北都路快速 さん プロフィール

  •  
北都路快速さん: 京都北部経済新聞
ハンドル名北都路快速 さん
ブログタイトル京都北部経済新聞
ブログURLhttp://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/
サイト紹介文京都府北部の経済情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/02/01 00:45

北都路快速 さんのブログ記事

  • 窓口業務に「昼休み」導入へ 京都北都信用金庫
  • 京都新聞(11月2日付)−−−窓口業務に「昼休み」導入 京都北都信用金庫京都府北部を地盤とする京都北都信用金庫(本店:宮津市)は1日、亀岡市や福知山市などの4店舗で、平日の昼間に窓口業務を休止する「昼休み」を導入すると発表した。府内に本店を置く銀行と信用金庫では初で、近畿の信金では北大阪信用金庫(本店:大阪府茨木市)に続き2例目。厳しい収益環境が続く中、効率的な人員配置で営業強化や働き方改革を進める。導 [続きを読む]
  • 舞鶴若狭自動車道の4車線化完了 綾部PA-舞鶴西IC間
  • 京都新聞(10月30日付)−−−舞鶴若狭自動車道の4車線化完了 3日から通行開始西日本高速道路(本社:大阪市)は、舞鶴若狭自動車道の綾部パーキングエリア(PA、京都府綾部市上杉町)−舞鶴西インターチェンジ(IC、京都府舞鶴市堀)間の約4.7キロで4車線化工事が完了し、11月3日午前6時から4車線通行に切り替えると発表した。福知山IC−舞鶴西IC間の14.9キロで進めており、2020年度末の全線完了を目指している。綾部PA−舞鶴西I [続きを読む]
  • 宮津発電所の再開断念 関西電力
  • 産経新聞(10月3日付)舞鶴支局版−−−宮津の石油火力2基の再稼働を断念 関西電力関西電力(本社:大阪府大阪市)の岩根茂樹社長は2日、「宮津エネルギー研究所」(京都府宮津市)にある長期停止中の石油火力発電所2基(出力計75万キロワット)について、「再稼働にこだわらず、再開発を含めて幅広い将来像を検討していきたい」と述べ、再稼働を事実上断念する方針を明らかにした。同日、京都市内で西脇隆俊府知事らに伝えた。関 [続きを読む]
  • ATMコーナー「浅茂川出張所」を閉鎖へ 京都北都信用金庫
  • 京都府北部を地盤にする京都北都信用金庫(本店:宮津市)は、2018年(平成30年)10月31日をもって京丹後市の店外ATMコーナーの「浅茂川出張所」(京丹後市網野町浅茂川167番地)の営業を終了する。浅茂川出張所は2005年(平成17年)10月に浅茂川支店が近隣の網野支店に統廃合されたのを機に店外ATMコーナーとして開設されたもので、網野支店が管轄支店。近年、日銀のマイナス金利導入に加え、地域経済の低迷から貸出金収益の改善 [続きを読む]
  • クルーズ船「飛鳥Ⅱ」 宮津に寄港 国内最大級、見学会も
  • 京都新聞(9月23日付)−−−クルーズ船「飛鳥Ⅱ」 宮津に寄港 国内最大級、見学会も国内最大のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」(全長241メートル、総トン数5万142トン)が22日朝、京都府宮津市の宮津湾に寄港した。乗客は天橋立や伊根町の舟屋群、舞鶴市街地などを観光し、府北部の魅力を堪能した。同湾への寄港は2017年に続き2回目。今回は横浜港を出発し、秋の日本三景を巡る12日間の船旅で、約700人が乗船した。乗客は小型船に乗り換え [続きを読む]
  • 韓国フェリー直行便開設へ 試験運航始まる 舞鶴港
  • 産経新聞(9月12日付)舞鶴支局版−−−韓国便フェリー、舞鶴港に 直行便開設へ試験運航舞鶴市と韓国を結ぶ国際フェリーの試験運航が行われ、SBSクルーズフェリー(韓国)の運航する「イースタンドリーム」(全長140ートル、1万1,478トン)が10日、京都舞鶴港第2埠頭に入港した。フェリーは12日まで停泊し、乗客約220人は観光ツアーに出発。京都府港湾局(舞鶴市)は「直行便の開設で府へのインバウンド(訪日外国人客)の増加、 [続きを読む]
  • 森本工業団地に2社進出 高速道延伸効果
  • 京都新聞(9月8日付)−−−森本工業団地に2社進出 高速道延伸効果京丹後市の「森本工業団地」(同市大宮町)について、7割を占める第1区画に同市内と京都市内の2社が進出することが7日、分かった。2010年の完成以降、企業誘致が想定通りに進まず苦戦したが、山陰近畿自動車道の延伸や分割譲渡など新制度を導入した効果があったとみられる。関係者によると、2社は流通会社「日本インパクト」(本社:京丹後市)と、「山城屋」の屋 [続きを読む]
  • ホテル進出計画に地元反発 伊根
  • 京都新聞(9月2日付)−−−伊根 道の駅敷地内に民間ホテル 地元反発伊根町亀島の道の駅「舟屋の里伊根」敷地内に民間のホテル建設計画が5月に浮上した。町は「宿泊施設不足を解消できる」といったメリットを挙げるが、地元団体は「舟屋が並ぶ景観にそぐわない」「地元業者を圧迫するのではにか」などと反発。7月には進出反対の意見書を町に提出した。現在、計画は宙に浮いている。「従業員を取られてしまうのではないか」。6月18 [続きを読む]
  • 福知山の総合スーパー フクヤ大江店 閉店へ
  • 京都新聞(8月31日付)−−−福知山の総合スーパー フクヤ大江店 閉店へ西日本豪雨で浸水被害を受けた福知山市大江町のスーパー「フクヤ大江店」が閉店することが、30日までに分かった。7月上旬の被災以降、店舗の復旧に取り組んできたが、建物や設備の損傷が激しく、再開を断念した。フクヤ本社(宮津市)は今後、浸水の恐れがない町内の別の場所での再開を目指すとしている。同店は1985年に開店。西日本豪雨では床上1メートル8 [続きを読む]
  • 和幸産業が工場増設 舞鶴
  • 京都新聞(7月25日付)−−−喜多工業団地に工場増設 和幸産業 舞鶴舞鶴市と市土地開発公社は24日、船舶用部品製造の和幸産業(本社:神戸市)と市喜多工業団地(舞鶴市喜多)にある同社舞鶴工場の隣接地の売買契約を締結した。同社は工場を増設する。土地は工場西側の約1万平方メートル。アルミ溶接や塗装の工場、倉庫などを建設し、来秋の完成を目指す。新たに10人程度の従業員を増やす予定。同社は2012年4月に舞鶴工場の操業 [続きを読む]
  • 「クスリのアオキ」が舞鶴へ進出  府北部初出店
  • 北陸地方を中心に近畿地方や関東地方でドラッグストアを展開するクスリのアオキホールディングス(本社:石川県白山市)が、舞鶴市にドラックストアを出店することが分かった。同社にとって京都府北部初進出となり、舞鶴を中心に府北部への展開を視野に入れる。今回出店する「クスリのアオキ東舞鶴駅前店(仮称)」のはJR舞鶴線・小浜線の東舞鶴駅南口の駅前。隣接地には平和堂グループの「エール東舞鶴店」や「ドラッグストアユタ [続きを読む]
  • スーパーホテル、舞鶴に進出 府北部初
  • ビジネスホテルを全国で展開する「スーパーホテル」(本社:大阪市)は、JR舞鶴線東舞鶴駅北口にホテルを建設する。観光客が増加している舞鶴市にとって滞在型観光や地域活性化に向け弾みとなりそうだ。建設予定地は東舞鶴駅北口の三条商店街内。延べ床面積は1,999平方メートル。関係者によるとホテルは9階建てで、客室は100室と、京都府北部地方でも最大規模のビジネスホテルとなる予定。既に地権者とは建設計画に合意しており、 [続きを読む]
  • 大阪に本社移転 福知山創業の天藤製薬
  • 京都新聞(6月25日付)−−−大阪に本社移転 福知山創業の天藤製薬京都府福知山市で創業し、痔の薬「ボラギノール」で知られる天藤製薬(同市篠尾)が、7月に本社を大阪府豊中市の大阪本社に移転することが25日までに分かった。福知山と大阪の2カ所に分散していた本社機能を集約し、業務の効率化を目指す。同社は江戸時代後期、福知山市内で雑貨商として創業。1921(大正10)年に天藤薬化学研究所を設立し、50年に株式会社化した [続きを読む]
  • 舞鶴支店を統合 福井銀行
  • 福井県を地盤とする地方銀行の福井銀行(本店:福井市)は10月22日に舞鶴市にある舞鶴支店を高浜支店(福井県大飯郡高浜町)の店舗内に移転すると発表した。事実上の支店統合で、舞鶴市から撤退することとなる。舞鶴支店は京都府北部の営業拠点としてJR西舞鶴駅前にあり、法人・個人ともフルサービス店舗として設置されている。近年、福井銀行では営業人員を地域の拠点となる支店に集約する「エリア制」を導入していたものの、舞鶴 [続きを読む]
  • 赤れんが倉庫、カフェやホテルに 舞鶴でパーク整備
  • 京都新聞(5月18日付)−−−赤れんが倉庫、カフェやホテルに 舞鶴でパーク整備舞鶴市の人気観光スポット、舞鶴赤れんがパーク(同市北吸)や周辺のまちづくり実施計画を市がこのほどまとめた。赤れんが倉庫を飲食店や宿泊施設として活用するほか駐車場の増設、遊歩道や展望台の整備などで年間来場者数150万人を目指す。基本方針は、国の重要文化財の赤れんが倉庫群、海、港のイメージや魅力を最大限に生かしながら旧海軍ゆかりの [続きを読む]
  • 岸壁延長、大型クレーン増設 「舞鶴国際ふ頭」機能強化へ 舞鶴港
  • 産経新聞(5月13日付)舞鶴支局版−−−舞鶴港の「国際ふ頭」機能強化 岸壁延長、大型クレーン2基に京都舞鶴港舞鶴国際ふ頭」(舞鶴市下安久)の機能強化工事が終了し、12日、同ふ頭で完成記念式典が行われた。岸壁を延長し、貨物用大型クレーンを2基に増設。物流機能の強化などが期待されている。舞鶴国際ふ頭は平成22年4月に使用開始。機能強化事業は国が25〜29年度、府が26〜29年度に実施した。国が岸壁を280メートルから350 [続きを読む]
  • 駅カフェ、経営してみませんか? 京都丹鉄が募集
  • 京都新聞(5月8日付)−−−駅カフェ、経営してみませんか? 京都丹鉄が募集京都府京丹後市は、昨年整備を実施した同市久美浜町の京都丹後鉄道久美浜駅の喫茶室でカフェを運営する事業者を募集している。応募は5月10日まで。駅のにぎわい創出のため、市は2016年度から2カ年で府の補助金を活用してトイレ改修や駅前の舗装などを実施。市観光協会が物販を行っていた一画に約1,100万円かけ喫茶室を含む多目的スペースを整備した。ス [続きを読む]
  • 福知山支店を廃止 JTB
  • 旅行代理店大手のJTB(本社:東京都品川区)は、4月1日の地域会社の再編に伴い、京都府北部で唯一の支店であった福知山支店を廃止し、新設された京都中央支店(京都市下京区)に統合した。統合後は京都中央支店福知山営業所となり、業務体制を大幅に縮小する。今回の再編はJTB西日本(本社:大阪府大阪市)を本社に統合する計画の中、「全社的な組織再編に伴う営業拠点の再配置計画」により、窓口は残したまま、従来の支店から新設 [続きを読む]
  • 日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会
  • 京都新聞(4月27日付)−−−日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、本社:大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜市を含む7市などは26日、太平洋側に対抗する新たな観光ルート確立を目指す「日本海縦断観光ルート・プロジェクト推進協議会」を東京都内で設立した。日本海沿いの観光資源を生かす旅行商品の開発などで「日本海ブランド」をアピールし、外国人観光客 [続きを読む]
  • 訪日客 西舞鶴中心に増加 観光施設、街並み人気
  • −−−訪日客 西舞鶴中心に増加 観光施設、街並み人気舞鶴市では西舞鶴地域を中心にインバウンド(訪日外国人客)が増え始めている。観光施設や地域の街並みが人気を集め、宿泊施設や観光案内所は対応に追われている。市などはさらに認知度を上げてにぎわいにつなげようと呼び込みに力を入れている。旧城下町の町屋を改装したゲストハウス「宰嘉庵」(同市平野屋)では今年、18日までの利用者は143人で、うち外国人客が65人と45 [続きを読む]
  • 大河ドラマに明智光秀 誘致活動が功を奏す
  • 京都新聞(4月20日付)−−−大河に光秀、ゆかりの地で歓喜 京都・滋賀、経済効果も期待NHKは19日、2020年の大河ドラマのタイトルが「麒麟がくる」で、主人公の戦国武将・明智光秀役を長谷川博己さん(41)が演じると発表した。脚本は大河ドラマ「太平記」などを手掛けた池端俊策さんが書き下ろす。明智光秀は世間では逆臣のイメージが強いだけに、光秀とゆかりの深い京都や滋賀の自治体関係者や地元住民からは、喜びの声とともに [続きを読む]
  • 管制課程を新設 海上保安学校 舞鶴
  • 京都新聞(4月11日付)−−−海保学校に管制課程新設 専門人材を育成 舞鶴海上保安学校(舞鶴市長浜)に今月から管制課程が新設され、開設式が10日、入学式に合わせて同校であった。全国から集まった学生20人が海の交通整理を担う運用管制官を目指す。管制課程は、船舶の大型化などで管制業務が複雑化するのに伴い、専門性の高い人材育成のため設置された。2年間で管制に関する専門技術や知識を学ぶ。式で粟津秀哉学校長が「第1 [続きを読む]