幸福実現党岐阜県本部 加納有輝彦 さん プロフィール

  •  
幸福実現党岐阜県本部 加納有輝彦さん: 一憂国者の紙つぶて
ハンドル名幸福実現党岐阜県本部 加納有輝彦 さん
ブログタイトル一憂国者の紙つぶて
ブログURLhttps://ameblo.jp/papadad/
サイト紹介文幸福実現党岐阜県本部 加納有輝彦のブログです。
自由文日本を「自由の大国」とし、
「繁栄の未来」を築きたい

 社会主義的傾向が強くなりつつある昨今の日本を
強く憂います。社会主義の行き先は、貧しさの平等、
そして独裁です。自由の喪失です。自由ほど尊いものは
ありません。
 私は、自由を護るために戦います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2010/01/28 23:08

幸福実現党岐阜県本部 加納有輝彦 さんのブログ記事

  • 感傷の雨・・・追憶の穴沢利夫少尉
  •  かつて岐阜護国神社の宮司が、終戦直後の護国神社の「荒廃」ぶりを書いていたのを記憶している。  当時の世相として、とりわけ、特攻隊員の生き残りに対し「特攻崩れ」と白眼視し、命を捧げた者に対して「犬死」と侮蔑した・・・。  終戦を機に、180度価値観がひっくり返った。  もちろん、死を覚悟し生き残り、戦後の社会に身の置き所なくヒロポンなどに溺れてドロップアウトした若者もいたという。  しかし、知覧特攻 [続きを読む]
  • 英霊の涙・・・平成最後の終戦の日
  •   昨日は、岐阜護国神社に参拝。岐阜市、西濃中濃東濃と街宣を致しました。 お盆の最中、街を歩いている人は通常と比べれば少ないようでした。 地上の人々だけでなく、先の大戦で散華した御霊に向かって感謝と決意を手向ける思いで街宣させて頂きました。  平成の御代最後の終戦の日  私たちの先輩達の諸々の思いの中から、最も崇高な部分のひとつであろう「アジアの同胞の植民地支配からの解放」この志を今一度受け止めた時 [続きを読む]
  • 朝丘雪路さんと苅谷鷺行氏(苅谷深隍)と・・私
  •  先般、津川雅彦さんの逝去に伴い、実妹の加藤勢津子さんの事を少し書かせて頂きました。実は、津川さんより先に逝かれた朝丘雪路さんにも、人の縁の不思議を感じる事があり、書かせて頂きます。  先般、ある新聞社の記者から、私が過去ブログで取り上げたある人物について照会がございました。その人物について調べているようで、結局、私の手持ちの資料を記者に送りました。こういった形でお役に立てたなら、故人にとってもよ [続きを読む]
  • 「大正」は遠くになりにけり
  • 昨日(8/12)は、善川三朗名誉顧問先生の命日。 昭和が終わり平成に変わってすぐ、短期間であったが聖地徳島にてお仕えさせて頂いた。実際は、お仕えしたのではなく逆にただただ、ご迷惑心配をおかけした半年だった。  その半年は、痛恨の極み、しかし、顧問先生を初め関係者の皆様(新谷さん等FBフレンドにもいらっしゃいます)の「情」「愛」「許し」により今、こうして元気に生きております。感謝あるのみです。 ・・・・・・ [続きを読む]
  • 「20世紀史上最強のポジティブ・ソング」
  •  今朝、阿川佐和子さんのトーク番組に、布施明さんがゲスト出演していた。 トークの中で、2曲、ゲストの想い出の曲を紹介されていた。 九ちゃんの曲と、植木等氏の「だまって俺について来い」だった。  「だまって俺について来い」は、知らない歌ではなかったが、歌詞のテロップ付きで久しぶりに聴いて、ネットに誰かが書いていた表現だが「20世紀史上最強のポジティブ・ソング」、なるほど、いい歌詞で、いい歌だなな〜って [続きを読む]
  • 往年の女優 加藤勢津子さんのこと
  •  津川雅彦氏がお亡くなりになられた。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 日本映画の父、マキノ省三氏の四女・マキノ智子さん(女優)の次男、マキノ家の一員であることはあまりにも有名。 実兄は長門裕之氏であることもよく知られた事実。 私は、津川雅彦氏にまつわる忘れられない想い出がある。  昭和60〜61年あたりの事だったと思う。当時、FBフレンドの今城啓子さんと同じKDD(国際電信電話㈱)に務めていて、沖縄県南 [続きを読む]
  • 菅直人氏の心象風景〜醜悪な太陽光発電所〜
  •  太陽光発電そのものに罪はない。今や、重要な電源である。 ただ、発電所を設計した「人」の心を如実に反映していることは間違いなさそうだ。  お茶碗一つに、生産者、制作者の「思念」が刻まれているという。霊能者は、そのオーラが見えるという。  制作者の思念が、それを使う人に少なからず影響を与えるという。  山の斜面に脆弱な危険な太陽光発電所を建設した人の「思念」とはどういうものなのだろうか?  美しい建築で [続きを読む]
  • 人生のスナップ写真・・・ある通夜式で
  •   昨日は、遠縁の方の通夜式に参列しました。 神道による式典でしたが、喪主の挨拶の前に故人を偲ぶ「写真」がBGMと共にスライドでスクリーンに上映されました。 少年期、青年期、結婚、子育て、働き盛りの職場でのスナップ、孫と共に・・・十数枚程度だったでしょうか。  まるで照魔の鏡を見ているような・・・。  こういう形式はあるいはポピュラーなのかもしれませんが、私は初めての経験でした。結婚式ではよく見るもので [続きを読む]
  • 「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ。」メメントモリ
  •  あらぬ想像をしてみる。もし、しばしば、どこかで「野垂死に」「行き倒れ」の姿を見る社会にいるとする。 その昔、藤原新也著「メメントモリ」という本を読んだ事がある。 「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ。」 そのページには、二匹の犬が人〇の足を喰らう、インドで撮影された写真があった。  犬が喰らうものは単なる「肉片」だ。 逆説的に、人間の本質が「精神」「スピリット」であることを強く印象付けた。精神の自由を [続きを読む]
  • 国民皆保険と「自由」について
  •  昨日は、年に一度の人間ドック。毎年、バリウムを飲んでいますが、今回は入りも出もスムーズで一安心(笑) それと、血液検査のでデータが改善されていて、全てが正常範囲に収まった、保健婦さんから褒められました。 ただ、相変わらず血圧が高めと、メタボ・・・。 これから指導を頂くことに。最近の健康診断は、「予防」の方にウェイトが置かれている。  年に一度の定期健康診断、国民皆保険、至れり尽くせりというか、基本 [続きを読む]
  • 今度は自分自身を吊るし上げる番では?「小池三文芝居最終章」
  •  当初、2016年11月に開場予定だった豊洲市場。ところが、同年8月に知事に就任した小池氏が移転延期を表明して暗礁に乗り上げた。  この度、土壌汚染による追加の対策工事が完了する時期を見据え、新たな開場日予定を本年2018年10月11日に設定した。  いまさらの安全宣言。 2014年12月、前舛添都知事がとっくに安全宣言を出していたのだ。 一体、あの騒ぎは何だったのか。 小池劇場の罪はあまりに大きい。  一時のワイドショ [続きを読む]
  • 木村すみえ後援会をよろしくお願い申し上げます。
  • 木村すみえ後援会活動  一昨日は、釈量子党首本講演の後、パネルトークを行いました。 パネラーは、もちろん党首、そして美濃加茂市で政治活動をこの酷暑の中行っている木村すみえ氏。(党美濃加茂市代表)、さらに昨年当選を果たした海津市市議会議員の伊藤ひさえ氏(党海津市代表)の3人。 僭越ながら小生がコーディネーター(進行)を務めさせて頂きました。  ほぼほぼ日本一暑い地において、酷暑の中での連日の政治活動、 [続きを読む]
  • 釈量子党首 舌鋒火を噴く
  •  昨日、美濃加茂市文化会館にて「釈量子党首講演会」が盛会に開催されました。  党首からは、一連のオウム事件で幸福の科学グループが解決に向けて果たした役割(当時、党首は広報局に所属し最前線で対処しておられた)  文科省不祥事・スキャンダルと、事前収賄などの罪で有罪判決が確定した美濃加茂市前市長の事例を引き合いにだし、「天に恥じない志、行為があったなら、必ずやその誠は晴れて天下に知られることになる。逆も [続きを読む]
  • 7/29(日)幸福実現党釈量子党首講演会
  • いよいよ明日。7/29(日)幸福実現党釈量子党首講演会  美濃加茂市文化会館                            岐阜県美濃加茂市島町2-5-27 電話0574-25-1108 13:00開場 13:30~14:00 恍多ライブ 14:00~14:55 釈量子党首講演 14:55~15:25 パネル・トーク  岐阜においては、台風のピークは今夜。 明日は、大丈夫!皆様のお越しをお待ちしております。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • LG と レズビアン・ゲイ
  • 「新潮45」(新潮社/2018年8月号)に掲載された自民党杉田水脈議員の寄稿文が大炎上しているという。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がないのです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ この辺りに批判が集中しているようだ。  自分自身の中に、レズとかゲイいう言葉を発することに対 [続きを読む]
  • 「関西電力50年史」
  •  猛暑、酷暑の続く今日、何気に国民の命を支えてくれている「電力」に思いを馳せていた。 特に福沢桃介氏が「一河川一社主義」に基づき、木曽川に大規模なダムを幾つも建造したゆえ、また、現在も八百津町(木曽川)にて新丸山ダムが建設中(かさ上げ)であり、同志のM氏が電源舎の所長として従事しておられるゆえ、私の中では「電力=水力」なのであります。(笑) また、木曽川沿いで長年働いていた事もあり、中部電力より関西電力の方 [続きを読む]
  • 防災の哲学「命を守るのは自分、行政にあらず」
  •  東日本大震災の時、日頃の地道な防災教育により、多くの子供たちが迅速に非難し助かった「釜石の奇跡」・・・後に広く人口に膾炙した。 当時、釜石市防災・危機管理アドバイザーとして小中学校で防災教育を指導していたのが、片田敏孝氏(現東京大学大学院特任教授)である。  東日本大震災前、子供たちへの防災教育は8年にも及んでいた。片田教授は、「どんな津波が襲ってきてもできることがある。それは逃げることだ」と教 [続きを読む]
  • 火責め、水責め 
  •  連日の猛暑、「日本一、太陽に愛されている多治見市」と強気に有難く受け止めておりますが、しかし、冷静に客観的に先の水害、この命に係わる危険な高温、猛暑、酷暑を見れば、  これは、日本神道系の神霊からずっーと継続して発されている日本人への警告としての「水責め、火責め」という表現が、一番、説得力がある。 水害の惨状、異常な高温を体感、体験すれば、「水責め、火責め」が最も似つかわしい表現だ。  エルニーニ [続きを読む]
  • 「金正恩委員長、ご無事?」
  •  最近では、ラジオ局のスタジオでの収録の他に、外部の環境での収録を試している。  地方選で超多忙でありながら協力して頂いている曽我周作氏個人所有の器材による収録を試みた。前回は、ノイズの存在をラジオ局のスタッフの方に指摘され、今回、ノイズが入らないようエアコンも切り、礼拝室での収録となった。 連日、39度を超える岐阜県多治見市での収録。(多治見市は、埼玉県熊谷市と共に、40.9度という日本最高記 [続きを読む]
  • なぜ、HSUでは英語力が急激に伸びるのか
  •  今朝のぎふチャンラジオ・ハッピーサンデーのゲストは、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)の村上俊樹部長です。  村上氏は、私の政治活動のメンタ―として長年お世話になりました。村上氏のお話を60分聞けば、三カ月くらい政治活動を続けられる知的エネルギー源となりました。(笑) ただ、HSUへ異動されてからなかなかお話しを伺う機会がなく、私のエネルギー源が枯渇してしまう・・・そんな感じでした。  本日 [続きを読む]
  • 宗教という違和感
  •  一連のオウム死刑執行に関わる報道に接して、またぞろ、「宗教は危うきもの」「君子危うきに近寄らず・・・転じて、常識人は宗教なんてものに近づいてかぶれては断じてなりませぬ。道を誤ること必須、御覧なさい、高学歴な若者たちがあのような犯罪を犯して・・・」  1995年以前は、高学歴信者という存在は、プラスの評価もあり得たと思うのですが、1995年以降は、すっかり様相が変わって、勉強しすぎるのも考えもの、頭のいい [続きを読む]
  • 宗教学者とオウム
  •  宗教学者島薗進氏 徳一と最澄の間の「三一権実論争」で、正しかったのは徳一であり、徳一と島薗進氏は魂の兄弟である・・・  というような情報に接した記憶があり、以前は、密かに島薗氏のご活躍を期待した事もあった。 その後、いわゆる宗教学者と呼ばれる先生方が、「オウム」の犯罪性を暴き、未然に「テロ」を防ぐ努力をされたか?を検証した時、・・・唇寒し・・余計な事は言わない方がよさそうだ。  時は流れて・・・島薗 [続きを読む]
  • オウムと幸福の科学
  •  1990年代前半の事情をほとんどご存知ない方にとって、「死刑執行」に関わる一連のオウム関連の報道を見て、すごく表層的に解釈して、 オウムが選挙に出たこと、落選したことオウムが武装闘争を画策し、サリン事件を起こしたこと これと幸福実現党が選挙に出ていること幸福実現党がわが国の「核装備」の検討を掲げていること を、漠然と「宗教は怖いもの」という括りで 万が一にもそんな人は存在しないと信じたいのだが、「似て [続きを読む]