bonchan さん プロフィール

  •  
bonchanさん: キンクマな毎日
ハンドル名bonchan さん
ブログタイトルキンクマな毎日
ブログURLhttp://bonchan2010.blog97.fc2.com/
サイト紹介文キンクマ♀ “ぼんちゃん”&“さぶろー”♂の記録です。最近、天体観測気味・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/01/29 22:05

bonchan さんのブログ記事

  • 勝山調査隊
  • 10ヶ月振りでしょうか、、、、天候はいまいちでしたが、海は絶好調でした。激レア(笑)、イソコンペイトウガニの抜け殻! 一瞬アルビノかと。。。。本体は後ろに控えてます。やっと会えました、、、、むぎちゃんアカスジカクレエビも絶好調みたい。 [続きを読む]
  • 7月中旬って、、、、
  • ちょうど2年前の7月13日。南の空がクッキリと澄み渡り、素晴らしい星空でしたが、、、、今宵また透明度が非常に高く素晴らしい空です。サソリの尾っぽまで綺麗に見えています。雲があるのと、月がまだ明るいのが玉にきず。 [続きを読む]
  • 04-JUN-2017 PSTで見た太陽面
  • 時節柄、春霞ってこともないのでしょうが、、、、実際、霞んでます。ガツンと一撃、地震もありました。千葉県東方沖、震度3太陽面は、特に何事もなく平穏です。相変わらず、シャッター速度が稼げない状態。JST9:49:14 ISO1000 FUJIFILM X-M1 HYPERION 13mm eyepiece [続きを読む]
  • 土星観望
  • 気がつくと土星が南南東の空にいい具合に上ってきたので観望準備です。今宵の機材は、P-2(HD-5モードラ)赤道儀に、ビクセンED81s+テレビュービッグバーロー+PL10mm。さすがにアポ80mm。カッシーニは輪の奥と手前、細くなっている部分以外は余裕のピンストライプ。本体も、あぁ、球体だなぁ、という感じの素晴らしい立体感。ただし、横縞模様はいまいち良くわかりません。シーイング5/10 透明度4/5 [続きを読む]
  • 今宵も星空観望
  • 昨夜の分。うっすら雲がある感じですが、いつものTS50屈折赤道儀をセットしての観望です。今回は、先日のケルナーアイピースと同じく高橋製作所謹製オルソ7ミリの見え味比べ。まずは木星。ケルナーは倍率は低いものの、相変わらずシャープで明るい。木星表面の模様がよくわかる。オルソのほうは倍率は上がるものの、シャープさが失われ、見やすいとはいえない感じ、色収差も少々感じる。お次は低空の土星。ちょうど木々の梢から姿 [続きを読む]
  • 星空観望
  • 今宵の機材は、高橋製作所TS式50ミリ屈折赤道儀。まずは、南東の低空、さそり座の東側にある土星。アイピースは高橋製作所謹製ケルナー12ミリ。これが小口径アクロマートと意外に相性がいいのだ。明るい対象でも色収差は感じない。実際、同オルソ12.5ミリよりシャープな像を結んでいる。輪の傾きが大きくなってきて、黄色い輪っかの中に、これまた黄色く太い横縞のあるピー玉がすっぽり嵌っている感じ。とても立体感有り。カッシー [続きを読む]
  • PENTAX105EDHF、出動か?
  • 今宵は本命の105EDHF出動と思いきや、、、空が明るいのです。。。水蒸気っぽいのと、月が太ってきてその影響もある感じ。特に今日のターゲット、M104が潜んでいる南方向の空が白っぽい。確認のためセットした“ミヤウチ10センチ双眼鏡”も、諦めて撤収。因にさすが10センチ双眼、条件の悪い空でM3はかろうじて分離してました。M104は、、、、目印の星から辿って、微妙なところ。脳内かも(汗)月は低空で赤っぽくジリジリと揺らいで [続きを読む]
  • M3 M104など・・・
  • 昨夜の復習です(笑)M3を探すのにちょいと手こずりましたが、何とか補足。アークツールスの右上、少し暗めの星と結んだ直線を底辺とした、細身の二等辺三角形の頂点辺りにありました。8センチ屈折眼視で“ボゥ”っとした感じで見えます。写真では中心まで分離しています。EOSkissX6i(改造) Vixen ED81s直焦点 ISO3200 SS45秒 P2EQノータッチ NRon GIMP2.8にて、トーン、レベル&コントラスト調整とリサイズ。トリミングあり。筒を [続きを読む]
  • Ninja-400での観望その2
  • 今宵は久しぶりに、大砲、Ninja-400が出動です。前回同様、等倍リレーレンズに双眼装置+イーソス13mm or LVW17mmでの観望です。まずは木星に向け、気流がおさまる瞬間瞬間に、チラチラと細かい模様が見えてきます。意外と気流が落ち着いている感じ。北斗七星がいい位置にいたので、M51子持ち銀河へ。大小2つの核がはっきりと見え、その周りにかすかに円盤状のものが見えています。そのまま、筒をふくろう星雲に向けましたが、接眼 [続きを読む]
  • OLYMPUS (オリンパス) PEN FT ブラック 320977
  • 某中古カメラのサイトで出ていたブツ。おぉっ待望の!っと思ってよく見てみると、、、、、、、、シンクロ接点の外側リングがオリジナルではない。内側はオリジナル。意味がわからん。巻き上げレバーが塗装っぽい。フィルムカウンタ周辺もなんだか不自然。これは撮り方かな・・・・・。うーん、、怪しい。。。。全体の印象は悪くはないのですがね。特に下回りなど←これ重要よくわからないブツです。まぁ、ブラックのオリジナルってのは [続きを読む]
  • 3-MAR-2017 PSTで見た太陽面
  • だいぶ間が空きましたが、太陽面は相変わらず、Hαで見る限りおとなしいもんです。以前のような巨大プロミネンスはまったく見られません。天候不順のせいもあるかもね。JST9:49:08 ISO1000 FUJIFILM X-M1 HYPERION 13mm eyepiece [続きを読む]
  • Ninja-400での観望
  • 今宵の機材は巨砲“Ninja-400”+インディゴ等倍リレーレンズ+BS双眼装置+イーソス13mmの超豪華キャスト。薄雲の漂ういまいち冴えない空ですが、、、、いつものようにM42から始まり、M1を観望しつついくつか散開星団を経由、シメはM76惑星状星雲。ちょっと空の条件が悪すぎでした。 [続きを読む]
  • Kenko 25cm反射+BS双眼装置+イーソス13mm
  • 昨夜は友人のケンコー25cm反射に“インディゴ特製等倍リレーレンズ”を組み合わせての双眼観望でした。架台はユーハン製経緯台。双眼装置は笠井のBS、これに今回は無改造反射鏡筒の筒外焦点を引き出すための、インディゴ製等倍レンズの組み合わせ。等倍レンズを組んだ双眼装置を付けた状態でのバランスは悪くない。ドローチューブの引き出し量、筒内への出具合もも妥当な位置。まずは、LVW22mmでの観望。短焦点反射にも関わらず、 [続きを読む]
  • 大火球
  • 21:35頃、犬の散歩中、カシオペア座の下、ちょい西寄りからほぼ真下に向けて“大火球”を目撃。上弦前の月の10倍以上の明るさでした。中心がLEDっぽい白、軌跡の周りがエメラルドグリーン、極めつけは赤っぽい尾まで観察できています。4日にピークを迎えたらしい、しぶんぎ座流星群かどうかは微妙なところ。 [続きを読む]
  • 無黒点な毎日
  • 先々週から、天気によい日は太陽面の眼視観察を続けていますが、、、、、、まったく黒点が見られない状況が続いています。機材は、TS式50mm屈折赤道儀。ズームアイピースを使って、拡大率を変えながら見ていますが、50ミリ口径の分解能で判別できるほどの黒点群はまったく見られず。 [続きを読む]