blue tractor さん プロフィール

  •  
blue tractorさん: 隠れ家カフェ〜小径の向こうのセカンドハウス〜
ハンドル名blue tractor さん
ブログタイトル隠れ家カフェ〜小径の向こうのセカンドハウス〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kakuregacafe-bluetractor/
サイト紹介文花畑と菜園  果樹園と納屋  幼い日々のような  夢の世界が広がる小径の向こうの“隠れ家”
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/02/01 15:11

blue tractor さんのブログ記事

  • いざ行かん!
  • 先週、隠れ家へ勇んで出かけました。携帯蚊取り線香皿を途中で買って。アプローチを入ります。大量の花がさわさわと風に揺れるガーデンを理想としていましたが、心境の変化有。宮沢賢治ではありませんが、少しの花を育て、楚々とした風情の庭でいいわと想うこの頃。そんなアプローチになりました。「欲ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシズカニワラッテヰル 味噌ト少シノ野菜ヲタベ 」紫陽花、虹色の縁どりとプリンセスダイアナ。  [続きを読む]
  • ワイルド ストロベリー
  • 長い間私は来なかったわ。到着。ポストの前にホットリップスが迎えてくれました。門扉を開けると、フランネル草が群生しています。銅葉の繊細なペンステモンハスカ−レッド。玄関横の木戸の側には、アイスバーグがぐんと成長していました。その日は採りたてのお豆ご飯が炊けました。ワイルドストロベリーもね。グランドカヴァー化しているのです。(№317) ★トップの小鳥にノックお願いします。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブロ [続きを読む]
  • GW ぶー子に首ったけ
  • モッコウ薔薇が全開。薔薇が咲きはじめ。放置畑に、生き残ったえんどう豆、空豆。あんなにか細くて、冬に植えるものではないと思ったのに。こんなに花も美しいなんて!そして、GWで出会って一目ぼれした、お皿の上に載ってるぶー子ちゃんの蚊取り線香立て。おやすみなさい。毎晩声かけてるんです。(№316) ★トップの小鳥にノックお願いします。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ「湖のカフェ」もよろしく。  http://mizu [続きを読む]
  • ライラック タイム
  •  アプローチに入ると、今頃頑張っているビオラ。風が流れる庭だから、いつも花一杯のローズマリー。まだチューリップも頑張ってくれていました。花びらの先がギザギザのフリンジ咲きです。エレガントだわ。白いライラックが咲いていました。 我が庭は、ん〜 ライラックタイム!葉が出て来ないので枯れたと思えたアスパラが何本か1メートル近く伸びていましたが、固くって、竹のような歯応え。しばらく来なかったので、台所には [続きを読む]
  • 鯉のぼりが いっぱい!
  • 金曜日、図書館へ本の探し物に行く道、天神川沿いに泳ぐ鯉のぼり。久々の図書館。借りる時間を思えば、本は買っていたこの頃。シニアの男性が入って来て、静かに本を何冊か返却している。私も本を読もう。ここは静謐な時間が流れているのだ。図書館には、チラシが幾種類も置かれていて、情報の宝庫。職員の方には、尋ねるととっても親切に対応してもらえます。図書探索。あゝ血が騒ぐ。まさに血沸き肉躍るではないか。(№314) ★ト [続きを読む]
  • カサブランカ☆彡
  • 毎朝、雨戸を開けるとサプライズが待っています。昨日は紅いサツキが咲きかけていました。白い蕾も膨らんでいます。このところ、ぐんぐん成長するのは、カサブランカです。4月9日 ↓3つ植えた球根、2つしか芽がでませんでしたけれど、毎日すごいスピードで伸びてきます雨の後のカサブランカ。  ↑  4月15日16日。      ↑バーグマンの映画『カサブランカ』。バーグマンに似ていると言われた若き日の姉。母が一緒に歩 [続きを読む]
  • 乙女チックな模様替え
  •  庭仕事、畑仕事で一日が終わりますが、洋間も模様替えしました。壁に雨のシミが大きく付いた壁は、なかなか塗り替え、張替は難しそう。だったらと、こんな風にしました。打っ棄られていた昔の無印のソファー。エプロンみたいなカヴァーで明るく生まれ変わりました。購入失敗だったかと思った大きな絵も明るい日差しの部屋で、生き返えったみたい。娘という評論家曰く、「ずいぶんと乙女チックになったわね」ですって。(№312) [続きを読む]
  • トラクターはいつも不調
  •  忘れた頃に動かすオールドファッションなトラクター。ひと昔もふた昔も前の青いやつ。今はご近所ではピカピカのオレンジ色が主流。今回もバッテリーとやらを買いに。2万うん千円とか。毎回何か買いに行っているみたい。始動すると、またたく間に音を聞きつけて今度もカラスがやって来る。耕した土の上の虫を食べているのだろう。2回耕すと綺麗な畝が描かれる。トラクターの動く横でもカラスがついばんでいる。木の剪定に精を出す [続きを読む]
  • お茶したいわ〜コメダ珈琲〜
  •  優雅な暮らしの別荘とは程遠く、必ず庭作業の待つ隠れ家。山茶花、ツゲ、マキ、野薔薇などの剪定に明け暮れる日々。 オットは延々と枯草の片付け。やっとトラクター。 ちょっとお茶したい気分。でも野良作業着のままお洒落な所へは行けないし。いつも通るチェーン店、ヘンゼルとグレーテルのお菓子のお家のような建物。コメダ珈琲〔名古屋〕は滋賀にも。窓からは遠くに桜が見えます(4月2日)。新聞片手の作業着のままの人もい [続きを読む]
  • オートマティック
  •  辻仁成は冬のフランスの憂鬱を「暖かい春は必ずやって来ます」「トイレットペーパーに嫌な出来事を全て書き出し流してください」と書いていましたが、春です。隠れ家の木々は努力しなくてもオートマティックに花盛りです!  ウエルカムフラワー。真冬は失敗したと思えたけれど。そしてユキヤナギとボケ 椿の木の多い隠れ家です。馬酔木も2カ所に。ドアを開けるとレンギョウが咲いていました!(№309) ★トップの小鳥にノック [続きを読む]
  • 花咲く乙女たちの、、、
  •  隠れ家に来る道すがら、桜がいたる所に満開に咲いていました。桜の国って本当なんだ。田舎のおうちでは、先週は白梅が咲いてたのですが、今週は紅梅が綺麗です。 桃、ちっとも実が本物にならないのですが、咲いています。 木々の剪定を始めていますが、1日1本の時も。南天の無駄に生えているのが無数に、、、蟻も活動を始めているのね。 まだまだ他にも、色んな木々の花が咲く隠れ家ですが、そのかげで今日も剪定ばさみを持 [続きを読む]
  • 小鳥の贈り物
  • 肌寒い雨が降り続けています。先週の晴れた日のことです。隠れ家に着くと部屋の中でも空気が違っていて、気持ちが癒されます。門扉を開けるとウエルカムフラワーの鉢。厳寒には枯れたようなパンジーも元気に咲いているのです。車が大好きなアプローチの小径を進むと、クロッカスが! 昨年、沢山植えたのですもの。そして、サクランボの花が満開。梅より早いわ。 クリスマスローズが一輪初めて咲いています(写真左)。植えた覚 [続きを読む]
  • ミモザの補修作業完了
  •  我が家は一面枯草で、ご近所の畑は綺麗に整地されています。暖かくなったのですが、寒さはまだ抜け切れていません。トラクターの音が聞こえる週末。 幹が半分に裂けたミモザの木の保存にオットが乗り出しました。風で倒れやすいので、花の後、幹から10〜20?で剪定するらしいのですが、背が高くて出来ませんでした。薬剤も注入。オットの苦心の結果、補修後は、ずっとこのままの姿になります。(写真左→右)          [続きを読む]
  • ハイジ
  •  隠れ家に行っても寒くて作業が出来ませんが、行きたくなるのです。まちからむらへ帰りたくなるハイジのように。母に読んでもらった童話は心の中に生きています。まちの人が隠れ家の入り口(門扉辺り)の写真を見て、「カフェみたい!」と言ってくれたことがありました。えっ! 本当?その大好きな入り口から、車は進みます。冬の庭は未知数です。春にならないと何が咲き出すのか予想がつきません。随分寒さでダメになったようで [続きを読む]
  • 真冬の風物詩
  • 久々にお味噌作りに参加しました。昨年は家で作れるキットも買ってはみましたが・・・お味噌作りで指導を受けつつすると、失敗しません。大きな圧力鍋はネジで何カ所も締めます。蒸気が漏れた時、会場の市民センターの方が金づちやペンチらしき物を持ってきて下さいました。味見してと言われたので、煮えた地産の大豆は甘くて美味しいものでした!お味噌を入れる定番の壺が並びます。みんなで消毒。待つ間、簡単な昼食です。お握り [続きを読む]
  • バレンタインのティラミス
  •  寒い朝、お菓子作りを習いに。気紛れなんだけど。ジェノワーズ(共立てのスポンジ生地)を焼いて、細かく切り、底に敷き、コーヒーシロップをかけます。ホワイトチョコのサンドクッキーも焼きます。クリームはマスカルポーネ(クリームチーズ)も加えます。お土産です!まちの暮らしもやめられませ〜ん(№303) ★トップの小鳥にノックお願いします。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ「湖のカフェ」もよろしく。 http://mizuu [続きを読む]
  • 毒キノコ?
  •  隠れ家の近くの直売場で、オットが買ってきたキノコ。見慣れなく、生しいたけにしては厚みがなく。直売所は野菜も小規模。表示無く、近くの山からで毒キノコと間違っていないだろうかと、想像力が巡ります。隠れ家でも「サルノコシカケ」(ご近所の方がそう言いました。)等が生えていたり。肝心の栽培用の丸太には、さっぱり。でしばらくそのままに。毒のスギヒラタケに似ているような。後日それとなく名前を問い合わせると、「 [続きを読む]
  • 町屋のアンティーク カフェ
  • ちょっと時間があったので、午後のミーティングまでに入った大津の町屋のお気に入りのお店。暖簾がかかっていたので、開いてます!な、なんと明日閉店と張り紙が!小さなお店には、この店の雰囲気を楽しむかのような女性客達。相席に。老夫婦も名残惜しむように。古物閉店セールもその後にあるとか。年末だし。いいけど、昔の陶器は固くて割れそう、塗りは手入れがと経験上思う。そんな食器のランチを待ちました。珈琲は時間がな [続きを読む]
  • 雪のログハウス
  •  もうあの山のログハウスに雪が積もっているのがスマホの画面に映ります。晩秋に同窓会でそのレストランを訪れたあの日・・・同窓の方のご主人が、一帯の山持ちでここもご自分の趣味で建てられたそうです。このログハウスの持ち主です。 幸せそうな同窓の彼女たちに再会して、過ぎた年月が彼女たちにとっても、無駄ではなかったことが嬉しかったです。11名の静かで穏やかな雰囲気に包まれた同窓会でした。(№300) ★トップの小鳥 [続きを読む]
  • ミモザ
  •  隠れ家の冬の庭。凍れる薔薇。秋から延び延びになっていた球根を三度温まりに戻っては、必死で植えました。大きな葉が繁るワイルドストロベリーのグランドカバーの所では、土が柔らかいです。固くて稲のような雑草の枯れた切株。諦めていたのにスコップで掘ると簡単に取れました!これなら春までに少しずつ取り除こうと思います。高さ5mぐらい?のミモザが先の台風だったかで、縦裂きになっているのです!キーウイが絡んで倒壊 [続きを読む]
  • フードコート
  •  お正月は生活用品の買い物に、ショッピングモールを渡り歩きました。ちょっと食べ過ぎっぽくても、歩き回るとお腹が空いてきました。フードコートでお茶でも。2回ほど入りました。湖が見えます。お子様連れが多いです。ここなら遠慮しなくていいですね。並んで待ってクレープを食べたところでは、母の焼いてくれたのを懐かしく思い出しました。やっぱり母のが。それから、コチラ美味しかったです。 お外で初めて食べました!(№ [続きを読む]
  • 家族風景
  •  家族が揃うお正月休み。クリスマスには帰れず無理だけれど。我が家の取り皿は、コレなんです。 クリスマスのケンタッキー・フライド・チキンの景品のお皿。19?程なので、扱い易いのです。これって、イギリスのお皿っぽく思えるからです。藍色は、料理が不思議と映えます。近江牛A5のすき焼き、美味しかったわ〜値段は見ないことに。A5にも微妙に値段差があり、「ん?」と差を感じます。(№297) ★トップの小鳥にノックお願 [続きを読む]
  • 夜明け前
  • ★今年もよろしくお願い申し上げます。★ 大晦日、娘に誘われて、除夜の鐘に。近くには二つ大きな寺があります。明智光秀公の菩提寺と三井寺。迷った結果、山は寒いかもと甘酒にひかれて、三井寺へ。私たち夫婦は、親戚の喪中で初詣は無理。途中の近江神宮で車が混むのを忘れていました。さすが、立派なお寺で感動しました。灯りが続きます。鐘が響き、僧侶の祈りの声が聞こえます。今夜も亡き人の事が頭から離れないので、ぼーっ [続きを読む]
  • JFKラウンジ
  • ホテルでの忘年会の帰り道、みんなでお茶でもとなって、他のホテルへ。忘年会への行きしな、外から大きなツリーが見えていた所でした。2階へと昇ります。洗練されたラウンジで気付いたのは、J・F・ケネディの写真が幾つか飾られていること。ロッキングチェアに座ったジョンの写真も。ここは、ホワイトハウスの執務室を再現した「JFKラウンジ」とか。当時を思い出して6人、話が弾みました。こうして「まちの暮し」も楽しんで [続きを読む]
  • 『舞姫』の宿
  • 秋の日の東京の同窓会。偉い方も沢山。親友もそのひとり。二次会が終わって、彼女とお泊り。森鴎外が『舞姫』を執筆したという今は宿になっている所。お任せしてたら、いつもタクシーでスッと連れてってくれる。 学生時代、本好きで気が合ったのだ。芸術も好きな二人。その夜は温泉に彼女と入って、たわいもないことを話して眠りました。 鴎外の住居を見学したのは明くる日。このお座敷で書かれたそう。こんなに広いところで? [続きを読む]