はごろも さん プロフィール

  •  
はごろもさん: 着物暮らし はごろも
ハンドル名はごろも さん
ブログタイトル着物暮らし はごろも
ブログURLhttp://kimonohagoromo.blog.fc2.com/
サイト紹介文着物暮らし はごろもの徒然日記。 着物まわりの人、もの、事柄を御紹介。
自由文ほぼ着物暮らしの日々をおくる「はごろも」と申します。着物を通じて、喜びと日本文化を伝えたいです。着物の輪が広がりますように。
「着物〜はごろも」HP
http://www.kimono-hagoromo.com/
※ネームを「トビウオ」から「はごろも」へ変更いたしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/01/31 01:17

はごろも さんのブログ記事

  • 着物教室だけど、織姫多し
  • 雨の午後、成岩公民館の着物教室でした。何故か、自分で織られたものをお持ちの方が重なります。織姫率、高し!お子様が保育園の頃に織って、まだ一度も使っていない裂織の半幅帯。お嬢様の卒業式に袴を着せてあげたいと、参加してくださった方の織りの作品です十何年眠っていた帯、これから活用してあげてくださいね。お話を伺うと、手織り工房 やまももの先生に習われたとか!ずいぶん前だけどねーと、笑って見えましたが、世の [続きを読む]
  • 手織工房 やまもも
  • 知多市岡田の手織工房 やまももでは、作品展が二年に一回、開催されます。 ご案内をくださったMさんは、手織り木綿の服で出迎えてくださり、麻の糸を緯糸に入れたしっかりとした八寸の帯を織られたと、展示されたものを説明してくださいました。自分で結ぶ帯が織れるなんて素敵です!工房主催の先生の作品は、綾織の凝ったものでした。綜絖が10って!!!織は計算と言われますが、ち密さが求められる仕事です。最終日に出かけ [続きを読む]
  • 雁来月 和の暮らし歳時記教室 
  • 鳥取の船岡竹林公園でのインスタレーションのお話から始まった、10月の和の暮らし歳時記教室。100名のお手伝いの方々を指揮しての作品作りは、満里子先生の人とのつながりの深さがあってこそ。それもまた、場の空気感となり、作品に寄り添うのでしょう。その場所には行けませんでしたが、画像とお話を伺うことで、竹林公園のかぐや姫を想いました。その後は、チクチクと手を動かす時間。どこで見つけてくるのか、美をみつける [続きを読む]
  • 豆みそ・赤みそ・たまり醤油・こうじ販売の中定商店
  • 豆みそ・赤みそ・たまり醤油・こうじ販売の中定商店のイベントへ、出かけてきました。明治時代より味噌・たまりをつくり続けている蔵。蔵見学と蔵たてものガイドのあとは、蔵のカフェで音楽♪日時:10月7日(土)8日(日)、11月11日(土)12日(日)時間:10時〜17時場所:中定商店内 昭三蔵にて入場:無料8日、混み合うはんだ山車まつりの会場を抜けて、JRに乗り武豊へ。先ずは、お昼ご飯を頂き、見学とジャズを楽しみました。ゆるり [続きを読む]
  • はんだ山車まつり
  • 第八回はんだ山車まつり、終了の花火の音が聞こえてきました。半田人の心意気。二日間、お疲れさまでした。家から通っていく山車が眺められるとは、贅沢な気分でした。土曜日は仕事でしたが、土曜の夜と日曜日は山車まつりを楽しみに、我が家に来客あり。来られた方は、懐かしい!何だか落ち着くねぇ、と我が家を楽しんでくださいました。さて、提灯の灯りが灯った山車は、雰囲気があり気持ちが上がります。お月さまも綺麗な夜、暑 [続きを読む]
  • 旬感in知多半島 碧南番外地
  • 碧南は小判天さんにて、三州三河みりん(角谷文治郎商店)の角谷さんのお話からはじまりました。江戸時代、江戸のお酒の五分の一は三河、知多から造られ、その酒粕から、みりんや酢がつくられてきた歴史がありました。みりん味というものはないが、使い続けてある日やめてみるとわかる、というお話に実感、頷いて伺っていました。みりんはお米まるごとの美味しさですという言葉を頂きました。うちでは、あまり砂糖を使わず、三河み [続きを読む]
  • 糸も引っ越しするの巻
  • 金のなる木の引っ越しをした午後からは、機織りの筬通し。通し終えたら、何かおかしいことに気が付き、綜絖通しまで遡ることになりました。計算はあっていましたが、整経するときに問題があったようです。とにかく初めてのことで問題に気が付きませんでした。この前、同じような間違えをして、ここで直したのよ、と先生が仰いました。先生でも間違えるのですね!その後の対応策を教えて頂きました。要はやり直しなのですが、両端が [続きを読む]
  • 引っ越しの締めくくり
  • 八月一日に引っ越しをしたのですが、引っ越ししきれないものがありました。庭の「金のなる木」です。この木は受難続きでして、花を咲かせたというのに雪で花が萎れてしましました。その時の記事はこちら→雪と金のなる木とその後、庭の百日紅の木が枯れてしまったので、大家さんのお父様が掘り起こしたのですが、金のなる木も断りもなく掘り起こされてしまったのです。仕事から帰ってきて驚いて、元の場所に埋め戻しました。大家さ [続きを読む]
  • 九月の着こなし講座
  • 9月26日(火)夜は、着こなし講座でした。八月はお休みでしたので、皆さんお久しぶり!名古屋帯のお太鼓を中心にお稽古をいたしました。お太鼓柄の袋帯に挑戦される方も。久しぶりといっても、今までお稽古しているので、カンを取り戻すのも早くなりました。りんご先生は、私の半幅帯の結び方を、長めの半幅帯で結んでみました。私は短い帯でしたので、帯が変わるとずいぶん表情が変わります。そこが面白いところです。ちょうど裏 [続きを読む]
  • 綜絖通し
  • まだ機織りの仕組みも手順もわからないまま、綜絖通しをしました。変に力が入って指がつりそうでしたが、終りに近づくにつれて何となく通しやすくなってきました。織るまでの準備工程の大事な作業です。綜絖に糸が通ったら、筬に糸を通していきます。筬通しは、前回のは仮で、今回が本番なのだと知りました。一度通しているので、糸にも少し慣れて入れやすいです。黙々と作業する時間は、けっこう好きかも。裂織の準備に、裂いた布 [続きを読む]
  • 秋のご案内いろいろ
  • 台風のため週末のイベントが中止になったりして、台風情報が気になります。最近はSNSでイベントの案内を知ることが多くなり、こちらに載せることもないのかなと思いつつ、参考にしているよというお声を聞くと、偏りがありますが、気になるご案内をいたします。☆なか志まや・一衣舎・komamono玖 三人展 9月16日(土)〜20日(水) 11時〜19時(最終日17時まで) 名古屋市本山 FLOAT 名古屋市千種区四谷通2-8 YOU YOTUYA 3F [続きを読む]
  • 和の暮らし歳時記教室
  • 今日は思い思いに、ひたすら布を絞りました。虫の音が心地よく、手を動かす気持ちの良い時間でした。デザインを計算してイメージできるものではなくて、畳んだり、縫ったり、輪ゴムで止めたりして、後は解いた時のお楽しみ〜♪という勢いに任せてみました。どんな模様になるのでしょう。絞った布は、藍染めをしてもらい、自分で解くことになっています。満里子先生は、洋服を処分するときに、ボタンは取り外してとっておくのです。 [続きを読む]
  • あいちのおかず出版記念
  • 9月8日、「あいちのおかず」出版記念の会へ、碧南の小判天さん出かけました。仕事帰りに駆けつけて間に合うのは、嬉しいことです。あいちのおかずとのご縁は、農家が仕込んだ手作り醤油の搾り体験会に参加したことでした。取材、写真、イラスト、構成、発行、販売と、全部おひとりでやってしまう、開港舎の服部一景さんがいらして、持ち寄りのおかずを載せていただくことになったのです。ちょうどその時ご一緒した方が、隣の席に [続きを読む]
  • 円頓寺郡上踊り2017
  • 残り福って言うよね!エンジョイ会受付で、最後に残った一枚のくじをひきました。保冷バックを頂きましたよ。必要な人に必要なものが当たるのかな。1等は、ホテル郡上八幡ペア宿泊券 1組!第7回目になるのですね。年々参加される方が増えています。縦長の輪がどんどん長くなり、端の方では音が聞き取れず、ズレることもありました。そんな時は、調子を合わせていくのが盆踊りのよいところです。円頓寺郡上踊りを、浴衣の着納めにし [続きを読む]
  • 筬通しと千巻き
  • 初めての筬通し。1本ずつ糸を筬に通していきます。日が暮れてしまうのではないかというくらい、おぼつかない様子でしたが、何とか通すことが出来ました。あぜ棒、あぜ竹、あぜ返し。千巻きまで。先生、先輩に教えて頂きながら、糸と向き合う時間の豊かなこと。↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • cafe de ふぅ & あんじのせかい
  • 早いもので、引っ越しからちょうど一ヶ月が経ちました。ふと、見上げると秋の空です。友人夫妻のお店「cafe de ふぅ」は、開店から一ヶ月ちょっと経ち、中日新聞の朝刊に掲載されました!開店当日の写真です。時々、珈琲を飲みに立ち寄っています。この前は、隣の席に書道家の先生がいらして、お話をしてくださってお孫さんの個展の案内を頂きました。作為のない楽しい文字を楽しんできました。9月3日まで。会場は、入口屋ギャラリ [続きを読む]
  • 鮎釣り、初体験
  • ビギナーズラックというものを体験しました!郡上踊りつながりということで、カテゴリは郡上踊りですが、鮎の友釣りで鮎が釣れました。りんご村の村長さんの竿を持たせてもらい、手ほどきを受けて、すぐにきました!!びっくり!でした。村長の後姿私は恐る恐るな感じ。ここでも地下足袋、モンペ、そして、笠が活躍です。10時にモーニングの約束をしたのに、起きたのが15分前!慌てて荷物をまとめて、Yさんと車で、「さんぽ道」へ [続きを読む]
  • 徹夜踊り最終日とお土産
  • 午前5時に踊りを終えて、お風呂に入り、横になったのが午前6時くらいだったでしょうか。3時間ほど休んで、大阪のKさんと散策を兼ねてモーニングへ出かけました。野菜がお安く売られていたけれども、荷物になるからねぇーと、残念そうに見送るKさん。夜中までやっていた喫茶店は、流石にモーニングの時間は閉まっていました。おすすめのお店を尋ねたら、「清水珈琲」を教えて頂きました。沢山の柱時計に囲まれて、雰囲気のある店内 [続きを読む]
  • 徹夜踊り、大阪から初参戦!
  • 大阪から高速バスが出ているのを見つけたから、郡上踊りへ行きたいと、大阪のKさんからご連絡を頂きました。盆休みが頂けることがわかり、宿探し困難中でしたが、ご縁を頂きお部屋を貸していただけることになったので、いきなり徹夜踊りに初参戦となりました。楽しんで頂くには、当日の講習会へ参加してね、とお願いいたしました。流石、Kさん!午後3時、4時、5時と申し込みしました!とご連絡があり、8月15日講習会が終わった頃 [続きを読む]
  • モネの池
  • お盆休みの後半は郡上踊りへ!その前に、行きたかった「モネの池」へ立ち寄りました。小雨の降るお天気で、より絵画ぽい雰囲気でした。根道神社(ねみちじんじゃ)へお参りもしました。ご一緒したYさんは、撮影モードで沢山の写真を撮ってくださいました。午後二時半くらいでしたが、小雨のせいかヒグラシの鳴き声が聞こえていました。今度は、晴れた日の早朝に出かけてみたいです。実りの秋は、すぐそこまできています。↓↓↓  [続きを読む]
  • 歩いて近所の盆踊りへ
  • 郡上の徹夜踊りの記事は後にして、土曜日のことを先にします。あちこちで花火がありましたが、近所の線路を渡った先で、地元の盆踊りが開催されると聞き、出かけてみました。仕事場の先輩も浴衣に着替えて出かけるよー!と言われたので、探してみました。30分遅く仕事が終わり、ご飯食べて、シャワー浴びて、浴衣に着替えて外に出たら、炭坑節♪「ダンシングヒーロー」から、「郡上踊り」、そして「、炭坑節」が踊れたらいいなぁ [続きを読む]
  • 足助でダンシングヒーロー
  • 13日〜17日までの盆休みを満喫しておりました。引っ越しの段ボール箱も残すところ10箱となりました。盆休み中には全部開けて納めることは出来ませんでしたが、夏の思い出が沢山!少しずつ書いていきますね。先ずは、前から出かけてみたかった、足助のたんころりんへ。ひぐらしのなく頃、川沿いに車を走らせて、足助の街並みを散策しました。マリリン書店さんの隣の路地は、雰囲気があります。郵便ポストも町並みに合います。ふら [続きを読む]
  • 藍の生葉染め
  • 八月の和の暮らし歳時記教室は、藍の生葉染めを体験しました。藍の葉のいのちを、布に移しとります。やみくもに叩くのではなく、葉脈から色を移してねという想いでトントンとするとよいとコツを教わりました。藍の葉っぱの色を布に移しとるために、木槌でとんとんと叩きます。リズミカルな音はそれぞれのリズムが合わさって、まるで原始的な音楽のようでした。 夏のしつらえの御簾が涼やかで美しく、憧れます。満里子先生の藍の服 [続きを読む]
  • 夏の引っ越し
  • 百日紅の白い花が咲くお家に、8月1日に引っ越しました。このお家を紹介してくれた友人とお仲間がお掃除を手伝って下さり、心より感謝しています。夏の引っ越し、荷物の多さに驚きながら、まだ段ボール箱が積まれておりますが、仕事に行きつつ、ぼちぼちと片付けています。庭の鉢植えに水をあげる時に、藪からしなどと格闘中。木造、土壁、平屋のお家は、風通しよく、落ち着きます。数日過ごした朝、「受け入れる」という言葉が浮 [続きを読む]
  • 着こなし講座・新人さんも浴衣で♪
  • 火曜日にありました、七月の着こなし講座は、新しい方が浴衣とカルタ結びに挑戦!郡上踊りに行く予定と伺い、気合が入ります。皆様、それぞれの浴衣、帯結び。これからの予定は、8月お休みをして、9月26、10月24日、11月21日、12月19日の火曜日です。18時45分〜20時45分。一回2100円。お問い合わせは、info@kimono-hagoromo.comまで。素敵な夏を浴衣、夏着物で、お過ごしくださいね。↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!にほん [続きを読む]