岡地東京投資相談部 さん プロフィール

  •  
岡地東京投資相談部さん: 商品先物取引「切り札をさがせ」
ハンドル名岡地東京投資相談部 さん
ブログタイトル商品先物取引「切り札をさがせ」
ブログURLhttps://okachi5.blogspot.com/
サイト紹介文商品先物大手、岡地東京投資相談部社員のブログ。日々、相場に関する情報発信をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/01/25 10:05

岡地東京投資相談部 さんのブログ記事

  • 中国 報復は適切な時期に公表へ
  • 【今週の予定】9月17日(月)祝日 <国内> 日本市場休場「敬老の日」<海外>米9月NY連銀製造業景気指数(21:30) 9月18日(火) <国内>日銀金融政策決定会合(〜19日)<海外>南北首脳会談(〜20日 平壌)夏季ダボス会議(〜20日 天津)ユーロ圏ドラギECB総裁発言(16:00)米9月NAHB住宅市場指数(23:00) 9月19日(水) <国内>8月貿易収支(8:50) 日銀会合結果公 [続きを読む]
  • 米国 中国への2000億ドル追加関税発動へ
  • おはようございます。先ほど米国トランプ政権は中国に対して2000億ドル相当の追加関税を24日付けで発動することを正式に表明しました。中国側が報復をした場合、2670億ドル相当も追加手続きするとのこと。2000億ドル相当の追加関税は年内10%、その後25%へ。色々な各社各営業マンの相場観も見れますね。 こちらもポチッとお願いしますm(_ _)m セミナー予定 9月29日(土)平日も開催中! 毎週火曜日初心者向けに個別相談 [続きを読む]
  • 次の貿易摩擦は日米!?
  • おはようございます。昨晩はADP雇用者数が前月比16万3000人増で市場予想の19万人増を下回る数字となり、米国市場は弱含み。米株式はNAFTA交渉、中国への関税発動を見極める見方で膠着。NYダウは前日比10.54ドル高の25985.53ドル。ドル円はリスク回避行動からドルが弱含む中、トランプ大統領が日本との通商交渉について言及し円が買い進まれました。米長期金利は債券買いが進み低下。米10年国債利回りは2.87%。また米ウィリアムズN [続きを読む]
  • 米国 対中貿易赤字過去最大
  • おはようございます。昨晩の米7月貿易収支は事前予想は下回りましたが、501億ドルの赤字で前月比9.5%増。そのなかでも注目された対中国では前月比10.0%増の368億ドルの赤字で過去最大となっています。今月にも通商交渉が開かれようとしている対日本の貿易赤字は前月比2.9%増の55億ドル。国別の貿易赤字相手国は①中国(368億ドル)②ドイツ(66億ドル)③メキシコ(55億ドル)④日本(55億ドル)となっています。米株式は僅かな [続きを読む]
  • 東京金 円買いリスク
  • 【東京金 日足】昨晩はドル高に押されNY金は1200ドル割れ。東京は夜間立会いで4248円まで安値をつけました。4250円をわれたことで先週8/27(月)に日中立会い時間に限った値動きでの窓を埋めたかたちになっています。東京市場は先週からの弱含みの動きの中総取組高はわずかに増加傾向。立ち上がりからの初押しと見た買いも少しずつ出てきていると推測されます。ただ、今週は週末のレポートでも指摘しましたが米国カナダのNAFTA交 [続きを読む]
  • 米経済堅調ながら貿易摩擦懸念も強い
  • 昨日夕方は南ア4-6月期GDPが事前予想を下回り2四半期連続のマイナス成長となりリセッション(景気後退)観測から南アランドが急落。カナダとのNAFTA交渉や中国への2000億ドル相当の追加関税発動などの懸念材料が燻る中、新興国通貨安への不安がよぎる米国連休明けのスタートとなりました。一方の米国では流通大手アマゾンの時価総額が1兆ドルの大台突破や発表された8月ISM製造業景況指数が高水準だったことを受けて米経済の強さが [続きを読む]
  • トルコ13日政策決定会合で利上げ示唆?
  • おはようございます。昨晩のNY市場はレーバーデーのため休場。【今週の予定】9月3日(月) <国内> 4-6月期法人企業統計(8:50) 8月新車販売台数(14:00)黒田日銀総裁(14:40) <海外> 中国8月Caixin製造業PMI(10:45)ユーロ圏バイトマン独連銀総裁(4日2:15)米エバンス・シカゴ連銀総裁(4日3:30) 米国市場休場「Labor Day」 9月4日(火) <国内> 8月マネタリ [続きを読む]
  • 東京金 まだ伸び悩み
  • 【東京金 日足】 昨晩は新興国通貨の懸念が再燃。NAFTA再交渉で米国とメキシコの2国間合意を受けてカナダを含めた3カ国間合意への期待も高まっていましたが、米トランプ大統領が中国に対する2000億ドル相当の関税発動に前向きとの報道が市場に警戒感をもたらしました。米株式は下落。NYダウは前日比137.65ドルの下落、ドル円はリスク回避の円買いが進み111円台前半へ。東京金は円安の恩恵が大きかった上昇だったため今日は反落の [続きを読む]
  • 東京金 急がず警戒しながら
  • 【東京金 日足】昨日シンポ8月限が発会。週末から切り上がった水準を維持しています。昨日夕方トルコリラが一時売られた場面がありましたが、NYドルの動きは限定的。また米国の4-6月期GDP改定値が上方修正され米株式が堅調推移。リスクオンの動きから株が買われ国債は売られ長期金利は上昇の動き。NY金はやや反落となりましたが、ドル円がリスクオンでドル高円安が進み国内価格は上昇しています。NY金28日の総取組高は若干減少。 [続きを読む]
  • 東京金は本格上昇に?
  • 【東京金 日足】昨日で6日連続高。4300円を回復してテクニカル指標は陽転を示してきました。しかしまだ市場では積極的な買いは少ないようです。昨日は総取組高は95,203枚で前日から+3,171枚の増加。しかし一般投資家の売り手口が多く『一般投資家の売り増加:外国商品先物取引業者経由の買い増加』といった内訳になっている模様。NY市場でも安値から大きく切り返し始めてきていますが、総取組高は増加。トランプ大統領のスキャン [続きを読む]
  • 米国・メキシコ 二国間交渉大筋合意
  • 米国はメキシコとNAFTA再交渉をめぐり二国間での合意に達した模様。市場はこれを好感し米株式は大幅上昇。NYダウは前日比259.29ドル高の26049.64ドルで7ヶ月ぶりの26000ドル台乗せ。特に自動車の関税にひとまずの決着が見えたことで大手自動車株が上昇をけん引しました。ドル円は限定的な動きとなり111円台前半。ただ対ドルでメキシコペソやカナダドルが上昇し、対ドルの新興国通貨安懸念が緩和。米長期金利は上昇。世界的な貿易摩 [続きを読む]
  • 日銀決定と米中協議再開への思惑
  • おはようございます。本日から8月。猛暑が続きますがご体調にはご留意を。昨日、日銀は金融政策決定会合で金融緩和継続のための枠組み変更を決定しました。「物価安定の目標2%」の実現まで長期化することから金融緩和政策を継続していくことを明言。しかし長期継続するうえで障害となり得る『副作用』に配慮し政策の一部を修正。ドル円は発表後円安に。変更内容は発表前に報道で伝えられていた内容ということもあり市場は出尽くし [続きを読む]
  • 日銀はどう出る?
  • 【今週の予定】7月30日(月) <国内> 日銀金融政策決定会合(〜31日) <海外>独7月消費者物価指数[速報値](21:00) 米6月中古住宅販売成約指数(23:00) 7月31日(火) <国内> 6月失業率・有効求人倍率(8:30) 6月鉱工業生産(8:50) 7月消費動向調査(14:00) 日銀政策金利結果公表 日銀展望レポート公表 黒田日銀総裁定例会見(15:30 [続きを読む]
  • 中国 大規模財政出動
  • おはようございます。おとといの23日、中国で常務会議で財政出動が決定され中国人民銀行が大手銀行向けに過去最大の5020億元(約8兆2千億円)の資金供給を拡大。これにより財政出動期待から中国株は下支えされた動きに。しかし、人民元安は副作用的に残り元安容認の思惑も否定できません。今朝公表されている人民元ドルの基準値は6.8040元。米株式は反発。アルファベット(グーグルの親会社)をはじめ好調な企業決算を背景に上昇。 [続きを読む]
  • 日銀金融政策柔軟化観測
  • おはようございます。連日猛暑が続いています。体調管理には充分お気をつけください。米株式は小動きで小幅続落。今週主要なIT企業の決算発表を控えて様子見。NYダウは前日比13.83ドル安の25044.29ドルと辛うじて25000ドル台を維持。ただ月中に高値をつけて月末にかけて下落しているここ数ヶ月の動きと同じような気配もあるのか・・・。ドル円はトランプ大統領のドル高けん制を受けて全体的にドル安に振れる中、やや速いペースでド [続きを読む]
  • 米貿易戦争 新しいステージへ
  • おはようございます。先週の米トランプ大統領の発言が波紋を呼んでいます。政権が金融政策に対して中央銀行(米の場合はFRB)にモノ申すことはタブーとされ先進国家では金融政策を司る中央銀行の独立性を欠くものとなりますが、トランプ大統領にしてみたらそんなことはナリフリ構わずなのか・・・、ホワイトハウスや米ムニューチン財務長官は火消しのコメント。ただ米国はG20でも「人民元安」議題にあがり、為替操作国認定をチラつ [続きを読む]
  • 東京金 踏ん張りきれるか?
  • 【NY金 日足】昨晩トランプ大統領がTVのインタビューでFRBの利上げ方針に不満を表明。ドル高に対してもけん制。人民元を底値をつけていると発言。現在投機筋はドル高基調を強めていたため巻き戻されドルが売られました。「金」市場はメインではなくあくまで「ドル買い」商品についてくる『おまけ』のようなもので「金売り」がセットになっています。つまりNYが今の流れから反転するにはドル高基調の反転が必須となります。このき [続きを読む]
  • 米トランプ大統領 ドル高牽制発言
  • おはようございます。米株式は反落。これまで好調な企業決算が続いていましたが、この日の決算発表ではさえない内容となり利益確定の動きが先行した模様。NYダウは前日比134.79ドル安の25064.50ドル。ドル円は急落。113円台前半で推移していましたが、米トランプ大統領がCNBCのインタビューでドル高基調に不満を示しFRBの利上げ方針を牽制する発言からドルが急落し112円台前半までドル安円高が進みました。人民元安についても「底 [続きを読む]
  • 金 反転のきっかけ掴めず
  • 【NY金 日足】 ドル高に乗じて下値を伺う展開。SPDR金保有高は昨年7月以来の800トン割れまで減少しており資金流出が言われていますが、果たして「金」市場から資金流出しているのでしょうか?NY先物市場においては総取組高は増加しています。「金」市場から資金流出ではなく、逆に先物市場には『売り人気』で流入しています。FTF残高が減少した7月も同じ現象。現物市場のETF残高が減少する一方で先物市場の総取組高は増加していま [続きを読む]
  • 米ベージュブック 貿易戦争の影響に懸念
  • おはようございます。米株式は5日連続高。好調な企業決算を背景に前日のパウエルFRB議長の経済成長に強気の見通しを示したことから安心感も広がっています。NYダウは前日比79.40ドル高の25199.29ドル。ドル円は東京市場で113円台に達していましたが、NY時間ではドル買いの動きが反転し112円台後半。米住宅着工件数が予想を下回ったことで調整安の動き。米長期金利は若干の上昇。米10年国債利回りは2.87%。FRB議長の発言から債券売 [続きを読む]
  • 米パウエルFRB議長 米経済成長に強い自信を示す
  • おはようございます。昨晩の米パウエルFRB議長は米経済の先行きには楽観的な見方を示しました。米中貿易摩擦などの影響については注視しなければならないと警戒感を示すも、米経済の成長加速のプラス面と世界経済リスクのマイナス面が相殺されるという見解。緩やかな利上げペースも株式市場は好感。NYダウは前日比55.53ドル高の25119.89ドル。ドル円も総じてドル買いの勢いは続きドル円は113円台のせ。米長期金利は横ばい。米10年 [続きを読む]