シッカム さん プロフィール

  •  
シッカムさん: 浦和レッズ応援ブログ
ハンドル名シッカム さん
ブログタイトル浦和レッズ応援ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sickham/
サイト紹介文すべては浦和のために… 浦和レッズをこよなく愛する人々にお届けします。
自由文浦和レッズの表と裏(浦)。いろんな情報満載REDS☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/01/31 12:26

シッカム さんのブログ記事

  • 浦和新監督 オズは魔法使い!
  • 大槻組長の跡目は、魔法使いと言われるオズワルド オリヴェイラ。 大原でのトレーニングを昨日から始動させている。 規律を重んじ、すべてはチームのために。 努力が成功のカギ。 確固たる信念のもとに指揮する監督だ。 4バックが代名詞である彼のシステムも、結果が出ている今、 それを封印してまでも3バックを継続させると宣言している。 浦和はサッカーで呼吸する街。 ピッチ上の選手の頑張りと、サポーター [続きを読む]
  • 【号外】アウトレイジ Episode II
  • この3週間のワクワク感は、なんだったのだろうか? この短い期間に、選手の気持ちを入れ直し、チームを建て直した大槻監督。 指揮を執った6戦、4勝2分と無敗で完結。 あのオールバック姿は、スイッチを入れるためだとは思いもしませんでした。 大槻監督ラストゲーム、シッカムもオールバックにサングラスで参戦。 考えてみれば、いつもと同じじゃん。 違うのは、ポマードをたっぷりにして、スポーツ系からヤンキー系 [続きを読む]
  • アウトレイジ最終章 対札幌戦
  • 終始、一進一退の攻防を繰り広げた札幌戦。 ここまで、平均13本のシュートを放っている札幌。 一方、8本の浦和。 このゲームでは、浦和が札幌の9本に対し、4本上回る13本のシュートを放った。 札幌は、前監督と現監督のサッカーが融合したのか、 2枚のイエローカードだ出たが、思いのほか攻守にわたって安定していた。 対して、浦和も主力の都倉を封じたベテランの阿部ちゃん。 カウンターを受けても、追いつく若い橋 [続きを読む]
  • 勝つ手に「仁義なき戦い」予想(H札幌戦)
  • 公式戦初顔合わせとなるミシャコンサ。 浦和がどう挑むか、注目の一戦となる。 トレーニングマッチで一度対戦し、5-0で快勝している。 浦和はここまで、3勝3敗2分の10位。 対する札幌は、4勝2敗2分の4位と上位にいる。 あの時とは、形成が逆転しているのだ。 あれだけポゼッションにこだわったミシャ。 なのに、今の札幌は違うように見える。 事実、リーグで1番シュートを打っているようだ。 浦和がポ [続きを読む]
  • もはや暫定と言い難い 大槻監督
  • キーパーを含めて10人替えてきたルヴァンカップG大阪戦。 さすが、勝負師。組長。大槻監督。 その期待に応えて、荻原、マルティノスが好機を演出した前半。 浦和レッズオフィシャル@REDSOFFICIAL <清水戦スターティングメンバー>GK 西川 DF 遠藤、マウリシオ、槙野 MF 橋岡、長澤、阿部、菊池、柏木 FW 興梠、武藤 SUB 福島、岩波、マルティノス、青木、柴戸、アンドリュー ナバウト、李 #urawareds… https://t.co/SSF3bpTH [続きを読む]
  • 勝つ手に吹田予想(ル杯Aガンバ大阪戦)
  • 1戦目のホームでは、1-4で負けた浦和。 2戦目はアウェイ吹田に乗り込んでのリベンジマッチとなる。 上向き加減のレッズと調子が悪いガンバ。 そのガンバは、リーグ戦とほぼ同じメンバーを起用し続けている。 ターンオーバーが成功している浦和との違いがはっきり分かれている。 とはいえ、ガンバもこの一戦を浮上のきっかけにしたいと躍起だろう。 勝点に餓えているのだ。 腹が空いた者には、気を付けろ! 浦和レッ [続きを読む]
  • 吹田スタジアムに かける想い
  • 遠征前のB.G.R.最終酒脳会談。 草加にある「Katsu」というお店で、先日開催しました。勝てるチームに行く。 つまり、かなり下位のチームに行くこと。 それがメンバーの暗黙の了解なのです。行ったことがない場所。 祝勝会の時間がたっぷりとれるゲーム。 などなど、色々考えるとなかなかみつかりませんでした。 昨年完成した吹田スタジアムには未だ行ってない。 そんなわけで、5月のガンバ大阪戦に決定しました。 ま [続きを読む]
  • 良いイメージを大切に(清水戦のキーワード)
  • 実に、昨年10月以来のキーワードです。 3連勝と勢いが増してきた浦和レッズ。 良い気分でお酒を飲みながら、記事を書いています。 前半には、ダイレクトパスが多く見られ、テンポ良くボールが動ごいていました。 時には、基本の三角形のパスも見られ、第3の動きもあってコンビネーションが良かった。 マウリシオに代わった岩波選手は、大きなサイドチェンジを多用。 相手を揺さぶったおかげで、中央もサイドも使える [続きを読む]
  • 今日もまた うまい酒が飲める
  • 今日も大槻采配が大当たり。左と右から正確なクロスが上がり2得点。菊池と橋岡のその先には、エース興梠。前半は、完全にゲームを支配できた。後半、ここからが真価が問われる。 そう思っていたが、やっぱり足が止まった。 今は、先制して耐えしのぐしかない。今夜のお酒は、早目に切り上げるのが良いかな(^_^; DAZN ダゾーン@DAZN_JPN 鮮やか!#浦和レッズ の追加点! 高卒ルーキー #橋岡大樹 がドリブル突破からクロスを送 [続きを読む]
  • 勝つ手にターンオーバー結果予想(H清水戦)
  • 連勝して期待が高まっている11位の浦和。明日、ホームに迎え撃つ相手は8位の清水。清水は、これまで2勝2敗3分。 リーグ戦、ここ4戦勝ちなしで不調の渦に巻き込まれている状況だ。前節、浦和戦に照準を合わせたのか、得点力のあるクリスランを温存。対する浦和も、代表の槙野をベンチ外、ベテランの阿部も温存。この15連戦で、どこのチームもターンオーバーを強いられている。大槻監督の下、今は誰が出場しても結果を出してい [続きを読む]
  • こちらも 新生レッズが見える
  • 6時53分から始まるNACK5の「オール、ザ、レッズ」。 いつの日からか、毎朝聴くのが日課になっていました。 どこに行こうが、どんな時も聴いていました。 長年、大野勢太郎さんが番組を担当。 リスナーから寄せられるメッセージにも、一喜一憂していました。 去年だったか、彼が土曜日の番組に移り、番組のパーソナリティーが担当していました。 正直、放送時間が短くなって、内容もあっさり。 一生懸命やろうとして [続きを読む]
  • 大槻氏 つなぎ監督でいいの?
  • もう、ACL優勝記念グッズは届きましたか?ここのところで、だいぶ届いているようですね。 ジグソーパズルなど一部届いていないグッズもあると聞いています。 あの優勝までの苦しい道のりを忘れない。 その気持ちを注入する意味で、自分はスマホの充電器にしました。ところが、差し込み口が合わない。充電できないで困ってます。 大槻監督は、選手間を上手くつなぎ、ここまで好成績をおさめています。次期監督は5月に決まると [続きを読む]
  • やったね!ギラギラして連勝
  • 浦和の大槻監督は、古巣対決となる岩波と新人の橋岡を大胆起用。対する神戸は、橋本をスタメンに起用して、那須と峻希をサブにおいた。幸先よく、武藤が今季初ゴールで先制。足が止まらなければ、このまま行ける。 ところが、後半押し込まれ逆転を許してしまう。 ここで終わらないのが、大槻レッズ。 岩波が期待に応え、初ゴール。 試合終了間際のマウリシオの劇的逆転ゴールで連勝。 ギラギラと勝ちに行く。 それは [続きを読む]
  • 勝つ手に熱い男対決予想(A神戸戦)
  • 6戦目にしてリーグ戦に初勝利した浦和。 明日の相手神戸も、2勝2敗2分と成績が振るわない。中3日の浦和と中2日の神戸。 お互い浮上のきっかけをつかみたいと思って臨むだろう。 熱い男、那須が神戸に移籍。 それ以上かもしれない、大槻監督が指揮を執る浦和。 より一層ギラギラしたものを持って勝ち点を取りたいとか取りにいくと言う。 熱い男同士の戦いが繰り広げられるだろう。 闘魂注入に成功するのは、大槻だ。 浦 [続きを読む]
  • 戦う集団にしそうな 大槻監督
  • ルヴァン杯とリーグ戦の2戦で全員使ったと言う監督。 次の神戸戦では、やる気ある奴を使うようだ。 もうスタメンが固定されることはない。これからチーム内での競争が激化しそう。この戦う集団ってのが、浦和には足りなかった部分だった。次期監督候補にオリヴェイラの名が上がっている。 代表監督を更迭されたハリルホジッチなんてのも考えられる。 檄を飛ばす大槻監督。 彼に留まって欲しい気持ちは 、サポーターの多くに [続きを読む]
  • 大槻組長が 標的になっていた
  • オールバックでオーバーアクション。 今、人気急上昇中の闘将大槻監督。 大原練習場では、子供たちサインをねだられるほどの人気ぶり。昨日の仙台戦では、監督の采配と動きにも注目して見ていました。ベンチの両端1m(1yd)、フィールドの手前1m(1yd)。 そのテクニカルエリアをポケットに手を突っ込みながら、前後左右にゆっくり移動。相手のファウルには、サポーターに煽れ煽れとジャスチャーまでしちゃう。「この苦しい時間 [続きを読む]
  • 勝つって大変だね。嬉しいね。
  • リーグ初采配の大槻監督は、右に平川選手を起用。始まる前から久しぶりにワクワクしました。(オヤジ世代なので)開始5分、浦和エースが技ありのゴール。徐々に冷え込んでくると、浦和の攻撃も一休み。 得点が動かず、0−1で勝利。 相手に押し込まれる場面あったが、よくぞ耐え抜いた。 興梠選手が言うように、 追加点を奪えていれば少しは楽だったかも。 おかげで、こっちは声を出し切りましたよ(^○^) 【アデ [続きを読む]
  • 勝つ手に予想不可能(H仙台戦)
  • もたついている間に、早いものでリーグ第6節。 次節、2位の仙台をホームに迎えての一戦となる。 ホームで好き勝手にされるわけにはいかない。 大槻監督に代わったばかりの浦和は、選手起用も戦術も予想不可能。 ルヴァン杯の戦い方を見る限り、選手をファイトさせる暫定監督だ。 だが、決定力だけは監督がどうしようもない。 今はリーグ17位に甘んじてるが、 監督交代が浮上のきっかけになると信じてサポートします。 [続きを読む]
  • 熱い漢たちが繰り広げた ル杯
  • 終始ハイプレッシャーのレッズ。スルーパスをするナバウト。 最終ラインでディフェンスするナバウト。 ガツガツしたナバウト。 熱いナバウトを見られた。GK福島の奮闘もあり、無失点に抑えスコアレスドロー。 集中力が切れない熱い漢たちの闘志を久しぶりに見られて良かった。 おまけに、強面の大槻監督。 貫禄ある姿も見られた。 組長、今後のレッズに期待します! かなめ@浦議管理人@kaname_uragi 【浦議】ルヴァン杯広島v [続きを読む]
  • ルヴァン 荻原拓也の決意とは
  • 監督交代劇から初の公式戦。 ルヴァンカップ、グループステージ第3節の相手は広島。 出場濃厚な荻原拓也が気を吐く。 それもそのはず、 ユース時代の恩師、大槻監督に「力を貸してくれ」と言われたのだから。 スピードと左足を武器に、大暴れする予感がします。 結果で恩返し。 期待しましょう! 椛沢佑一@浦和フットボール通信編集長@kaba_urawa 荻原拓也がユース時代に大槻監督に掛けられた言葉に「恩返しではな [続きを読む]
  • この時期に 爆弾発言する槙野
  • 上手く事が運ばない。その原因が、実はチーム内にあった。ボールを持っても、すぐに渡そうとする選手がいる。まるで爆弾を扱うようにプレーしていると語る槙野。ミスを恐れて、消極的になっている。その弱気が、逆にミスを引き起こしている気がする。 サッカーダイジェスト@weeklysd 新着記事!>5戦未勝利と苦しむ浦和。槙野智章が明かす問題点は「ボールが爆弾のように…」 https://t.co/mI9Rthxtnb #浦和レッズ #urawareds #槙 [続きを読む]
  • 堀監督解任 思いが込み上げる
  • 結果が出なければ、契約解除されるのがプロの世界。 とはいえ、やるせない。 原博実とア・デモスで、どん底に落ちた20世紀末。 チッタ、ピッタとヤケクソの監督交代劇もあった。 土台を作ったオフトと、花を咲かせたギド。 この頃が一番良かったのかも。 浦和の監督は、ほとんどんが解任で終わる末路。 これじゃ、やってくれる監督がいないのは当然。 それでも、時は待ってはくれない。 前に進むしかないで [続きを読む]
  • 浦和レッズを応援しないブログ
  • 15連戦の初戦は、ウォーリアから始まり、 プライド・オブ・ウラワで終わりました。 どうしても、今日は結果がほしかった。 昨日、聞いたばかりの言葉をふと思い出しました。 金を失っても、何も失わない。 誇りを失うと、多くを失う。 勇気を失うと、全てを失う。 そう!まだ何も失っていないのです。 「応援しない」ってのは、ウソです。 エイプリルフールですから〜 そのエイプリルフールにもルールがあるよ [続きを読む]
  • 今こそ ポジティブシンキング
  • この暗いチーム状況を変えられるのは、もう奴しかいない。その名は、森脇良太。ケガから復帰して、またうるさくなりそうですね。ポジティブになれと言われても、そう簡単にいかないもの。人が変われば、たちまち変わるはず。これから始まる15連戦。チームでバカになれる人も必要でしょう。賑やか王!森脇。カズがキングなら、浦和のポジティブ新King(笑) 椛沢佑一@浦和フットボール通信編集長@kaba_urawa 右SBのレギュラー獲りに [続きを読む]
  • 尻上がりに 勢いつけていこう
  • 自転車保有台数No.1を誇る自転車王国埼玉。 この4月から自転車損害賠償保険の加入が、条例で義務化されます。 先日の代表の試合では、宇賀神選手が相手を蹴ってPK献上。 事故なんて、いつ起こるかわかりません。 備えあれば、憂いなし。 あまりチャリに乗らないシッカムですが、 家族のために自動車保険の特約でつけました。 その自転車のベルをむやみに鳴らすと罰金になるって知ってましたか? 逆に、鳴らさなくては [続きを読む]