Rie Waits さん プロフィール

  •  
Rie Waitsさん: ApriCuore
ハンドル名Rie Waits さん
ブログタイトルApriCuore
ブログURLhttps://ameblo.jp/riewaits/
サイト紹介文けっこうなお年頃にして新米ラジオ・パーソナリティのこっそりブログ♪
自由文けっこうなお年頃にして新米ラジオ・パーソナリティのこっそりブログ♪ 番組で使用した楽曲のリスト、しゃべり足りなかったこと、生放送ならではの失敗談、そしてプライベートなつぶやきなどを綴っていきます。コメントはお気軽にどうぞ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/01/16 22:18

Rie Waits さんのブログ記事

  • フランスからきっぽーキッポーきゃっほー!
  • Ciao 最近観た映画の中で 一番「好みだな」と思ったのは「ラッキー」 全然タイプが違うけれど 「ワンダーストラック」も良かった 半券キャンペーン 応募しました。 当たりますように 昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された作品。 聴覚障害を持つ少女を演じたミリー(彼女自身も聴覚障害者)が 素晴らしかった そして ミニチュア好きな私にはたまらないミニチュア模型 こだわり抜いた1920年代と1970年代の街 [続きを読む]
  • おぎゃー!
  • Ciao 4月から TOKYO TOWER presents Cross the Tokyo Bay(かずさエフエム) 番組ナビゲーターを務めさせていただいております。 私のワンマン「生放送」でドキドキさせていたリスナーのみなさん ご安心ください 「生放送」ではありません。 「ワンマン」でもありません。 番組ディレクター/構成/選曲/ミキサーは かずさの「ジョン・ビーズリー」兼平しゃん。 「Weekend Breeze (Saturday edition)」スタート時のコンビが (あ [続きを読む]
  • 「あなたは誰?」「あなたです」
  • Ciao ギター弾きI氏率いるバンド「I」 某プライベート・パーティーで演奏させていただく機会を得て この夜は サックス吹きK氏をゲストに迎えてのリハーサル。私は ジョッキでオレンジジュースを飲みながら(笑) パーティーの会場は成田。本日は貸し切り。 私の持ち込みは マイクと譜面台だけですが 他のメンバーは楽器やアンプ PA機材などなど 搬入も大変です。 セッティング完了。 今回初めて見たベース。左のベース [続きを読む]
  • 長い髪のジャンゴ
  • Ciao 新年度がスタートしましたね。 仕事柄 そして フリータイムではバンド活動もしているので 「声」は大事。 昨年度も 風邪もひかず インフルエンザにも感染せず 仕事やイベントを休まざるを得ない ということは一度もありませんでした。 今年度も健康第一で過ごせたらと思います 先月 「桃の節句」に とあるバーで歌わせていただきました。 ギター弾きI氏率いるバンド「I」から ギターとピアノと私のトリオで。 その [続きを読む]
  • Tomからの贈り物
  • Ciao 3月も終わりですね。 3月は 私の誕生月。 「メッセージが届いてます」 古巣の番組「ランチタイム☆ガーデン」に リスナーのMみさんから 誕生日のメッセージが届いていることを 教えてくれた宮ちゃん。 私のことを覚えていてくださっていること とても嬉しく思います さりげなく「筆箱」を見せびからかす機会が多い私。 そんな「うお座」の私にピッタリのプレゼントを 某ライブハウスのママからいただきました。 きゃ [続きを読む]
  • タイムスリップ通り
  • Ciao 電車に乗って「久留里」へ行ってきました「久留里」に行く時は いつも車なので 記憶が定かではありませんが 久留里線に乗ったのは 約18年振りかと みっちゃんが 久留里線の情報をUPしているのを見て のんびりゴトゴト電車で行くのもいいなと思ったんですよ 車窓から花見もまたいいもんだ タイ料理を食べたくなったら 迷わずここに来るのです。 山盛り野菜でもペロッといけちゃいそうなソース。 タイ風さつまあげ。 [続きを読む]
  • AKIRAオンリー
  • Ciao 毎年のことながらドタバタ年度末 そんな中ではありますが ちょっと面白いライヴに行ってきました。 ひっさしぶりの銀座の「ホコ天」 みなさん まだ しっかりと着込んでいますが この日は気温が高めで ひとり汗ばんでおりました 場所は ヤマハ銀座ビルのスタジオ。 こちらのイベント用ステージでのピアノ演奏も聴いてみたかったけれど 時間が合わず断念。 地下2階のスタジオへ直行。 この日は 日本のミュージックシー [続きを読む]
  • Tom Waitsを演じる女
  • Ciao 第90回アカデミー賞。 作品賞にノミネートされていた作品は2作品しか観ていなかったのですが 見事 作品賞を受賞したのは「シェイプ・オブ・ウォーター」先週木曜日に公開されましたね。 もちろん 観てきましたよ。 デル・トロ監督作品なので それなりに心の準備はしていきましたが やっぱり ひぃーーっ って声が出そうなシーンもあるわけですが ストーリーの展開もテンポよく エンターテインメントな要素もあり 素 [続きを読む]
  • あーみらりすふぃあ
  • Ciao 先日 小2男子が 巨乳 と言ったので  それはもうびっくりしてしまったのですが なんのことはない。 彼は Can you と言ったのでした。。。 宇宙の中の孤独を感じる時宇宙に語り掛けていますか ということ(どういうこと)で Rie Waitsです。 どんな映画を観るのか どんな音楽が好きか その「感覚」を知ることは その人を「知る」ための一つの大切なポイント。 その「感覚」が 自分に近いもの [続きを読む]
  • 「トマジューだってパイントグラス」〜Back to London⑨
  • Ciao ひさしぶりの「ロンドン」ネタでございます。 滞在後半は お留守番の人数が3人から5人に N氏の通うスポーツジムの元インストラクターと その方のお母さまのお二人がロンドンに到着。 つまり N氏のお連れ様ですな。 誰がどの部屋に寝るとか シャワーのラッシュアワーを避けなくちゃとか キッチンの使用時間帯もずらさなくちゃ とか いろいろありましたが  そこは大人5人ですから うまくいったと思います Rと私は  [続きを読む]
  • 「牧伸子とマキシー」の歳には勝てない物語
  • Ciao そう言えば 2017年最後のAcoustic Nightの記録をしていなかったような 12月のある週末 第9回「Acoustic Night」が開催されました。 いつものように「牧伸子トリオ」で参加。 この時は バンバンバザール バージョンの「明るい表通りで」と 選曲をしたら たまたま 「ハイエース」誕生から50周年 だったのでびっくりしましたが こちらもバンバンバザールの「走れ ! ハイエース」を。 盗難に遭ったハイエースの行 [続きを読む]
  • りえりしゃりあな
  • Ciao 母も「体が動くうちに」と断捨離している様子。 もっとも 母はまだまだ仕事も現役で 一日の活動量は私よりもはるかに多いかと。 そんな母からフォトフレームに入った一枚の写真が返却されました。 コレが断捨離された一枚(笑) 「りしゃ」と「りえ」 私も持っているので 以前このブログにも載せた一枚。 Kazuo Ishiguroの「日の名残り」と Julian Barnesの「終わりの感覚」を読んだお話をしましたが 「終わりの感覚」 [続きを読む]
  • 行雲流水
  •  Felice Anno Nuovo 昨年は  「無理してるな」「私らしくないな」 とストレスに感じながらも引きずられていたものを 思い切って手放したら 本当に大切にしたいと思うものが見えてきた そんな一年でありました。 「自分と向き合う」「自分を受け入れる」一年でもありました。 今年も断捨離しつつ 変わっていく「景色」を楽しみたいと思います。 最近 「好きだ」と思ったCMがふたつ。 まずはコレね。0:17過ぎのこの女性の2回 [続きを読む]
  • 「悪魔に惚れちゃう始末」〜Back to London⑧
  • Ciao レスター・スクエアでコレを見かけてから遠い昔にTVで観た「エクソシスト」の記憶をたどってみたけれど やっぱりこわーい 舞台のトレーラーを何度も見返して やっぱり こわーい 行くぞ と決意するまで「ディスカッション」を重ねたRと私は 意外と「ビビリ」(笑) きっと大丈夫。 神父様がいるんだから ということで「行く」と決めたら行動に移すのは早い。 劇場組合の公式割引チケットブースまで出向いて 約半額 [続きを読む]
  • 「めでたくレイコック村で」〜Back to London⑥
  • Ciao クリスマスプレゼントUS友から届きました こちらは モーリシャスに滞在中のお母さんから今年も届いたカード。この年に一度のカードのやり取りが私たちを繋いでいます。 モーリシャスといえば「DODO」 絶滅しちゃったけれどこれは今回のロンドン滞在中にいただいたものです。 忙しい日常に戻ったイタ友Rからは 作るのも楽しい立体カードが届きましたでっかいプレゼント付き この時点で部屋中が あま〜い香り はいっ  [続きを読む]
  • 「パワースポットは浴場」〜Back to London⑤
  • Ciao ハロウィーンの日に 「日帰りツアー」 の続きでございます。 ストーンヘンジを後にして 次に訪れたのは コッツウォルズの南西に位置する 「Bath (お風呂)」の語源にもなった「Bath (バース)」 現地では自由行動。 Rと私が気になっている個人参加の例の男子と女子。 そろそろ一緒に動けばいいのに  と思うのですが (いつのまにか この二人が「くっつく」ことをツアーの楽しみにしている私たち) 広場でいったん「解散 [続きを読む]
  • 遅ればせながら「ジョンとこまわり君」〜Back to London④
  • もうすぐクリスマスなのに。。。 HAPPY HALLOWEENかずさの「ジョン・ビーズリー」と「こまわり君」 撮影は みっちゃんです。 ちなみにお二人は「こまわり君」知らない(笑) ハロウィーン用に「オレンジのアフロでリレー」に参加いたしました。 ロンドン出発前に前撮りしたものでございます。 さて そのハロウィーンの日に何をしていたかというと 朝8時にヴィクトリア駅集合 3か所を巡る日帰りツアーに参加い [続きを読む]
  • 幸せ者の「告白」と「感謝」
  • Ciao 私は Tom Waitsを愛しています。 実は どちらかというと彼の声は好みではないし 特に彼の顔が好き というわけでもありません。 けれど 彼が「言葉」と「音楽」で綴る唯一無二の世界が大好きなのです。 彼の「情緒」や「感性」「人間性」「魂」は 世界中で一番私の魂を震わせるのです。 この世の美しいもの 醜いもの 人が気づかないような些細なことを 彼は自分の言葉で語ります。 彼の「一曲」は「一本」の映画でも [続きを読む]
  • 「おにぎり持って出かけよう」〜Back to London③
  • Ciao 昨日 ロンドンのPから「初雪」の知らせが。 あれ。 すべっちゃったような足跡が。 庭のテーブルもうっすらと雪化粧。 実は 私自身 ロンドンの冬に雪は経験したことはありません。 今回のロンドン滞在中は お天気に恵まれました。 雨がしとしと降った時もありますが 一度も傘をさしませんでしたし 青空が広がって 強い日差しに「サングラス」が必要 という日もありました。 家の中はセントラルヒーティングでい [続きを読む]
  • 「いきなりバーレスク」〜Back to London②
  • Ciao ロンドン市内ゾーン2に住んでいるP宅に到着したのは 夜8時過ぎ。 Pは お母さんと一緒に我が家に遊びに来た時以来 16年ぶりの再会。 写真のやり取りもしていたので  お互い「ビックリ」することもありませんでした(笑) 翌日 Pのお母さんがやってきて「再会」のハグ。 もう一度お母さんを抱きしめたい と思っていた私は号泣しそうになりました。 83歳になる彼女は 最後に会った時と全く同じ。 背筋もピンと伸びて若 [続きを読む]
  • 「お留守番的共同生活」〜Back to London①
  • Ciao ロンドンに出発前もバタバタでしたが 帰国してからもバタバタで あれ? ほんとに行ってきたんだっけ? になりつつあるので ここらでご報告をスタートしたいと思います。 ロンドンは24年振りですが 初めてヒースロー空港に降り立ったのは 27年前。 到着したのは ターミナル2 またの名を"The Queen's Terminal" 27年前と同じく ひとりぽっちで降り立ちました。 この時点で胸がいっぱいのRie Waits 同行のRは 別便の「ビ [続きを読む]
  • 「あの頃の私」をナンパしに
  • Ciao 24年ぶりのロンドンに出発の時が近づいてきました。 留守中のあれやこれやの対応に追われ バッタバタでしたが さすがにひと段落。 ロンドン行きが決まって 二転三転いろいろありましたが 予定通り 2匹の猫ちゃんのお世話をしながら バケーション中の友人宅のお留守番。 この日は 同行するイタ友Rとミーティング。 せっかくなので 良い音楽と美味しい料理が楽しめるところ ということで 中目黒にある「ガンボキッチ [続きを読む]