいました。その時のうつ病体験を詳しく描いていこうかなと思います。今までの【うつ病体験記】も、「この漫画に出会えて、心療内科に行 [続きを読む]