うさぎ小町 さん プロフィール

  •  
うさぎ小町さん: 百菜健美☆ニュースはどっかん・てんこ盛り
ハンドル名うさぎ小町 さん
ブログタイトル百菜健美☆ニュースはどっかん・てんこ盛り
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/usagiusagi1028
サイト紹介文京都山科小野小町ゆかりの随心院近くに佇むうさぎ家。百菜健美☆料理☆ニュースはどっかん・てんこ盛り
自由文酒匠153、きき酒師認定の資格を持つ店主と嫁と息子の日々を綴ります。
お電話 075−591−0917
フリーダイヤル 0120−889−519
      ハヤク ゴーイク

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供393回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2010/01/21 12:24

うさぎ小町 さんのブログ記事

  • 温かい桃のデザート『ペスケ リピエネ』 宮根 正人シェフのレシピ
  • レシピピックアップシェフレシピコツ・ポイント必ず固い黄桃を選ぶこと。柔らかい桃ではおいしくできません。桃の種は包丁できれいに取ります。実を柔らかくするために10分ほど焼いてから、詰め物をします。そして詰め物に火が入るまでさらに10分。アツアツのところをお召し上がりください。4人前/調理時間:約30分材料・調味料分量下準備ネクタリン(黄桃、杏など) 2ヶ皮を剥かず半分に割り種をとる(黄桃など酸味と [続きを読む]
  • 茎わかめの佃煮リゾット 牡蠣のムニエル 武田 健志シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント*オリーブオイルは、少し多めに入れることで、お米に膜を作りパラッとほどけづらくなります。*白ワインを入れるとお米が割れにくくなります。*リゾットを煮る時に蓋をしてしまうと蒸れてしまうので、外しましょう。*カレー粉は牡蠣の臭み消しなので、少量でOKです。4人前/調理時間:約30分材料・調味料分量下準備■リゾットお米 80g※洗わない玉ねぎ 1/4個みじん切りオリーブオイル [続きを読む]
  • ロンバルディア風ステーキ 村山 太一シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイントイタリア北西部の州、ロンバルディア風ステーキです。フライパンひとつでソースまで仕上げます。最大のポイントは火が通りやすくなるよう、肉を常温に戻しておくこと。ソースは香ばしい香りを出すためにキャラメリゼします。バターは溶かし、最初は上澄みを、仕上げに残りを使いましょう。2人前/調理時間:約15分材料・調味料分量下準備牛もも肉ブロック 100g常温にしておくニンニク 1片皮をむく [続きを読む]
  • カネロニ 岡部 光一朗シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイントカネロニは、大型のパスタ生地に詰め物をし、筒状にしてオーブンで焼く、イタリア料理です。パスタ生地は卵黄をたっぷりと使い、リッチに仕上げます。なめらかな舌触りに仕上がるように、生地を手早く扱い、乾燥を防ぎましょう。パスタ生地の代わりに、ラザニアを使うと時短になります。3本分/調理時間:約50分材料・調味料分量下準備■詰め物ベシャメルソース(市販でも可) 50g少し固めが良い [続きを読む]
  • 豚肉と椎茸のスカロッピーネ 小倉 知巳シェフのレシピ
  • レシピお店の逸品レシピコツ・ポイント1.椎茸は原木栽培のもの方が美味しくできる2.豚肉にしっかりと焼き目をつける3.生クリームは入れすぎないこと1人前/調理時間:約20分材料・調味料分量下準備豚肉(ヒレもしくはロース) 80g両面に軽く塩をふり、小麦粉をはたいておく椎茸(できれば原木栽培) 5個石突きをとり、半分にカット玉ねぎ 1/10個薄くスライスコンソメの素 小さじ1/2少量の水で溶いておく生 [続きを読む]
  • ポルペットーネ 川田 恭大シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイントポルペットーネとは「大きな肉団子」の意味。地方により異なりますが、今回はナポリ風のご紹介です。ポイントは、肉ダネをしっかりとねばりがでるまで混ぜること。できれば半日〜1日寝かすとなじみが良くなります。具材を巻き込んだら、つなぎ目はしっかりととじましょう。6〜8人前/調理時間:約60分材料・調味料分量下準備■肉ダネ合挽き肉(豚、牛) 750g卵 1コレーズン 30g松 [続きを読む]
  • 忘れがちな食の大切さ
  • 2018-07-14サワコの朝 辰巳芳子 93歳 忘れがちな食の大切さ、母の話。しいたけスープ蒸すことが大事辰巳 干したしいたけと昆布ですね。神経を使う方に特にオススメする。しいたけの薬効というものがあります。阿川 椎茸の香りがふわっとします。やさしい。辰巳 するでしょ?これがね、煮てしまうとしいたけの欠点が出てしまう。これはね、蒸してある。しいたけのいいところだけ出てる。阿川 鍋に直火でじゃなくて、コ [続きを読む]
  • ミートローフ 長岡 謙太郎シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイントアメリカでは母の味。大皿料理のミートローフ。牛肉は、5mm角程の粗びきにすると肉らしい食感が生まれます。艶が出るまでよく混ぜ合わせましょう。食材を加える順番もポイントです。やわらかめの生地を低温でじっくり、蒸し焼き状態で火入れをすることで、ジューシーに仕上げます。縦8×横15×高5cmの型 3本分/調理時間:約100分材料・調味料分量下準備■生地牛あらびき肉 1kg挽きたての鮮度の [続きを読む]
  • フライドチキン 長岡 謙太郎シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント食べた時に血がにじみ出ないフライドチキンに仕上げる方法をご紹介します。鶏手羽元の関節に切り込みを入れ、血を流し出す口を作ることと、下茹で後に揚げることが、大きなポイントです。衣には最強力粉(ゼロゼロ粉)とビールを使用し、香り高くカリカリとした食感に仕上げます。2〜3人前/調理時間:約40分材料・調味料分量下準備鶏手羽元 8本(約400g)塩(できれば伯方の塩) 20g鶏肉に対し5 [続きを読む]
  • 肉だんご 甘酢あんかけ 田村 亮介シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント肉だんごをやわらかくジューシーに仕上げるコツは3度に分けて揚げること。1度目は肉が萎縮しないように150〜160℃の低めの油で表面を固める程度。2度目は170℃で30秒ほど、3度目は180℃で30秒。揚げ時間はわずかでも、あいまに余熱を使うことで、火入れがゆっくり進んでいきます。3人前/調理時間:約80分材料・調味料分量下準備豚ひき肉 400g揚げ油 適量■肉の下味├塩 小さじ1/2 [続きを読む]
  • 豚肉とキャベツのジャージャー回鍋肉麺 嶋倉 秀一シェフのレシピ
  • コツ・ポイントソースの味見のときは甘味が足りないように感じますが麺と合わせると調度いいです。中華麺は冷やしてジャージャー麺風にしてもいいのですが、ぬるま湯でさっと温度をさげてくっつかないようにしたものが、アツアツあんと合わせるととてもおいしいと思います。プロの味に近いものができるはずです。2人前/調理時間:約15分材料・調味料分量下準備豚バラ肉ブロック 100g5mm角程度にカットキャベツ 60g1cm [続きを読む]
  • 大根と豚肉の中華風ミルフィーユ仕立て 戸倉 将希シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント大根は煮崩れを防ぐため面とりをする。大根の下ゆでは米のとぎ汁があれば使用する。豚肉は1mm程度の薄切りが良い。大根の色を奇麗に見せるため醤油は薄口を使用。盛りつけの飾りにプチトマトやニラなどを使用しているが味には影響が少ないため色目の良い他の野菜を使用しても良い。写真は1皿分。5皿分/調理時間:約30分材料・調味料分量下準備大根 2切れ1cmの厚みで輪切りにし、面とりする豚 [続きを読む]
  • レバニラ炒め 平賀 大輔シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント*レバーはあれば牛レバーが一番お勧め。*下味をつけてから高温でサッと油通しすることで、食感良く仕上がります。*レバーの火入れポイント。弱火だと片栗粉が付いているためにだれてしまします。強火で回りをカリッと、中を柔らかく。火の入りが早いのを見越し、8分目を目安に焼きましょう。4人前/調理時間:約20分材料・調味料分量下準備牛レバー(お勧め) 150g※豚レバーでも代用可にら 40g [続きを読む]
  • 油淋鶏(ユーリンチー) 平賀 大輔シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント*揚げ方がポイントです。鶏肉を2度揚げしてカリッとさせます。たっぷりの油で、まずは低温でゆっくりと、そして2度目は高温で色を付けるイメージで、カリッと揚げます。パチパチという音の変化を聞いて揚げあがりを確認しましょう。2人前/調理時間:約10分材料・調味料分量下準備鶏もも肉 1枚塩、胡椒で下味をつけ、片栗粉をまぶす。塩 少々胡椒 少々片栗粉 適量■合わせ調味 [続きを読む]
  • スープ・ド・ポワソン (soupe de poisson) 冨山 家永シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント鮮度の良い白身魚を2〜3種類使います。そのうち1種類をイワシや サバ・アジなどの青魚にすると、味に奥行きがでます。ストレートに味に出ますので、炒めるとき焦がさないように注意します。スープは一度にたっぷり作ったほうが美味しいので、多めに作ってストックするのがお勧めです。10人前/調理時間:約120分材料・調味料分量下準備白身魚(方々・キンキなど) 2kgウロコ・エラ・内蔵を取り、筒切 [続きを読む]
  • ポタージュ キュルティバトゥール 渡辺 雄一郎シェフのレシピ
  • レシピピックアップシェフレシピコツ・ポイント1cm角ほどの《ペイザンヌ》に切りそろえた野菜を、じっくりゆっくりバターで蒸し煮するように炒めていき、野菜の持つ甘さやエッセンスを引き出すこと。味付けはベーコンの塩気を考慮して、塩加減を決めてください。4人前/調理時間:約20分材料・調味料分量下準備ベーコン 10cm厚めにスライスにんじん 1/2本皮をむき、ペイザンヌに切る大根 1/4本皮をむき、ペイザ [続きを読む]
  • クスクス ロワイヤル 松本 浩之シェフのレシピ
  • レシピコツ・ポイント仔羊は一度水で煮てゆで汁を捨て、肉の表面を流水で洗って余分な脂を取り除きます。このひと手間でスープが澄んだサラサラの状態に仕上がり、スムールに味がなじみやすくなります。スープを煮込み浮いてきた脂はそのままに。熱を逃さない膜となり、アツアツの状態をキープできます。3〜4人前/調理時間:約120分材料・調味料分量下準備■クスクス(スープ)仔羊肩肉 500g50gずつにカット骨付き [続きを読む]