おの さん プロフィール

  •  
おのさん: Table Games in the World
ハンドル名おの さん
ブログタイトルTable Games in the World
ブログURLhttp://www.tgiw.info/
サイト紹介文ドイツゲーム、ヨーロッパゲームを中心に世界のボードゲーム紹介。
自由文国内外のボードゲームニュース、国内であまりされていないボードゲームのレビュー、日本語ルール、カタン・カルカソンヌ・ボーナンザなどのゲーム特集、投票・アンケートなどがあります。ボードゲーム愛好者の方も、ちょっと興味があるという方もどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供435回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2010/02/03 14:25

おの さんのブログ記事

  • ゲームマーケット大賞2018:二次審査通過作品発表
  • ゲームマーケット事務局は本日、第4回ゲームマーケット大賞の二次審査通過作品15タイトルを発表した。8月に発表された一次審査通過38タイトルの中から審査員の協議で選出され、この中から優秀作品、さらにその中から大賞が選ばれる。ゲームマーケット大賞は、過去3回のゲームマーケットで発表された新作の中から「なるべく多くのゲームマーケット来場者に満足していただける(面白いと思える)」「『ゲームマーケット大賞』受賞作 [続きを読む]
  • 砂時計が燃料!『KERO(ケロ)』多言語版、10月下旬発売
  • ホビージャパンは10月下旬、2人専用対戦ゲーム『KERO(ケロ)』の日本語を含む多言語版を発売する。ゲームデザイン・P.ホール、イラスト・ピエロ、2人用、9歳以上、30分、5600円(税抜)。ハリケン社(スイス)から今秋発売されるこの新作は、文明崩壊後の荒野で、燃料をめぐって2つのクランが争うリアルタイムダイスゲームだ。制限時間内にダイスをふり貴重な燃料「ケロ」を確保しよう。ゲームは3ラウンドにわたって行われる。手 [続きを読む]
  • 徳島駅前にボードゲームプレイスペース「SONS」オープン
  • 徳島駅前に9月15日、ボードゲームプレイスペース「SONS(サンズ)」がオープンした。JR徳島駅徒歩3分、月〜金13:00〜21:00、土日祝11:00〜21:00、無休。店名は「息子達」の意味で、いつの年代も遊び心を忘れないように、またそれを次の世代に伝えられるように、そんな意味も込めていると店長のひげ氏。近年、徳島にもボードゲームコミュニティが形成されつつあり、それに呼応していつでも気軽に遊べる専門店を目指す。27席で129種 [続きを読む]
  • 山梨ボードゲームフリマ2018、9月30日開催
  • 9月30日、街の駅やまなし(JR山梨市駅徒歩1分)にて、「山梨ボードゲームフリマ2018」が開催される。11:00〜16:00、入場無料。地元ボードゲーム会「BGの集い」と、ボードゲームポッドキャスト「ほらボド!」のコラボイベント。中古ゲーム販売のほか、ぶんぶんゲームズ(横浜)とEngames(富山)が出展し、オリジナル国産ゲームや輸入日本語版ゲームを販売する。ゲームマーケットで毎度新作を瞬殺させているノスゲムのボードゲーム [続きを読む]
  • ドイツゲーム賞2018に『アズール』、9年ぶりのダブル受賞
  • ボードゲームメッセ「シュピール」を主催するフリードヘルム・メルツ社(ドイツ)は17日、29回目となるドイツゲーム賞(Deutscher Spiele Preis)を発表した。一般愛好者の投票により、『アズール(Azul)』が1位に選ばれた。『アズール』は今年のドイツ年間ゲーム大賞も獲得しており、『ドミニオン』以来9年ぶり7タイトル目のダブル受賞となった。ドイツゲーム賞は、前年の秋から当年の春までに発売された新作を対象として、はが [続きを読む]
  • 大阪天王寺にボードゲームプレイスペース「Kinked Tail」オープン
  • 大阪・天王寺に9月20日、ボードゲームプレイスペース「Kinked Tail(キンケッドテイル)」がオープンする。JR天王寺駅徒歩5分、12:00〜22:00、木曜休(オープン日は不休)。店名は「猫のかぎ尻尾」という意味で、幸運とかわいらしさを兼ね備えることを願って名付けられた。4卓×4席で16席で、近いうちにもう2卓増やす予定だという。プレイスペースだが、お菓子や簡単な軽食、ドリンクは提供される。オープン時に遊べるボードゲーム [続きを読む]
  • 『放課後さいころ倶楽部』アニメ化決定
  • 本日発売の『ゲッサン』10月号で、連載中のボードゲームコミック『放課後さいころ倶楽部』がアニメ化されることが明らかにされた。詳細はこれからゲッサン誌面や作者のツイッター上で随時発表されていく予定だという。『放課後さいころ倶楽部』はボードゲームを通してボードゲームの友情や恋愛を描くコミックで、2013年3月に同誌で連載スタート。5年半の間に単行本が12巻まで発売されている。アニメ化発表の作者ツイートは1日足ら [続きを読む]
  • すごろくや神保町店を訪問
  • 今年4月にオープンした「すごろくや神保町店」を訪問。明るくゆったりとした店内に工夫の凝らされたディスプレイで、見て回るだけでも楽しい。古書の山をよそ目にエレベーターに乗り、7階に出ると廊下もなくいきなり店内。夢の世界へ迷い込んだかのようである。現在のイチオシ『デクリプト』が大きくディスプレイされた店内全景品揃えは一時的な品切れを除き、高円寺店と全く同じということだが、通路が広く、ゆったりしているため [続きを読む]
  • 『セレスティア:小さな手助け』日本語版、10月11日発売
  • アークライトは10月11日、飛行船レースゲームの拡張セット『セレスティア:小さな手助け(Celestia:A Little Help)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ワイスブルム、イラスト・G.ノワール、2〜6人用、8歳以上、30分、1600円(税別)。プレイするためには『セレスティア』本体が必要。名作『クラウド9』のリメイクとして2015年に発売され、翌年に日本語版となった『セレスティア』の拡張セット。オリジナルは2016年に発売 [続きを読む]
  • 質問で数字を推理『タギロン 新装版』幻冬舎から9月20日発売
  • 幻冬舎は9月20日、数字当て推理ゲーム 『タギロン 新装版』を発売する。ゲームデザイン:倉橋良平(ブッコ)、2〜4人用、10歳以上、15分、1600円(税別)。お互い相手の前に並んでいる数字タイルが何か、質問を繰り返して推理するゲーム。オリジナルはブッコがゲームマーケット2014秋に発表した『たぎる論理』。これをボードゲームカフェグループ「JELLY JELLY CAFE」が2017年にリメイクし、『タギロン』というタイトルで発売して [続きを読む]
  • 月刊『キスカ』で『天王寺さんはボドゲがしたい』連載開始
  • 今月7日発売のグラビア付き青年誌『キスカ』10月号(竹書房)にて、漫画『天王寺さんはボドゲがしたい』の連載が始まる。mononofu(もののふ)作。クールで無口、容姿端麗、運動神経抜群、成績優秀......誰もが気になるミステリアスな帰国子女、天王寺ユリア。そんな彼女を一方的にライバル視する南森ゆきは、ある日、ユリアの本当の(?)姿を目撃!ゲームをしながら一喜一憂するユリアの姿に、ゆきは、「ボードゲームの不思議な世 [続きを読む]
  • ピラミッドの作り方(Pyramids)
  • ピラミッドだけじゃないよ採石場からカードを取って、美しいピラミッドとオベリスクと王家の墓を作るカードゲーム。『エリジウム』のデザイナーコンビによるもので、手番選択の悩ましいゲームだ。毎ラウンド中央に、プレイヤー人数分の石材カードが2枚一組で並ぶ。これらを見ながら、スタートプレイヤーから神タイルを1つ選ぶ。神タイルによって石材カードを取る順番と、建設できる建物が決まる。1番先に取れる「ホルス」はピラミ [続きを読む]
  • 「○○専」という選択
  • 新作のリリースが年々増加している一方、仲間と集まって遊ぶ時間は頑張ってもなかなか増やせない。先月行ったアンケートでは、次から次へと新作が発売される中、1つのゲーマーズゲームを繰り返し遊び続けられない現状が浮かび上がってきた。ボードゲーム愛好者は、やり込むのをあきらめて多くの種類を遊ぶか、購入する数を絞って1つの作品をやり込むかというジレンマにさらされている。このような状況の中、長年の愛好者に、購入数 [続きを読む]
  • シュピール'18:ルックアウトシュピーレ
  • ネオム(Neom)ゲームデザイン・P.ソットサンティ、イラスト・K.フランツ、1〜5人用、10歳以上、45分。3世代にわたって未来の都市を建設するタイル配置ゲーム。プレイヤーは建築家となって適切なタイルを選び、魅力的な住環境と経済発展を両立させなければならない。各世代にはドラフトで7枚のタイルを選び、お金や資材を支払って自分のボードに配置する。タイルには商業、住居、工場、資材、防災の5種類があり、十字路やT字路が描 [続きを読む]
  • うんちしたのだあれ?(Who Did It?)
  • うんちしたのは......誰か分からないうんちの犯人の疑いをほかのプレイヤーに押し付けあうカードゲーム。犯人は次第に絞り込まれていくが、それが誰だったか覚えていないとしらを切れない。各プレイヤー、6種類のペットが描かれたカードをもってスタート。スタートプレイヤーが手札からカードを出して、「ネコじゃないよ、ウサギがやったんだよ」というように、別のペットにうんちの疑いをなすりつける。ほかのプレイヤーは、その [続きを読む]
  • アンケート:新作ゲーマーズゲームやりこみ度
  • Q133:新作ゲーマーズゲーム、どれくらいやりこむ?A.1年以上 15票(11%)B.1年ぐらい 13票(10%)C.数回程度 106票(79%)近年、ゲーマーズゲームに多くの要素が詰め込まれるようになっています。これまでの作品と差異化をはかるとともに、プレイするたびに展開が異なるような設計でリプレイアビリティを上げようとしています。その一方、毎年どんどん話題の新作がリリースされるようになっており、どんなに面白いと思っても繰り [続きを読む]