maruoshigeo さん プロフィール

  •  
maruoshigeoさん: 亀カメラ
ハンドル名maruoshigeo さん
ブログタイトル亀カメラ
ブログURLhttp://mokuu.cc/blog/
サイト紹介文耄碌じじいが気楽な気持ちで、何気ないものを、ちょっと写真に撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/02/03 05:45

maruoshigeo さんのブログ記事

  • クリスマスツリーのよう、枯葉のオーナメント。
  • 福岡県那珂川市 / LEICA M10-P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.穏やかな冬の日、写真展に出かけました。案内には「来場日時をお知らせ頂くと助かります」と言ったような添え書きがあったのですが、予定を立て約束をして行動するのが苦手な性分ということもあって、ふらっと出かけてみました。そうすると、当然、思いがけない事態になることもあります。展示会場が閉館日。まあ仕方ないか・・と、帰ろうとしたけれど、折角来たの [続きを読む]
  • 雨が止み、風吹き、路面が乾き始める。
  • 福岡市東区 / LEICA M10-P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.バス停へ急ぎ足で歩いているときに目に止まりました。バスが走りすぎないか気になりながらも、カメラを取り出していました。写真になると、確信を持った訳ではないけれど、気になって撮ってみました。3回ほどシャッターを押して、走ってバス停へ。無事、バスに間に合い、座席に座って、さてどんな写真が撮れたか見てみたら、「先ず先ずかな・・」にほんブログ村JBJ 203 [続きを読む]
  • 来年の約束が守れる歳では無いけれど
  • 福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.私には?銀杏の日?というのがあります。それは11月23日。数年前のその日にこの銀杏の木の前に立ったのです。以前はもう少し綺麗な樹形だったのですが、不器用に枝が伐り払われて、こんな不恰好な形になってしまいました。それでも不思議なものでこの形はこの形で見慣れてきたようです。今年は11月23日に来ることができず、今日、12月1日になってしまいました。私が [続きを読む]
  • 銀杏の樹 追い剥ぎ風に丸裸
  • 福岡県宮若市|若宮八幡宮 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.ちょっとした思い出があって、11月30日は福岡県の久留米市に出かけるようにしています。その日は天気の良い小春日和でした。JR久留米駅を出て歩いていると、立派な樹が並んでいるとは言えないけれど、銀杏並木があり綺麗な色の落ち葉が道路に散っていました。しかし、その後は同じような銀杏には出会えず、「今年はどうかな?」と期待半分で出かけています。 [続きを読む]
  • 殺風景を素敵な殺風景変えた銀杏。
  • 福岡県田川市伊加利 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.工業団地の中を真っ直ぐに突き抜ける道路。道に立つと後ろから引っ張られるような、結構な急勾配の坂道。頂上の向こうに黄色い葉をいっぱいにつけて立つ銀杏の木が気に入った。カメラを構えて近づいたり離れたり。立ったりしゃがんだり。悪戦苦闘。銀杏の木は綺麗に装い、景色を華やかにしようとしているようだか、殺風景は殺風景。いや、銀杏のおかげで、殺風景は [続きを読む]
  • 無造作に木を切り倒す人が居る
  • 福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.木に梯子が立てかけられていました。また、思い切って枝を切り払ったものだな・・いや、待てよ。以前、ここには同じような気が並んでいたよな。それが、数本の木を残すだけになっている。どうやら木を切り倒しているようだ。波板の塀を建てたので、木は不要になったということのようだ。寂しそうな木の姿を最後に写真を撮ってあげた。にほんブログ村JBJ 120 [続きを読む]
  • 入口を西日が照らす秋の午後四時
  • 福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.何を撮っているんですかね?夕方のひかり。秋の色。それもあるかも知れないけれど、本人としては、ドアに貼られた「入口」の紙を狙っているのだけれど、おそらく、小さな画面で見ている人たちには見えないだろうな。分かっているけれど撮ってみた。にほんブログ村JBJ 120 [続きを読む]
  • 友を横 耳にイヤホーン 手に携帯
  • 福岡市東区 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.大学の横を通り過ぎようとしたとき、二人の若者が人目につかないところに座っているのを見た。現代の若者にも、こうした青春の語らいがあるのかと、微笑ましく思い、後ろからちょっと失礼をさせていただいた。一枚撮って、もう一歩踏み込んだところで・・耳に挟まれたイヤホーンを発見。どうやら手には携帯電話を握っている様子。友が横に居ても、会話は弾まないようだ。に [続きを読む]
  • 埃剥ぎ 窓に残した指の跡
  • 福岡県直方市 / LEICA CL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.元はタクシーだったようです。廃業したビジネスホテルの敷地に放置されていました。209号車は、動かなくなってどれくらいの月日が・・その時間の長さが車体に積もり積もっています。ホテルで客待ちをしているときに、突然、時空の歪みで生じた狭間に落ち込んで、ホテルも、タクシーもそのまま凍りついてしまい、人の姿も消えた・・そんな物語を想像してしまいました。にほん [続きを読む]
  • 黄昏る町を帰りのバスの中から
  • 福岡県直方市 / LEICA CL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.小さな旅に出て、普段ではない町で写真を撮って歩いていると、ついつい愚図愚図して、帰りの乗り物に乗り遅れそうになります。息を切らしながら、急ぎ足で、なんとか間に合ったバスの座席に座ると、窓の外の景色は、黄昏色に染まり始めていた。にほんブログ村JBC 925 [続きを読む]
  • 今年の仕事も終わりと 案山子喜ぶ
  • 福岡市東区和白 / LEICA CL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.マネキンの案山子。頭の上が道路です。道路を歩いていても、この案山子にはちょっと気づかない。この反対側にもう一体、案山子があり、そちらに気づいて田んぼに降りてみたら、この案山子が隠れていました。「おっ、こんなところに隠れて・・」と話しかけると、「見つかっちゃいましたか・・」とおどけたポーズ。にほんブログ村JBC 927 [続きを読む]
  • ?百日紅??と、呟きながら 束の間の花見
  • 福岡県直方市 / LEICA CL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.高速バスに乗って、ちょっと足を延ばしてみました。日が傾き始め、帰りのバスの時間を気にしながら、足早に歩いているときに見かけた花。花の名前がすっと思い浮かぶほどの粋人でもないので、?百日紅?だろうか?と、いい加減なことを呟きながらファインダー越しに束の間の花見。にほんブログ村JBC 925 [続きを読む]
  • 開かずのドア
  • 福岡県直方市 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.電飾看板の上からコルクボードが貼り付けられ、カクテルの写真がピンで止められています。元はスナックなのでしょう。コルクボード貼られた紙に、控え目に書かれた?アロー?は店の名前でしょうか?コルクボードを剥がして、電飾看板に書かれた方の店の名前を見てみたい。同じ?アロー?の名前が現れるのか、違っているのか。酔客の出入りも途絶え、ドアの前に植物の枯れた [続きを読む]
  • 地方の片隅
  • 福岡県直方市 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.人の出入りが途絶え、植物がゆっくりと手足の延ばてくる。やがて、冬の寒さが植物を枯らす頃、ドアは固く口を閉ざす。にほんブログ村JBC 921 [続きを読む]
  • 銀杏の実が落ちる季節
  • 福岡市博多区 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.銀杏は好きな木です。葉が黄色く色づいたときの美しさ、また、葉を落とした後の樹の姿そのものも素晴らしい。東京の銀杏は美しい。街路に黄色い絨毯を敷き詰めたような、その上を、ちょっと気を使いながら歩く気分は格別。私の暮らす福岡も銀杏の木をよく見かけます。しかし、東京と違って、福岡の銀杏を思い起こすとき、黄色く美しい葉ではなく、銀杏の実が頭に浮かぶ。 [続きを読む]
  • 曼珠沙華一輪
  • 福岡県直方市須崎町 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.人通りの少ない商店街から、ちょっと路地に入ったところで見つけて曼珠沙華。曼珠沙華は群生しているのをよく見かけるのですが、なぜか一株。ポツンと咲いていました。周りの状況を見てみると、ここには曾て家があり、それが取り壊された敷地の跡のように見えます。何かの象徴であるかのような赤い花一輪でした。にほんブログ村JBC 921 [続きを読む]
  • 歯を抜きました
  • 歯医者に通っています。通院の途中にある駐車場の片隅。何がどうなのか分からないのですが、いつも気にしながら横を通っています。とうとうその日が来たようです。「写真を撮ろう」と思う日が。黄色いバラが一輪咲いていたのがいつもと違うことでしょうか。福岡市東区 / LEICA M10P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.虫歯の治療はこれまで何度も経験しているのですが、歯が悪くて、困ったと言うことはありません。それでも、歳相応に衰 [続きを読む]
  • ここまで回復
  • 銀次郎 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.今年四月に発病。獣医さんたちにも原因が判らず、治療法も確立していない免疫系の厄介な病気らしく、一時は身体の毛は抜け、皮膚も爛れて見ていても不憫だったのですが、なんとかここまで戻ってきました。一回、回復の兆しがあって、その時に薬の量を減らしたところまた再発。今度が二度目になります。まだまだ往時の面影は見られないのですが、ちょっと剽軽な表情の写真が撮れた [続きを読む]
  • マグリット風
  • 福岡市東区|筥崎宮 放生会 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.少し前に、『人の居ない祭りならなんとか撮れます。』『あまり子どもは得意ではない』と言いながらも人を絡めたスナップ写真ばかりなので、ここらで本領発揮。何がどう・・とか、ここがこう・・とか、説明を求められても困ってしまいます。撮っている本人も、なんだか解らないまま、気が向いたので撮ってます。ええ加減なものです。まあ、お祭りだから堅苦しい [続きを読む]