粋七 さん プロフィール

  •  
粋七さん: 粋七日記
ハンドル名粋七 さん
ブログタイトル粋七日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/ikisiti/
サイト紹介文福岡市中央区大名、和洋折衷の『バー粋七(いきしち)』の情報を、つれづれなるままに書いています。
自由文福岡市中央区大名で営業しているBarのブログ。
酒や音楽はもちろん、グルメから日々のできごとまで、
幅広い記事です。
一期一会をモットーに、皆様のご来店を心よりお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2010/01/13 16:55

粋七 さんのブログ記事

  • ゴッホの絵でも眺めながら
  • 当店入り口から入ってすぐ横にある2人掛けの席は、通称「ラバーズシート」実際にこの席でプロポーズしたカップルが何組かいるほどロマンチックなシートなんですがここに飾ってある絵がオープン以来、初めて変わりました。ご存知ですか?ゴッホのアルル時代の傑作「夜のカフェテラス」。南仏の穏やかな夜、カフェに集う人々を描いた何だか幸せそうな一枚。この一年後にゴッホが例の耳切事件を起こす事を考えると、彼が心穏やかに過 [続きを読む]
  • 季の美ジントニック、好評です
  • 「とりあえずジントニック」はバー飲みの定番ですが、ここのところそのベースを京都発のクラフトジンに変えて作ったものが好評です。「季の美」ジントニック「季の美」は2015年に創立された、日本初のクラフトジン専門の京都蒸留所を代表するブランド。 素材には徹底的にこだわり、マイルドなお米のスピリッツをベースに、京都の農園で採れる新鮮なボタニカル11種を6つのグループに分けて浸漬抽出するという独自の製法を使用。 昨 [続きを読む]
  • 大充実の福岡ガイド‼?
  • いや〜これはスゴイ!「福岡ガイド決定版」を謳うのも納得の充実度ですね。何とブルータス史上初となる東京以外の国内都市特集号「福岡の正解」。そのターゲットが福岡に絞られたのは嬉しい話ですねしかもその気合いの入り方が半端ではなく、約85ページにも渡る記事(エリアや暮らし、食事や買い物、海景からお参りに至るまで多彩なコンテンツ)、元地元のグルメ雑誌編集長の弓削聞平氏による、メチャクチャ「使える」食のガイド、要 [続きを読む]
  • 酒米「夢の香」の素晴らしさ
  • 福島県の人気蔵、会津酒造が県外不出の酒造好適米「夢の香(ゆめのか)」を使用した夏限定の酒をリリースしました。山の井 あやめ 純米大吟醸「夢の香」は八反錦と出羽燦々を掛け合わせて誕生した酒米。このお米で作る酒は柔らかい甘味のニュアンスの素晴らしくて、しかも福島県の蔵元以外は使えないとあって、他県の蔵垂涎の酒米なのです。さらに会津酒造は水の柔らかさが特徴的な蔵ですので、柔らかい水に柔らかい米という相乗 [続きを読む]
  • 春吉にLennox'sオープン!
  • 行ってきました!今バー好きの間で話題沸騰中の春吉のLennox's。湯布院 玉の湯のNicol's Barでチーフをされてた川原さんのお店ですね。ホテルニューオータニ博多の裏通りにあるビルの細い階段を上っていくと、その先に広がるのは広々とした贅沢な空間。アンティークの家具が配された落ち着いた空間に、ゆったりとしたカウンター席。奥にはパブを思わせるような立ち飲み席も。私、休日でしかも風呂上がりだったもんで先ずは生ビー [続きを読む]
  • おいげんが朝4時まで!
  • 私の大好きな警固のラーメン屋「おいげん」が…ナント!朝4時まで営業してるという噂を聞き、さっそく居残りの常連さんと一緒に行ってみました。おお!いつもの濃厚なとんこつラーメンじゃないですかー!!当たり前ですが、夜中に食べると感激しますね。そして酔った勢いで、スープを全部飲み干すと…こんなシークレットな一文が前から記されてたのかな?う〜ん…酔ったシメにも濃厚な一杯がイイ!という方はぜひ。(J) [続きを読む]
  • 本日7月15日(日)は営業です!
  • 3連休を楽しんでいますか?考えてみたら、5月のゴールデンウィーク以来の連休なんですね。気温がぐんぐん上がってますので、どうぞ体調にはご注意ください。さてバー粋七は、本日7月15日(日曜)は営業致します!お時間ありましたら、どうぞお立ち寄りください。なお明日16日(月曜)は代休とさせて頂きます。よろしくお願いいたします。(J) [続きを読む]
  • シェリーの世界観
  • 久々の入荷です。ウィリアム&ハンバート JALIFAアモンティリャード30年 19%長期熟成タイプのシェリーの中でも、よりしっかりとした個性を持つ逸品で、当店でもファンの多い酒です。この30年物のアモンティリャード(フィノをさらに熟成させたもの)は、ナッツのニュアンスを持つ力強く複雑な香り。エレガントで豊かな辛口の味わいは、チーズやハムとも好相性。ディナーでワインを楽しまれた方なんかには、特にオススメ出 [続きを読む]
  • ソウルフルな粋七ライブ
  • 先日、ジャズシンガー西村和真さんとギタリストの石川雄一さんによる、デュオライブが開催されました!今回はテーマを「ソウルフルジャズナイト」と題し、西村さんの得意のレパートリーであるスティービーワンダーやマービンゲイ、グローバーワシントンの曲などを歌って頂きました。それにしてもハスキーで色気のある素晴らしい声。男性シンガーの登場は久々だったんですが、満員御礼の店内からはため息交じりの賞賛の声が上がって [続きを読む]
  • ブナハーブン クラックモナ入荷!
  • ブナハーブン蒸留所はアイラ島産のモルトでは変わり種で、通常ピートを使用しないのが特徴。酒質的にも結構軽めなので、知らない方にお出しすると、アイランズモルトと勘違いされるかもしれません。そんなブナハーブンにも、青天の霹靂の一本があるんです。それがこちら。 ブナハーブン クラックモナ 50%同蒸留所がピートを利かせまくった限定品。しかも嬉しいことにノンチルフィルター、ノンカラーリングでボトリング。グラ [続きを読む]
  • ハーフラーメンの勇気
  • 先日、ラストまで残ってた知り合いと「じゃ、ラーメンでも食べに行きますか」って話になりました。まぁ、いつもの展開ですよねそして向かった先も、もちろんいつもの「ラーメン しはら」。やっぱりここが朝方まで開いてるから便利なんですよね。同じ大名で近いし、もちろん美味しいし。でもここからがいつもと違う展開。改めてまじまじとメニューを見ていて「ハーフラーメンセット」なるものに目が止まったんですよね「そういえば [続きを読む]
  • 息を飲む演技合戦‼?
  • 好きですね〜こういう乾いた暴力的な空気感。アイロニカルなユーモアと滲み出るペーソスも。まるでレイモンド・カーヴァーの短編小説みたいだ。先ごろアカデミーの主演女優、助演男優賞を独占したので話題になった映画「スリービルボード」。なるほど全編に渡って息を飲むような演技合戦で、賞を獲った2人だけじゃなく全員が存在感ある名演。アメリカの田舎にはまともな人間は一人もいないのか⁉?と疑ってしまうほどです今時珍し [続きを読む]
  • フレッシュパインの旨味がギュ〜ッ
  • 今の季節によくお勧めするのが、フレッシュのパイナップルジュースを使ったカクテル。パインもフレッシュだと甘みだけでなく爽やかな酸味もあって、カクテル素材としては用途がたくさんあります。中でも、特に女性のお客様に評判いいのがこちらのカクテル。オーガスタセブンパッションフルーツのリキュールにパインジュースと少量のレモンジュースを合わせてシェイク。非常にシンプルなレシピですが、フレッシュパインの旨味がギュ [続きを読む]
  • スパークリングワインだけの試飲会
  • 先日モトックスさん主催のスパークリングワインだけの試飲会がありました。ここ数年、福岡でも熱い盛り上がりを見せている泡マーケット。昨年の「フェスタ・ディ・スプマンテ」は1万人を超える来場者があったそうです。しかし最近は面白いスパークリングがありますね。ギリシャにイギリスにポルトガル…当店でも夏場はグラスシャンパンや、シャンパンカクテルのオーダーが増えますので、選ぶのも身が入ります。夏の泡…お楽しみに [続きを読む]
  • 韓国土産3連発、実食!!!
  • 常連さんが韓国旅行に行かれて、ご当地の珍しいインスタント麺をたくさん買ってきてくれたので、早速食べ比べしてみました!まずはこちら。日本でも人気の辛(シン)ラーメンを遥かに超える辛さと噂の熱(オン)ラーメンです(>_見た目からして真っ赤でキビシそうなのでチーズを乗せてみました。で、お味の方は…最初のひと口ふた口はそうでもないんですが、だんだん口の周りがヒリヒリしてきましたそして次第に体が熱く、汗がどんどん [続きを読む]
  • ポートシャーロット、人気です
  • ここの所、入荷するたびにオーダーが相次ぎ、人気銘柄となっているのがアイラモルトの「ポートシャーロット」。こちらはブルックラディ蒸留所のセカンドラベルというべき存在で、創業者ハーヴェイ兄弟の時代のオリジナル・スピリッツへのオマージュとしてつくられたもの 。ピーティーでありながら繊細で上品。ブルックラディ特有のフローラルなエレガントさとヘビーピートが融合した、特徴的な味わい。スコットランド産の大麦を100 [続きを読む]
  • 今年も、Mr.サマータイム
  • ここ数年、当店でも夏の定番になりつつあるのが、宮寒梅(みやかんばい)が人気の宮城の寒梅酒造がつくった夏限定の純米吟醸 Mr.Summer Time(ミスターサマータイム)。2010年の夏よりはじまったシリーズで、華やかな香りと米のうま味、優しい酸が新鮮なスッキリとした味わい。でもやっぱりミスターサマータ〜イム♪と聞くと「サーカス」の曲のメロディーが浮かんでくる…というアナタはきっと40代以上フランスのシンガーソング [続きを読む]
  • コルトレーンの「新譜」登場!
  • 近年、ジャズのビッグネームの発掘音源が次々とリリースされていますが、まさに真打登場!何とジョン・コルトレーンの通称「黄金のカルテット」時代の未発表音源が出ました!!しかも完全に初出となる曲や、マッコイ・タイナーのピアノ抜きのトリオ演奏も含まれており、これはもう「新譜」と呼んでいいんじゃないでしょうか。ジョン・コルトレーン ザ・ロスト・アルバム(インパルス)録音時期は名盤「ジョン・コルトレーン&ジョ [続きを読む]
  • 7月はビール&日本酒特集
  • 蒸し暑い日が続きますね〜バー粋七の7月は、そんな暑さを吹き飛ばす納涼ドリンク、ビールと日本酒の特集を実施します!毎年好評頂いておりますビールのラインナップは、スコットランドのオーガニックなペールエールやベルギーの白ビール、沼津の実力派がつくるペールエールなど。また日本酒では、東北の蔵が醸す夏限定の逸品をピックアップ。どれも軽快で酸が心地よく、しばし暑さを忘れさせてくれます。ぜひバーに涼を取りに来て [続きを読む]
  • こ、このカレーは…!!
  • ラーメンもそうですけど「あそこ美味しかったですよ〜」という情報を聞くと、すぐに駆け付けるのがカレー屋さん。何だか、いてもたってもいられなくなるんですよねそんなワケで久々に、常連さんが絶賛するのを聞いて行ったのが今泉のサウスインディアン。確かにここはスゴイ! ちょっとびっくりするくらい美味しかったです!!頼んだのはこちらのカシミールカレー。見た目通りさらっとしたルーで、そのままスープのように飲んでも [続きを読む]
  • この夏おススメの白ビール
  • とーとつに雨が降ったりやんだり、蒸し暑くてはっきりしない天気が続きますね こんな日はおいしいビールでスッキリしたいもの。そんな訳でこの夏当店イチオシのビールの中から、今回は女性に人気の一本をご紹介。それが世界でいちばん愛されているホワイトビールといわれる、このヒューガルデン ホワイトです。大麦麦芽に小麦を加えてつくるのがホワイトビール。 元々ホワイトビールはベルギー のヒューガルデン村が発祥とされてい [続きを読む]
  • 山川光男の夏
  • 東北の4つの有名蔵がタッグを組んで醸す酒「山川光男」も今回で第8弾。ちなみに酒名は山形正宗、楯野川、東光、男山の文字から取られていますが、今回は山形正宗がリーダーとなって仕込まれたそう。「山川光男2018なつ」は爽やかな吟醸香と繊細な味わいの純米吟醸酒。ラベルからはちょっと想像つきませんが山形が世界に誇れる高品質な日本酒を醸すために開発した酒造好適米「雪女神」で作られました。つまりワインで言うところの「 [続きを読む]
  • 一双 半端ないって!
  • 博多駅近くに来ると必ず寄るラーメン屋が「博多 一双(いっそう)」。先日も久々に食べましたが、いや〜美味いのなんのって!マジ半端ないっす個人的には警固のおいげんと並んで豚骨系ではツートップですねこの細かい気泡を抱いたスープが、やはりこちらの味のキモ。濃厚なのにクドくなく、飲み干したくなるほど旨味たっぷり。これがまたストレートの細麺によく合うんですよね〜〜?しかも今回新たな発見。夜でもOKな「賄い飯セッ [続きを読む]
  • 進化するマルスワイン
  • 昨日はマルスワインの試飲会。毎年参加させて頂いてるんですが、そのワイン作りの進化には驚かされるばかり。今回でいうと、葡萄作りの名人の名記した限定品があったり…中華料理にバッチリ合いそうな味わいのものもあったり…かと思えばどっしりとフルボディな逸品があったり。そうそう、安定したウィスキーの美味しさも忘れちゃいけませんね。これからもマルスワインから目が離せませんね。(j) [続きを読む]
  • この夏の生チョコ!
  • ご好評頂いております当店のおつまみ「ロイズの生チョコ盛り合わせ」。季節ごとに内容を入れ替えているんですが、この夏のラインナップは面白いものが揃いました。まず右上が、なんと「とうもろこし」。考えてみればロイズは北海道のメーカーですから、あってもおかしくない商品です。が、今回のミソはバーボンウィスキーも練り込んであること。なるほどとうもろこし繋がりで…と思ったあなたは酒飲みな証拠 美味しいです。そして [続きを読む]