hid さん プロフィール

  •  
hidさん: ZRX1200Sツーリング城
ハンドル名hid さん
ブログタイトルZRX1200Sツーリング城
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/prizep1800
サイト紹介文広島よりZRX1200Sに乗り百名城から マイナーな城跡、神社などを巡る
自由文40代のおっさんライダーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/01/13 22:29

hid さんのブログ記事

  • 山内神社 岩国市美川町
  • 山内神社 岩国市美川町尾道玉乗りがいます山城屋か?天保十四年(1843)               よく姿を保っています拝殿拝殿の龍 木鼻扁額 棟札本殿錦川沿い国道187号線の懐かし自動販売機ラーメン350円チャーシューも厚く旨し [続きを読む]
  • 岩国市周東町三瀬川 河内神社
  • 岩国市周東町三瀬川 河内神社このあたりは河内神社が多いです石段二の鳥居菊紋ど台座シンプルな体ですが顔は個性的阿はやや上向き大きな尻尾 阿形の下の基台がズレて斜めになっていて怖いです顔が上向きなので鼻しか見えません阿も凝った顔嘉永五年(1852)丸い基石が6柱 随神門跡かも                大きな並木の参道一の鳥居吽形 この対も菊紋石段上と同じ嘉永五年(1852)下の対と同じく三月の奉納 同じ [続きを読む]
  • 河内神社 岩国市周東町獺越(おそごえ)
  • 河内神社 岩国市周東町獺越(おそごえ)獺越(おそごえ)の地名の由来は「川上村に古い獺(かわうそ)がいて、子供を化かして当村まで追越してきた」ので獺越と称するようになったと云われます。前回の河内神社の南東の山の中に鎮座この山の中です。神社入口車で境内まで上がれます。少し下り撮影歩いて来ると結構遠そうです石段途中の対 徳山(周南)でよく見かける型スッキリした体 愛嬌ある顔 歯をしっかり彫ってます 動か [続きを読む]
  • 河内神社 岩国市周東町獺越(おそごえ)
  • 河内神社 岩国市周東町獺越(おそごえ)参道神社入口参道を見つめる吽形                浪速な対           変色してますが良い姿を残しています割れ欠けはありません      文政十二年(1829)          大林右源太 武士の奉納?             草が繁ってきています        夏場もこのままだとかなり怖いです              [続きを読む]
  • 平原神社 呉市
  • 平原神社 呉市山を切り開いた団地の中に鎮座補修している鳥居 この辺りも空襲?由緒拝殿狛犬は昭和?               安定の彫り              禿頭タイプ         辛未(かのとひつじ) 昭和六年でしょう                本殿      周りは宅地なのでカメラを向けるのが難しいです呉市は平地が少ないので山の斜面に住宅地が広がっていますここより北西に800mほど [続きを読む]
  • 上徳三嶋神社 今治市
  • 上徳三嶋神社 今治市参道祭神は大山津見命を主祭神とし、上津姫命、下津姫命を配祀玉垣内に二対の狛犬手前の吽形吽は大きな立耳に角付き      阿は垂れ耳       石工が別なのか吽形とは違う雰囲気です              文政八乙酉(1825)奥の大きな対三嶋神社社号標後からは浪速風 アイコス箱は75cmx48cm狛犬のみで1m超えてます。今治独自の顔堂々とした阿形    [続きを読む]
  • 野間神社 今治市
  • 野間神社 今治市祭神は飽速玉命・若弥尾命・須佐之男命・野間姫命大きな随神門随神さん 豊磐間戸神 神直日神大直日神   櫛磐間戸神境内は丘の上拝殿狛犬は石段上の一対のみ大きな対です。空き缶を置いている輩がいます。文政には今治独特の型があったようです缶は片づけておきました。             文政四年辛巳(1821)手水舎 旧手水拝殿本殿古そうな宝篋印塔神宮野間神社・宝篋印塔以前は下方の谷間にあった [続きを読む]
  • 三嶋神社 今治市
  • 三嶋神社 今治市お堂境内入口面白い顔の玉乗り対古尾道風ですが面白い顔になっています吽は大きく体を捻っています。 阿は尾道に近いですポーズ、体つきは尾道型に近いですが顔の凹凸が派手ですこの角度から見ると尾道です嘉永二年(1849)力石 小ぶりですが100kg超えてます拝殿屋根瓦が豪華です拝殿の龍?本殿 [続きを読む]
  • 樟本(くすもと)神社 今治市
  • 樟本(くすもと)神社 今治市鳥居が三基狛犬は一対 構え型小ぶりな対です凝った台に乗っています頭が真っ平 眉毛の上がすぐ頭の上です。文久元酉年(1861)文政からすっかり今治に定着した型になったようです。愛媛型と呼ぶ人もいます。一、二の鳥居 拝殿祭神 素盞鳴命(すさのをのみこと)延喜式内の古社で、三代実録、類聚国史に「貞観17年乙来4月5日丁己授 伊予国従五位下樟本神従五位上一」とあり、予陽郡邑古考鈔に「 [続きを読む]
  • 椿森神社 今治市
  • 椿森神社 今治市由緒入口鳥居社号標狛犬前を通り直角に折れると境内白く綺麗な対。凝った台に乗ってます。パッと見、古くても大正くらいの狛犬に見えます。台座が綺麗な造形ですシンプルながらしっかりとした彫り        きめの細かい花崗石です以外や天保二年(1831)の奉納百年近く年代を見誤るとはまだまだですね手水舎拝殿境内社拝殿拝殿の細工よくこの場所に電灯を設置していますが、細工が台無しになる気がします本 [続きを読む]
  • 多岐神社 今治市
  • 多岐神社 今治市古谷の奥に鎮座赤い大きな鳥居がみえてきます創建年代は不詳だが、多伎川上流にある川上巌という磐座への信仰を起源とする。崇神天皇の御代、伊香武雄命が「瀧の宮」の号を奉り、初代の斎宮になったという。江戸時代は今治藩の祈願所となり、雨乞いの祈祷では必ず霊験があったと伝えられる。瀧の宮(多伎宮)とも呼ばれ、伊予国内神名帳には「正一位 多伎不断大願大菩薩」とあります。伊予国では、大三島神や伊曽 [続きを読む]
  • 男山八幡大神社・大己貴神社 今治市
  • 男山八幡大神社・大己貴神社 今治市男山八幡大神社大神社という割りに小さな神社です神社全景 狛犬以外の画像は消失しました。大きな立石の社号標がこのあたりの特徴です。山根屋構えを復刻線は薄いですがしっかりした造形です。昭和十一年綺麗に整えられています。阿の顔もいいです。昭和初期には今治にもいい石工がいたようです。大己貴神社・貴船神社大己貴神社 貴船神社 立石の社号標 狛犬は一対 ちょっと太い尾道座型風 [続きを読む]
  • 真名井神社 今治市
  • 真名井神社 今治市お祭りの日でした石段下に大きな対がいますが画像消失 文政十三年/天保元年(1830)の座型拝殿の写真も消えたのでお借り画像拝殿本殿は見事な細工 長州大工の仕事らしいです龍獅子寅瓦は双龍狛も飛んでます扁額拝殿横の鳥居脇の対  天保二年(1831)子守神社車道むこうに島生神社宝篋印塔境内社榊森稲荷神社狐本殿   獅子舞を見る大狛犬 [続きを読む]
  • 姫坂神社 今治市
  • 姫坂神社 今治市久々に今治まで行ってきました。SDカードの画像が開けなくなり、危うく今治の画像400枚くらいが画像が無くなってしまうところでした。まだ20枚くらい開かなく復旧中です。今治城姫坂神社の広い参道由緒宗像三女神の内、市杵島姫命一柱を祀る竹原床浦神社の山根屋の構え型そっくりの対            随分、単調に仕上がってます今治の石工の作のようです。阿のポーズも竹原と同じ 顔がバナナマン日村の [続きを読む]
  • 安芸高田市歴史民俗博物館
  • 安芸高田市歴史民俗博物館久々に訪れました。郡山城室町〜安土桃山時代の木造狛犬郡山城麓の
    清神社にあったもので元就も見ているかもしれません男山神社の木造狛犬幕末の奉納絵馬 蒸気
    船を描いたもの今回の企画は刀備前長船と三原刀がメインhttp://www.akitakata.jp/akitakata-media/filer_public_
    thumbnails/filer_public/2c/67/2c678068-49ff-474c-ac6d-dc5d7cfe1273/kikakuten-chirashi-omote-saishuu.jpg__510x710_q85_crop_u [続きを読む]
  • 佐々井厳島神社 安芸高田市
  • 佐々井厳島神社 安芸高田市由緒神楽殿かっちりした昭和玉乗り良いつくりの対です          昭和六年奉納拝殿禅宗様式としては希少な建物で、全国最古といわれています細工拝殿の床下には、江戸時代末期頃、宮島の嚴島神社にゆかりのある管弦祭で使った「おかげん船」が収蔵されています 本殿本殿内には南北朝から室町時代初期にかけて造られた5基の玉殿があり、14世紀前期に造られた第一殿は神社本殿形式の現存する玉殿 [続きを読む]
  • 國丸神社 三次市吉舎町
  • 國丸神社 三次市吉舎町 一段目に神楽殿拝殿は上の段石段下に一対 昭和の良い姿の狛犬吽の子が立体的に彫られています 何故か右足を玉から離す阿              昭和四年(1929)三段の石垣拝殿狭い境内境内社本殿 [続きを読む]
  • 艮(うしとら)神社 三次市吉舎
  • 艮(うしとら)神社 三次市吉舎鎌倉時代、後鳥羽上皇が隠岐に配流される途中、当地の「吉舎艮神社」で一泊しました。その際、「御叡慮ニ相叶候や、吉(よ)き舎(やど)りと宣言在らせられ候。それより吉舎村と追々村名唱替候由(吉舎村国郡志書上帳)」と伝えられ、ここから「キサ」に「吉」と「舎」の字を当てるようになったといわれています。南天山城神楽殿木製プロペラ明治初期の絵馬が天井一面に飾られています拝殿拝殿前の [続きを読む]
  • 田利八幡神社 三次市三良坂
  • 田利八幡神社 三次市三良坂建久年間(1190〜1198)和智氏一族の広沢氏によって勧請随神門石段を上がると広い境内地拝殿吽形古風な座型明治三十七年(1904)台座はコンクリート製由緒 宝物の木造はどこにあるか不明拝殿拝殿は凝った造り拝殿本殿拝殿の軒下本殿入口からは想像できない広い神社でした。 [続きを読む]
  • 知波夜比古ちはやひこ神社 三次市三良坂
  • 知波夜比古ちはやひこ神社 三次市三良坂三次市のもう一つの知波夜比古神社です。主祭神は天鈿女命双三郡誌によれば「乳速日命」の末裔がこの地に土着した際、祖神を祀ったものだという。石垣が美しい神社です参道神楽殿境内入口石段脇の大木三段の石垣上に社殿この高さで三段ということは、かなり古い石垣です。まだ高い石垣を造る技術が無かった頃のものでしょう。石段一段目の対素晴らしく均整の取れた良い作です目玉掘り抜き  [続きを読む]