税理士松村文子 さん プロフィール

  •  
税理士松村文子さん: 湘南のぽっちゃり税理士松村文子
ハンドル名税理士松村文子 さん
ブログタイトル湘南のぽっちゃり税理士松村文子
ブログURLhttps://ameblo.jp/a-matsumura/
サイト紹介文湘南の女性税理士松村文子が、あなたのピンチをチャンスに変えます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/01/20 10:30

税理士松村文子 さんのブログ記事

  • 師走 届出関係再確認・贈与や自筆遺言作成は年内で
  • 師走になり、湘南BUN税務総合事務所もバタバタし始めました。 年内の届出・申請書の再確認をし、お客様が得する方向に動けるようシミュレーションをしています。また、資産管理や贈与についての検討もしております。12月末までに株の贈与をするには株価の算定をしています。 作成する遺言書の詰めは、お正月にご家族で調整する方もいます(遺言書は家族の同意はなく作成できますが)からその土台作成をしております。 自筆証 [続きを読む]
  • 所得税法の和解金等の処理
  • 湘南税務総合事務所では、所得税の確定申告の準備をしています。年に1度の行事。年末には節税で動く方、届出の見直しをする方も多いとき。慎重に計画立てて動いていくために事前準備をしています。 所得税とは、個人の所得(儲け)にかかる税金。今回は、この和解金等についての課税関係について書かせてもらいます。個人の和解金等は、そもそも課税が生じない非課税のものもあります。 (1)課税が生じない所得税法非課税になる [続きを読む]
  • 消費税:平成30年度税制改正の概要
  • そろそろ、税制改正大綱の話題がでていて、今回もどのようになるか楽しみです!税制が複雑化ではなく簡素化の動きになってくれるといいですが。政権の方針によっても違いますね。 そんな税制改正大綱にちなんで、平成30年度の税制改正のことを書かせてもらいます。税制改正を書くとボリュームが半端ないですので、消費税の概要だけに絞ります。 改正・大法人の電子申告の義務化資本金等1億円を超える法人が対象 ・有価証券等の [続きを読む]
  • 消費税法はトラブルが多いです
  • 消費税は来年の10月からは10%へ増税。その同時期には、軽減税率制度の実施。決定事項では、35年10月からインボイス制度(適格請求等保存方式)が導入されます。インボイス方式になったら、もっと面倒になりそうです。適格請求書等保存形式を申請し、しっかり領収書に消費税を記載していくことになり、計算も軽減税率が残っている予定ですので、集計、消費税の申告書が相当厄介でしょうね。特に、取引先が免税事業者(原則 [続きを読む]
  • 第30回ぶんぶん交流会は11月2日金曜日19時から
  • 湘南BUN税務総合事務所は平成30年11月1日開業してから10年目にと、そして、コンサルティング・事務代行業は9年目に、ゲームカフェぶんぶんは3年目に突入します。周囲の人に助けられて続けることが出来たんだなぁと痛感しております。税理士事務所部門の業務には、相続・贈与など資産税と法人税に係る業務を中心にしております。申告書の作成のみでなく、お客様のご要望に応じ寄り添って経営支援をしていく姿勢を体制づく [続きを読む]
  • 法人税務研修(*´∀`)♪プライド(誇り)なんはいらない
  • 必要以上にプライドを大事にする経営者は勿体無い!相手先にかっこ悪くて売掛金の催促なんて出来ない。売掛金は回収しないと会社の経営は悪化します。自分を大きく見せたい為に見栄を張って営業から断るのがかっこ悪いと思って高価な商品を購入したり。経営に時間をかけないで、自分のプライドにこだわりに時間をかけ過ぎて大事な業績を落としたり。時間は有限。プライドは無限。ついつい大きくなっちゃうプライド。過度のプライド [続きを読む]
  • 相続相談の季節?地籍規模の大きな宅地の評価へ
  • 涼しくなりました!この季節になると相続の相談が何故か増えます。遺言書の相談、財産管理の相談、養子縁組の相談、投資信託・株の相談、土地の贈与の相談、相続税の資金繰りの相談、不動産を購入・売却・整理・分筆登記の相談、生命保険の相談などありました。 土地の評価を大きく下げる効果がある広大地が以前はありました。広い土地は、使い勝手が悪いから大幅に評価を下げてくれたのです。ただ広大地は曖昧だったこともあり、 [続きを読む]
  • 法人成りは免税の恩恵を(^^♪ 最低賃金神奈川県は983円へ
  • 来年の10月1日から変更する消費税は、10%へ増税と軽減税率が変わります。 事業主の元には、税務署等からお知らせがきているため、消費税10%に増税される中、少しでも合法的に税負担を少なくしたいと言う相談が増えてきています。 この機会に個人事業から法人成りを検討する方もいます。何故なら、消費税法は資本金1000万円未満でしたら設立1期目を7ヶ月以下にすると少なくとも2期の合計1年7か月は免税事業者に該当 [続きを読む]
  • 排他的権利がある配偶者終身居住権 & 期間制限3年ルール(派遣社員)
  • 寒くなってきました。秋を感じます。3月決算の半期の中間決算は9月。その分析資料作りに動いています。財務分析グラフや経営分析資料作りは、会社の成長度合いを直接味わうことが出来る嬉しい仕事です。(数字化の分析比較は職業病になってます) ところで、今日は、民法改正の配偶者終身居住権について学びました。 配偶者を守るために新しくできたもの。夫(又は妻)が亡くなってもその配偶者が自宅に住み続けることが出来る権 [続きを読む]
  • 消費税実務の留意点
  • 消費税実務の留意点についての研修でした。全て裁判事例について。電子インボイスの範囲は拡大していくんだろうな。そしたら免税事業者との取引をと考えると・・農業、林業、漁業のうち飲食料品の譲渡を行う事業は、第3種から第2種へ簡易課税制度のみなし仕入率の見直しになります。今回の訴訟事例のうち、税理士が病気になったときに、期限内の簡易課税の届出の提出期限を超えてしまった。この際、やむを得ない事情に該当するかど [続きを読む]
  • 社会保険の負担が大きすぎて手取りが・・・・・
  • 9月からは、算定基礎届により社会保険料が変わります。給与計算を見ていると、やっぱり、社会保険の負担が重すぎますね。 だって、交通費を含めて(遠距離の人の負担は重い)給与の総額の厚生年金は18.3%健康保険は9.93%(神奈川の場合)事業主である会社負担が折半になりますが、半分は給与から天引きです。 (社会保険は支える制度なので、若い人が、社会保険の支払いに見合う恩恵を受けることができるかと言うと疑問 [続きを読む]
  • 住宅ローン控除にもご注意(民宿の場合)
  • 台風一過。9月ですが、まだ暑いですね。 住宅宿泊事業法が2018年6月に施工されました。所得税法では、民泊事業は雑所得又は事業所得になります。(専ら民泊事業で生計を立てているときは、事業所得) 民泊の場合に注意するのは、自宅兼民泊の場合で且つ住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)の適用を受けようとするとき又は受けている場合には要注意です。総床面積の1/2以上を居住用に供していることが要件になります。 [続きを読む]
  • 考えることが楽しいですね(^_-)-☆
  • 熱帯夜の続く毎日。お盆の休み。休みのときだからこそ、この時期に経営方針を決めていこうとしています。私自身、経営をしている決断を責任をとることが多くあります。その決断のことで、よく質問を受けるのは、「経営をしていると迷うことが多くて大変ですね」と。 しかし、ある一定の範囲では、ルールがあるので実は簡単なのです。 この迷うときの私の判断は簡単です。”迷ったら前へ!”という、ぶんぶんグループの経営方針があ [続きを読む]
  • 織田信長を語ろうよ会を8月10日に開催します!
  • 国際観光旅客税法が4月に可決・成立され。平成31年1月7日(月)以後の出国に適用されることになり、本国から出国する毎に1回1,000円の税金がかかることになります。 この国際観光旅客税は、航空チケット代に上乗せして、国に納付するので、間接税です。法人税法の損金計上になります。 平成31年は、このまま安倍政権だと、10月1日から消費税10%にそして、軽減税率も始まることになります。とくに、飲食業のテイクアウトと [続きを読む]
  • チャレンジ出来る場所を作っていきたい(*^_^*)
  • いつも、副所長と話をすることはあります。 私達の会社、ビジネスの夢についてです。その夢は、私達の会社組織では、 『チャレンジできる場所を作っていけるようにしたい』 と。いつもいつも話をしています。 私達は、ビジネスの経験から、そして税理士業では、多くの経営者と接することができたことこれをやったら失敗する、これをしたら危険信号だ、これをしたら破綻だは、少しだけわかってきたように思えます。特に、立ち上げで [続きを読む]
  • CSR活動 エコアクション21
  • 私は、15年前から、CSR活動の勉強をし、CSR会計をお手伝いしたり、簡単なCSRに関する記事を書いたことがありました。(CSRとは Corporate Social Responsibilityの略。企業の社会的責任を指します) 今は昔程、CSR会計の勉強はしていませんが、CSR活動には興味を持ち参加することもあります。 CSR活動をする人は馬鹿だと言われることはありますが、マイペースで取り組んでいます。 私自身は、利益の追求も大事ですが、長く企業 [続きを読む]
  • 酒税法:ビールの定義が拡大。ビールの税率段階的に下がります(^^♪
  • 私自身、女性経営者で税理士なので、女性からの起業相談も多いです。(起業経験者としての相談も、税制面の相談もしやすいのでしょうね。)ただ、悲しいことに、なかなか起業しても軌道に乗る女性は難しいのが現状となってしまっています。資金投資をしたけど、回収も出来ない事業計画のため、廃業した女性もいますし、お客様が友人だけであり、それ以上広がらず売り上げも利益もないために辞めてしまう女性もいますし、利益がでな [続きを読む]
  • 税制改正研修 実務の留意点
  • 本日は、6月4日は、ムシの日。 ムシを展示している会場も多くありました。昆虫は好きですので覗いてみました。昆虫も、揚げ物にしたり、蒸したり、そのままで食べることができるようですね。美味しい虫たちもいるようで、スナック菓子みたいとは言ってますが、私は、串刺しした虫を見るとどうしても食べることは出来ませんでした??また、多くの虫は、外来生物問題で、生態が大変とのこと。駆除も困難だとお話しをしていました [続きを読む]
  • 甲種防火管理者の資格
  • 我が事務所の一番忙しい5月に、甲種防火管理者の講習2日間に行ってきました。現在は、2人取得者がいて防火管理者にそれぞれなっています。しかし、兼任ができないので、(一定の基準以上の工場や施設や飲食店等では開店前までに絶対要件ですので、すぐ動ける体制が必要の為)経営者が自ら取ることを決めました。この防火管理者の資格は、甲種と乙種第があります。乙種は、1日のみなのですが、特定防火対象物の場合300?等までし [続きを読む]
  • 研修 取引相場のない株式の評価
  • 本日は、研修に来ています。最近の税理士は、二極化になっており、経営者の片腕になる人やコンサルティング業務や付随業務の不動産業などで稼ぎ、一部にはトンデモナイ年収の人がいます。これから先は、人がいなくても、事務的なことは出来ていくと言われてます。この取引相場のない株式の評価をした上で、どう後継者問題と向き合うか、どのような株の構成にするかなど。見直していく判断は、数字だけでは難しいからこそ、勉強、実 [続きを読む]
  • 税理士試験の願書受付はもうすぐ開始
  • 「迷ったら前へ」 これは、我が社の3つのスローガンのうちの1つです。 私は、前向きの人が大好きであり、前向きな人は、色々動いてチャレンジをするので失敗も多いです。野次を飛ばされることもありますが、野次を飛ばすのは、その道を経験していない評論家タイプの人。そんな野次を鵜呑みする人もいますが、それはそれなりの人。なかには、相談を全くの未経験者や、成功もしていない人に相談を自らしてしまう人。相談する相手がど [続きを読む]
  • 新設法人は消費税にご注意
  • 毎回、ぶんぶん交流会では、30人から40人集まって頂きありがとうございます。また第25回ぶんぶん交流会は、5月11日(金)19時より開催します。 30年度と新しくなり、お客様の中でも、助成金(補助金)の話題がでております。時間外労働等改善助成金、キャリアップ助成金、小規模事業者持続化補助金、ものづくりなどなど・・・・・・・・・多くの助成金(補助金)があります。助成金の内容によって、専門家が変わる場 [続きを読む]