ii.sora さん プロフィール

  •  
ii.soraさん: 青い鳥ことり 今日のあしあと
ハンドル名ii.sora さん
ブログタイトル青い鳥ことり 今日のあしあと
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/the-blue-bird303
サイト紹介文写真で綴るマメルリハの“そら”と私の日々。娘の自立、母の独居…ゆるりと行こう50代。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/01/19 13:43

ii.sora さんのブログ記事

  • まっしぐら
  • 切り詰めるたび、いつの間にか首を伸ばし菜の花をつける葉牡丹。今日はひらひらお客様。他にいくつも花は咲いているのに、やっぱり モンシロチョウがまっしぐらに向かうのは菜の花なのね。*まっしぐらといえば、今日の朝ドラ すずめちゃんが恋の相手に投げた言葉「まさとくん 好きです」 みごとな直球だったなあ。*そういえば、安倍首相も見事な直球を発していたっけ。「私や妻が関わっていたら、総理も国会議員も辞める!」 [続きを読む]
  • だるまちゃんの気持ち
  • あれよあれよという間に、わさわさと葉の緑が濃くなっていきます。 実家の臥竜梅は実が色づき、柿も花が落ちてすでに実りの準備に入りました。今年は夏が早くやってくるらしい。* 娘たちの本棚に、今もとってある絵本 作家のかこさとしさんが亡くなりました。加古さんは、軍国少年だった自分のような判断の過ちを犯さぬようにという悔恨から「社会に目を向けて、考えて、自分の意見を言える子どもになってほしい。」という思い [続きを読む]
  • 4月も半ば
  • 蟻たちが、あちこちで忙しく働き始めました。 ハル坊は這いつくばって熱心にながめ、時に行方をさえぎって、ファーブルさながらです。*さて、先週末は国会前へ、3万人のうちの一人になりました。隠されたり、ごまかされたり、嘘をつかれた挙句、日本の未来が壊れたら…そんないたたまれない思いが熱気となって、国会を包んでいました。*現実に向き合ったあとは、日生劇場でリラックス。『リトル・ナイト・ミュージック』を観て [続きを読む]
  • シャボン玉を追う空
  • はかなく淡いソメイヨシノの季節は終わったけれど、春爛漫、散歩道は花であふれています。そらのお墓はムスカリが花盛り 近所では、蓮華畑と見まごうホトケノザの群生ひんやり空気の冷たかった今日は、空が澄んで、遠くの山がきれいでした。 春の丘を力強く登るハル坊 意思表示もはっきりと人として歩き始めた感じです。 シャボン玉を追う空は、穏やかです。* ついにやってきたオスプレイオスプレイは米軍住宅の上は飛びま [続きを読む]
  • ありきたりだけど
  • スーパーの店先に、花の咲いてしまった食用の菜の花が、くたびれた顔で並んでました。買って帰り水に挿したら、元気よく伸びてにぎやかな景色になりました。考えてみたら、これ毎年恒例。菜の花は茹でても炒めてもおいしいけれど、黄花は見ているだけで元気になるなあ。* 娘たちが集まって祝ってくれました。もはや何歳なのか、えーっと?なんて考えてしまうこの頃だけど、祝いの席というのは嬉しいものですねえ。*何より嬉し [続きを読む]
  • トカゲ
  • 懐かしの一枚そらとは 新聞を読みながらずいぶんと同じ時間を過ごしたものでした。記事一つ読むのにも、そらが一緒だと張り合いだったのになあ。*さて、啓蟄もすぎて虫たちもようやく動きだす陽気になってきたようです。それでもまだ、プランターの底でまったりしていたヤモリさん。ハル坊に見つかってさあ大変。一緒に遊びたいハル坊から逃れようと必死。 離してくれ〜! ついに自ら尻尾を切ってプランターの下に逃げ込みま [続きを読む]
  • 向き合って
  • 冬季五輪の興奮が続いています。これこそオリンピックの魂という姿をみせてくれた小平選手やショートの失敗を克服してフリーで1位をとったネイサン・チェン選手そして大活躍して日本に帰ってきた選手たちのそれぞれの言葉、素敵でした。*何度も何度も失敗して、ケガもして、その原因と真正面から向き合って修正を重ね欠点を克服し、よりよい結果を出す。その人知れぬ不屈の努力が、世界中の人々の胸を打つのでしょうね。*でもき [続きを読む]
  • 春が立って 雨が降って
  • 春よ来い 春よ来い春が立って 雨が降って ようやく関東の空気は少し緩んだようです。 しっかり歩み始めたハル坊も、メジロの遊ぶ庭を闊歩しています。*喜び 悔しさ 安堵・・・五輪表彰台悲喜こもごも。選手は極寒で体調管理だけでも大変だろうな。薬さえ思うように飲めなくて。先週、何十年かぶりのインフルエンザで節々が痛んだ自らの身体を思うと、この日この時をめざしてきた選手が どうか万全な体調でありますようにと [続きを読む]
  • 冷え冷え
  • 雪国のようにどんどん積もった月曜日。あれから毎日日差しはあるのに屋根の雪はいまだにとけず、凍り付いています。冬でも日差しのある窓辺にいればたいてい暖房はいらないのに、しんと忍び込む冷気に、今日はたまらずスイッチオン。ほんとに寒い。*相も変わらず政治も寒い。内閣府副大臣が暴言を吐いて辞任なんてこと、また・・・で驚きもしないけど、「武器購入国に資金援助する」なんて話には目が丸くなる。国内には援助が必 [続きを読む]
  • 晴れの日
  • 晴れている よく晴れている ここのところ毎日 晴れの日。  あるがまま伸びている(ほったらかしの)父の盆栽は、紅白の梅が咲きそろい、メジロがかわいい姿を見せるようになって、正月らしい晴れが続く。*「晴れの日」は、好きな言葉の一つ。ごくごく普通の気持ちよく晴れた日として、また晴れ晴れとした記念の日として…。しかしねえその言葉を名乗って、人の良き日に詐欺を働く輩がいようとは。。((+_+))被害にあった方々 [続きを読む]
  • こんなのあったらいいな そらレポ⑤
  • そらが昨夏逝ってから半年、静かにそらの死を受け入れています。*レポート⑤ 介護用ゲージそらの足元がおぼつかなくなって数か月、常に抱いてやるわけにもいかずそらの住まいには苦労しました。 高い止まり木にはとまれない。かといって平らな床では居心地悪そう。本能でゲージをよじ登ろうとするけど降りられない。水入れは、うっかりすると頭を突っ込んだままになちゃうし、エサ入れは、深すぎると思うようについばめない。掃 [続きを読む]
  • ペンを持って文章を書く
  • 2018年明けました! 今年一年を天気で占えるとしたら、晴天ではじまった横浜は、いかにも良い年になりそうですが、日本各地はどうでしょうか? *昨年末は、何十年かぶりに懐かしの友と再会したり、母子旅行にでかけたり楽しく暮れた私ですが、今年は・・・まだ、目標が定まりません。*片言を話し始め、ひと時もじっとしていない孫とは対照的に義母と母が揃って心細いことを口にします。皆で顔をそろえられるのもこれが… と [続きを読む]
  • 今年一年
  • みなさん 今年はどんな1年でしたか?愛と涙と微笑みにあふれ、今思えば楽しい想い出よ♪ とはマイウェイの歌詞ですがそらが旅立った夏から半年、頭の中をめぐる思いは まさしく・・・*「年賀状は出して大丈夫?」・・・冗談交じりに、あるいは真剣に、そらへの深い思いを知る方々が 私に声をかけてくれました。 大丈夫大丈夫 楽しい想い出ばかりだったもの!*さて、来年に向けて 何か祈るとしたら・・・「代り映えし [続きを読む]
  • 一足はやく
  • この前まで、自分のまわりの時間が早く流れて、一人取り残されたように感じていた私。ところがここ数日年末の風がいよいよ我が家にも吹き込んで、急にあわただしくなってきました。*悲鳴をあげていたパソコンについにご退職いただくことになり、今日は、これから新顔さんとの引継ぎ作業にはいります。お店の人に言わせれば、「今どき10年とはずいぶん頑張りましたね」と。たしかにデータをみれば膨大な量になっているから、そうな [続きを読む]
  • 魔法の杖
  • 先週末、ご近所仲良し母娘3組で訪れたUSJ。  映画の世界をあちこち歩きまわり、高所からのキリモミ落下に絶叫し、キャラクターのおやつを味わって…これぞ非日常。 青空の下、ホグワーツ城を眺めながらバタービールで乾杯も。魔法の杖を一振りすれば、灯がともったり雪が降ったり…すごい。虚構の世界にどっぷりつかり、心も体もふわふわ酔って・・・。帰りの新幹線は、いささか脱力気味で眠気が襲ってきたのだけれど、車 [続きを読む]
  • 時間の流れ
  • 近頃、時間のたつのがはやい。このハル坊と行った江ノ島が、すでに2週間前。世の中が早いというより、自分の時計がゆっくりなのか。*そういえば、国会もゆっくり時間が流れているのか、待っても待っても丁寧な説明がないまま、いまだにモリカケやってるね。*しかし機械の寿命は、人の時間に関係なく、確実にやってくる。実はこのパソコンも赤いランプが点滅して充電パックの寿命を告げている。いつプチっといくか気が気じゃな [続きを読む]
  • 柔らかく癒されて
  • そらが窓辺に居たころは、一緒にながめた景色。今は一人眺めます。陽が葉裏から黄色く照らす朝風に散る葉がオレンジにきらめく夕刻、今、欅の紅葉が見事です。 欅の一日この季節、我が家のソファは特等席。一日眺めていても飽きません。*そらが旅立って三か月。いまだに帰宅の折には「そら、ただいま〜」と声をかけ「お帰り〜」の鳴き声に耳を澄ましたりするけれど、毎度の涙は涸れました。ふと寂しく思うのは、新聞タイム。私 [続きを読む]
  • きりっとリセット
  • なんだろう最近 遠く広がる空間にあこがれる逃避したいほどの思いがあるわけではないけれど、最近のニュースや ボランティアを通して知る様々な暮らしや介護する人される人の思いや… 一度すっきり解き放って頭を空にしたい、そんな気持ち。* 氷点下7℃ きりっと引き締まる空気に身を置いて白銀の北アルプスを眺めてきました。 新穂高ロープーウェイでほんの十数分、こんなワイルドな眺めがあっという間に手に入る… そし [続きを読む]
  • 朝焼けの満月
  • 先月92歳になった母、そろそろ家族との遠出も難しくなる頃。昨年来そら最優先で 旅行はなかなかかなわなかったのだけれど、この秋こそ、母を連れてどこかへ行こう。…というわけで渋滞しそうな紅葉の名所を避けて、潮来に一泊してきました。 香取神宮で参拝。自ら参道の砂利道を踏みしめ階段ものぼって…こうして元気でいてくれて、ありがたいことです。利根川べりのホテルからは、遠くの景色に目を細めます。 朝焼けの満月 朝 [続きを読む]
  • はっきりして
  • 冬かという冷たさの翌日には、上着のいらない強い日差し。この陽気に、ベランダのミニシクラメンが クタクタになっています。「はっきりしてちょうだい!」そんな悲鳴が聞こえてきそう。*日本が国連に提出した「核兵器全廃」をめざす決議案に多くの国々が反対するそうです。 ごもっとも!と私は思う。アメリカにしっぽ振って「核兵器禁止条約」に反対した日本がいくら全廃目指すといったって、あまりに説得力がないもの。被爆国 [続きを読む]
  • 何色に染める?
  • 空の雲が楽しい季節なのに、長雨。憂鬱です。それでも傘をさして外に出れば、そこここに赤い実が。柿も色濃くなって、実りの季節は着実に進んでいます。ホラそら 赤い実よ*雨の中、期日前投票に行ったら、長い列ができていました。未来を描く人たちの列。自分で筆をもって、さあ!未来の空は何色に染める? 灰色の曇天にはしたくない。 私はすがすがしい空色に、一筋の線を入れる。今回は、最高裁判事の審査にも手を抜かない。 [続きを読む]
  • いい風は吹くか
  • 今日は朝からカラスが舞っています。毎年何回か見かける光景。あっちこっちの電柱にとまって、いい風を待っているみたい。カラスの運動会には、こんな天候がむいているのかな。風を読んで空を舞う。楽しいだろうな。*小学校や幼稚園の運動会は、長雨続きの上に選挙まで飛び込んで、日程調整に四苦八苦しているようです。消費税増税分は教育無償化にと、子供にやさしい自民党だけど10月半ばの選挙が運動会にどれほど影響するかは [続きを読む]
  • プリンシプル
  • そらは、頭カキカキもお腹なでなでも大好きだったけれど、コロンと返されるいわゆる「ニギコロ」はあまり好まなくて人のなすがままにはならないぞ みたいなところがありました。 鳥の本能を貫く頑固な奴*GHQに「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた 白洲次郎さんは、頑なにプリンシプル(原理原則)を貫いた人でした。 彼が残した多くの名言から察するに、今どきの「忖度」など大嫌いな人だったのではないかなと思います [続きを読む]
  • シルブプレ
  • 秋かと思えば、夏の名残の暑さがぶり返し、何を着てよいのやら。しまおうかと思っていた扇風機が、ここにきて活躍しています。一昨日訪れた箱根でも紅葉を阻む暑さで、半袖での散策となりました。 芦ノ湖畔のレストラン「サロン・ド・テロザージュ」で遅めのランチ。”オムレツのラタトゥイユ添え シルブプレ”キッチンに注文を伝える「シルブプレ」の声が、店内に華やぎをそえて、湖畔を眺めながらプチ・セレブなひと時でした。 [続きを読む]
  • う〜ん
  •  新作そらそらを思い出にするには、まだしばらくかかりそう。そこにいる「そら」が作りたくて、羊毛フェルトに励みました。 みんなそらだけど・・・う〜ん まだまだかな。色々作って本物に近づくころ、そらが思い出になるんだろう。*立憲民主党が加わって、政治の左右のバランスはどうなるか。第2次安倍政権の間、自公連立の下で日本は上向いてきた と安倍さんはおっしゃるけれど、ぐんと上向いたのは軍事費。 文教費は削っ [続きを読む]