シッカム さん プロフィール

  •  
シッカムさん: 浦和レッズ応援ブログ
ハンドル名シッカム さん
ブログタイトル浦和レッズ応援ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sickham/
サイト紹介文すべては浦和のために… 浦和レッズをこよなく愛する人々にお届けします。
自由文浦和レッズの表と裏(浦)。いろんな情報満載REDS☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/01/31 12:26

シッカム さんのブログ記事

  • 『鹿島に勝つ』 たまらないぜ〜
  • 鹿島戦で勝利し、暫定5位へ浮上。 3位のFC東京、4位の鹿島に勝ち点1差まで追い上げた。 ACL出場権が射程圏内に入った。 浦和レッズオフィシャル@REDSOFFICIAL 10/20、鹿島アントラーズ戦。 重要な一戦で、選手を後押しするサポーターのビジュアルサポート。 #urawareds #浦和レッズ #wearereds #Jリーグ #一戦必勝 #ACLへ https://t.co/To9b2jVGFj2018年10月20日 16:30 浦和レッズオフィシャル@REDSOFFICIAL 1点を追う [続きを読む]
  • 勝つ手に「一戦必勝」予想(H鹿島戦)
  • 3位の鹿島と勝ち点4差で追う6位の浦和。両チームにとって、今日のゲームは重要な一戦となる。代表ウィークの短い中断期間で、いかにリフレッシュできたか?いかに調整できたのか、試される一戦ともなる。チケットの売れ行きは、4万7000枚と、まあまあ順調。その上、社長以下クラブスタッフが駅で呼び掛けるビラを配ったりしている。満員の埼スタで選手たちを後押ししたい。期待と不安が入り交じる一戦だが、1/34試合と考え [続きを読む]
  • ”ACL上海上港戦 これぞ浦和だ”
  • みんなの回答を見る ちょうど一年前の記事です。 かなり前のように感じるのは何故でしょう。 ただ、あの時の気持ちは忘れてない。 残り5試合、ノックアウトステージだと思って闘いましょう。 2007年 2017年 熱く楽しく浦和レッズをサポートしましょう!↑↑↑↑↑↑↑ とタップは、チカラになります(^_-)  ↑励みになります。   ↑ポチッってください! [続きを読む]
  • レッズ飯も出店する鹿島戦!
  • ながーくお付き合いしているレッズ一色な居酒屋「紋次」。明後日、レッズ飯企画で埼スタに出店します。それは、むかーし昔の話しになります。東武スカイツリーライン沿線にレッズなお店が出来たとの噂を耳にしました。今でこそ、スマホで調べればすぐにわかります。ところが、その当時はスマホなどなく、インターネットや電話帳で調べるくらいしか手段がなかったのです。といっても、どの家庭でもパソコンがあるわけじゃないし、ほ [続きを読む]
  • 埼玉に海あり 柴戸海を実感!
  • ボランチだが、センターバックもこなす柴戸海。 今年浦和レッズに入団して、阿部勇樹2世と言われた選手。 ここ3試合、リーグ戦で途中出場。 持ち味のハードワークと球際の強さを発揮している。 入団記者会見で、「埼玉県には海がないですが、献身的なプレーで、“海なし県”と言われないようにしたい」と言うように彼はやっています。 浦和レッズ後援会のサッカーフェスティバルで、一緒にボールを蹴って実感しました [続きを読む]
  • なんで「ほぼほぼ」言うの?
  • 2010年〜2011年頃から普通に使われるようになった「ほぼほぼ」。 テレビ東京の番組で『ほぼほぼ〜真夜中のツギクルモノ探し〜』が放映され、『三省堂 辞書を編む人が選ぶ 今年の新語 2016』で「ほぼほぼ」が大賞を受賞しました。 その「ほぼほぼ」を周りで使う人が、最近すごく多いんです。 その人たちからすると、 浦和レッズも地固めのときだから、現在の順位もほぼほぼOKと言うのですかね〜そもそも、ほぼほぼって、どう [続きを読む]
  • 浦和レッズエコきっぷ 2nd
  • 8月、9月と2か月間限定で発売されていた浦和レッズエコきっぷ。2試合の交通費が、1試合分になるというものでした。埼玉高速鉄道だから、浦和レッズをエコひいきしてくれる。そのエコかと思っていました。ところで、エコってそもそも何?エコロジーまたはエコノミーの略の和製英語。 エコロジーは、「環境にやさしい生活」。 エコノミーは、「経済」または「コストが安い」こと。 江戸時代は、徹底したエコ社会だったようで [続きを読む]
  • レッズ後援会 サッカーフェスティバル
  • 浦和レッズ後援会設立25周年事業の サッカーフェスティバルに参加してきました。 第1部は、子どもたちの部。 前泊した小4の姪を連れて行きました。 フェアプレーキッズとして埼スタでいただいたパンツとソックスに着替えいざ出陣。 黄色のシャツは、レッズだからやめたようです。 第2部は、大人の部。 男性2グループ、女性1グループ、オヤジ1グループに分かれてやりました。 幸いオヤジグループ入ったシッカムは、 [続きを読む]
  • 次は いつから準備を始める?
  • 次の試合への準備は、いつから始めるの? 当然、試合終了のホイッスルが鳴った時からでしょ。 そして今日、流通経済大学とのトレーニングマッチが行われました。 結果は、次のとおりです。 1本目は、4−0。 GK 榎本(30分→福島)DF 岩波、阿部、茂木MF 森脇、長澤、柴戸、武富、平川FW アンドリュー ナバウト、李 得点は、柴戸、岩波、 ナバウトの2本でした。 2本目は、ほぼユース中心。0−1と無得点に終わりました。 [続きを読む]
  • 外国人枠撤廃でワクワクする?
  • プロ野球でも外国人枠撤廃を提案した楽天の三木谷社長が、Jリーグにも申し出たと聞きました。ヴィッセル神戸は現在、イニエスタやポドルスキなど超有名選手を含め、6人の外国人選手が在籍しています。 Jリーグの規定では外国籍選手の登録できる人数は4人。その他1人はアジア枠。 なのに6人登録できるのは、Jリーグ提携国の選手については外国籍選手にカウントしないことになっているからです。 その提携国とは、タイ、ベト [続きを読む]
  • やり直せない戦いがそこにある
  • ゴルフには大きく分けて、打数を競うストロークプレーと1ホールごとに勝敗を決めるマッチプレーがあります。個人競技に思われがちなゴルフですが、実はチームプレーもあるんです。 オルタネート方式と言って、4人が2人ずつに分かれて、交互にボールを打つプレー。 初心者のアマチュアがデビューする時など、ベテランがカパーしながら出来るスタイルなのです。 スクランブル方式というのもあって、同じ組の全員が打って一番条件 [続きを読む]
  • ボルテに来店 おこる興梠!?
  • 言わずと知れた浦和のエース、KOROKI Shinzo。日本代表にこそ選ばれていないが、間違なく日本を代表するストライカーの一人です。その興梠の実家で営むローストチキンコウロギのお肉が東京で味わえるとあって今話題になっています。そもそも、興梠という変わった苗字。由来は昆虫ではなく、梠(軒)が興ることから「 こうろ」「こおろき」と転じたようです。家の格式が上がって立派な家になったという意味からきてい [続きを読む]
  • レッズサポ ないない第1弾
  • このタイミングで、このタイトル。 炎上しないか心配な面も正直あります。 ただ、ネタがないのでいっちゃいまーす。 レッズサポ ないない第1弾!! レッズサポが恐いと思われている。 そんなこと、ないない点差がひらいて負けている時に諦めて応援する人。 そんなサポ、いないいない天皇杯もあるけど、Jリーグ優勝を諦めている。 そんなこと、思ってないないリーグ戦は残り5試合となりました。 数字上6位の浦和まで [続きを読む]
  • KLMに続く 「KAN」続投か?
  • 仙台戦を前に、こんな記事を読みました。 『「KLM」に続く浦和の新ユニット「KAN」が新機軸に』 中盤の柏木陽介、青木拓矢、長澤和輝の頭文字です。 この3人が同時にピッチに立つことが、ほとんどありませんでした。 ファブリシオの長期離脱に加え、イニエスタ対策から生まれたユニットだったのです。 中盤を自由にさせないトリプルボランチ。 バランスのダブルボランチ。 攻撃のスイッチが入った時のワンボランチ。 [続きを読む]
  • もったいない引き分け 仙台戦
  • 前節、Fマリノスに5失点を食らって連敗中の仙台と、 3連勝中で3試合同じメンバーで臨む浦和。 同じ勝点で並ぶ両チームは、ミラーゲームで予想以上に球際で激しかった。 それに留まらず、季節外れの暑さとなったユアスタで初物が見られたのだった。 スペースを空ける動きに、連動してスペースを使うのが上手な浦和。 バイタルエリアに何度も侵入する長澤から、この時はサイドから大きく空いたゴール前へ正確なピンポ [続きを読む]
  • 攻撃重視か? 守備重視か?
  • 10月20日(土)の鹿島戦でドリンクボトルケースがもらえる。 そのニュースを見て思い出しました。 浦和レッズオフィシャル@REDSOFFICIAL 10/20(土)鹿島アントラーズ戦(埼玉スタジアム・16時キックオフ)において、浦和レッズを応援してくださる来場者全員に浦和レッズの新クラブロゴがあしらわれた『浦和レッズオリジナル ドリンクボトルケース』をプレゼント!! ■詳しく… https://t.co/hmSbqkjZh72018年10月04日 10:38 以前、 [続きを読む]
  • 今年の新米 浦和地方で大豊作
  • 今年の新米は、予想を上回る出来です。 ユース出身の橋岡は、すっかりレギュラーに定着。 荻原らも期待以上の活躍をみせています。外国産米のナバウトやファブリシオは、出来が良すぎ。 おかげで、相手チームに食べられケガしちゃいました。 一昨日行われた明治大学とのトレーニングマッチでは、ナバウトが復帰。 1本目フル出場。 2本目は19分まで出場し、1ゴールを上げる活躍をみせました。 浦和レッズは、新米と [続きを読む]
  • ムービングサタデーを狙え!
  •  先日、日本女子オープンゴルフ選手権を見に行って来ました。会場は千葉カントリークラブ・野田コース。日本一を決める大会ともあって、悪天候に関わらずたくさんのギャラリーが見に来ていました。 3連覇がかかる畑岡奈紗選手。2年前のアマチュア時代に劇的な優勝を果たした選手なのです。サンデーバッグナイン(最終日の残り9ホール)に入る前のショートホール。目を見張るプロの打球のなかで、アマチュアながら彼女にキラリと [続きを読む]
  • 2戦連続 エース興梠は十万石
  • 興梠は、十万石まんじゅうみたい。 うまい、うますぎる。 1点目は、ループシュート。 45度に近い位置からキーパーの頭越しに決まった芸術弾。 その起点となったのは、彼の前からのディフェンスからだった。 2点目のゴールは、まさに彼の真骨頂。 相手ディフェンダーもわかっていただろう。 だけど止められない。 消えては現れる動き。 まるで忍者のようだった。 オーバーヘッドキックも見せる貪欲さ。 今 [続きを読む]
  • 目が離せない展開となった 柏戦
  • 台風もなんのその。 浦和と柏は、まだ嵐の中ですから〜取られたら取り返す。 取り返したら突き放す。 追い付かれれば、また突き放す。 今日のゲームは、目が離せませんでした。 試合開始は、くもり。 ポツポツとしだいに雨が降り出す。 後半から強くなった雨足は、試合終了間際にまた小雨に変わりました。激しく雨が降るほど、なぜか応援にも力が入ります。 未だ、興奮覚めやらず。 熱ーい風呂に入って祝杯。 このひと時 [続きを読む]
  • 勝つ手に「3連勝」予想(H柏戦)
  • 前節、神戸に快勝し連勝中の浦和。 明日、ホームに迎い撃つ相手は、残留争い中の柏だ。 戦績をみると、浦和が10勝8分け9敗、勝ち点38で8位。 対して柏は、9勝3分け15敗、勝ち点30で16位。 勝利数だけ見ると、さほど変わらない。 オリヴェイラ初采配たっだ4月に、0−1で負けている。 ここ3戦、柏には勝てていない状況。 オフィシャルでは、こう言っている。 良い流れを継続し、ホームで連勝を [続きを読む]
  • 難問クイズ!? 西川周作を探せ
  • 今年も早いもので、そんな季節になりました。 そう、毎年恒例のファンファン・クイズがスタートしました。 今年は、ゴールキーパー4人が登場。 西川周作・榎本達也・岩舘 直・福島春樹のポーズが決まっています。 問題は、「図の中に西川選手が何人いるでしょう?」 ウォリアーを探せ!? ウォーリーを探せ!! でもないのに、今年は難しい。 福島と西川の笑顔が似てるし。 絵の下(もと)に、榎本と西川と区別し [続きを読む]
  • 2018年残り100日の運勢
  • 今年も残り100日を切りました。 占いの結果は、こんな感じでした。 残り100日の運勢は・・・残り100日運勢みくじをひく2018年ラストスパート!あと100日でしたいことは? [一言で表すと]失敗を恐れずにシュートを打つ。 [願い事]一歩踏み出して、ボールを奪う。 [恋愛運]思い切り良く、足を振り切る。 そういうことでしょ! 「新しいジャンルの記事に挑戦」って、どういうこと? アメブロの公式ジャンルは、こ〜ん [続きを読む]
  • GO!GO!02 神戸戦その2
  • 選手たちは柏戦に向けて調整していますが、神戸戦の後半を振り返ります。前半に良いゲームすると後半が悪くなる。 その心配をよそに、しっかり得点を重ねていったレッズ。3点目は、武藤の頑張りから生まれたものでした。 ゴールラインギリギリまで峻希と競り合う。 一度はボールを奪われるも、峻希が出したパス。 それとも切り返したか、勢いがない。 それをかっさらって、角度がない位置からキーパーの頭越しに決めたのでした。 [続きを読む]
  • GO!GO!02 神戸戦その1
  • 人が多いと、何だかキョロキョロしちゃうよね。 なんてたって、久しぶりに5万人を超えましたからね〜そのせいか、いつもは試合開始から始まるチャント。 この日は、45分前から始まりました。その割りには落ち着いたゲームの入りをした両チーム。均衡を破ったのが青木拓矢。 ゴール前でボールがこぼれる。 そりゃ、彼なら躊躇なくシュートを打つでしょう。 左に打とうと思ったけど、キーパーの位置見て右へ蹴ったらしい。 その冷静 [続きを読む]