けいたた さん プロフィール

  •  
けいたたさん: 隙ある風景
ハンドル名けいたた さん
ブログタイトル隙ある風景
ブログURLhttp://keitata.blogspot.jp/
サイト紹介文電車で寝ている人・路上で寝ている人・ツッコミたくなる風景など隙だらけの人や風景を撮っています。
自由文写真ブログの他にも写真ギャラリーがあります。世界中を旅してで撮った写真。旅した国は辺鄙な国が多い。アフガニスタン・チベット・イエメン・パキスタン・インド・ネパール・イラン・エチオピア・ケニア・エジプト・モロッコ・グアテマラ・ラオス・ミャンマー・ロシア・モンゴル・ベトナム・タイ・インドネシア・アメリカ・メキシコ・トルコ・韓国・中国など。こちらもよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2010/01/31 20:45

けいたた さんのブログ記事

  • 東京日下祭 第2部
  • 第2部が幕を開けた。リズミカルな音楽に合わせてダンスをする映像が始まった。映像が終わるとダンサーたちが登場した。栗林嶺が率いる。電通ダンス部による賑やかなパフォーマンスである。若かった。爽やかだった。ミントグリーンの風が吹いていた。ぼくが20代だったらダンス部青春を過ごしたかった。ダンスからガラリと変わってマニアックに。尾上鳥晃&村田チュン平の「5分でわかる『どう?』の歴史と実践」。スライドのよう [続きを読む]
  • 東京日下祭 第1部
  • 本日は日下祭。以前、大阪で行ったのだが、今回は東京で行う。大阪では宴会場の中の宴会場、味園ユニバースで行った。もちろん夜だ。Yahoo!ニュースにもなった。しかし今回は昼の13:30から電通ホールで開催する。酒は飲めない。馬鹿騒ぎはできない。会場は会社の味気ないホールで装飾もできない。祭りには全くふさわしくない場所である。しかも予算はゼロ。でもやるのである。これは大いなる実験である。電通デザイントークの第173 [続きを読む]
  • ポスターを4時間でつくってみる
  • 今日は枚方の蔦屋書店で出版イベント。実際に蔦屋書店のポスターを作るワークショップ。数日をかけて作ることはたくさんやってきたけれど、たった4時間で実際のものを作るのは始めての試み。まずは蔦屋書店の永原さんから書店の紹介をしてもらう。そして、企画がスタート。 今回は、参加者にキャッチコピーの制作と撮影までしてもらう。それをプロのデザイナーがその場でレイアウトしていく。カメラはスマホで制作時間は3時間ほ [続きを読む]
  • うさぎにまみれる
  • 石川県加賀市にある月うさぎの里。園内はうさぎが放し飼いにされていて、触れ合うことができる。すべてのうさぎを集めて燃やせば『エル・トポ』のワンシーンが再現できそうなほどにたくさんのうさぎがいる。驚きはその土産物コーナーの充実。これでもかというほどうさぎグッズがあるのである。それでは以下、見てもらおう。どうだろう。このラインナップ。膨大すぎてあと4分の1ぐらいは残っていて撮りきれていない。世界広しとい [続きを読む]
  • 大野で話そう
  • この日は第2の故郷、大野でのイベント。「え、普通の格好でやるの?」と大阪でも受けなかったお笑いレッシャーを大野の人々から受け、大野で教わった渓流釣りの格好で登場する。お客さんは結構たくさん。大野の人はあったかい。ぼくは釣りの服装のやめどきを失い、そのままトークすることに。 最後には、「迷子のコピーライター」特製水まんじゅうと!ケーキ!気持ち悪い謎の生物部分ももちろん食べられます。 作ってくれたのは松 [続きを読む]
  • 大きなミス
  • 大野に到着する。町の入口で迎えてくれたのは斜めになった車である。ずいぶんと豪快にはまっている。大野は積もった雪を捨てるための大きな溝がたくさんあって、車がはまってしまうことはよくあるそうだ。(犬山 大野) [続きを読む]
  • ヨコシマな感動
  • 以前見かけたボーダーのおっさん。袋がすべてボーダーであるが服がボーダーではないのが残念だと書いたのだが、この日はなんとボーダーだった。惚れ惚れするほどボーダーである。SAINT JAMESの元社長だろうか。もう今度から彼のことを聖ジェームスと呼ぶ。さようなら、聖ジェームス。またどこかの地下鉄の駅で会おう。(肥後橋駅)聖ジェームスの過去の記事はこちら。https://keitata.blogspot.com/2017/05/blog-post_30.htmlhttps [続きを読む]
  • UFOを呼ぶ映画祭
  • この日は十三のシアターセブンでUFOを呼ぶ映画祭。U友(UFOトモダチ)の柴田剛監督の『ギあいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』の映画上映にあわせてわれらエンバーンがUFOを呼ぶ。以前ここでアレハンドロ・ホドロフスキーのホドロフスキーナイトに出演したりと、奇妙な映画イベントでお世話になっている。これが柴田剛の映画である。本人はネジが5本ほど抜け落ち脳が溶けているが映画はたまらない。友人というのを抜 [続きを読む]
  • 商店街ポスター展についてみんなで語る
  • この日は梅田のMARUZEN&ジュンク堂でイベントである。 今回は登壇者が多い。「商店街ポスター展についてみんなで語る」ということで参加してくれたのはポスターを作ってくれた若手たち。まずは左から松下康祐。彼の作品を以下に紹介していきたい。  鈍器で殴るような荒削りでパワフルな作品を作る。商店街ポスター展の第一弾から話題になるものを作ってくれ、全体を仕切る側としては大変ありがたい存在である。  実は、泣きの [続きを読む]
  • 隙ある風景 ZINE 発売
  • 大量手作りの写真集を作った。いわゆるZINEというやつである。アシタノシカクの大垣さんに出してみませんかと誘われ、出品することにした。製本する余裕はなく、文具店に売っている簡易なファイルを買ってこのように作った。中身を以下に紹介していこう。このように写真とタイトルの組み合わせの妙を狙った作品が100点ほど収録されている。これがそのフライヤーである。関西ではよく聞く名前のアーティストがたくさんいる。うち [続きを読む]
  • 大分のポスターと夜
  • 大分へ行く。ここは3年前にポスター展を開催した場所だ。ポスターはまだ飾ってあった。ほんとにこのまんまのことを言っていた。強烈なキャラのおかみさんだった。こちらは名店の純喫茶。いまのカフェブームを皮肉る素晴らしいポスターである。ここは定食屋さん。踊り場にひっそりとポスターがあった。おかみさんのあたたかいキャラが出た素敵なポスターである。昼飯を食べて会計しようとすると「あなたポスター作ってくれた人ね」 [続きを読む]
  • おろさない彼氏
  • 福岡に到着し、ホテルへ向かう。「やめてー」と声がしたので振り向くとカップルが信号待ちで肩車をしていた。女がやめてと言うが男はおろそうとはしない。 これはもうおもしろいとフラッシュでパシャり!「すいません、下ろしてください」と言われても下ろせるわけもなく。楽しそうな福岡の夜である。(大名 福岡) [続きを読む]
  • 治りつつある老人
  • 善光寺を参拝する。老人たちがうれしそうに仏像を触っている。まるでアイドルと握手しているようだ。賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)といい、自分の具合が悪いところと同じ箇所をなでると、治るそうだ。本当にうれしそうである。もうすでに完治していそうである。(善光寺 長野) [続きを読む]
  • 戸隠の奇跡
  • イベント翌日は、柿ちゃんとその部下のだんごくんたちと戸隠へキャンプ。市内中心部から1時間弱で山深い場所へ。さすが長野である。釣りでもやってみようじゃないかと、だんごくんと2人で釣りに行く。なんと、すぐにイワナ釣れたのだ。初めての沢はポイントがわかりにくく、なかなか釣れないのだがすぐに釣った自分をほめてあげたい、キャンプに戻り、そ焼いて食う。最高だ。ちなみに、イワナの下の魚はシシャモで決して釣ったもの [続きを読む]