YATSUトレッククラブ さん プロフィール

  •  
YATSUトレッククラブさん: 八ヶ岳の麓より
ハンドル名YATSUトレッククラブ さん
ブログタイトル八ヶ岳の麓より
ブログURLhttp://www.yatsu-trek.com/info-yatsu/
サイト紹介文登山ガイド「YATSUトレッククラブ」を運営。八ヶ岳の麓より山、自然、地元の情報などをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/01/28 13:17

YATSUトレッククラブ さんのブログ記事

  • 高見石〜中山〜にゅう (2018.8.27)
  • 麦草峠から高見石、中山、にゅう、白駒池とまわるコースを歩きました。この日は母と小学生の男の子の親子で参加いただきました。10月に学校の行事のこのコースを歩くそうです。今回はこのコースを歩くことができるかどうかという確認も含め、ガイドをご依頼いただきました。高見石から見る白駒池。高見石から中山へは比較的緩やかな登りが続きます。同じような感じの樹林帯が続きますが、針葉樹の森とコケの雰囲気が好きな方にはす [続きを読む]
  • 鳳凰三山 その1(2018.8.19-20)
  • 鳳凰三山にいってきました。鳳凰三山はいろいろなコースで登ることができますが、縦走しがいのある夜叉神から白鳳峠へのルートを歩きました。1日目は夜叉神峠登山口から南御室小屋までの行程です。登山口までは非常によい天気でしたが、すぐに雲が多くなってきました。夜叉神峠に着いた時には何も見えなかったのですが、しばらくすると白峰三山をしっかり見ることができました。この日は樹林帯を歩くところが大部分。シラビソ林と [続きを読む]
  • 仙丈ヶ岳 (2018.8.25-26)
  • 南アルプスの仙丈ヶ岳へいってきました。初日は雨覚悟の天気で二日目の好天に期待しての登山でした。1日目は変化が楽しめる藪沢ルートを上がりました。ここは雪解けが遅くこの時期でも花が多いのが魅力です。ハンゴンソウ、アキノキリンソウ、ミソガワソウ、ヤマハハコなどの花を見ることができました。ナナカマドの実が色づいていました。この日は仙丈小屋に宿泊。ガスって展望はなかったですが、レインウェアを着ることなく行動 [続きを読む]
  • 八ヶ岳 にゅう・高見石 (2018.8.30-31)
  • テント泊山行にいってきました。この日のお客様はお母さんと男の子の親子。2年前にも参加いただきましたが、お子さんは中1になり、ワンダーフォーゲル部に入って活躍中とのこと。背も高くなり頼もしくなってきました。スタートは唐沢鉱泉。1日目は黒百合ヒュッテまでの行程です。コケの森を楽しみます。黒百合ヒュッテに着いたらさっそくテントを張ります。張り方やコツなど説明しながら実際に張っていただきました。テントを張っ [続きを読む]
  • 八ヶ岳 縞枯山・茶臼山 (2018.8.18)
  • 縞枯山、茶臼山にいってきました。お盆の週とあってロープウェイに乗り込む人は多かったです。坪庭を散策する方や北横岳に登る方が圧倒的に多く、比較的静かな山を楽しむことができました。坪庭から見る縞枯山。坪庭の緑が夏らしくきれいでした。縞枯山の登り。縞枯山の山頂付近。山頂は木に囲まれていますが、少し先に進むと景色が開けます。縞枯山展望台からの眺め。茶臼山展望台から見る南八ヶ岳の山々。手前に大きく見える縞枯 [続きを読む]
  • 鳳凰三山 その2(2018.8.19-20)
  • 鳳凰三山の続き、2日目です。この日は南御室小屋から鳳凰三山を歩き、高嶺を越え白鳳峠から広河原に下るコースです。朝起きると満天の星。暗いうちに小屋を出発し薬師岳への樹林帯を歩きます。砂払岳付近の稜線に出ると北岳付近の上部は雲に覆われていました。薬師岳が見えてきました。薬師岳山頂から観音岳へと続く稜線。この稜線は本当に気持ちのいいところです。観音岳に到着すると次に目指す地蔵岳が見えてきました。薬師岳を [続きを読む]
  • 赤岳〜硫黄岳 (2018.7.31〜8.1)前編
  • 赤岳から硫黄岳へのミニ縦走をしてきました。二日ともガスに包まる時間帯がありましたが、ガスがはれ景色が見えることもありまずまずの天気となりました。南沢の登り。行者小屋近くになり稜線が初めて見えてきました。地蔵尾根の登りの途中から見る赤岳。階段、クサリ場を慎重に登ります。展望荘から見る赤岳。出発時はこんなに晴れていたのですが・・・タカネツメクサが見頃です。山頂はガスに包まれ展望なし。残念!赤岳山頂は本 [続きを読む]
  • 硫黄岳・天狗岳 (2018.8.2-3) 後編
  • テント泊山行二日目です。この日は天狗岳へ向かいます。根石岳から見る東天狗。白砂新道分岐付近で根石岳を振り返る。きれいな稜線です。同じく白砂新道分岐付近から見る天狗岳。トウヤクリンドウ。この花が咲き始めると、八ヶ岳の稜線の花は最終段階。ヒメシャジン。東天狗からの眺め。東天狗(東天狗と西天狗の鞍部付近より)。お客様は今回で天狗岳三度目ですが、天気に恵まれやっと景色を見ることができたとのこと。よかったで [続きを読む]
  • 硫黄岳・天狗岳 (2018.8.2-3) 前編
  • 硫黄岳、天狗岳に行ってきました。この日のお客様はテント泊ご希望。初めてのテント泊に挑戦です。テント泊の道具はまだ揃えず当クラブのレンタルを利用されての参加です。オーレン小屋に到着です。硫黄岳が大きく見えてきました。テント泊の受付をし、さっそくテントを張る場所の選び方やテントの立て方の説明をしながら設営しました。テント場もこの日はすいていて快適です。昼食後、硫黄岳へ向かいます。夏沢峠に出ると硫黄岳が [続きを読む]
  • 赤岳〜硫黄岳 (2018.7.31〜8.1)後編
  • 赤岳〜硫黄岳山行二日目です。赤岳展望荘からのご来光。影赤岳。赤岳の影が雲に映っています。横岳に向かう途中。赤岳がきれいに見えています。イブキジャコウソウ。きれいな色で目立ちます。ウサギギク。ミヤマダイモンジソウ。横岳山頂では赤岳はだいぶん雲がかかっていました。コマクサはピークを過ぎていましたが、その数は圧巻!硫黄岳。硫黄岳山頂。残念ながら赤岳や横岳は雲の中。赤岩の頭では赤岳から硫黄岳への稜線がわず [続きを読む]
  • 八島ヶ原湿原 花トレッキング (2018.7.27)
  • 八島ヶ原湿原に行ってきました。6月〜9月の間様々な花を見ることができますが、この時期が一番花が多く楽しめます。シシウドが咲くこの時期、霧ヶ峰夏真っ盛りという感じがします。コオニユリ。クガイソウ。霧ヶ峰の中でも八島ヶ原湿原に多いヤナギラン。エゾカワラナデシコ。シラヤマギク。このシラヤマギクやノコンギクが咲き始めると秋の気配を感じます。この日一番びっくりしたのはマツムシソウがもう咲いていたこと。もう秋で [続きを読む]
  • 奥穂高岳山行 その1 (2018.7.19-21)
  • 奥穂高岳へ行ってきました。これまでこれまで蓼科山、硫黄岳、仙丈ヶ岳と参加いただいて、今年は念願の穂高に挑戦です。上高地から見る穂高連峰。もちろん定番の河童橋からの写真も撮ってスタートです。横尾へ向かう途中、迫力ある明神岳を眺める。この日は横尾山荘で宿泊。お風呂に入りゆったり過ごし翌日に備えました。翌朝、6:30頃スタート。川沿いに進みます。センジュガンピがたくさん咲いています。こちらはタマガワホトトギ [続きを読む]
  • 乗鞍岳花散策 (2018.7.25)
  • 乗鞍岳へ行ってきました。山頂には登らず大雪渓、畳平のお花畑で花の写真をたくさん撮りたいという、お花の好きなお客様からのご要望です。それほど距離を歩かない花散策でした。肩の小屋口から大雪渓わきの登山道に入ると、たくさんの花が出迎えてくれました。チングルマ。まだまだ見頃のものも多かったです。ミヤマアキノキリンソウ。ミネズオウ。イワギキョウ。見頃でした。剣が峰と大雪渓。雪がだいぶん少なめでしたが、スキー [続きを読む]
  • 奥穂高岳山行 その2 (2018.7.19-21)
  • 2日目は穂高岳山荘に泊り、3日目にいよいよ奥穂高岳登頂です。予定では2日目に奥穂に登る予定でしたが、疲労のため3日目朝としました。そのため早い時間から行動開始です。ちょうど奥穂高岳山頂で日の出の時間となりました。雲が多かったので、日の出時刻をやや過ぎて太陽があらわれました。前穂高岳へと続く吊尾根。笠ヶ岳。槍ヶ岳。クモマグサ。穂高岳山荘からの下り。この日も天気は最高です。涸沢を下に見ながら下ります。涸沢 [続きを読む]
  • 花の硫黄岳を満喫 (2018.7.10)
  • 硫黄岳に行ってきました。日帰りご希望の客様でしたので茅野駅付近で前泊していただき、朝早めに出発しました。樹林帯で見つけたオトギリソウ。涼しげな川の流れときれいなコケの緑に癒されます。夏沢峠に着くと、硫黄岳の上の方は雲に覆われていました。イワヒゲ。この日一番多く見ることができたミヤマダイコンソウ。ツガザクラ。ミヤマシオガマも今が見頃。登りの途中では山頂付近まで見える時もありましたが、山頂では残念なが [続きを読む]
  • にゅう (2018.7.9)
  • にゅうに行ってきました。今回の大雨は八ヶ岳ではそれほど激しい雨ではありませんでしたが、それでもまとまった雨だったので、実は前日8日ににゅう〜中山〜高見石〜麦草峠と歩き、登山道に問題がないことを確認していました。影響がなく安心しました。夏らしい雲が水面に映る白駒池。まだ湿ったコケはいきいきした感じでとてもきれいです。白駒湿原のハクサンシャクナゲが咲いていました。しゃくなげ尾根・にゅう分岐付近。キソチ [続きを読む]
  • 花の霧ヶ峰トレッキング (2018.6.22)
  • 霧ヶ峰に行ってきました。レンゲツツジはピークを過ぎていましたが、標高の高い車山湿原ではまだまだ楽しめました。コバイケイソウもちょうど見頃。この時期らしいレンゲツツジとコバイケイソウの共演でした。八島ヶ原湿原からスタートし、車山湿原、蝶々深山、物見岩をまわって八島ヶ原湿原に戻ってくる周回コースです。車で移動中に見た踊場湿原。八ヶ岳と南アルプスの間に富士山が見えるというロケーションです。八島ヶ原湿原。 [続きを読む]
  • 梅雨明けの八ヶ岳にゅう (2018.7.1)
  • 八ヶ岳のにゅうへ行ってきました。なんと関東甲信地方は6/29に梅雨明けしました。6月の梅雨明けは初めてとのこと、びっくりです!でも、そのおかげで天候に恵まれた山行となりました。白駒池も緑が濃くなりました。森の妖精(と勝手に思っている)、オサバグサ。このルートはコケがきれいで、堪能できます!樹林帯を抜けると岩峰(にゅう山頂)があらわれます。山頂から見る天狗岳と硫黄岳。この日は富士山は頭がわずかに見えまし [続きを読む]
  • 常念岳へ (2018.6.29)
  • 北アルプスの常念岳へいってきました。一ノ沢を登りました。一部だけ雪渓の上を歩きますが、残雪に慣れていない方もそれほど心配するような状況ではなかったです。1日目は登山口を過ぎたあたりですでに雨が降り始め、降ったりやんだりの中を登っていきました。胸突八丁の下には30〜40mほど雪渓の上を歩く箇所がありましたが、慎重に行けば大丈夫です。常念乗越からのご来光。2日目、朝起きると小屋の中から見る限りはガスってご来 [続きを読む]
  • 学校登山で霧ヶ峰へ(2018.6.26)
  • 東京の中学校の生徒さんを車山にご案内しました。梅雨時期でしたが、この日は天候に恵まれました。車山山頂から見る八ヶ岳。車山山頂に到着。クラス順に集合写真撮影です。白樺湖を見おろしながら下ります。短めのコースだったので午前中で終わってしまいましたが、皆さん霧ヶ峰の大自然感じていただけたでしょうか?でも天気がいい中歩くことができ本当によかったです。 [続きを読む]
  • 八ヶ岳のツクモグサ(2018.5.25)
  • ツクモグサを見るのが目的で硫黄岳、横岳に行ってきました。台座の頭付近から見る横岳。東側斜面にはまだ残雪が多いです。ツクモグサ。この日は開いているものは少なかったです。オヤマノエンドウも咲き始めていました。ツクモグサはもう少し開いているものがあればよかったのですが。でも雪解け後、稜線上で真っ先に咲く花を見ることができよかったです。今年の花のシーズンが始まったということで、この先が楽しみです。 [続きを読む]
  • 八ヶ岳の希少植物観察 (2018.5.28)
  • 八ヶ岳の希少植物観察と称して珍しいホテイランなどの花を見る観察会を行いました。八ヶ岳の針葉樹林帯下でよく見られるコミヤマカタバミ。イワセントウソウ。とても繊細な花です。ヒメイチゲ。ミヤマスミレ。キバナノコマノツメ同様、亜高山帯に咲くスミレの代表種。ホテイラン。今回はご自分で見つけていただくような感じにしたので、より見つけた時の喜びがあったのではないでしょうか。ホテイランは昨年より多く見られました( [続きを読む]
  • 蓼科山 (2018.6.14)
  • 蓼科山に行ってきました。白樺湖から見る蓼科山。朝はこんなに天気がよかったのですが。ミツバオウレン。ウスバスミレ。見頃です!コイワカガミ。山頂から見る南八ヶ岳の山々。黒い雲が出てくる時間帯もありましたが、まずまずの展望でした。花が増えてきました。ミツバオウレン、ウスバスミレ、コイワカガミがよく見られます。オサバグサが咲き始めました。ミネザクラは終盤です。 [続きを読む]
  • 大菩薩嶺 (2018.6.8)
  • 大菩薩嶺に行ってきました。甲信地方も梅雨入りしましたが、この日はまずまずの天気で富士山や南アルプスも見え、初夏のトレッキングを楽しめました。樹林帯は緑が濃くなりました。大菩薩峠付近。南アルプスを眺めながらお昼を食べました。気持ちのよい稜線。大菩薩湖と富士山。気持ちのいい稜線歩きを楽しむことができました。この日は親子で参加いただきました。お子さんは小学生。これから百名山を目指すそうです。この日は記念 [続きを読む]
  • 八ヶ岳縦走 (2018.5.30〜6.1)
  • 3日間で八ヶ岳の縦走をしてきました。お客様はアメリカ在住で、一時帰国されている方。アメリカでの登山の様子や実情など伺うこともできました。第1日目。ロープウェイ駅からスタート。出発時点から雨。縞枯山展望台から見た茶臼山。2日目。白駒池からスタート。この日も雨が降り出す予報でしたが、出発時点は青空が見えていました。中山展望台からの眺め。やはりだんだん視界が悪くなってきました。黒百合ヒュッテに着くと同時に [続きを読む]