岡地東京投資相談部 さん プロフィール

  •  
岡地東京投資相談部さん: 商品先物取引「切り札をさがせ」
ハンドル名岡地東京投資相談部 さん
ブログタイトル商品先物取引「切り札をさがせ」
ブログURLhttps://okachi5.blogspot.com/
サイト紹介文商品先物大手、岡地東京投資相談部社員のブログ。日々、相場に関する情報発信をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2010/01/25 10:05

岡地東京投資相談部 さんのブログ記事

  • 感謝祭の連休ムード
  • おはようございます。米国は感謝祭。日本も休日の谷間となる今日、気持ち通勤電車の混み具合も幾分緩かった朝でした。欧米では来週から年末ラリーと呼ばれる年末商戦が始まります。 と同時に年内課題を多く抱える欧米。米国では税制改革、追加利上げ。欧州ドイツでは連立協議が決裂し、メルケル首相は少数連立与党政権か再選挙かの選択に迫られています。ドイツ国内でのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の [続きを読む]
  • 北朝鮮へ強まる圧力
  • おはようございます。米株式は続伸。感謝祭後の年末商戦への期待感が広がり9営業日ぶりに最高値を更新。NYダウは前日比160.50ドル高の23590.83ドル。ドル円は感謝祭前の薄商いで112円台前半。米長期金利はほぼ横ばい、米10年国債利回りは2.36%。中国特使派遣で進展が見られなかったために米国は「テロ支援国家」指定に踏み込みました。北朝鮮の強硬姿勢から反発は必至と見られます。国連決議でおこなわれている経済制裁も徐々に北 [続きを読む]
  • 原油 堅調を維持
  • 【BRENT原油 日足】【東京ドバイ原油 日足】今月30日にウィーンで開かれるOPECではほぼ全会一致で協調減産が延長されるとみられています。ただ延長期限についてはまだはっきりしておらず警戒感もありまた昨晩はドイツ政局不安によるドル高ユーロ安により反落。今週の米原油在庫市場予想では前週比220万バレルの減少が見込まれています。先週は減少予想のところで予想外の増加となっていましたので今週はその反動が見られるか?週 [続きを読む]
  • NY金 下値は固い
  • 【NY金 日足】週末に米トランプ政権へのロシア介入疑惑で大きく上昇しましたが、昨晩の動きで往って来い。ドイツの連立協議が決裂したことでドイツの政局不安が広がりユーロ安ドル高の動きとなりました。ドル建てではドル高により反落した様子。今週米国では感謝祭が控えており週末金曜日は短縮取引になりますのでほぼ連休モード。上下どちらとも方向感が出ていないと思われます。来週以降は米税制改革法案上院案の採決への動きが [続きを読む]
  • 北朝鮮 テロ支援国家指定へ
  • おはようございます。米株式は反発。米10月景気先行指数が予想以上の前月比+1.2%で買われましたが、感謝祭前で積極的な商いは手控えられています。ドル円はややドル買いの流れで112円台後半。週末のメルケル首相が率いる連立政権で協議がもの別れしドイツの政局不安からユーロが売られドルが買われています。米長期金利は小幅な上昇となり、米10年国債利回りは2.37%。中国特使の北朝鮮への4日間の派遣を終え、結局金正恩氏との面 [続きを読む]
  • コーン 売り越し急拡大
  • 【CFTC建玉明細 2017/11/14現在】 ロング ショート ネット 総取組高 CMEドル円 49,347 185,346 -135,999 283,628 米10年国債 788,176 713,340 74,836 3,332,499 NY金 271,496 76,412 195,084 533,054 NY銀 98,070 28,897 69,173 199,899 NY白金 53,160 27,684 25,476 78,974 NY原油 778,738 182,272 596,466 [続きを読む]
  • ドイツ連立決裂
  • おはようございます。東京は今シーズン一番の冷え込み。米国市場ではトランプ陣営のロシア疑惑が再燃。ドル円は112円を割り込むところから州が明けています。ドイツでメルケル首相が進める連立協議が決裂しユーロ安。【今週の予定】 11月20日(月) <国内> 10月貿易統計(8:50)<海外>ユーロ圏ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演(20:45)ユーロ圏ラウテンシュレーガーECB理事講演(21:15)ユーロ圏ドラギECB総裁 [続きを読む]
  • 米下院 税制改革法案可決・・・
  • おはようございます。今朝はこの秋一番の冷え込み。日に日に冬が近づいてきます。紅白歌合戦のメンバーも発表されもうすぐに年末です。米下院で下院案の税制改革法案が可決されました。下院案は上院に送られ審議されます。また上院案の本会議での採決はこれからであり、また内容の下院案とは相違点が多く最終的に両院協議会において一本化されなければならず、年明け後もかなりの時間を要することが予想されます。昨晩の下院採決で [続きを読む]
  • ドル円112円台 リスクオン後退
  • おはようございます。まわりでは風邪をこじらせている方が増えています。体調にはご注意を。米株式続落。原油価格下落に続き中国の景気後退懸念から非鉄金属などの資源価格も下落しリスク回避の動きが広がりました。NYダウは前日比138.19ドル安の23271.28ドル。ドル円もリスク回避の動きからドル安円高となり112円台まで下落。米消費者物価指数などは概ね予想範囲でありましたが、相場への影響は少なかったようです。米長期金利 [続きを読む]
  • 上海ゴム 夜間で急落
  • 【上海ゴム①月限 日足】【東京ゴム 日足】チャートが好転するかどうか・・・というところまでジリジリきて昨晩上海夜間取引で急転直下の急落。上海ゴム①月限は13420元で夜間取引を終え、前日の終値比(セツルメント比ではなく)で685元安、4.86%安。セツルメント比では5%以上の下落。%で言えば国内換算9.8円安。昨晩の上海夜間取引時間22:00〜24:00の時間帯には原油価格が急落した時間と重なっており、おそらくこの影響とみられます。一 [続きを読む]
  • 原油需要 下方修正
  • おはようございます。昨晩は国際エネルギー機関(IEA)が来年の石油需要予測を下方修正し、2018年の石油需要を日量9,890万バレルで前回からー20万バレルととしました。これを受けて堅調だった原油価格が下落し、エネルギー株を中心に売りが先行し米株式は下落。NYダウは前日比30.23ドル安の23409.47ドル。ドル円はほぼ横ばいで113円台中盤。米長期金利は低下に、米10年国債利回りは2.37%。 日馬富士の事件は残念です。角界の [続きを読む]
  • ゴム 上昇への兆しは?
  • 【上海ゴム1月限 日足】【東京ゴム 日足】上海市場では10月の持ち合い水準からやや切り上げてきていますが、大きな伸びとはなっておらず、国内もなかなか上昇しきれず・・・。ただ値動きは収束してきていますので、ひとたび抜け出せば・・・。11:00には中国小売売上高・鉱工業生産の発表・・・。色々な各社各営業マンの相場観も見れますね。 こちらもポチッとお願いしますm(_ _)m今後のセミナーは以下の予定です。   12月2 [続きを読む]
  • CFTC 原油買い際立つ
  • おはようございます。米株式は小反発。大きな材料がないなか、企業買収の銘柄を中心に買いが集まりました。NYダウは前日比17.49ドル高の23439.70ドル。NYダウは今週末SQが控えており動きには警戒しておきたいところ。ドル円は113円台前半までドル売り円買いが先行していましたが、ポジション調整の動きもあり113円台中盤まで巻き戻った様子。米長期金利も小幅な動きで、米10年国債利回りは2.41%。昨晩、日銀黒田総裁は講演 [続きを読む]
  • 米税制改革と「パラダイス・ペーパー」
  • おはようございます。週末は外務員セミナーにご参加いただきありがとうございました。今回は米税制改革の今後の行方をふまえてお話させていただきました。今月も今週で中盤、もう今年も残り僅か・・・。週末の米株式は不透明な米税制改革が重しとなり続落。NYダウは前日比39.73ドル安の23422.21ドル。ドル円は上院の米税制改革法案を受けて不透明感が漂いドル安円高の動きでしたが一時反発。先週ECB関係者の相次ぐQE縮小に [続きを読む]
  • コーン単収 2年連続過去最高を更新
  • 【シカゴコーン12月限 日足】【東京とうもろこし 日足】<米国需給見通し><世界需給見通し>昨晩のUSDA需給報告では単収が上方修正され過去最高の175.4bus。生産高も145億7800万busに引き上げられ2年連続で単収予測が過去最高を更新することになります。需要も拡大しましたが、それ以上の生産高増加で期末在庫は24億8700万bus。在庫率は供給過剰とも言える17%台。今年は北西部の小麦生産地での熱波の影響で生育段階で懸念 [続きを読む]
  • 米上院案は減税一年先送り
  • おはようございます。昨晩、米上院共和党から公表された米税制改革案では法人減税が2019年から実施と下院案の2018年実施からは一年先送りされる内容を盛り込んだものでした。今後上院案下院案のすり合わせ作業が必要となり税制改革法案成立に向けてやや不安の見方が出てきています。米株式は年内成立を期待する見方が強かったため失望売りを誘い反落。NYダウは前日比101.42ドル安の23461.94ドル。株式同様にドル円も失望感からド [続きを読む]
  • 米税制改革への道のりは難航
  • おはようございます。米株式は小動き。NYダウは前日比6.13ドル高の23563.36ドル。最高値は更新していますが、米税制改革法案を巡り、警戒感も広がっています。今週提出が予定されている上院からの改革法案が延期される報道もあったりと、法案成立への動きは難航している様子。ドル円は税制改革への期待後退でドルが売られ113円台後半。米長期金利はまちまちの動きとなり、米10年国債利回りは2.34%。米上院の税制改革草案では減 [続きを読む]
  • 米税制改革法案の行方
  • おはようございます。先日発表された下院の税制改革法案は法案審議が始まり11/23の感謝祭までの下院通過を目指します。また上院からも税制改革法案が10日に発表される見通し。この上院案については一部報道で法人税減税の一年先送りが検討されていると伝えられています。成立までには下院で出され本会議で可決されると上院に付託され、また上院のものは下院へ。下院案と上院案のすり合わせなども必要となってきます。その後最終的 [続きを読む]
  • 東京金は上抜け期待
  • 【東京金 週足】【東京金日足】 レポートでも述べましたが、週足から全体像を見た場合、「東京金」はまだ切り上げ段階の中と考えています。昨年10月から3月まで(21週)上昇相場、3月から8月まで(27週)往来相場、そして8月立ち上がりだしてから現在11週です。出来高分布をみると8月限10月限で約6割ですが4700〜4600円に集約され、残りのそれ以前の限月では4550〜4450円のレンジでできた残玉だと見られます。今後レンジは収束し [続きを読む]
  • NY金 日柄から・・・
  • 【NY金 日足】一目均衡表の雲を下抜けチャートが悪化したとの見方もありますが、前回のセミナー、または週末レポートでもお伝えしている通り、今回の雲下抜けでは崩落の形ではないと判断しています。高値から調整される日柄が経過し、値動きは収束されてきています。基準線・転換線が横ばいになってきており、ひとつのタームが終了を迎えるのではと考えています。9月の高値(1358.5ドル)以来、長期金利上昇、北朝鮮リスクの低 [続きを読む]
  • 北朝鮮に圧力強化
  • おはようございます。昨日、日米首脳会談が開かれ北朝鮮への圧力強化の方針で一致しました。また一方で米国側は対日貿易赤字の削減を要求し、日本側は政府が関与でき得る分野の防衛装備品の購入を拡大させるカードを切りました。対日貿易赤字については要するに「MADE INUSA」をもっと購入しなさいということでしょう。米トランプ大統領は今朝方、次の訪問地韓国に向けて出発されました。北朝鮮に対して詳細は公表されま [続きを読む]
  • 「原油」買い越し大きく拡大
  • 【CFTC建玉明細 2017/10/31現在】 ロング ショート ネット 総取組高 CMEドル円 54,585 173,454 -118,869 277,706 米10年国債 719,573 716,849 2,724 3,236,084 NY金 268,710 75,615 193,095 531,918 NY銀 95,382 35,230 60,152 198,853 NY白金 49,582 29,970 19,612 77,828 NY原油 734,763 231,814 502,949 [続きを読む]
  • 米トランプ大統領アジア歴訪
  • おはようございます。【今週の予定】今週から米国市場は冬時間になります。11月6日(月) <国内> 日米首脳会談 <海外>非公式ユーロ圏財務相会合 国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23 〜17日 ドイツ)米ポッター・NY連銀市場グループ責任者講演(19:30)米ダドリー・NY連銀総裁講演(7日2:10) 11月7日(火) <国内> 9月毎月勤労統計調査(9:0 [続きを読む]
  • 安倍政権 買われる
  • おはようございます。米株式は小幅続伸。NYダウは前日比57.77ドル高の23435.01ドル。1日に予定されていた米税制改革法案は2日以降に延期となりましたが、株価は力強く上伸。日本で安倍首相が国会で首班指名を受けて日銀黒田体制の続投の見通しからも日本株の上昇も要因にあったかもしれません。ADPの雇用指数は良好でしたが、ISM製造業の数値はいまいち。中盤からは失速して高値からは大きくさげています。ドル円は相変わ [続きを読む]
  • 日銀出口は「本末転倒」
  • おはようございます。米株式は上伸。NYダウは前日比28.50ドル高の23377.24ドル。iphoneの販売好調で2日に決算報告が控えるアップルに対しての期待があり、また経済指標シカゴPMIなども景気の上り基調を鮮明にしました。米税制改革について前日「段階的な導入」と報道されたことに対し、トランプ大統領は「段階的導入」は検討していないと述べクリスマスまで実施を目指しているとされたことも好感されているようです。ドル円は [続きを読む]