psvt.abl さん プロフィール

  •  
psvt.ablさん: しんじゅの卵
ハンドル名psvt.abl さん
ブログタイトルしんじゅの卵
ブログURLhttp://pearl-egg.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文骨腫瘍にかかった獣医師の話です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/01/29 23:43

psvt.abl さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 零れ落ちた種から・・・
  • 今年もローズマリーの零れ落ちた種から、発芽しているのをみつけました。いつも、桜の開花予想が出る季節にこんな新しい命が生まれてくるのです。そして、メタセコイアも硬い芽鱗を破って新芽が現れます。そこかしこに下のほうから芽吹いていきますが、今年は1番大きな樹が少し遅れているようです(下の写真)。よかったら してね [続きを読む]
  • 振り向いてくれたコゲラ
  • コゲラが木を突いて何かを食べていました。顔が見えないよ。「こっちむいてぇ、こっちむいてぇ」って念を送ったら振り向いてくれました。花粉で山はもとより、そこら中が煙って見えます。ベランダには黄色く染まった片栗粉がまき散らされているように、サンダルで歩くとキュっといって滑ります。今年、杉花粉症デビューしてしまったようで、鼻水、のどのかゆみと違和感、咳が出てしまうので、なかなか外には撮影に行けません。上 [続きを読む]
  • 身近な自然にも地球温暖化の波
  • ツバメシジミに会いに、近所の公園に出かけました。いつもの場所に行ってみましたが、悲しいことにヤマトシジミがみられるだけで、ツバメシジミらしきシジミチョウはみられませんでした。ところが、ツマグロヒョウモンやアサギマダラなどが大きな羽をなびかせて飛んでいるではありませんか。ツマグロヒョウモンは以前から多くみられたので、あまり驚きませんでしたが、今まで見られなかったアサギマダラが池の陽の当たらない場所 [続きを読む]
  • だんしゃり中にThe F
  • 数十年かけて、ため込んで、いらなくなったものを少しずつ整理していく中で、パズルのThe Fをみつけました。かたずける手を休めて、しばしパズルに取り組むと・・・ひらめき力が低下しているのか・・・うーん、なかなか完成しません。ついつい、あきらめそうになった時に、あれっ!できた!こうだから、作業は遅々として進みません。子供たちが小学生のときに書いた作文、描いた漫画(私たちの似顔絵入り)なども、読んでいると [続きを読む]
  • PET-CT検査を受けたりして・・・
  • PET-CT検査や、初めて上部消化管の内視鏡検査を受けたりして・・・そして、入院も・・・ということで、更新が遅れた言い訳でごめんなさい。春から夏へ、家のベランダの様子は・・・いつものこの季節にはカマキリがやってきますが、今年も小さい子が来ていました。さかさまになってローズマリーにいたアブラムシなどを捕まえていたようです。小さいけれど、カマや大アゴは一丁前です。強風が吹いた日に、いなくなってしまって、飛 [続きを読む]
  • ドミノ移植
  • タイトルは「ドミノ移植」と言っても臓器移植ではありません。ベランダで育てていたメタセコイアを、一鉢、地植えにしていただき、空いた鉢に大きく育った直立の白花ローズマリーを植え替え、そのまた開いた鉢に小さな鉢で育ちあぐんでいたメタセコイアを植え替えたのです。こんな感じ・・・と言ってもわかりにくいので、去年紅葉してきたときの写真と比較してみてくださいね。メタセコイアの葉に何かが付いているのを前々回の記 [続きを読む]
  • 命をつなぐもの
  • たくさんの花を咲かせていたローズマリーも、今は多くが散ってしまいました。そのかわりに、種が無数にできています。場所によっては、種を付けながら、まだまだ、蕾もあり、花が絶えることはありません。ふと見ると、新たな発芽もみられます。零れ落ちた種から発芽したのでしょう。昼間は冬の日差しを浴びて暖かそうですが、陽が落ちると気温がさがるので春まで無事に育ってくれるか心配になります。こちらは・・・こちらは、国 [続きを読む]
  • 色づきはじめたメタセコイア
  • 11月に入ってメタセコイアが紅葉してきました。メタセコイアは下のほうにある葉から紅葉が始まります。葉先から紅葉し、緑色から黄緑色、黄色、そして、茜色に変化します。中央にあるのは冬芽、冬芽がある枝はそのまま残り、春になると冬芽から新芽が芽吹きます。この枝には冬芽はないので、茜色に変わったあとに、枝ごと落葉してしまうでしょう。樹の先端は、まだ緑色、冬芽がしっかり付いています。この樹は親。この樹の種 [続きを読む]
  • ローズマリーの蜂蜜
  • 長いことブログの更新をしないでいましたが・・・その間にローズマリーの花がまったくない時期があり、寂しいなどとブログに記載したこともありましたが、徐々に花を咲かせ、そして、今では鉢が花で覆われるようにいっぱいになっています。まだまだたくさんの蕾もみられますので、これからも楽しめるかなって・・・小春日和で暖かい日々が続いていますが、昨日1匹の蜂がやって来て、ローズマリーの蜜を吸っていました。少ししてま [続きを読む]
  • 幹になろうとする枝・・・ちゃんとなってしまいました。
  • ベランダで実生のメタセコイアを育てています。8月の終わり頃に、1本のメタセコイアの枝が幹になろうとしていました。枝には葉が左右対称にならんでいるのですが、横向きに生えていたその一番上の枝が、むくむくと立ち上がり、まるで、最初から幹のような雰囲気で伸びていました。上に伸びる枝も付けています。立ち上がったところの様子です。まだこの時は、枝のように色は緑色かかっていました。角度を変えるとこんな感じ・・ [続きを読む]
  • そして君は旅立っていった・・・
  • 川の水も凍りつくような厳寒の中で、魚を捕まえたカワセミです。カワセミも生きるために一生懸命、魚を捕まえているのです。でも、この写真をみて、魚がかわいそうと思われる方もいます。今日は、生きるために頑張っているカマキリを紹介しますが、カワセミの写真よりも少しショッキングな写真がありますので、ご注意ください。家のローズマリーに数匹のカマキリがやってきたのに気付いたのは6月のはじめでした。最初はローズマ [続きを読む]
  • マザーズデイ(薔薇)が突然変異か?
  • 数年前の母の日のプレゼントにもらった薔薇(マザーズデイ)が今年も花を咲かせました。丁度母の日くらいに咲いたのですが、遅くなっちゃいました。マザーズデイは小ぶりの濃いピンク色の花を咲かせます。ところが今年は1輪だけ、薄ピンク色の花を咲かせました。花の大きさは同じくらい。こんな感じで咲いていました。先祖帰りしたのか、どうかはわかりませんが・・・薄ピンク色のもとっても綺麗でかわいい花でした。 &n [続きを読む]
  • 過去の記事 …