シッカム さん プロフィール

  •  
シッカムさん: 浦和レッズ応援ブログ
ハンドル名シッカム さん
ブログタイトル浦和レッズ応援ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sickham/
サイト紹介文すべては浦和のために… 浦和レッズをこよなく愛する人々にお届けします。
自由文浦和レッズの表と裏(浦)。いろんな情報満載REDS☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/01/31 12:26

シッカム さんのブログ記事

  • 阿部勇樹式 勝利の方程式を語る
  • 2010年アフリカ大会躍進に大きく貢献した阿部勇樹選手。 すっかりアンカーだと思っていましたが、実は違っていました。 REO JAPAN@REO201566 阿部勇樹アンカーじゃなかったw https://t.co/4NVXMqagrs2018年06月09日 22:25 今夜、NHK「サンデースポーツ2020」に出演します! 2日後に迫る日本対コロンビア 勝利へのポイントを展望を語ります。 21:50からですよ! (シッキンガム宮殿のロビーに今もある、お気に入りの写真です) [続きを読む]
  • 【号外】浦和のナバウト ワールドカップ出場!
  • 昨夜、スペイン対ポルトガルの熱戦に興奮しました。 そして今夜! これから浦和のナバウトが出場します。 まばたきしないで、応援するつもりです。 FORZA Andrew NABBOUT FIFA World Cup ??@FIFAWorldCup The teams are in for #FRAAUS ?? https://t.co/fnrkT1Iar92018年06月16日 17:49 FIFA World Cup ??@FIFAWorldCup #FRAAUS // FORMATIONS ?????? https://t.co/nplvg8wEuh2018年06月16日 18:21 J [続きを読む]
  • ワールドカップを応援しよう!
  • あまり盛り上がっていないサッカーワールドカップ。TV各局で特集を組んでいましたね。 フジテレビサッカー@cxfootball #ジャンクスポーツ 3時間SP 6月10日(日)よる7時、フジテレビ系列全国ネット放送です。日本サッカーの歴史を築いてきたレジェンドが勢揃い! #岡野雅行 #闘莉王 #鈴木隆行 #小野伸二 #高原直泰 #稲本潤一 #巻誠一郎… https://t.co/hgiJf45ybq2018年06月05日 09:06 我らの鈴木啓太さんも盛り上げるために頑 [続きを読む]
  • 浦和の首脳陣 どう打開する?
  • リーグ戦は、15節終わって4勝6負5分の14位。 得失点差「−1」とは、信じがたい低調ぶりです。 ルヴァンカップも、早くも姿を消しました。 土曜日のゲームだというのに、観客が2万2千。4万は入っていたのに、観客離れが止まりません。 昨日、初の米朝首脳会談が実現。 非核化に向けた共同声明に署名。 両国関係が一歩前進したと言えます。 ただ、その費用は韓国と日本などが負担するって? その額、なんと220 [続きを読む]
  • サッカーの試合でやり直し!?
  • 先日行われた天皇杯2回戦。 名古屋(J1)と奈良クラブのPK戦をやり直すことになりました。 朝日新聞グランパス担当@asahi_grampus 天皇杯PK戦やり直しの日本協会説明 奈良クラブの4人目がフェイント→規則ではキック失敗、名古屋の勝利決定→しかし主審はやり直しを命じた→6人目を終えて奈良クラブが勝利→特例措置でPKやり直し #奈良クラブ #PKやり直し #天皇杯2018年06月11日 17:29 審判の判定ミスだけど、いくら [続きを読む]
  • 勝ったけど負けた ルヴァン杯
  • 2点リードで引いてくると思われていた甲府。予想に反して、試合開始早々から攻めてきました。何も出来なかった第一戦。悪い流れを断ち切ったのは、エース興梠だった。19分、左足を振り抜きゴール。 スタジアム全体が、息を吹き返す。 24分には、ループシュートで技ありゴール。 これで、イーブン。さぁ、これからそう思ったのも束の間。 その3分後に、甲府が1点を返す。 最後まであきらめないサポーター。 足が止まり始めるイ [続きを読む]
  • 勝つ手にドンファン活躍予想(ル杯)
  • 天皇杯2回戦では、J3とはいえ3得点した浦和レッズ。 明日のルヴァンカップの相手は、J2の甲府。 第1戦のホームで2-0で勝利した甲府が、 引いて守ってくることが予想されます。 次に進むには、3点以上で勝つことが条件。 いかに崩していくかがカギとなるでしょう。 U21を途中離脱してチームに合流した橋岡大樹選手。 オリヴェイラ監督も明日の出場を名言して、このように語っています。 力強く、相手のペナルティ [続きを読む]
  • フードファイターに気を付けろ(天皇杯)
  • 天皇杯2回戦、「YS横浜に快勝」って、言って良いのでしょうか? 埼玉新聞社@saitamanp 浦和、天皇杯でYS横浜に快勝 ホームで3―0 3点目を決めた山田「武藤を信じた」 https://t.co/Pzn44r4OPz2018年06月07日 00:15 内容もそう。 前半の得点は、オウンゴールとPK。 試合終了間際の直輝のゴールがなかったら、不満を口にする人も多かったでしょう。 スカサカ!24時間サッカー専門チャンネル@sptv_jleague 【ハイライ [続きを読む]
  • VC3000 天皇杯2回戦
  • 天皇杯初戦(2回戦)の相手は、J3のY.S.C.C.横浜。 明らかに格下の相手。 こういう相手は、やりずらい。 内容・結果ともに完敗だった甲府はJ2。 またも、嫌なシチュエーション。 サッカーは何が起きても不思議じゃない。なめたらあかん なめたらあかん ここのところ、得点力不足が否めません。 VC 3点ノドがら手が出ます(^_-) 椛沢佑一@浦和フットボール通信編集長@kaba_urawa 「コンディションが非常に良 [続きを読む]
  • 『サッカーをあきらめない』野人岡野
  • 4年に一度、引っ張り凧になる人物。 その人の名は、野人岡野。 昨日、彼の出版記念サイン会のために、須原屋本店(浦和)に行って来ました。現在は、J3ガイナーレ鳥取のGM。サイン会では、気さくにサインや写真撮影に応じ、一人ひとりに時間をかけて話をしてくれました。去年は、啓太とのトークライブ。 その前には、選手獲得のための寄付をして、一緒に酒を酌み交わしたことがありました。 そんなシッカムを覚えていてくれまし [続きを読む]
  • 水分補給は大事だけど。。。(ル杯甲府戦)
  • 溶けるような暑さに見舞われた山梨中銀スタジアム。 試合前、甲府相手に見せたい貫禄。「スタートから襲いかかりたい」と武藤選手が語っていました。 ところが、球際にも負けて完敗に終わりました。 試合後、オリヴェイラ監督は、何かが足りなかったのではなく、相手がわれわれを上回っていた。 セカンドボールが、今日の試合のポイントだったとコメント。 同様に、西川選手も相手が優っていたと、感想をもらしました。 [続きを読む]
  • 最新の投稿から1週間が経ちました
  • 最近あなたの周りでどんなことがありましたか? 1週間ブログをお休みしました。 慣れないことをするから、どうも気持ちが乗りませんでした。大きな声を出すこともなく、手を挙げることもない。この間、ゴルフやフットサルでストレスを発散しましたが、どうも不完全燃焼。応援し過ぎで足や耳を患いましたが、お陰で腰痛や五十肩はありません。やっぱり、応援は体に良いんです。 そして本日、ルヴァン杯 プレーオフステージ [続きを読む]
  • スタジアムに棲む ヤジラー!
  • 今なお、聞くに絶えないヤジもあるとか?それが原因で、スタジアムに来なくなった人もいると聞きました。一人で家で見ているわけじゃなし、あまりに周りを気にしないヤジらー。子どもたちに聞かせたくないのもあります。そんな時、「てめぇー!子ともが聞いてるじゃないですか」 と、丁寧にお伝えた経験もあります。 そんな自分も若い頃、全く身に覚えがないと言ったら嘘になります。選手へ向けての叱咤激励? それとも、ストレ [続きを読む]
  • 正当なチャージが 熱くさせる
  • 連日、テレビで繰り返し流れるタックルの映像。 アメフトの反則行為に対して、選手本人の謝罪会見がありました。 会見では、「監督とコーチの指示」だったと明言。 監督・コーチから追い詰められ、無防備の相手を倒した。 まさに、信じがたい行動です。今季、J1リーグで一番警告数が少ない浦和レッズ。 就任直後のオリヴェイラ監督は、警告の少なさに物足りない様子。別に、反則を指示しているわけじゃありません。球際の強さ [続きを読む]
  • 大阪春の陣も 真田の赤備え
  • 吹田遠征では、例によって観光してきました。現地のボランティアガイドさんに連れられての真田丸ツアーでした。真田丸とは、大坂城の弱点に目を付けた幸村(信繁)が築城した出城(要塞)のことです。敵をだますアジテイト作戦あり、にらみ合いありと、 大阪夏の陣、冬の陣で、激しい攻防が繰り広げられた場所なんです。今なお、その辺りの地名は、真田山と言われていました。「日本中のどのスタジアムに行っても、浦和レッズのサポ [続きを読む]
  • 昨日はここから ガンバ大阪戦
  • 失点しないけど、得点も出来ない。負けないけど、勝てない。中断前のこの一戦。 西川のスーパーセーブもあっただけに、 何とかしたかったけど、ダメだった。 それもそのはず。 やってしまったのです。ご老体と一緒の参戦だったので、指定席のチケットを購入。 それは良いのですが、そこは、ガンバゴール裏のすぐ脇。 レッズのレプリカを完全に隠され、応援も一切ダメ。試合開始前には、バックスタンドも全員立ち上がっての儀式 [続きを読む]
  • 勝つ手にのぞみ予想(A G大阪戦)
  • 始発電車に乗って、新幹線で吹田に向かっています。 中断期間前の大事な一戦は、職場仲間で作るチームでの参戦となります。今回は、Jリーグ日程発表と同時に大阪行きを決めました。 その時ガンバが低迷するとは、予想だにしませんでした。 勝てるチームに照準を合わせて行く。 それが、うちのチームの伝統だからです。 昨年は、札幌で負けてしまいましたが、勝率90%以上なんです。 ユキ団長のたっての願い。 ♪君が望 [続きを読む]
  • 華麗に振る舞う サポーター
  • 氷室京介は、聴覚障害で活動を休止しました。 シッカムは昨年11月、人間ドックの聴力検査で要精密検査の判定が出て紹介状をもらいました。 晴れ晴れとした気分で大阪遠征するために、耳鼻科を受診してきました。高音が聞こえづらくなっているのは、加齢と環境が原因でした。 ゴール裏では、いつも大きな音を聞いていますからね。女医さんからは、ライブ用の難聴予防耳栓を勧められました。もっとも、自分のコールが一番うるさ [続きを読む]
  • 浦和のマッキーマジック
  • 槙野智章プロデュース 『マッキーのマッキー2018』が発売されました。 第一弾のマッキーは、買いました。 マジックのマッキーは、ほんと耐久性があるですよね。 選手のマッキーは、15戦フル出場で西川と並びトップ。 ルヴァン杯2戦、リーグ1戦お休みしただけ。 こちらも耐久性があるんです。 同じマジックでもオリヴェイラマジックは、じっくり浸透するんです。 マッキーのマッキーの姉妹商品、 「オリヴェイラ [続きを読む]
  • グループステージ突破で 上機嫌
  • 早いボール回しでゲームを展開する両チーム。 ただ、ゴールの匂いがなかった前半だった。昼間の暑さが嘘のような涼しげな埼スタ。最初のチャンスは、相手のハンドで得たPKだった。 キッカーは、李忠成。 予想していた方向とは、違う方向に蹴った。 そして、止められた。 止められたからこそ、あの素晴らしいゴールにつながった のだろう。 浦和レッズオフィシャル@REDSOFFICIAL [試合結果]浦和レッズ 1-0(前半0-0) サンフ [続きを読む]
  • 勝つ手に大一番予想(ル杯H広島戦)
  • 今季初めての大一番がやってきました。 ルヴァン杯、次に進めるか、 明日決まります。 浦和レッズは、ここまで○勝○敗○分の勝点○で首位。 明日対戦する広島とは勝点○差。 勝てば文句なしに次へ進める。 ホームだし、勝利することしか考えていないシッカム。 メンバーが違えど、リーグ首位を独走している広島には是が非でも勝ちたい。 そんな気持ちを乗せて、明日も余力を残すことなくサポートします。 【 [続きを読む]
  • 鳥栖戦 何を言っても後の祭り
  • 失敗を恐れてるの? それとも 雨でスリッピーだから? 丁寧で確実なことは、いいこと。 ただ引いた相手にあまりに慎重過ぎるパス回し。 後半終わり頃まで、相手にシュートを打たせない守備。 それもいい。連戦で疲れているのはわかる。 ただ、パスやシュートの精度は、プロらしくあってほしい。 点をとられなければ、負けない。 とらなきゃ、勝てないんだよ! まんまと鳥栖の作戦にはまった感じです。 さぁ、次 [続きを読む]
  • 鳥栖戦を終えての セレモニー
  • 今日のゲームは、明日以降に振り返りたいと思います。 なぜって? 今日は、母の日。 そして、誕生日と喜寿(77歳) トリプルの祝宴があるからです。 シッカムが鳥栖戦から帰宅してからの始まりとなります。 浦和レッズ中心の生活をしているから仕方ないことです。 母親もその辺のところは、昔から諦めているようです。 浦和レッズをサポートできる丈夫な体に育ててくれた母に感謝しかないですね。 米寿(88歳) [続きを読む]
  • 勝つ手にGoGo予想(H鳥栖戦)
  • 明日の鳥栖戦は、久しぶりに4万人を超えそうですね。 未来のレッズファン・サポーターと共にたたかいたい! そんな願いを込めて、、小中高生のチケット料金が、『550円』。 なんてたって、『Go Go Reds!』デーですからね。 その他、オリジナルドリンクボトルが来場者全員にもらえます。 W杯中断前に、少しでも欲しいのは勝点。 怪しい雲行きですが、その辺はなんとかなるでしょう。 万が一、負けてもピッチに投げ [続きを読む]
  • 3枚か4枚か なんまいだー
  • サッカーの始まりは、人類の誕生と同時だと聞いたことがあります。 石ころが落ちていれば、蹴りたくなる。 それが、人間の本能だからです。 サッカーの発祥は、イギリス。 「しゃれこうべ」を相手の村まで運ぶのが起源だとされています。 キーパーを除く全員が、相手陣地に攻め上がる。 攻められれば、全員が戻る。 そんな子どもサッカーの時代もあったらしいです。 サッカーの歴史やシステムを語ると止まらなくなる [続きを読む]