love-sectiondor さん プロフィール

  •  
love-sectiondorさん: 薔薇好き華道人のブログ
ハンドル名love-sectiondor さん
ブログタイトル薔薇好き華道人のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/loverose-sectiondor/
サイト紹介文薔薇好き華道人のブログです。 お花以外にも日舞や芸術全般のことなど 書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/01/29 01:33

love-sectiondor さんのブログ記事

  • 「君の名は。」「言の葉の庭」を見ました。
  • ( 京都のホテルのエレベーターに深紅のバラが飾ってありました。??今回の自分の作品にシンクロでしたね。)ようやくWOWOW の新海誠監督特集にて「君の名は。」を拝見致しました。奇想天外な内容と美しい風景描写でした。意外と現代人の心にはまだまだロマンチックな部分もあるのかもしれないな、とも思いました。そしてもう一つ。「言の葉の庭」も拝見致しました。これが、元々は見るつもりはなくたまたま雨に降られながら華展用 [続きを読む]
  • たった一輪だけ咲いていた。
  • 最近、「 私は何故お花をやっているのかしら? 」と珍しく落ち込む事がございました。自分が一番で他人を否定する人はいる‥集まれば本でも読んだ方が為になる様な無知な井戸端会議で下らんバブリーな他人の悪口大会、( 自分をネタにするなら良いけどね。身になる井戸端会議には参加させて頂いてますので。因みにバブリーなお笑いはお気に入りです。 )形骸化された権威の元に威張り押し付けられることもございます。圧倒的にお互い [続きを読む]
  • 出木杉さん?な訳ない。
  • ‥やはり白馬からの白鳥も言われた事はある。細眉の流行で眉毛を剃りすぎた事もかつてありましたねぇ、、あの頃は名だたるスーパーモデルが細眉でね。モナリザみたいな眉でしたよ。。一応、レオナルド=ダヴィンチも永遠の恋人ではありますが。笑顔というより、“笑う門には福来る”が座右の銘の一つであります。交渉しているつもりは無いけれどなあ。。フラワーリスト、それは生け花作家と同意語ですね。アートディレクターって何 [続きを読む]
  • 岡本太郎と前衛芸術運動。
  • 地元の文化祭で岡本太郎年表を調べてみる機会がございました。岡本太郎の37歳 :花田清輝らと、「夜の会」を結成。前衛芸術運動を開始。安部公房、埴谷雄高、野間宏、椎名麟三らが参加。8月/「アヴァンギャルド芸術研究会」を発足。勅使河原宏らが参加。----//勅使河原蒼風さんも岡本太郎とは交流があったらしい。散々、「こんなの花ではない」と批判されてそれでも切り開かれて結局、周りが認めざるを得なかったそうです。草月は [続きを読む]
  • 岡本太郎と前衛芸術運動。^^
  • ちょっと気になる事があり、岡本太郎年表を調べてみました。岡本太郎の37歳 :花田清輝らと「夜の会」を結成し、前衛芸術運動を開始する。安部公房、埴谷雄高、野間宏、椎名麟三らが参加。8月「アヴァンギャルド芸術研究会」を発足。花田清輝、瀬木慎一、池田龍雄、勅使河原宏、山口勝弘、福島秀子、北代省三、平野敏子らが参加し、東大赤門前喜福寺を会合の場所とする。--------//とある方との会話から、前衛芸術について、きちん [続きを読む]
  • 残像だ by定家。
  • “ 見渡せば 花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮 “ ( 訳: あたりを見渡しても、花も無ければ紅葉もない‥ 侘しい漁師の小屋だけがあるこの海岸の秋の夕暮れには。) いきなり和歌で始まった 本日のブログです。 こちらは藤原定家の 中世的な美意識を代表する歌と 言われているものです。 華麗なものを一切削ぎ落とした 侘び茶につながる世界観のものだそうです。 全く最初から何も華やかな物のない風景を 考えるの [続きを読む]
  • 特異の晴天日。
  • こんにちは。文化の日ですね‼?文化の日は「晴れの特異日」などと言われるほど毎年の晴れの確率が高い日だそうですよ。^ ^今日から地元の文化祭です。私も後期に出品するのでこの三連休は生け込みの準備をしたりして過ごす事になりそうです。今晩は、満月のパワーも最も強いので暖かくして月光浴かつ仕事の営業活動かな。( ビラ配りとも言う‥。ポスティングとも、、。ウェルカムフラワーを高島○の駐車場で配っていた頃から少し [続きを読む]
  • 能「定家」の世界をいけばなで。
  • 本日より、日本橋高島屋にて秋の草月展が開催されております潔癖気味からの人混み苦手。な私は第1期に出品しております。^^また能書きは今後書きますが、今回は、その辺にいらしたイケメンさんから投げかけられたたわいの無い会話からヒントを得て生まれた作品です。( お礼も言えませんが、、通りすがり過ぎて。 )その割に案外情熱的に、香りよくドラマチックに仕上がって、一旦は満足ですかね。( 勿論、まだまだコンポジション [続きを読む]
  • 女子力な吉方位散歩。
  • 中央通りは、銀座通りと言うそうです。 初めて知りました?? というのも、並木通りと銀座通りはトキメキ、というような 文言を書店で雑誌の表紙で見かけまして、 「 並木通りは分かるが 銀座通りとはどこだろう‥」 と思っていた矢先に 地図で発見?? 意外と旅先と違い 地図を見ないので知らない事もまだまだありそうだわ、と思いました。 奈良で「業平姿見の井戸」を地元の方に伺ってもご存知なかったですし そういう [続きを読む]
  • 永谷園の。
  • たまに食べる、さけ茶漬けいつもおまけが入っているのですが、本日開封したものはなんと歌川広重の東海道五拾三次之内 庄野白雨でした。ささやかなに、地味な、しかし笑えるシンクロでした。玉の緒祭りは続く。。 [続きを読む]
  • 雨の社中展。
  • 本日、私も所属する社中の華道展が絶賛 雨の中 開催中でございます。この予報‥どうしたのかしら?玉の緒=雨粒あたりから流れが妙ですが、人生はそんな時もあるだろうということで‥。私は「何とかなる」「大丈夫だよ」が口癖なのですが(棚ぼたラッキーシンクロ人生を送ってきた為。適当大らかフリー人生ともいいますが。笑他人に優しく自分にも優しくが基本。笑)「何とかなるよ。」そんな感じです。写真は、また奈良の超絶美男 [続きを読む]
  • 雨の東京駅
  • ( 写真がサブのガラケーのものですので、 いまいち曲がっておりますが、ご愛嬌です‥ ) こんばんは  三連休、如何お過ごしですか? 私は、昨日婚活をして参りました。 とはいえ、雨の東京駅での待ち合わせ‥。 この八角形の元で、、などとパチリ。 そもそも潔癖気味で、(随分と克服致しましたが、、) 雨に濡れるのが好きではない私は余程「日を改めましょう」と 連絡しようと思った事か。。 (← 親に「そんな事は普通 [続きを読む]
  • 中秋の名月@銀座より
  • こんばんは。^^ 昨日は銀座に散髪に行って参りました。 高い所に昇ってリラックスするために通っている ビルの高層階にあるヘアサロンですが、 そこからはまだ中秋の名月が見えず。。 散髪終了後に夜空を眺めながら歩くと、 ルイ=ヴィトンとブルガリの間にぽっかりと。 サブのガラケーからの画像だから荒いですけれどね。 奇麗でした。 「今年はなんだかゴージャスなお月見だわ(^_^)」と思いました。 さて、来週から [続きを読む]
  • 時雨亭の雨音。
  • 雨粒が絶え間無く雨の玉の緒は途切れることなくとても切なく‥式子内親王は、ずっと年下の定家に恋なのか単に肉体的な若さに惹かれていただけなのか悩んでいたのでしょうか、、これ、能「定家」のテーマなのですよね。彼女の言う玉の緒、は雨粒がもみじを濡らす様のようでもあり、、彼女の涙のようでもあり、、と色々と時雨亭では考えさせられました。館山城でも「玉の緒」にシンクロするような発見もございましたし気になりだすと [続きを読む]
  • 十輪寺&西陣織会館&京都国際マンガミュージアムにも。
  • 中は撮影禁止ですが、何と、岩合光昭さんの被写体になった有名猫がおられます。その猫たんの御朱印を頂きました。そして、業平の恋と和歌の才能を分けて頂けるように良い恋愛を引き寄せる御守りも頂きました。^^もはや時空を超えた追っ掛けだねホテルの素敵な迎え花。月のモチーフに百合が香って幸せなひと時でした。なんと我が流派の幹部らしき先生のお花でした。他のお客さんが映るのでこのアングルですが、とても綺麗でした。 [続きを読む]
  • 六道珍皇寺と漢字ミュージアムにも。
  • 実は、旅行最終日の六道珍皇寺の特別公開の日も、私には珍しく、雨でした。" 時雨亭のある嵐山(の清涼寺の井戸)とこの六道珍皇寺の井戸は繋がっており小野篁が閻魔大王の元にお仕えするときは行き来していた伝説" を鵜呑みにするならば、六道珍皇寺と清涼寺あたりは同じ雨(つまり水)で繋がっているというお知らせかしら‥なーんて解釈致しましたよ。笑まあ単なる偶然でしょうね。こちらが、噂の"冥土通いの井戸"です。実は篁先生 [続きを読む]
  • 雨の時雨亭。
  • 嵐山の二つの時雨亭は両方、雨での観光でした。まさに、能「定家」の世界。しかも、最寄りのバス停を降りたら雨は止んでいたので「雨でないと、情緒が無いわね」なんて"なう"でも呟いていたら二尊院の時雨亭へ向かう階段でクライマックス感ある雨に!近くの常寂光寺の時雨亭でも同様でした。ところで、西行と定家って似ていますよね。共にかなり年上の女性との悲恋→ 引きこもり。反骨精神。吉野山の西行庵を思い出しました。(続く [続きを読む]
  • 出雲大神宮さま&紫式部と小野篁に対面。
  • 今晩は昨日から今年2回目の京都旅行です吉方位で来ているのですが本日はお日柄も良いので出雲大神宮様へお参りに素晴らしいご祈祷をして頂きましたその後はいよいよ紫式部&小野篁のお墓へ。これが、2月の旅の時は時間が合わずにお墓に植えていると噂のお花の紫式部が満開の時になるかなー、、と多分9月なら満開だねぇ‥と予想していた通りの満開の時??でごさいましてそれはもう感動ひとしおでごさいました。(個人の感想です。)昨 [続きを読む]
  • 館山城とフラワーロードと。
  • 今晩は。今夜は私、府中国府跡の周りを満月散歩しておりました。何か奈良時代のシンパシーを感じるかもと思いましたがひとまず何も起きずブログを更新しております。さて、館山旅ですが、まずは、館山道を降りて道すがらとあるフラワーセンターの百日草や千日紅のお花畑に行きました百日草や千日紅って地味な印象だし、この季節、そんなものしかないだろうな‥と期待していなかったのですが可愛くてびっくりしました その後は、館 [続きを読む]
  • フラワーロードへ。
  • 今晩は。本日は珍しく渋谷区へ‥写真はカフェの前に留めてあった別に私のものではないバイクとジャスミンティーです。取りあえず、オーガニックなんたらからんたら云々ジャスミンティーとあり頼んでみましたが、別に普通のジャスミンティーだった気が致します。さて、先日は吉方位で千葉の館山へ行って参りました 私は恐らく、初館山でしたがなかなか素敵な場所でした。海ほたるのあとは館山道を行き、館山城を見学し、日本の道百 [続きを読む]
  • やっと映画の感想。
  • Wikiより。"「ハクソー・リッジ」とは、沖縄戦において、浦添城址の南東にある「前田高地」と呼ばれた日本軍陣地。北側が急峻な崖地となっており、日米両軍の激戦地となったことから、米軍がこの崖につけた呼称(Hacksaw=弓鋸)である。"沖縄戦で多くの人命を救ったことから、「良心的兵役拒否者(Conscientious objector)」として初めて名誉勲章を受けた衛生兵の方のお話でした。 ノンフィクションです。戦争の描写が非常にリア [続きを読む]