ploverbell さん プロフィール

  •  
ploverbellさん: 模型とあれやこれ
ハンドル名ploverbell さん
ブログタイトル模型とあれやこれ
ブログURLhttp://chidorishika.blog117.fc2.com/
サイト紹介文車の模型の製作記とミニカー・・・時々日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/02/04 23:26

ploverbell さんのブログ記事

  • S130 200ZT 製作記 アンテナ
  • アンテナの作製です。実車はオートアンテナでした。インセクトピン、収縮チューブ、エッチングパーツ。基部はポンチ貫のプラ板と角を丸めた丸棒。写真にすると雑な仕上がバレます。エッチングパーツにもう少し厚みが有れば良かったのですが、プラパーツ塗り分けよりは良いかな。工作に時間は掛かりませんが、考察に時間が掛かりました。続く [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 シートベルト仕上
  • 何時もの後回工作、ようやく手を付けます。反対側のシートベルト引き出し口の加工が放置されていました。モーターツールで穴開け。開口部の処理は不明なので想像で工作。工作は穴を開けてからトリミングしています。ベルトの装着、未装着の状態を考えると開口部の形状は多分三角形ですかね。さて本題のシートベルト作製。タングプレートは穴開きのエッチングパーツを使います。この考察は ? こちら実車はベルトを通す部分が2穴 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 リアハッチダンパー
  • ボディも未製作な部分、仕上がりが未完なところもあり中々塗装が出来ません。リアハッチの修整です。開けた状態に保つ事が出来ないので開閉は戸惑ったのですが手を加えたからには何とかせねばです。作例を探すと大体がつっかえ棒で、棒無しでも開いた状態を保つ作例も有るのですがどうなっているかの公開は無し。(そこが知りたい)上手な人はダンパーで固定していますが見よう見まねで作ったダンパーも伸びた状態で止める事が出来 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機4
  • エンジンルーム補機仕上がまだ続きます。ラジエター補助タンクタンクは乳白色レジンですがキャップは市販のプラ板のため不釣合いな色になっていたため作り替えです。同じ色のレジンで複製すれば済むのですが今回は別な方法で作製。タミヤの古い製品で使われていたメッキランナーパーツを使いました。メッキを剥がすと乳白色パーツになるのでランナータグ部分から作製。ダボプラ棒の先が見えてしまっていますがシールを貼る予定。バ [続きを読む]
  • (無題)
  • まだまだ仕上が続きます。エアーフローメーターキットパーツを組み立て加工しただけのパーツですがディテール修正で手間が掛りました。お恥ずかしい言い訳ですが、塗り分けのマスキングに結構時間が。はみ出しまくりの塗装にタッチアップ。結局墨入れで誤魔化しました。良さげな角度で写真撮影。コーションシールもデカールの2重貼り。既製デカールが無いのであれやこれ。ホースクリップも老眼には厳しい工作。サイズ無視のなんと [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機3
  • 補機仕上の続きです。イグニッションコイル。配線も出来る様にしてありますが、シャーシ側の線の配置、処理が確認できていません。A/Cタンクキャ二スター固定バンドはエアークリーナーと同じ色です。マスキングに塗装、面倒と思うだけで手が止まり1日開いています。エアブラシの掃除が嫌い、ようやく掃除が済んでマスキングを剥がしたらはみ出しが有るは角に塗料が乗っていない。適当工作のスナップ錠だけ付けて当日の工作終了。 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機2
  • エンジンルーム補機の続きです。写真では判りにくいですが塗装の失敗。塗り分け後艶消しのトップコートを吹いたのですが表面がしわしわ。(基本的にはエンジンルーム補機の塗装はアクセントになるパーツを除いて艶を落とすようにしています)後日再塗装です。バッテリー固定ブラケットのネジはインセクトピンにしたのですがリアルさに欠けるのでナットパーツに変更。コーションシールや本体のメーカーロゴデカールも作ったのですが [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機
  • エンジンルームパーツの仕上げです。コンデンサー固定ブラケットとパイプ。パイプのコンデンサーとの固定ブラケットはパスしてしまいました。エバーグリーン凸凹プラ板です。ラジエターキャップコーション文字は市販デカール。ただの--なので拡大無し。補助タンクパイプ。ボルトはエッチングパーツ。下部パーツが無いのはシャーシ側に作ってあるからでした。エアークリーナー苦手な塗装。この一色だけで調合して塗装後のエアブラシ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 フロントパーツ仕上 2
  • ステアリングロッドが部分的に作り直しになっていました。一見問題なさそうですが矢印部分に無理が有り作り替え。バルクヘッドから出たジョイント部分。思い切って簡易な物に作り替え。金属線を挿し可動と言うより融通性を持たせました。ジョイントが一つなのでj実車なら可動に無理が有りますが工作上ではOK。塗装組上げ。未接着です。エンジンルーム側からは殆ど見えませんが裏からは見えます。次はアンダーパネル固定部の修正。 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 フロントパーツ仕上
  • フロントの仕上げです。ストラットセミグロスブラック一色です。ディスクは周りを錆色に。キャリパースクラッチパーツです。キャリパーからディスクも覗けます。サスメンバーもセミグロスブラック一色アクセントのエッチングボルトだけ。ステアリングリンケージも塗り分けが苦手なので別パーツです。アンダーパネルはアクセントでボルトを付けました。パネル固定方法にミスが有り修正が必要となりました。ステアリングロッドにも間 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ボディーカラー考察
  • 苦手な塗装,ボディーカラーが決まりません。黒なのですが真っ黒で無し。カタログ写真のように真っ黒ではなく光の加減でこげ茶っぽくも見えた記憶が有るのですが不確かです。曖昧な記憶で調合する訳にも行かず今回は黒とします。しかし、参考になる前期型黒ボディーの作例も見つかりませんでした。カタログではBLACK METALLICとなっているのでタミヤのメタリックブラックとクレオスのメタルブラックで比べてみました。(どちらもカ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 リアパーツ仕上
  • パーツを仕上げてから組み上げていきます。フューエルタンク固定ベルトは艶消しフィニッシュを貼ったのですが違いが殆ど判りません。最初固定ボルトは金属線だったのですが0.5mmマイクロボルトに変更。しかし、もう片方の線を抜いて穴を拡大したところ破損して作り直しになりました。手間を掛けたのですが、写真拡大しないとネジ山はほとんど判りません。サスメンバーブッシュは材質の考察無しでラバーブラックで塗装。こちら [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジン完成
  •                                                                フジミ + タミヤ ディテールアップでエンジン完成です。L24 NA MTミッションをベースに インジェクションATミッションに改造しました。(実車に気詳しい方 プラグケーブルの順序の間違いはスルーして下さい) [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンの組立3
  • エンジン完成まで。トランスミッションオイルゲージステンレスパイプで作製。ゲージ部分の曲げ角度が悪くズレてますが写真にしてから気付いています。エンジンルーム側の位置は不明確です。ケーブルカプラーは作り慣れてはいますが小さくて面倒になり後回しになっていました。配線順序も有るからと順番に接続していた時、デスビの回転とプラグの点火順序は?で手が止まりましたが、既に接着しているので調べて間違っていても直せ無 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンの組立2
  • エンジンの組立がまだ続いています。ラインテープでベルトにしました。エンジンマウントは黒鉄色に半艶トップコート。マニホールドはガンメタルに艶消し。この色は悩みました。資料写真はほぼ錆色、タミヤ1/12の塗装指示はメタリックグレー+フラットレッド。やはり錆色?錆びる前の色は何色か判らないのでこの色にしてみました。艶消しトップコートは控えめに。ロッカーカバーと吊り下げフックの接着。スターターモーターは少し [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 インジェクション
  • インジェクションの作製です。実は前期型2000ccのインジェクションの形状はキットの物、現状模型と違います。後期型のターボ車はキットと同じ形状なので疑う事も無く作っていました。途中で気付いたのですが詳細な資料が見つからずそのまま進めていました。つまり「今作っているインジェクションは前期型L20Eの物では有りません」。実車とは違いますが今回は前期型2800ccのカタログ写真を参考に作って行きます。ディテールアップ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンの組立
  • エンジンの組立開始です。楽しい組立、記録に残します。オルタネーター取り付けブラケットの接着。細かな形状は全然違いますがエンジン色に塗ったら良い感じです。クランクシャフトプーリーの穴からボルトを締め。フロントカバーの接着。オルタネーター取り付けブラケットを作る時もオイルポンプとの干渉を考えながら工作しました。次は補機とパイピング。前に作ったウォーターパイプは少し違うので修整。パイプクリップはケーブル [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジン仕上
  • エンジンの仕上です。塗装はクレオスのシルバースプレーベースに筆塗りのドライブラシに半艶トップコート。色はレストア車を参考にしました。墨入れしてディテールの追加。ミッションオイルゲージは本体と合体してから付けます。スピードセンサーとミッションレバー部分に配線が有りますが接続先が不明。写真にすると粗が目立ちますね。パイピング考察はしていますがこちらも接続先が不明。ロッカーカバーはシルバーリーフでキレイ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 スロットルリンケージ
  • スロットルリンケージの作製です。説明しようのないパーツ構成。実車様には作ったのですがインチキしています。アクセルを踏むとバルクヘッドから出たロッドが引っ込んで右のスロットルロッドが右回転。右の上の穴にリターンスプリングが付いて・・・。動きそうに見えればOKです。そしてインジェクション側。「コ」の字型のジョイントが雑。未接着なのでズレています。続く [続きを読む]
  • (無題)
  • エンジンに補機の接着も行ったので後回し部分も工作しました。下部ラジエターパイプを接続します。以前の工作ではオルタネーターを考慮していなかったので簡単工作でしたが実際にはかなり複雑。ラジエターが付くとピンセットで掴んで仮合わせするだけでも大変なので太さ無視のシリコンチューブで簡単再現。写真では「良いんじゃない?」と思えてしみますが違います。サーモスタットも接着したので上部ラジエターパイプの接着。下部 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ケーブルホルダー
  • ケーブルホルダーの作製です。プラグケーブルはカムカバーにケーブルホルダーで固定されます。240Zのキットでは3本づつ束ねると記載されホルダーは省略されていますが実際にはS30Zでもホルダー固定されています。プラ板に0.4mm間隔で0.25mmプラ板を貼ったのですが幅広すぎ。なので次は0.14mmのプラ板で作製。しかしここまで薄いと切り出す時プラ板がヨタッテしまうため余っているケーブルを挟んで切り出し。 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジン搭載準備
  • 修整個所はまだあります。エアーフローメーターの修整です。本体の修整は塗り分けのための筋彫りと肉抜きを埋めただけメインはスロットルリンケージとラジエターサポートとの接続です。組み立て時の手順を考えながら工作。エアーフィルターはボディ側に付くパーツなのでつながっている風に。ラジエターサポートから左右に出ているパイプが大きく目立ち過ぎですが仕方ありません。次はラジエターファンファンはファンシュラウドの中 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 排気管遮熱板
  • 排気管遮熱板の作製です。完成後は殆ど見えず、断片的な資料しかなかったためパスと決め込んでいたのですが、S30Zのエンジンで再現している方が見えたのでならばと再度資料を探しました。資料図、パーツ写真は見つかったのですが現物合わせで作るとスペース的にこんな程度にしかできません。1枚板で終わりとならないように屈曲を加えたりモールドの追加をしました。スペースが無くエキゾーストマニホールドの端まで覆いきれていま [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジン仕上げ
  • ボディは一段落。エンジンパーツの仕上げ。今回はフジミエンジンをベースにディテールアップしただけなので工作量は少な目です。(パーツはもう少し有ります)サフ吹いただけで気分が盛り上がり写真にしましたが、まだ修正部分は粗だらけです。インジェクションはタミヤ、ミッションはATに修整しました。今回1番の改修点はエンジンブロックとミッションの切り離し。L型エンジンはエンジン本体に傾斜角が付いています(3枚目の写 [続きを読む]