としちゃん さん プロフィール

  •  
としちゃんさん: 流山市議会議員 藤井としゆきオフシャルブログ
ハンドル名としちゃん さん
ブログタイトル流山市議会議員 藤井としゆきオフシャルブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/chiba-fujii/
サイト紹介文流山市議会議員 藤井俊行からの情報発信
自由文市議会改革を強力に進め、より開かれた議会を作ることによって、市民の視点での市政が展開できる。流山市議会議員 藤井俊行のオフシャルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/01/15 08:17

としちゃん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第4回定例会 一般質問通告
  • 今回の一般質問は、下記の内容で通告しました。 1悪質クレーム(迷惑行為)について市長に問う。(1)悪質クレーム(迷惑行為)は、小売業、外食、旅行、介護業界、レジャー産業、交通運輸、学校、自治体、コールセンター等、人と接するあらゆる産業・職業で発生している問題であり、テレビの報道をはじめさまざまなマスコミにも取り上げられ社会的にも注目されているが市長の見解を問う。 (2)悪質クレーム(迷惑行為)の対策 [続きを読む]
  • 景観に配慮した3連ポスター
  • 流山市は景観にも配慮したまちづくりを進めています政治活動のポスター等は広告物条例の規制の対象外ですが、景観を大切にして活動してきた議員としては少しで進めて行きたいです。【以前のポスターは原色を多用】 【景観に配慮した3連ポスターです 屋外広告物も景観の重要な要素です 屋外広告物は、道行く人々に様々な情報を提供し、まちに活気をもたらしますが、その一方で、広告物が無秩序に氾濫することで、まちの良好な景 [続きを読む]
  • 平成30年度第3回定例会 質問通告
  • 本日の議会運営委員会で通告が承認されました。以下の通告です。1学童クラブの支援対策について問う(1)各学童クラブを運営している指定管理者に対するモニタリングの結果について、市としてはどのように評価し、どのような対策が必要と考えているのか。また、民設学童クラブに対してはどのようにモニタリングを実施しているのかについて問う。 (2)学童クラブの支援員を確保していくためにどのような支援や方策を展開してい [続きを読む]
  • 平成30年 第2回定例会 一般質問通告
  • 1 学童クラブの支援について(1)今年度開設した民設学童クラブに対して、利用者からはどのような声が寄せられているか。また、市としては、どのように対策が必要と考えているかについて問う。 (2)学童クラブの質を高めていくためにどのような支援や方策を展開していくのかについて以下のとおり問う。 ア 児童健全育成事業では40名が上限の定員となっているが、良質の保育を提供していくためには30人もしくは35人を上 [続きを読む]
  • 平成29年度第4回定例会 一般質問 通告書
  • 1新設小中学校について(1)新設小学校の学区変更については、自宅近くの小学校に通学できずに、2度、3度と学区変更が余儀なくされている流山おおたかの森駅東口地区などの住民に対して、今後どのように説明していくのかについて問う。(2)新設小学校への通学にあたり、将来通う中学校の事を含めて考える保護者が多い。新設中学校の設置場所について、新設小学校の学区変更と合わせて公表すべきと考えるが、当局の見解を問う [続きを読む]
  • 子どもたちの為に政治的判断を望む!
  • 流山市は、人口急増により児童数も急増しています。多くの市民の切実な思いを伺うと憤りを感じます。区画地内に50億円の余分な資金(投資してもリターンが大きい)をする判断が必要ではないですかね。中学生は、離れた場所でグランドが広く価値観のある学校に通学できれば良いですが、小学生には無理があります。土地代が安いから遠くに建設する。こんな発想は政治家の発想で続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示され [続きを読む]
  • 立憲民主党 公約 要旨
  • まっとうな政治。 1 生活の現場から暮らしを立て直す アベノミクスの成果は上がらず、国民の所得を削り、中間層を激減させたままでは、本当の意味で活力ある経済は再生しない。保育・教育、医療・介護の各分野の賃金を底上げする。女性に対する雇用・賃金差別をなくす。社会全体ですべての子どもの育ちを支援する。将来的な国民負担の議論は必要だが、直ちに消費税率10%へ引き上げることはできない。実質賃金の上昇で中間層 [続きを読む]
  • 今回の解散総選挙に大義はあるのか?
  • 総選挙にかかる税金は、いくらなんだろう。600億円いやもっとすごい金額ですよね。公設掲示板や立会人人件費、ポスター代や選挙カー代などの公費負担となる活動費、そして各候補の印刷物や人件費  これはすご続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 流山市でも骨髄ドナーバンク支援をスタート
  • 私の一般質問で、流山市でも骨髄バンクドナーの支援事業が平成30年度よりスタートする予定となります。 1 骨髄バンクドナー登録の推進及び移植に関する支援策について、【担当部長答弁要旨】千葉県からの依頼により、毎年10月1日から31日に実施する、骨髄バンク推進月間にあわせ、「ドナー登録のしおり」を、市役所の社会福祉課及び保健センターに配架し、配布しています。また、平成28年度には、市民まつりの際に行う献 [続きを読む]
  • 総務委員会が粉飾!
  •  二元代表制の根幹を揺るがす!議決されていた計画が議会に知らされずに変更され、予算変更の修正案が議決前に工事が進んでいた事実が判明。 平成29年9月11日 私が総務委員長を務める総務委員会で、最後の議案を審議していたところ判明しました。その内容を要約します。議案第57号「工事請負契約の変更について(新スポーツフィールド整備工事)」変更前の契約額2億7、540万円。契約後変更金額3億1、287万6千円増加額 [続きを読む]
  • 第3回定例会(9月議会)の一般質問通告書
  • 1骨髄バンクドナー登録の推進及び移植に関する支援策について(1)骨髄バンクドナー登録者が年々減少している中、ドナーと患者のマッチング率も低く治療を受けられないケースが多い。そこで本市でも骨髄バンク登録への普及啓発を進めていくべきと考えるがどうか(2)骨髄移植ドナー支援事業は、平成29年8月15日現在、全国312自治体で実施している。そこでドナーの方の負担軽減にも繋がる骨髄移植ドナー支援事業を本市でも導 [続きを読む]
  • 平成29年第2回定例会の一般質問通告書を提出
  • 今回の質問の通告内容です。公園の遊具の充実は前回に引き続き行います。また、児童館・児童センターの偏在解消は議会報告会にて市民からの意見を取り上げました。これは議員になって数回取り上げていますが前に進まない問題です。以下通告内容です。 1「子育てのまち」を実感できる事業の展開について(1)本市では、DEWKS世帯をメインターゲットに、「母になるなら、流山市。」等のキャッチコピーを積極的に活用する事で [続きを読む]
  • 平成29年度の子育て関連主要事業について
  • 今日は会派別市長懇談会がありました。平成29年度の子育て関連の主要事業の新規分の説明をします。【妊産婦サポート】核家族等から家族等から家事・育児の援助が十分に受けられないなどの理由により、不安を持つ妊産婦等の支援を行う。【保育士確保策の追加】保育士確保のための新たな施策(特例保育士処遇改善事業・保育士就労奨励金)も打ち出すということです。【子どもの夏休み期間の居場所つくり】また、夏休み期間中の土日祝 [続きを読む]
  • 過去の記事 …