はごろも さん プロフィール

  •  
はごろもさん: 着物暮らし はごろも
ハンドル名はごろも さん
ブログタイトル着物暮らし はごろも
ブログURLhttp://kimonohagoromo.blog.fc2.com/
サイト紹介文着物暮らし はごろもの徒然日記。 着物まわりの人、もの、事柄を御紹介。
自由文ほぼ着物暮らしの日々をおくる「はごろも」と申します。着物を通じて、喜びと日本文化を伝えたいです。着物の輪が広がりますように。
「着物〜はごろも」HP
http://www.kimono-hagoromo.com/
※ネームを「トビウオ」から「はごろも」へ変更いたしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/01/31 01:17

はごろも さんのブログ記事

  • 真古酌(まごしゃく)薬師水
  • 立秋を迎えると、暑さのなかに秋の気配を感じられます。平成最後の夏は、暑かったー!と記憶に残ることでしょう。仕事で外に出ていると、涼を求めたくなります。外回りの時に気になっていた「真古酌(まごしゃく)薬師水」。飲んでよし、肌につけてよし、の良い水です。四百年前、千石船でお酒ともに江戸に運んで、評判がよく売れたそうです。荒れ果ててしまった真古酌の薬師水を再生するために、平成22年に「有脇真古酌再生委員 [続きを読む]
  • 自然の温もりを編む。和の暮らし歳時記教室
  • 珍しく残業で遅刻をした、和の暮らし歳時記教室。皆さんは、黙々と棕櫚の葉を編んでいらっしゃいました。先ずは、布を裂いてテープ状のものを作ります。裂き織の緯糸を作る要領なので、遅れを取り戻すべく裂いてゆきました。次に、棕櫚の葉を等分にして、裂いた布を上下上下と葉を軸に編んでいきます。布だけでなく、葉も編んでいくと強くなります。竹皮も濡らして裂いたものを編み込んでもよいですよ。皆さんは、棕櫚の籠が編みあ [続きを読む]
  • 郡上八幡の花火
  • 「死ぬまでには、一度、郡上踊りに行ってみたいの。」そう言われると、お連れしないわけにはいけません。踊らない方を郡上踊りにお連れするのは、初めてです。それならば、花火の日がよいでしょうと、車を走らせました。郡上インター手前では、お城と花火を。安養寺さんから、最後の花火を楽しむことが出来ました。先ずは、城下町プラザが開いているうちにお土産を買いまして、上田酒店の杏仁ソフトをおすすめ。すると、黒糖ソフト [続きを読む]
  • 日本茶こよみ ワークショップ
  • Sachiさんのお茶が名古屋でも楽しめます!日本茶こよみ ワークショップ「夏を解く 茶歌舞伎」本茶と非茶を当てる利き茶ゲームを、和歌の調べにのせて楽しみます。夏の終わりの心と体を、お茶とお菓子に委ねるひとときを。8月26日(日)11時〜 14時〜各定員8名会費3500円お茶と、小さなおしのぎ(おむすび、など)Sachi japanese teaお菓子solo◎SOLO HPよりSOLO◎09050359089留守電に電話番号とメッセージをはごろもは、仕事で参加出 [続きを読む]
  • 松竹梅ジュース
  • 昨年は少しだけ作ってみたのでした。→松葉サイダー今年は、量を増やしてみたところ、松葉のガクを取るのが大変で、少々松葉疲れ。。。途中からは丁寧に取らず、多少ついていても大目にみることにしました。ガクがついていると、松脂臭いとのことですが、よしとしましょう。松葉を瓶に詰めて、10%の砂糖水をいれて、日の当たる所へ置いておきます。念のため、ビニール袋を被せてゴムで止めて置きました。ぷく、ぷく、と泡がみられ [続きを読む]
  • おかげさまで、ちょうど一年。
  • おかげさまで、この家に引っ越して一年になりました。一年前の引っ越しでは、このお家とご縁を結んでくださったHさんと、はたごのお仲間の方が掃除などを手伝ってくださり、とても有り難かったです。今年は、夕方に、工具を持って来て下さる方があって、問題の雨戸はすべて納めることができました!今年も、昨年も、善意を頂き、感謝申し上げます。滑らない雨戸に、蝋を塗ると良いというアドバイスもいただいて、塗ってみると、あ [続きを読む]
  • 古いお屋敷の解体
  • 古い家シリーズ(笑)お屋敷の解体。今住んている家の近くには、うちを含めて古いお家が三軒ありました。北向かいの古いお屋敷を、毎日、台所の窓から眺めるのが好きでした。美しい松、柘榴、樫の木、槙の生垣も、二階建てのお家とともに、眺め飽きない風景が幻となり、今朝、ショベルカーが去っていきました。6月の半ば過ぎに建て替えをすることを伺い、6月20日に仮住まいに引っ越されること、そして解体工事が7月2日からはじまる [続きを読む]
  • 古い家に住むということ
  • 七月も終わりですね。台風のため雨戸を全部出したのはよかったのですが、仕舞うのに苦戦中。北側の雨戸は、釘が抜けたところもあり、釘を打ったら先が少し出てしまい、仕舞うに仕舞えず。今朝、通りを歩く人が、雨戸が出てるよと話しているのが聞こえてきました。。。昨日、仕事から帰ってから南側の雨戸の埃を拭いて仕舞おうとしたら、ひとつは鍵が下がらず、、、もうひとつは、戸袋の入口で動かなくなって、相撲の取り組みのよう [続きを読む]
  • 七月の教室に、新人さん??
  • 台風一過、まだ風が強めに吹いています。ご無事でいらっしゃいますか?百日紅の白い花が咲く庭の家に引っ越してきて、もうすぐ一年になります。七月は、2日(月)の着物教室、24日(火)の着こなし講座とも、新しい方がみえて、浴衣と半幅帯のカルタ結びをお伝え出来ました。成岩教室に初参加のMさんは、21日の衣浦の花火大概に浴衣を着て、ご家族で楽しまれたと伺いました。オスカルさんの茶会で出会ったFさんは、日本料理和楽さ [続きを読む]
  • ブレケル・オスカル氏と急須でお茶を
  • お茶続きですが、急須でお茶を―宜興・常滑・香味甘美 (かみかんび)の関連イベントへ、出かけてきました。日本茶インストラクター ブレケル・オスカル氏イベント①お茶会「ブレケル・オスカル氏と急須でお茶を」 開催日時:7月11日(水)15:00-16:30②講演会「日本茶・急須 再発見」 講師:ブレケル・オスカル開催日時:7月11日(水)18:30-20:00スウェーデン人のオスカル氏は、高校生の頃から常滑の急須で日本茶に親しみ、日本 [続きを読む]
  • 和の暮らし歳時記教室 オリジナルブローチ
  • 大きいのがいい?小さいのにする?ヘチマの輪切りを土台に、レース、麻布、麻紐、シーグラス、コハゼ、大麻などを使い、ブローチを作りました。実用に使われるヘチマが、これだけ飾られて愛でられることはあまりないことでしょう。こうして並べると、四人姉妹の様ですね。Mさんは胸に、私は帽子に付けてみました。満里子先生は、キットを作りません。材料を集め、加工して、見本は示してくださいますが、それぞれが考えて手作りす [続きを読む]
  • 郡上踊り 発祥祭2018
  • 今年は、円頓寺の練習会に行けず、発祥祭を迎えました。朝から色々と予定を入れて、汗だく。浴衣を着替えて、お琴を作られる方のところへ伺い、その後、村長&おゆみさんたちと合流して、郡上八幡へ。踊り会場では、「今年もどうぞよろしくお願いします。」とお顔見知りにご挨拶。熱い夏が始まりました。デジカメが壊れてから、タブレットでは気に入る写真が撮れず、カメラ熱はダダ下がり。。。もう、踊るときには何も持たない身軽 [続きを読む]
  • 整経〜仮筬
  • 少しづつ経糸の準備をすすめています。機織りのお仲間と、農家民宿ちんちゃん亭に講座前に宿泊して、蛍を楽しみました。はたごの皆で泊まりたいねー!と、気に入ってくださって、ぜひ実現したいです。今回は、経糸450本、6メートルを裂き織りではなく、緯糸で織る予定。2回目の整経台でしたが、すっかり忘れていて、一から教えていただきました。150cm幅の台の前で糸を端から端へ掛けていき、左の親指に糸をかけあぜをとります。だ [続きを読む]
  • 「和装を日常に」@ちんちゃん亭
  • 熱い、暑い、講座が無事に終わり、あっという間に一週間が経ち、すでに7月。。。雨の降り方が気になります。さて、講座の午前の部は、リクエストにお応えして、お話と襦袢のあれこれを見て触って、初心者の方から、着物で参加の方まで、興味を持っていただけるように心がけて、自分が初心者の頃に知りたかったことをてんこ盛りにしてみました。ちょうど12時、ランチタイムの前に、和にちなみ、輪のポーズで撮影。ご参加の皆様、 [続きを読む]
  • 「和装を日常に」講座と、浴衣のカンタン着付け
  • 農家民宿ちんちゃん亭の講座、1名お席があります?お陰様で、満員御礼になりました?実は、こちらに載せる前に満席となり、案内せずにおりましたが、やむを得ないキャンセルが1名あり、お席が空きました。急なご案内ですが、お申し込みをお待ちしております。  【日時】 2018年6月28日(木)1部  10:00〜12:00「和装を日常に」座学 ランチ 12:00〜13:00(自己紹介やおしゃべりなど)2部  13:00〜15:00 浴衣の [続きを読む]
  • 名残のお花と、庭の様子
  • 名残のお花。先日、手早く野の花を束ねて髪飾りにしてくださったのを、しばし飾って楽しみました。半夏生は、最近出会った方から分けていただき、庭に植えました。雨が降る前に植えたので、上手く根付いてくれたようです。稲は、「あいちのかおり」株が大きくなってきました。芹は、ランナーを伸ばして、庭に馴染んてくれたようです。庭で芹が摘めるのは嬉しいので、少しずつ摘んでいます。山三つ葉は、小さな黄色い花を咲かせてい [続きを読む]
  • 着物はごろもの教室
  • 6月の成岩公民館の着物教室は4日に、日本料理和楽さんの着こなし講座は12日に終わりました。7月は、2日(月)13時半〜、成岩公民館と、24日(火)18時45分〜、日本料理和楽さんにて、教室を予定しております。新しく参加表明してくださる方もみえて、嬉しく、ご期待に添えるようにお伝えしたいと存じます。着方をお伝えするだけでなく、今度のお出かけの組み合わせの相談や、仕立て直しの相談なども承っております。 [続きを読む]
  • 一閑張り・和の暮らし歳時記教室
  • 手を動かすことを通じて、伝えていく、日本の暮らしの知恵があります。一閑張り(いっかんばり)竹籠に和紙を張り、柿渋を塗ることで、防水、防腐、防虫、の効果があり、丈夫に使えます。古く、穴が空いた箱も和紙を張り、補強する事で、甦ります。一閑張りは、前からやってみたかったことのひとつでした。なかなか、材料と、その時間をつくることができなかったので、わくわく。この様な体験ができる和の暮らし歳時記教室は、月に [続きを読む]
  • 糸巻き
  • いーと まきまき ??いーと まきまき ??第4作目は、糸×糸、そして、40センチ幅の布を6メートル織ることにしました。木綿の藍染め糸はケバたちやすく絡みやすいということを、体感。きれいに糸巻きに巻いていくのも、経験とコツが要ります。全部巻ききれませんでした。。。いつもは頑張って巻ききってしまうところですが、夜は講習会へ行くために早めに切り上げ。講習会は、郡上八幡へ?生のお囃子で郡上踊りのポイント [続きを読む]
  • 裂き織の半幅帯 ギザギザ
  • ぼちぼちの機織りですが、三作目、裂き織の半幅帯が出来上がりました!前回と違う所は、ギザギザを入れたところです。トルソーに結んでみました。ギザギザがアクセントになります。 前にも、良い感じ♪自画自賛。四作品目は、裂き織ではなく、糸×糸で織ってみます。問題は、経糸の整経。織りたいものは、あれこれとありますが、ひとつずつ楽しんで織っていきます。↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 蛍・浴衣・お茶・そして、母ちゃんのごはんを楽しむゆうべ
  • 2018年6月6日(水)雨天決行といたしました。「蛍・浴衣・お茶・そして、母ちゃんのごはんを楽しむゆうべ」知多郡美浜町布土にあります「季の野の台所」にて。蛍も少しだけ、お出ましくださいました!季の野の台所×Mariko-Style×着物暮らしはごろも農家の母ちゃんごはんは、自家製のお米はもちろん、大豆、醤油など、素材を活かしたお料理でした。麹もふんだんに使われて、米麹、麦麹、玄米麹、どれがどれだか覚えきれませんでし [続きを読む]
  • 梅仕事と庭の花
  • 五月も終わりますね。今年は色々なことが早くて、早々に梅仕事。梅ジュースを仕込みました。青梅のヘタを取り、冷凍庫で一晩凍らせてから、瓶に氷砂糖と交互に入れます。庭では、紫陽花がたくさん花をつけてくれました。嬉しくなります。ドクダミのお花もたくさん!摘んで焼酎につけました。虫刺されに効果あり。摘み取りながら、蚊に刺されて、以前につくったものを塗っています。ハッカスプレーだけでは、蚊よけにはなりません。 [続きを読む]
  • 日本茶デザイナーSachiさんのお茶
  • 今年は、日本茶デザイナーSachiさんのお茶をご紹介しております。4月、5月をやっとアップできましたので、こちらをご覧くださいませ。↓四月五月Sachiさんの作られたお茶をただご紹介するというよりも、Sachiさんの行動、言葉、お人柄を含めて、ご紹介することが、Sachiさんのお茶になるのではと、思い至りました。お茶を入れるのに、難しい知識はいりません。お茶を好きだと一度思ったら、その気持ちと経験が知識となっていきま [続きを読む]