仲 恵麻 さん プロフィール

  •  
仲 恵麻さん: わたくしごとですが。
ハンドル名仲 恵麻 さん
ブログタイトルわたくしごとですが。
ブログURLhttp://nakaema.blog.jp/
サイト紹介文一姫二太郎ママ。元看護師。娘の心疾患が発覚!事故に遭う!鬱になった!意外と山あり谷ありな絵日記。
自由文旦那、ヒメ(7歳)タロウ(4歳)の4人家族。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2010/01/13 09:21

仲 恵麻 さんのブログ記事

  • 54.嫁に来てごめんなさい【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の53話はこちら!結婚当時の話はコチラにあります↓【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。テキストはかけてませんが、漫画が描けたらすぐアップしたい性分なので、アップさせていただきます(^_^;)別件でイラストオーダーのお仕事を頂いており、ちょっと忙しいのでテキストは後ほど追記いたします。↓その他のエピソードはこちら。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編 [続きを読む]
  • 53・パニック発作中の記憶がない【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の52話はコチラ。娘を実家にお願いして、当番病院へ向かうことに。(パニック発作中の記憶は途切れ途切れで、ボンヤリした記憶をたどって漫画にしています。なので、事実と違うところも少々あると思います。)最近、内容が暗くて重いので『大丈夫ですか?』『旦那さんや娘さんが可哀想』というメッセージを頂いたのですが、この話はもう7年以上前の話で、現在は元気に過ごしています。時折、体が [続きを読む]
  • 52・『母親』をやるのが限界【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の51話はコチラ。身体が動かない…。当時の夫は早朝から遅くまで、クタクタになるまで仕事を頑張ってくれていました。疲れてソファで寝てしまったり、「身体中が痛い」と言っている姿を見ると、オムツ替えや夜泣き対応など、全く頼めませんでした。…いえ。頼まなかったと言うより、「何かを手伝って欲しい」と考えることもしませんでした。『1人でだって育児は出来る』『母親の私が育児担当なん [続きを読む]
  • 51・もうこれ以上育児出来ない【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の50話はコチラ。泣いている娘を夫が目の前に差し出してきた。過呼吸で身体が痺れていたということもありますが…娘が目の前に横たわっているのに、手を伸ばすことすら出来ませんでした。【おむつを替えるだけ】そんな簡単なことすら出来なくなっていました。【母親なら、泣き声で赤ちゃんが何を要求しているのかがわかる】と耳にしますよね。「我が子なのに、泣いてる理由がわからなかったの?信 [続きを読む]
  • 50・やっぱ夫に頼れないかも?【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の49話はこちら。時間外で診てもらえる病院がみつかった…!ここまでひどい症状が出たことはなかったので、「もしかしたら入院もあり得る?」と考えていました。それくらいこの時は身体中が痺れて呼吸が苦しくて辛かったです。そんな中、夫が娘を連れて私のところへ来ました。目の前に娘を置かれ、「え…?」と思いました。おそらく、あやしてももう寝なかった為、どうすればいいのか分からなかっ [続きを読む]
  • 49・夫に頼って良いのかな【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の48話はコチラ。娘をあやしに行っていた夫が…私は人を頼るのが苦手です。それがたとえ夫だとしても。【夫婦は一心同体】だとか、【夫婦は2人で1つ】と耳にしますが、私はそうは思いません。「妻は夫のことを(夫は妻のことを)全て理解していて当然」という考えはあまり好きではありません。長くいることで「こんな考えを持った人だ」となんとなく察知出来る事もありますが、 【人は常に変化す [続きを読む]
  • 48・精神の救急があった【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の47話はコチラ。早速、電話をかけた。やっと、受け入れてもらえる病院が見つかりました。かかりつけの病院が有床で大きければ時間外も見てくれる可能性はありますが、そうでない場合は、こちらの窓口に頼って良いのかもしれません↓休日・夜間精神科救急窓口案内(全国の窓口が一覧で見れます。)私の居住地では、精神科領域の【当番病院】というものがあり、その日(その月?)の当番病院が休日 [続きを読む]
  • 47・私はまだ死ねない【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の46話はコチラ。あまりにも苦しくて辛くて、『死』を身近に感じました。(「死のう」とは思ってない。)痺れる手でスマホを握りしめ…どんなに身体が辛くて苦しくても、「死にたい」「死のう」なんて考えは全くありませんでした。『私は娘を自分の手で育てるんだ』『子どもの為にも、まだ生きるんだ』過呼吸の中、そう思っていました。『他に助けてくれる所はないの?なんとかしなきゃ。どこかに [続きを読む]
  • 46・死んだら楽になる?【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の45話はコチラ。娘が泣いて起きた。夫はその時…?すごく暗い話ですみません(^_^;)(この時はこんな心境でしたが、今は全然元気に過ごしています^_^)この時は呼吸困難で、あまりにも苦しくて苦しくて。「死んだ方がマシなんじゃ?」と思うほど辛い状態でした。(「死にたい」と思ったわけじゃなくて。)パニック発作がおさまらなくて、これを診療開始時間まで耐えないといけないかと思うと「そ [続きを読む]
  • 発達検査に行ってきた【4歳10ヶ月】
  • はじめましての方は→コチラ。当ブログにご訪問下さいまして、誠にありがとうございます。最近【産後にうつ再発編】の続きや、DMの返信など遅れていて申し訳ありませんーなかなか忙しく過ごしておりました。そんな中、息子の発達検査に行って来ました。息子は上の娘と比べると・オムツが外れるのが1年遅かった。・お友だちの名前を聞いても出てこない。・1人遊びが好き。・まだ文章で話すのは不得意。という違いがありました。そし [続きを読む]
  • ③livedoorブロガー勉強会&懇親会【関西編】終
  • はじめましての方は→コチラ。勉強会レポ①はこちら。勉強会レポ②はこちら。livedoorブロガー勉強会でたくさんの関西ブロガーの方にお会い出来たのですが…「お会い出来たことをブログに描いてもいいですか?」…と、了承得るのを殆ど忘れていました…^_^;(はっ!moroさんには聞けてなかった今更ですが、moroさん、…だ、大丈夫…だったでしょうか?)勉強会が終わり、帰る為に新大阪駅に向かいたかったのですが、地下街があまり [続きを読む]
  • ②livedoorブロガー勉強会&懇親会【関西編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の①はこちら。先日、livedoorブロガー勉強会に参加してきました!会場に到着した私の後ろには…大人気ブロガーのお2人‼?moroさんは2度目ましてで、やしろあずき氏は初めまして。プロデューサーM氏のご配慮でご挨拶をさせて頂くことに…!『フリー素材なんで。』ってフレーズ初めて聞きましたー!(笑)早速、お会い出来た感動を漫画にさせて頂きました(笑)moroさんの講演はとても勉強になっ [続きを読む]
  • ①livedoorブロガー勉強会&懇親会【関西編】
  • はじめましての方は→コチラ。実は先日、livedoorブロガー勉強会に行ってきましたー!場所は大阪!新幹線も予約してあるし、いざ出発!と意気揚々と出かけたら…電車に乗り遅れましたー!次の電車に乗って、ダッシュで新幹線のホームに上がりました。そしたらそこは…反対方面のホーム(笑)汗だくで指定席に座りました(笑)そしてやっと会場に到着…!『誰か、会ったことある人いるかな…?』とドキドキしながら中へ入ると…moro [続きを読む]
  • 45・夫への黒い感情【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の44話はこちら。2階の寝室から娘の泣き声が…夫は仕事を頑張ってくれてる。そして私は家を守る。それでwin-winだから、「育児に協力して」と言うことを当時の私は情けないことだと思っていたのです。周りの子育て中のママさんが皆、全て完璧に家事育児をしているように見えていたんです。主人にも、いつだったか「実家が遠いから頼れないって言っても、俺の友だちだって、実家近いけど別に親に [続きを読む]
  • 44・パニック発作中に娘が起きた【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の43話はコチラ。姉と通話中…姉は私の様子から「パニックを起こしている」と察知して、こちらに向かうと言ってくれました。この時、姉もまだ小さな子を持つ母だったので、申し訳ない気持ちになりました。そしてついに、娘が泣いて起きてしまいました。過呼吸で、手も足も痺れて動けませんでした。(私の過呼吸は、会話すると益々悪化してしまうようでした。)私が行かなきゃいけないのは分かっ [続きを読む]
  • 43・私はひどい母親【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の42話はコチラ。電話に出なかった姉から…姉との電話の中で、また以前の時のように、『娘を可愛いと思う余裕がなくなっている』ことに、気付きました。3コマ目では『可愛いと思ってるのに…』と話していますが、【こう前置きしないと、「おかしな母親だ」と思われそうだから言っている】という意識が自分の中にありました。(我が子が可愛いと思えないことが【悪】であるかのような意識がありま [続きを読む]
  • 42・夫は理解してくれる?【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の41話はこちら。夫がリビングに来た。私自身も、メンタル科にお世話になる前はメンタルの疾患について理解が乏しかったので、理解出来ない人の気持ちもわかります。なので、「話してもわからないよね…。」と思ってしまい、話すことを躊躇してしまいます。43話へ続きます。↓その他のエピソードはこちら。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【 [続きを読む]
  • 41・夫に気付かれた【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の40話はコチラ。「とにかく、今の状況を解決する為に行動しないと!」と思い、当時、姉が隣県に住んでいたので電話をしてみました。しかし、早朝だったので繋がらず。そのままスマホを持って立ち上がれずにいると、夫が2階の寝室から降りてきました。夫は、眠たいながらも、私の様子がいつもと違うことに気付いたようでした。私は過呼吸な中、『1階に降りてきたってことは娘は2階で1人?大丈夫 [続きを読む]
  • 40・過呼吸の治し方【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の39話はコチラ。過呼吸になり、症状が出てきた…過呼吸とは、不安や極度の緊張状態により短時間に呼吸し過ぎてしまう為に酸素濃度が過剰に高くなり血中の炭酸ガス濃度が低下してしまい、血液pHが上昇した状態です。呼吸困難、動悸、頻脈、めまい、手足のしびれ、時には意識消失もあります。過呼吸になってしまった場合の対処法ですが…昨今は、血中酸素濃度が低下し過ぎたり、炭酸ガス濃度が [続きを読む]
  • 39・過呼吸になった【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の38話はコチラ。色んな心療内科に問い合わせた結果…段々と、呼吸が速くなってきました。どの病院にも対応してもらえなかった事と、「こんな状態で娘が泣いて起きてしまったら…」ということを考えると、勝手に動悸と呼吸が速くなって、苦しくて辛くて、落ち着けなくなっていました。看護師時代、時間外で受診した患者さんが過呼吸だったということがあり、自分の状態が似ていたので、今の自分の [続きを読む]
  • 38・パニック症状は辛いよ【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の37話はコチラ。通院しているメンタル科は無床のクリニックだった為、有床のメンタル科へ問い合わせました。(無床の所だと、診療時間外は誰もいない所が殆どだから。)実際のところ、時間外に新患の私が、「今すぐ診て欲しい」と言っても、病院側が困ることは分かっていました。(スタッフが少ない夜間に急患の対応や、既往歴などの情報を収集したりするのはとても大変です。)それでも、「今す [続きを読む]
  • 37・初めてのパニック症状【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の36話はコチラ。1人になった方が良いような気がして、1階リビングへ降りようと考えました。夫は仕事が忙しかったので自宅にいる時間が短く、娘の世話を主体でしたことはありませんでした。してくれた事と言えば、お風呂で娘を洗ってくれたり、離乳食をスプーンで口に運んだり、食事中、娘を抱っこしててくれたり。オムツは生まれてから2〜3回しか替えたことなかったかもしれません。(便は吐き気 [続きを読む]
  • 36・初めての早朝覚醒【産後にうつ再発編】
  • はじめましての方は→コチラ。前回の35話はコチラ。目が覚めたその時間は…これが世に言う『早朝覚醒』でした。前回の時は『過眠』だったので、早朝覚醒は初めてでした。身体が勝手にザワザワして、ソワソワして眠れなくて、「え、どうしたんだろ?なにこれ…?」と、自分の身体のことなのに訳がわかりませんでした。何度も目をつむって、身体の向きを変えて眠ろうとしますが、身体の内側から溢れるこのザワザワとした感覚が治まる [続きを読む]