北都路快速 さん プロフィール

  •  
北都路快速さん: 京都北部経済新聞
ハンドル名北都路快速 さん
ブログタイトル京都北部経済新聞
ブログURLhttp://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/
サイト紹介文京都府北部の経済情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/02/01 00:45

北都路快速 さんのブログ記事

  • 和幸産業が工場増設 舞鶴
  • 京都新聞(7月25日付)−−−喜多工業団地に工場増設 和幸産業 舞鶴舞鶴市と市土地開発公社は24日、船舶用部品製造の和幸産業(本社:神戸市)と市喜多工業団地(舞鶴市喜多)にある同社舞鶴工場の隣接地の売買契約を締結した。同社は工場を増設する。土地は工場西側の約1万平方メートル。アルミ溶接や塗装の工場、倉庫などを建設し、来秋の完成を目指す。新たに10人程度の従業員を増やす予定。同社は2012年4月に舞鶴工場の操業 [続きを読む]
  • 「クスリのアオキ」が舞鶴へ進出  府北部初出店
  • 北陸地方を中心に近畿地方や関東地方でドラッグストアを展開するクスリのアオキホールディングス(本社:石川県白山市)が、舞鶴市にドラックストアを出店することが分かった。同社にとって京都府北部初進出となり、舞鶴を中心に府北部への展開を視野に入れる。今回出店する「クスリのアオキ東舞鶴駅前店(仮称)」のはJR舞鶴線・小浜線の東舞鶴駅南口の駅前。隣接地には平和堂グループの「エール東舞鶴店」や「ドラッグストアユタ [続きを読む]
  • スーパーホテル、舞鶴に進出 府北部初
  • ビジネスホテルを全国で展開する「スーパーホテル」(本社:大阪市)は、JR舞鶴線東舞鶴駅北口にホテルを建設する。観光客が増加している舞鶴市にとって滞在型観光や地域活性化に向け弾みとなりそうだ。建設予定地は東舞鶴駅北口の三条商店街内。延べ床面積は1,999平方メートル。関係者によるとホテルは9階建てで、客室は100室と、京都府北部地方でも最大規模のビジネスホテルとなる予定。既に地権者とは建設計画に合意しており、 [続きを読む]
  • 大阪に本社移転 福知山創業の天藤製薬
  • 京都新聞(6月25日付)−−−大阪に本社移転 福知山創業の天藤製薬京都府福知山市で創業し、痔の薬「ボラギノール」で知られる天藤製薬(同市篠尾)が、7月に本社を大阪府豊中市の大阪本社に移転することが25日までに分かった。福知山と大阪の2カ所に分散していた本社機能を集約し、業務の効率化を目指す。同社は江戸時代後期、福知山市内で雑貨商として創業。1921(大正10)年に天藤薬化学研究所を設立し、50年に株式会社化した [続きを読む]
  • 舞鶴支店を統合 福井銀行
  • 福井県を地盤とする地方銀行の福井銀行(本店:福井市)は10月22日に舞鶴市にある舞鶴支店を高浜支店(福井県大飯郡高浜町)の店舗内に移転すると発表した。事実上の支店統合で、舞鶴市から撤退することとなる。舞鶴支店は京都府北部の営業拠点としてJR西舞鶴駅前にあり、法人・個人ともフルサービス店舗として設置されている。近年、福井銀行では営業人員を地域の拠点となる支店に集約する「エリア制」を導入していたものの、舞鶴 [続きを読む]
  • 赤れんが倉庫、カフェやホテルに 舞鶴でパーク整備
  • 京都新聞(5月18日付)−−−赤れんが倉庫、カフェやホテルに 舞鶴でパーク整備舞鶴市の人気観光スポット、舞鶴赤れんがパーク(同市北吸)や周辺のまちづくり実施計画を市がこのほどまとめた。赤れんが倉庫を飲食店や宿泊施設として活用するほか駐車場の増設、遊歩道や展望台の整備などで年間来場者数150万人を目指す。基本方針は、国の重要文化財の赤れんが倉庫群、海、港のイメージや魅力を最大限に生かしながら旧海軍ゆかりの [続きを読む]
  • 岸壁延長、大型クレーン増設 「舞鶴国際ふ頭」機能強化へ 舞鶴港
  • 産経新聞(5月13日付)舞鶴支局版−−−舞鶴港の「国際ふ頭」機能強化 岸壁延長、大型クレーン2基に京都舞鶴港舞鶴国際ふ頭」(舞鶴市下安久)の機能強化工事が終了し、12日、同ふ頭で完成記念式典が行われた。岸壁を延長し、貨物用大型クレーンを2基に増設。物流機能の強化などが期待されている。舞鶴国際ふ頭は平成22年4月に使用開始。機能強化事業は国が25〜29年度、府が26〜29年度に実施した。国が岸壁を280メートルから350 [続きを読む]
  • 駅カフェ、経営してみませんか? 京都丹鉄が募集
  • 京都新聞(5月8日付)−−−駅カフェ、経営してみませんか? 京都丹鉄が募集京都府京丹後市は、昨年整備を実施した同市久美浜町の京都丹後鉄道久美浜駅の喫茶室でカフェを運営する事業者を募集している。応募は5月10日まで。駅のにぎわい創出のため、市は2016年度から2カ年で府の補助金を活用してトイレ改修や駅前の舗装などを実施。市観光協会が物販を行っていた一画に約1,100万円かけ喫茶室を含む多目的スペースを整備した。ス [続きを読む]
  • 福知山支店を廃止 JTB
  • 旅行代理店大手のJTB(本社:東京都品川区)は、4月1日の地域会社の再編に伴い、京都府北部で唯一の支店であった福知山支店を廃止し、新設された京都中央支店(京都市下京区)に統合した。統合後は京都中央支店福知山営業所となり、業務体制を大幅に縮小する。今回の再編はJTB西日本(本社:大阪府大阪市)を本社に統合する計画の中、「全社的な組織再編に伴う営業拠点の再配置計画」により、窓口は残したまま、従来の支店から新設 [続きを読む]
  • 日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会
  • 京都新聞(4月27日付)−−−日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、本社:大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜市を含む7市などは26日、太平洋側に対抗する新たな観光ルート確立を目指す「日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会」を東京都内で設立した。日本海沿いの観光資源を生かす旅行商品の開発などで「日本海ブランド」をアピールし、外国人観光客 [続きを読む]
  • 訪日客 西舞鶴中心に増加 観光施設、街並み人気
  • −−−訪日客 西舞鶴中心に増加 観光施設、街並み人気舞鶴市では西舞鶴地域を中心にインバウンド(訪日外国人客)が増え始めている。観光施設や地域の街並みが人気を集め、宿泊施設や観光案内所は対応に追われている。市などはさらに認知度を上げてにぎわいにつなげようと呼び込みに力を入れている。旧城下町の町屋を改装したゲストハウス「宰嘉庵」(同市平野屋)では今年、18日までの利用者は143人で、うち外国人客が65人と45 [続きを読む]
  • 大河ドラマに明智光秀 誘致活動が功を奏す
  • 京都新聞(4月20日付)−−−大河に光秀、ゆかりの地で歓喜 京都・滋賀、経済効果も期待NHKは19日、2020年の大河ドラマのタイトルが「麒麟がくる」で、主人公の戦国武将・明智光秀役を長谷川博己さん(41)が演じると発表した。脚本は大河ドラマ「太平記」などを手掛けた池端俊策さんが書き下ろす。明智光秀は世間では逆臣のイメージが強いだけに、光秀とゆかりの深い京都や滋賀の自治体関係者や地元住民からは、喜びの声とともに [続きを読む]
  • 管制課程を新設 海上保安学校 舞鶴
  • 京都新聞(4月11日付)−−−海保学校に管制課程新設 専門人材を育成 舞鶴海上保安学校(舞鶴市長浜)に今月から管制課程が新設され、開設式が10日、入学式に合わせて同校であった。全国から集まった学生20人が海の交通整理を担う運用管制官を目指す。管制課程は、船舶の大型化などで管制業務が複雑化するのに伴い、専門性の高い人材育成のため設置された。2年間で管制に関する専門技術や知識を学ぶ。式で粟津秀哉学校長が「第1 [続きを読む]
  • 福知山営業所を廃止 府北部から撤退 読売旅行
  • 旅行代理店の読売旅行(本社:東京都中央区)はこの程、京都府北部の営業拠点としていた福知山営業所を廃止し、京都滋賀予約センターへ統合すると発表した。同営業所の統合により同社は府北部から撤退する。読売旅行は読売新聞社の子会社として設立され、全国展開する旅行代理店。府北部では福知山市字天田に営業所を設けていたが、個人旅行やインターネット販売の普及、また福知山周辺部での商圏人口減少などが重なり、今回の営業 [続きを読む]
  • 愛猫に猫缶、京丹後で試食会 「お土産に買ってほしい」
  • 産経新聞(2月28日付)舞鶴支局版−−−愛猫に猫缶、京丹後で試食会 「お土産に買ってほしい」丹後産の魚を使ったネコ用の缶詰「猫缶」の試作品が完成し、27日、京丹後市峰山町で試食会が開かれた。味は付いていないが、調味料で味を付ければ、人も食べることができる。開発者は「愛猫と一緒に丹後のおいしい魚を食べてほしい」と話している。「猫缶」の試作品を作ったのは、野良ネコの保護活動などに取り組んでいる「ねこ会議」 [続きを読む]
  • 「舞鶴・福知山−大阪なんば線」を増便 利便性向上図る 京都交通
  • 京都交通(本社:舞鶴市)はこの程、4月1日付ダイヤ改正を発表した。今回の改正では、「舞鶴−大阪なんば線」と「福知山−大阪なんば線」をそれぞれ1往復増便する他、「舞鶴・綾部・福知山−大阪梅田線」の綾部市内・福知山市内の停留所を廃止、また「小浜−舞鶴ー京都線」を舞鶴発着便に統一する。4月1日からのダイヤ改正では利用者が伸びている「舞鶴−大阪なんば線」(1日7往復)を東舞鶴駅前を10時発、大阪なんば12時17分着便 [続きを読む]
  • 17年も過去最高を記録 舞鶴港コンテナ取扱量
  • 京都新聞(2月24日付)−−−過去最高の1万3,000個超 17年の舞鶴港コンテナ取扱量京都府は23日、舞鶴港(舞鶴市)の2017年のコンテナ取扱量が20フィートコンテナ換算(TEU)で前年比16.6%増の1万3,402個と過去最高となったと発表した。韓国向けコンテナ航路で2社による共同配船の開始で利便性が高まり、総取扱貨物量も8年連続で1,000万トンを超えた。コンテナの定期航路ごとの状況は、韓国が9,477個と21.7%増、中国も3,436個と6 [続きを読む]
  • 旧三和町唯一のスーパー閉店 福知山
  • 京都新聞(2月7日付)−−−三和唯一のスーパー閉店へ 高齢者「不便」「過疎進む」福知山市三和町で唯一営業するスーパー「三ツ丸ストア三和店」(同町千束)が18日で閉店する。直近の商業施設は車で往復30分以上かかり、三ツ丸ストアは今春から、移動式スーパーを町内に出す予定だが、高齢者らからは不安の声が出ている。市や関係団体は対策の検討を始めた。三ツ丸ストア(同市)によると、同店は1986年に開店。市三和支所近くに [続きを読む]
  • 電車やバスは不便? エコ通勤進まず 舞鶴
  • 京都新聞(2月8日付)−−−電車やバス不便?エコ通勤進まず 舞鶴マイカーではなく電車や路線バスを利用する「エコ通勤」に舞鶴市が取り組んでいる。健康づくりや環境負荷削減で職員に公共交通機関の利用を推奨しているが、公共交通網が充実していない地域が多く、成果を挙げるため模索が続いている。エコ通勤は一斉退庁日の毎月第3木曜を「エコ通勤の日」に定めた2015年7月にスタート。17年度は業務時間内に効率的に仕事を終わら [続きを読む]
  • パールトーン工場 福知山に来春開設
  • 京都新聞(2月7日付)−−−パールトーン工場 福知山に 来春開設着物はっ水加工のパールトーン(本社:京都市右京区)は来春、福知山市三和町の長田野工業団地アネックス京都三和に福知山工場を開設する。用地を所有する京都府と6日、土地譲渡契約を結んだ。アネックス京都三和への進出企業は11社目。4,300平方メートルを5,100万円で取得し、建設する。本社工場(右京区)や三条工場(同)で手掛けてきた、着物以外のカーペット [続きを読む]
  • かき丼やなまこ「舞鶴の味」に定着へ ブランド化図る
  • 京都新聞(2月3日付)−−−かき丼やなまこ「舞鶴の味」に定着へ ブランド化図る舞鶴市では農水産物の「食」のブランド化に力が入れられ、観光客にもアピールする。「グルメなまち」として存在感を高めつつある。農産物では、舞鶴が発祥とされる京のブランド産品「万願寺甘とう」が昨年6月に農林水産省の「地理的表示保護制度(GI)」に府内で初めて登録、知名度向上が期待されている。舞鶴、綾部、福知山の3市で栽培。実が肉厚で [続きを読む]