cloudy さん プロフィール

  •  
cloudyさん: うつわ きもの 雑貨のLe Classiqueバイヤー日記
ハンドル名cloudy さん
ブログタイトルうつわ きもの 雑貨のLe Classiqueバイヤー日記
ブログURLhttp://cloudy344.blog108.fc2.com/
サイト紹介文うつわ きもの 雑貨の店、Le Classiqueバイヤーがお店の紹介をしていきます。
自由文現在2月オープンに向けて奮闘中です。
うつわ・きもの・雑貨の店、Le Classiqueをよろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/01/13 14:39

cloudy さんのブログ記事

  • 蘇芳地唐花文銀襴刀袋
  • 蘇芳地唐花文銀襴刀袋蘇芳地に平銀糸で織られた綾地、別絡みの全越組織。銀の下に朱も塗られており、堅牢な輝きを目指したものと思われます。現状は銀が剥落し、拡大組織をみると変色した銀、その下の朱、さらにその下の和紙がみてとれます。和紙自体がまだ十分のこっており、時代は室町以降かと思われます。裂は渡りのもの、刀袋に仕立てたのはもちろん渡ってきた時代より後代でしょう。類例として挙げられるのは同じく蘇芳地の花 [続きを読む]
  • 大絵皿
  • 大絵皿。ずっしりと重い絵皿です。産地・時代に関しては諸説伺いましたが、いまだ不明です。江戸初期〜江戸後期、そのいずれかというおおまかなところまでしかわかりません。実際にかなり使用されていたものだとわかる品です。窯ワレ・欠けがありますが、まだまだ現役でがんばってもらえる大皿。宴会の席で最適ではないでしょうか。寿司などがよく映えそうです。径 約34.3センチ高さ 約6.2センチ [続きを読む]
  • 李朝三島茶碗
  • 李朝三島茶碗(粉青印花碗)15世紀、朝鮮王朝時代最初期の三島碗です。かなりの大碗とのご認識でお願いいたします。口縁に共色直し、高台畳付きもほぼ半分くらいが共色直しですが、みごとな三島でございます。ほかは画像にあります通り、口縁にひっつきを剥がした跡、それとニュウがございます。指ではじくと完全に磁器の音、鳴きはございません。近年の発掘ではなく、古い時代から伝世してきたものとみてまちがいないかと思います [続きを読む]
  • 京焼小服茶碗
  • 京焼小服茶碗。抜群の釉肌のあがりの京焼の小茶碗です。江戸後期−幕末頃。かなり使い込まれており、全体に貫入があります。旅茶碗としてもご愛用いただけるサイズ、抹茶ほかふだんの食卓のお茶にもよろしいかと思います。径 約8.6センチ前後高さ 約5.6センチ前後箱はございませんが、大正更紗の包み裂はおつけいたします。李朝だとこのサイズでもぐいのみと称しますので、呑まれるかたはもちろんお酒にも。ご売約済、ありがとう [続きを読む]
  • 李朝井戸堅手茶碗
  • 李朝井戸堅手茶碗15世紀。井戸堅手としましたが、本来は堅手、あるいは白磁です。釉は透明釉です。しかしごらんいただければわかるように、みごとな景色でございます。全体に古色がしみわたった様は数百年、大切に使用されてきた証かと思います。高台まわりの腰の付近にみられる井戸釉と呼ばれるようなこの釉のたまりも深い色合いです。今回は珍しく韓国人コレクターのかたからの買い取りです。残念ながら箱は失われてありませんが [続きを読む]
  • 絵瀬戸向付(江戸後期〜幕末)
  • 絵瀬戸向付(江戸後期〜幕末)瀬戸では桃山志野が美濃で焼かれなくなった後、江戸前期頃より志野を模したものが焼かれはじめたといいます。志野は長石釉を分厚くかけたものですが、その長石釉に灰を混ぜることで、鉄絵がよりくっきり表現できるようになったといいます。現在流通しているもので、江戸中頃といわれるものがほとんどないというのは疑問の残るところではあります。こちらはおそらく江戸後期〜幕末頃に焼かれたもの。10 [続きを読む]
  • 古伊万里油壺
  • 古伊万里油壺。江戸中期〜後期あがりのよい油壺です。仕入れ時はもちろん固まった油が内部に不着していましたが、概ね洗浄出来たと思います。ごくかすかに匂いは残っていますが、完全に磁器ですので、ご使用いただく前にさらに洗浄していただければ酒器としての新たな使命を果たしてくれるかと思います。ボディに小さな窯キズ、高台に欠け等ございますが、グッドコンディションです。容量も約1合の170mlはいります。高さ 約8.3セ [続きを読む]
  • 李朝井戸手小徳利
  • 李朝井戸手小徳利(堅手徳利)朝鮮王朝時代前期15−16世紀頃。容量約80mlと小さなとくりではありますが、なかなか手放しがたいものでもあります。さらに言えば使用した後のお世話も大変です。やや焼きが甘いためか、2日ほどうっかりそのままにしておくと、中に残った酒がじんわり肌にしみでるような感じです。ですので、使用したあとはしっかり洗浄し、しっかり乾かすということを繰り返しています。首に直しがあります。今後さら [続きを読む]
  • 鈞窯澱青釉ぐいのみ
  • 鈞窯澱青釉ぐいのみ大キズものではありますが、数寄者によって大切に育てられた鈞窯の澱青釉ぐいのみです。画像の通り、ふりもの・ニュウ・ひっつき跡等ございます。丁寧な本金直し、酒もしみており、酒杯としてかなり長年愛されてきたものだとわかります。時代は元〜明くらいのものかと思います。口径 約7.7センチ前後高さ 約5.8センチ前後かすかにかたつきますが、かすかです。itonowa ONLINE STORE(イトノワオンラインストア [続きを読む]
  • 染付筆筒嘉慶年製
  • 染付筆筒嘉慶年製抜群にあがりの良い染付筆筒でございます。嘉慶は清朝後期、1796-1820年八角に成型したもので、うち2面に馬の染め付け。高台に窯キズがあるほかはほぼ完品といって良いでしょう。もちろん完全に磁胎。口径 約9.6センチ前後高さ 約9.8センチ前後itonowa ONLINE STOREギャラリー一間ヴィンテージウェディングドレス小梅骨董ルクラシック [続きを読む]
  • 染付筆筒嘉慶年製
  • 染付筆筒嘉慶年製抜群にあがりの良い染付筆筒でございます。嘉慶は清朝後期、1796-1820年八角に成型したもので、うち2面に馬の染め付け。高台に窯キズがあるほかはほぼ完品といって良いでしょう。もちろん完全に磁胎。口径 約9.6センチ前後高さ 約9.8センチ前後itonowa ONLINE STOREギャラリー一間ヴィンテージウェディングドレス小梅骨董ルクラシック [続きを読む]
  • 印文壺
  • 印文壺(印文硬陶器)中国は戦国時代(紀元前770−同221年)の壺です。固く焼きしめられることから硬陶器と紹介されることもあるようです。画像では伝わりませんが、磁器のように堅い音がします。口縁の内側をみるとかすかに残っている灰釉が、おそらくは当初は全体にかかっていたかと思われますが、長い年月のうちにすっかり削ぎ落とされたようです。ボディには印文が全面にあります。資料館的ピース、お好きなかたのお目にとまれ [続きを読む]
  • 李朝の盃
  • 李朝の盃。日帝時代にさしかかる李朝時代後期、それも最末期の盃です。尾久 彰三氏の「丸ごと韓国骨董ばなし」でも「先輩の盃」として同手のものが紹介されているので、ご存知のかたも多いかと思います。掲載品はもっと白い肌のもの、こちらはグレーというのかベージュというのか、やや赤みがかった部分もある、適度に伝世の味わいがついた盃です。全体に貫入、ニュウが1本、ところどころ釉ハゲの箇所があります。ぬらりと光沢を持 [続きを読む]
  • 唐津掛分盃
  • 唐津掛分盃桃山のものではなく、おそらく明治期頃のものかと思われる唐津掛分盃です。造形からわかるように、本歌を狙ったものではなく、純粋に唐津の焼き物として制作されたものでまちがいないかと思います。そして明治頃としました理由ですが、一見すぐに酒がしみそうな肌ですが、じつは使用してもほぼまったく変化はありません。その堅い肌がここまで育っているということは、酒徒によって大切に大切に使用されてきた証かと思い [続きを読む]
  • 李朝堅手盃
  • 李朝堅手盃朝鮮王朝時代前期の堅手盃です。ボディは陶質で、そのため画像の通り、かなり伝世の色がしみついた盃です。そしてべた高台によくあるひっつきによるかたつきを解消するため、高台が削られています。おそらくは帝政時代のころの持ち帰り品、底を平にし、長年使用されてきたのだと思います。一応洗浄してみましたが、この深い古色はとれません。内側に窯キズ、それ以外は無傷です。数寄者の執念をみた盃です。現在このサイ [続きを読む]
  • 李朝初期白磁盃
  • 李朝初期白磁盃。径 約8.5センチ前後と、非常に希少なサイズです。薄造り、官窯の優品です。陶胎、高さ 約5センチ前後ご売約済、ありがとうございます。ギャラリー一間ヴィンテージウェディングドレス小梅骨董ルクラシック [続きを読む]
  • 高麗ヘムリクップ小碗
  • 高麗ヘムリクップ小碗高麗王朝時代、14世紀ころの蛇の目高台の小服です。夏茶碗として最適。藁灰釉の美しさが際立つ茶碗です。おそらくは白磁を目指したものでしょう。全体に貫入、高台ややかたつき(前所有者によりときん部分が削られています)ありますが、稀にみる優品かと思います。ボディは陶胎です。径 約12.4センチ前後高さ 約4.4センチ前後 [続きを読む]
  • 琉球徳利
  • 琉球徳利。17世紀、壺屋統合以前のものと推測されるとくりであります。画像ではわかりにくいかもしれませんが、窯印があります。首の直しはもともと堅牢な成型の上に共色直しがありましたが、当方にて本金泥を蒔きました。注ぐ時に首下の石はぜの部分が下になった場合、そこらからもれますが、それくらいはもれたほうが逆に酒がしみてよかろうというもの。ほかにボディに窯キズ様の欠けもありますが、そこからはもれません。当方で [続きを読む]
  • 内海理久
  • 内海理久。とにかく昼間疲れさせないといけないそうで、あちこち連れていっています。1歳3か月。 [続きを読む]
  • 李朝白磁小壺
  • 李朝白磁小壺朝鮮王朝時代、18世紀頃の白磁小壺です。画像の通り、口縁に小さな欠け、また、ニュウがありますが、鳴きはありません。透明度の高い白磁、分院と言っても良いでしょう。高台はかたつきの解消のために、くっつき部分が削られているようです。ぐいのみ、茶入れ、その他、ただただ鑑賞するためだけであっても良いかと思います。美しい白磁です。口径 約4.5センチ前後胴最大径 約7.5センチ前後高さ 約5センチ前後磁胎 [続きを読む]
  • 古染付香炉
  • 古染付香炉明末〜清初の小さな香炉です。抜群の釉のあがり、虫喰いは画像の通りです。文句のつけようもない逸品、お好きな方の目にとまれば幸いです。保護箱入付。高さ 約4.8センチ前後Re:classiqueギャラリー一間ヴィンテージウェディングドレス小梅骨董ルクラシック [続きを読む]
  • 三島徳利
  • 三島徳利。朝鮮王朝時代初期の粉青沙器三島徳利です。高さ 約7センチ前後、容量約125mlとちいさめのとくりではありますが、近年なかなか手にできないサイズかと思います。以前も書きましたが、目の眼の「とくり」特集(東京美術?楽部展示会)で紹介されていたものが、まさしくこのサイズ(またはこれよりひとまわり大きいサイズ)でありました。以来そのとくりたちを探し求めています。鶏龍山、白磁につづき、こちらが3つめ。画 [続きを読む]