hid さん プロフィール

  •  
hidさん: ZRX1200Sツーリング城
ハンドル名hid さん
ブログタイトルZRX1200Sツーリング城
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/prizep1800
サイト紹介文広島よりZRX1200Sに乗り百名城から マイナーな城跡、神社などを巡る
自由文40代のおっさんライダーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2010/01/13 22:29

hid さんのブログ記事

  • 最大の護衛艦かが 一般公開
  • 最大の護衛艦かが10時から開場ですが8時半頃で行列は100m超えアレイからすこじまの端、いつもバイクを止め撮影する所ですかがが見えます行列はアレイからすこじまを埋め尽くしたようです9時25分頃入門開始かがまで歩きますデカい「いずも」型護衛艦の2番艦ヘリコプター搭載護衛艦「かが」艦名は、旧海軍の軍艦加賀を襲名「かが」と命名護衛艦では最大の全長248メートル、基準排水量約1万9500トン 乗員約470人。もう空母です [続きを読む]
  • 西條神社・石鎚神社 本宮口の宮 西条市
  • 西條神社・石鎚神社本宮口の宮楢本神社横の西條神社由緒狛犬は居ません美しい本殿石鎚神社口之宮・本社石鎚神社は西条市にある石鎚山を御神体にした神社です。日本七霊山のひとつで西日本最高峰の霊峰石鎚山に鎮座。山頂の頂上社、中腹の成就社と土小屋遥拝殿、国道近辺にある本社の4社を合わせた神社で、1300年前に役小角(エンノオヅヌ)が開山したのが始まり。その後、寂仙菩薩が石鎚蔵王大権現と称えて深く信仰されるようになり [続きを読む]
  • 楢本神社 西条市 関行男慰霊碑
  • 楢本神社 西条市 関行男慰霊碑初の特攻隊「敷島隊」隊長 関行男慰霊碑関行男慰霊之碑爆弾を模した石柱に敷島隊の他の4名の名が刻まれています両脇に供えられた250kg爆弾全員二十歳前後の若者でした。23才の若い大尉でした。戦死後、二階級特進で中佐となりました。23才の若さで4機を率い特攻で散りました碑文人類6千年の歴史の中で神風特別攻撃隊ほど人の心をうつものはない。「壮烈鬼神を哭かしむ」とはまさにこの [続きを読む]
  • 伊曾乃神社(いそのじんじゃ) 西条市
  • 伊曾乃神社(いそのじんじゃ)西条市曇っていて石鎚山が見えません皇祖天照大御神(アマテラスオオミカミ)と国土開発の祖神である武国凝別命(タケクニコリワケノミコト)をお祀りし、御鎮座から一千八百有余年という長い歴史を有します。由緒古そうな型だが新しい狛犬吽形出雲の要素を含む座型阿形嘉永二年(1849)の狛犬を平成二年に復刻させたようです恐ろしいほど旺盛な神木神木と神門古茂理神社 木花之佐久夜姫を祀る神社神 [続きを読む]
  • 鷺の森神社 西条市壬生川
  • 鷺の森神社 西条市壬生川文和元年(1352)伊予国守護職河野通盛がこの地を埋め立てて伊勢神宮を勧請、その時植えた楠に白鷺が群棲(ぐんせい)したので、いつしか鷺の森と呼ぶようになったという。祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)    豊島大神(とよしまおおみかみ)    田心姫大神(たごりひめのおおかみ)    湍津姫大神(たぎつひめのおおかみ)    市杵島姫大神(いちきしまひめのおおかみ)    [続きを読む]
  • 都牟自(つむじ)神社2 出雲市
  • 都牟自(つむじ)神社2 出雲市先代狛犬は荒神・水神を守っています子持ちと玉手の甲乗せ吽形 かなり補修されています先代は寛政から文政くらいかと思います阿形 摩耗が激しいです静和養氣霊?之碑吽形良い彫りの構えです。大きな尾とひねった体阿形大型のこの型はほとんどありません本殿近くの旧豪農の屋敷原鹿の旧豪農屋敷広間庭鎮守の森がいくつもあるように見えますこの辺りの農家は防風林を持っています [続きを読む]
  • 都牟自(つむじ)神社 1 出雲市国富町
  • 都牟自(つむじ)神社1出雲市国富町大きな口中玉平成二年平成二十六年と新しいです出雲型は型を継承しているのが良いです良い彫りです口中玉 口内はお賽銭がぎっしり両脇の小さな社に木製狛がいますガラス張りなのでよく分かりません拝殿この耳の型は古いと思います。お約束のあご落ち阿形後の燈籠上に小さな構え型がいます吽形のみ本殿横 稲荷社本殿側入口鳥居吽形 前足を折り曲げ、手の甲に玉を乗せています明らかに右手の方 [続きを読む]
  • 佐支多(さきた)神社 出雲市斐川町
  • 佐支多(さきた)神社出雲市斐川町祭神:健御名方命、八坂豆売命 佐支多神社は、佐支多社(さきたのやしろ)として出雲国風土記に記載されています。神社前にも小さな社か御旅所でもあったのか小さな岡崎型が置いてあります鳥居脇は新しい出雲尾立て見事に出雲尾立を受け継いでます足が長い対です出雲の新しい狛犬は古い型を受け継ぐのが主流となっていますこの神社には先代さんもいます平成八年自然石の手水拝殿扁額本殿横の御射 [続きを読む]
  • 御井神社(みいじんじゃ)出雲市斐川
  • 御井神社(みいじんじゃ)出雲市斐川木俣神(このまたかみ)がご祭神である島根県出雲の御井神社は、安産と水の守護神として信仰されています。入口の彫りの薄い蹲踞型昭和五十年変色が早いですご祭神である木俣神は、大国主神(大穴牟遅神)と八上姫命の間に生まれた御子です。元々、八上姫命は因幡の白兎の神話に登場する心姿美しい女神で、やがて大国主神の寵愛を受け、御子を身籠りました。大国主神に会うため、八上姫命は出雲 [続きを読む]
  • 長浜神社 出雲市 流石出雲の構え型
  • 長浜神社 出雲市出雲国風土記」の冒頭を飾る「国引き神話」の主人公である「八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)」を主祭神として祀っています。通称は妙見さん。 海のむこうの土地に綱をかけて引き寄せ大地を造られたご事跡により、綱引きの祖=スポーツ上達・不動産守護の神としてのご神徳が知られています。W800でここまで上がって来ました三連の鳥居由緒随神門を撮って無かったのでお借り画像本来は長い石段を上 [続きを読む]
  • 出雲大社
  • 出雲大社 本殿周りを一周しただけですバイクを西十九社裏に止め手短に参拝西十九社彰古館西角 筑紫社 門神社御本殿 後素鵞社(そがのやしろ)御祭神はスサノオノミコト御本殿よりも一段高いところにありますここから大国主大神」を見守っています東角 天前社 御迎社 御本殿天前社 御迎社 御本殿東回廊 東十九社東回廊 観察楼 八足門 西回廊八足門久々に四拍手八足門でカマキリも拍手参拝者が途切れません神楽殿西一九 [続きを読む]
  • 日御碕神社(ひのみさきじんじゃ) 出雲市
  • 日御碕神社(ひのみさきじんじゃ) 出雲市久々に行ってみたくなりました日御碕に向かう途中の海日御碕灯台高さ43.65m、石積みの灯台としては東洋一の高さイカを食す日御碕神社 楼門楼門内の木製狛犬 何時の時代のものなのか?もうボロボロです目が出て怖いし阿形は鬼のよう繋ぎの金具もサビサビ楼門より下の宮「日沉宮(ひしずみのみや)」こちらは神話の中で素盞嗚尊の姉とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られてい [続きを読む]
  • 小野神社 辰山神社 広島県府中市
  • 小野神社 広島県府中市拝殿前の対 大きな耳が特徴小ぶりの良い彫りの対です顔の彫りは丁寧です日露戦役凱旋祝明治三十八年近辺になります本殿本殿脇も小ぶりな狛犬顔がやや崩れてきてます明治三十九年 拝殿前の対と同年くらいです。ほとんど口を開けていない阿形熊野神社惣社神社山上は墓地になっています辰山神社 広島県府中市由緒姫神の社ですノコ歯 はげ頭昭和三年豪快な彫り怖い顔ですどっしりした型本殿十二神社忠魂碑 [続きを読む]
  • 金毘羅神社 広島県府中市
  • 金毘羅神社 広島県府中市お好み焼き屋の向かいです。府中焼きも美味しかったです。混雑してたので店内撮影無大きな燈籠社殿随神門本殿狛犬は良い姿 上手い狛犬です明治三十一年江戸狛犬の姿を残す良い作です明治の傑作ですね正金稲荷神社稲荷社横の岩に狛犬がいます江戸末でしょうか [続きを読む]
  • 甘南備神社(かんなび)広島県府中市
  • 彼岸花が満開でした。甘南備神社(かんなび)広島県府中市随神門随神随神門の木製狛犬深い彫り寄木造りのようです台の牡丹 象嵌にも見えます昭和三十八年随神門より手水舎拝殿祭神玉垣を超す尾道構え太めです昭和五年(1930)丸っこく造られてます力強い作です拝殿前は古い浪速型拝殿にしっくりきてます胴体は飾り気が無いですが顔は丁寧に彫られています寛政五年(1793)広島県下では最古級になります。古い浪速はこんな色に変色 [続きを読む]
  • 讃岐国一の宮 田村神社 高松
  • 讃岐国一の宮 田村神社 高松高松うどんはどこで食べても旨いです屋島田村神社 大鳥居由緒当社の起源は極めて古く社記によれば和銅二年(709)に社殿が創建されたとあり往古より「田村大社」「定水大明神」又は「一宮大明神」とも称され、人々より篤く崇敬されてきた。嘉祥二年(849)従五位下に叙せられ貞観三年(861)官社となり名神大社に列せられ、讃岐國の一宮に定められて後は神階を授けられ建仁元年(1201)正一位の [続きを読む]
  • 白羽神社 牟礼町 五対の狛犬
  • 白羽神社 牟礼町 五対の狛犬随神門石段途中の対明治三十三年かな?社標の裏にも一対弘化二年(1845)小ぶりの太眉毛。かわいい対です拝殿拝殿前は三連の狛犬吽列 三対の狛犬が睨む阿列 三対が吠える手前は平成狛平成五年非常にキメの細かい花崗石 これが庵治石?真ん中の対見たことない顔です耳は出雲の耳 なかなか凝った彫りです 阿形は三角舌 独特な口の開き尻尾も変わってますかすかに明治と読めます 何年かは読めませ [続きを読む]
  • 石の民俗資料館
  • 石の民俗資料館庵治町は石の町。多くの石材店が軒を連ねる香川県高松市の東に隣接し、山全体が花崗岩の層からなる八栗五剣山にいだかれた牟礼町・庵治町にまたがり、そこから庵治石は産出されています。 庵治石は、日本三大花崗岩の一つとしても知られ、今では、世界でも花崗岩のダイヤと呼ばれて高く評価されている石材です。きめ細かな地肌であるがゆえに風化に強く、磨けば磨くほど艶を増していきます。正式名称は「黒雲母細粒 [続きを読む]
  • 桜八幡神社 庵治町個性派3対
  • 桜八幡神社 庵治町個性派3対櫻之宮と称え佐久良尾神として木花華咲耶比売Z(このはなさくやひめ)を祭り庵治一郷の総氏神とした。承和七年(西暦八四〇年)一郷一八幡として誉田天皇(ほんだのすめらのみこと)外三神を勧請した古社である。九三六年より一四三三年の間に八回の修築遷宮の記録があり。後戦国の兵乱に焼け、一六三四年宥仙法師によって再興された。明治元年別当満願寺は廃され、鐘楼は手水舎に代わり、寺の跡を社務 [続きを読む]
  • 屋島 山上 屋島寺 屋島神社
  • 屋島 山上 屋島寺 屋島神社屋島の子狸https://youtu.be/cLfsqoBmBC8屋島寺人が一杯であまり撮影出来ず屋島寺前の広場の狸 何匹いるのかhttps://youtu.be/qDwM4lQcPHkれいがん茶屋張りぼての狛犬 どこかで見た型高松市女木島 男木島 獅子の霊巌分からずhttps://youtu.be/CkzhaCodLlE屋島神社屋島南嶺を背景にする東照宮神門由緒見事な彫刻 焼け残った文化のままの神門です鳳凰獅子神門脇の僅かな隙間から拝殿拝殿神饌(しん [続きを読む]
  • 中野天満神社 高松市
  • 中野天満神社 高松市高松市の真ん中に鎮座する神社。 京都の北野天満宮を勧請、中村天神と呼ばれていたが、松平頼豊が祭田百石を寄進し、社号を中野天満宮神社と改める。中野は、中ノ村の「中」と北野天満宮の「野」を合わせ中野としたという。昭和二十年七月高松大空襲によって建造物は、ことごとく烏有に帰したが、崇敬者有志により昭和四十四年現在の本殿、拝殿、社務所、会館等を含む鉄筋コンクリート四階建ての新神 [続きを読む]
  • 愛宕神社 高松市
  • 愛宕神社 高松市石畳の参道吊り目 吊り口?の面白い顔体の彫りは薄いですが複雑な顔の彫り難度が高い彫り嘉永二年(1849)拝殿愛宕天神社天照皇大神良い彫りです尻尾も凝っています昭和二年奉納住吉神社出雲風の対台座は違うものみたいです前足は補修されています阿の崩れも出雲風江戸末?明治かも拝殿本殿 [続きを読む]
  • 高松城艮櫓 若一王子神社
  • 高松城艮櫓 若一王子神社艮櫓櫓とJR延宝5年(1677)に竣工しました。かつては東の丸北東に位置しました。混んでて駐車場も一杯入場を断念城に入ると長くなるのでここだけで退散以前より厳しく管理されているようで安心しました若一王子神社由緒吽形 鼻が崩れています砂岩系の狛犬としてはまずまずの状態阿形は由緒書きの裏でよく見えず顔の造作が良いのが分かります残念ながら体の剥離が激しいです幕末頃の作でしょう境内 拝 [続きを読む]