ploverbell さん プロフィール

  •  
ploverbellさん: 模型とあれやこれ
ハンドル名ploverbell さん
ブログタイトル模型とあれやこれ
ブログURLhttp://chidorishika.blog117.fc2.com/
サイト紹介文車の模型の製作記とミニカー・・・時々日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/02/04 23:26

ploverbell さんのブログ記事

  • S130 200ZT 製作記 ドアトリム
  • ドアトリムの作製です。ドアパネル側から作っています。キットのトリムは電池ボックスが有ったため異形ですが、モールドは素晴らしいです。スクラッチでこれ以上の物を作る技量も無いので修正にしました。ハンドル部分は抜けていませんが別パーツ化はしません。内面に凸部を貼り付け位置決め。隙間だけ埋めます。実車は下1/3ぐらいにカットパイルが貼られていますが、布シートを貼るとなるとシートの厚み分彫下げないといけませ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 シート修整
  • シートの修整です。ドア開閉なのでリクライニング部分とシートレールが見えますがシートレールはスペースが足りないのでパス。リクライニング部分の作製のためシートの修整から。まずは定番の裏側を塞ぎます。彫り込みはキットプラの厚みを超えて削る必要が有ったので裏打ちしてさらに彫り込み。アームは背面の内側に入ります。インサイドシートディバイスフィニッシャー(パーツリストの名称です)シート後方から。ハッチ越しに見 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース5
  • ラゲッジルーム修整の続きです。天井部分のルーバー。平面ではなく凸凹形状です。ルーバースリットの数が一つ少ないミスしています。アーム部分のスリットは当然実車には有りません。ようやくこの時点で開口部の桟も追加。アームが一番下になった状態で室内側への出っ張りは無くしました。パッキンモールドも付けて終了。パッキンモールドは1/4丸プラ棒を曲げて貼ったのですが、角の屈曲部分は流し込み接着剤を使うと割れます。 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 スペアタイヤ
  • スペアタイヤ収納カバーの作製です。スペアタイヤの考察はこちら ? 別館2写真は年数のたったカバーのため少しへたっていますが実車もタイヤ形状が解る状態だったと記憶しています。忠実に再現するのは困難。模型を作ると言うのだけなら無くてもかまわないのですが、乗っていた車を作るとなると再現したいところ。この邪魔なスペアタイヤ、当時アーチェリーをしていたのですがタイヤが邪魔でケースを載せるのに苦労した記憶が有 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース4
  • ラゲッジルームのの修整はまだまだ続きます。内装を取り敢えず貼りました。実車と比較するとナンチャッテ再現ですがOKとします。内装色は黒。ボディーカラーも黒。内装を貼ってしまったので明るいボディーカラーならば塗り分けがかなり大変ですが、同色なのでので簡易塗り分けで済ませます。ネットで見つけた作例では内装を別パーツで作り塗り分けてから接着できるようにされている方も見えました。リアサイドウインドウは外嵌めに [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース2
  • ラゲッジスペースの続きです。床を貼ってつなぎ目粗を隠します。実車がどうなっているかは不明ですがつぎはぎ凸凹面に直接板を貼る事が出来ないのでプラ板貼り。住宅建築の根太(ねだ)ですかね。リア部分を貼ってシート後方部分に取り掛かった所矢印部分がドア開口部に掛る事が判っためドア開口。暫し悩みドア開口部を着手。サイドシルを作り枠を貼っていきました。プラ板の切り出しが苦手なのでエバーグリーンの切り貼りで1層めの [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース
  • ハッチ開閉の続きでラゲッジスペースを仕上げます。その前にテールランプ周りの修整。テールランプは外嵌めに修正。下部のスリットも修正しました。切り取ったライセンス灯も修整。クリアパーツでライトも作る予定です。キー部分とナンバーブラケット部分も有りますが後から。リフレクター部分にキットのメッキパーツをあてがいましたが、リフレクターを作るかどうか?テール塗装後に再検討します。室内側。ハッチ越しでは殆ど見え [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 リアゲート開閉
  • リアゲート切り取りました。慣れない開閉ヒンジに四苦八苦しながら工作しましたが、何とか出来ました。開閉機構は今更珍しくも無いので特筆する事も有りませんが、ヒンジアームを小さく作りなるべく室内に出ない様に。回転軸をあと0.5mm開口部に近づければアームの高さも0.5mm低くし内装に隠せそうですがそうですが、曲げる工具も無く、線径も有るので自分の技量では無理と諦めます。開口部のモールドも工作しますがオレ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ステアリングシャフト
  • ステアリングシャフトの作製です。左上の穴とステアリングリンケージをつなぎます。1本棒とは行かないので2カ所ジョイントを作ります。ジョイント1/12 240Zのジョイントを参考にそれっぽくプラ板から切り出しました。接着固定ダボの穴あけ。丸い部分はラバーカップリング。ロアージョイントの接着。ステアリングリンケージ側。 ロアーシャフトの完成。ダストカバーは別パーツで。ステアリングリンケージ側。 アッパージョイ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ポリタンク
  • ポリタンクの作製です。レジンで作製します。7年前は珍しい工作だったみたいですが最近では材料がアクセサリーショップや100均でも手に入るので珍しくもない工作ですね。今回は原型を作って複製するのも面倒なのでレジンブロックを修正する事にしました。左がウォッシャータンク、右がリザーバータンクのブロック原型で硬質スチレンボードを切り出した物。表面処理もせずにレジンに置き換えます。リブモールドを省略すれば原型 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 キャニスター
  • キャニスターの作製です。大気汚染防止機器だそうです。実車のサイズが分らないのでキットパーツを修正します。右のパーツはラジエターサブタンク。小さすぎるので作り直す予定です。短くして接続口を付けました。丸板の部分はシルバーカラー。接着後塗り分ける技量が無いので別パーツにして塗装後接着します。パイピングはターボ車は4本でした。固定金具はなんちゃってスナップ錠にしました。続いてキットでは省略されているリレ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 バキュームタンク
  • バキュームタンクの作製です。キットパーツは小さすぎるのでプラ棒で作りました。ここに3本のチューブがパイピング、配線は4本されます。パイピングの考察はこちら ? 別館2で配線はコネクターカバーっぽく透明チューブを挿してみました。写真にしてしまうとチープな再現ですね。チューブ内部に真鍮色のコネクターが見えるともう少しリアルなのでしょうが肉眼ではただ挿すより雰囲気が出ます。ダボを付けて完成。作業灯と同じ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機2
  • エンジンルーム補機を作っていきます。スクラッチ工作はサイズに悩みます。サイズを確認して作ったつもりでも他の補器とのバランスで大きく感じる事がしばしば。実際の補機サイズを確認する事は難しいので今回は基本的にキットパーツの修整、参考で行きます。【作業灯】接着してしまうと塗り分けが困難なので今はここまで。トルグスイッチは写真にしてから気付きましたが左右逆です。ライトカバーは曇らせた透明ランナーから作りま [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 コアサポート下 補強バー アンダーバー
  • コアサポート下 補強バー アンダーバー の作製です。ヤフオクに表示されていた名称です。簡単なパーツですがこの形になるまでに時間が掛っています。何時もの事ですが答えが判らないと先に進めなくなってしまいます。矢印部分のパーツ。丸い一体バーなのですが、丸形状から固定部に移行する部分が不明。中々資料が見つからなかったのですが検索ワードを変えたらすぐ見つかりました。パイプ?が潰されただけの形状?挟んで潰すので [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ラジエター修整
  • ラジエターの修整です。キットのファンは切り取りました。シュラウド ファン カバーが後々の組み立てで干渉有るかも知れないと想定されますが取り敢えず工作を進めます。目立たない部分なのでエバーグリーンの凸凹プレートで簡易再現。裏側はキットパーツを貼り付けますが、ロアータンクが再現されていないため矢印部分はラジエター本体よりはみ出しています。ラジエターキャップも形状が違うので切り取りますがこのままではサブタ [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ワイパーモーター
  • ワイパーモーターの作製です。毎回の作製なので特記事項無しです。車種によって形状が違うため工作は何時も新鮮です。写真にして荒れを確認、修正しようにも肉眼では全く見ていない。カプラーはランナータグの削り出しで無塗装で行きます。黒パーツはラバー部分なのでもう少しエッジを落とさないと。カプラーが大きいので一回り小さくしましたがこちらもまた写真にすると粗が目立ってしまいました。切った貼っただけですが、地味に [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 フードロック
  • エンジンベイの修整とフードロックの作製です。パイピング穴を闇雲に開ける訳には行かないので下書き考察です。横断するパイプ、ケーブル位置も考えながら相変わらずのアナログ工作してます。後の工作過程からパイピングサイズ等も考慮して穴あけ。ちなみに上のパイプはエアコン用。下は電装集合ケーブル。左の2つ穴は不明です。こちらはヒーターパイプの室内取り込み口。次はフードロック。右がMale assy-hood lock、左の穴がFem [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 マスターバック
  • マスターバックの作製です。キットも良い形状ですが、下1/4がカットされています。タンクもらしく塗り分ける自信も無いので作り直す事にしました。ジャンクパーツから作製。裏側の出っ張りはご都合パーツの様に見えますが実車にも有りエンジンベイから離れて位置します。マスターバックの形状は一見良さそうなのですが実は表面モールドが全然違います。一部の人しか知らないと思いますのでパス。マスターシリンダー固定部も2重構 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補器
  • エンジンルーム補器を作っていきます。ホーンサイズ的にこれ以上のディテール再現は困難。(一応チャレンジはしてみましたが、新たに素材を買って1mm以下の工作が必要になるので止めました)3Dプリンターならもっと細かく正確なディテール再現も出来るのでしょうね?実車はBOSCHホーンに変えていましたが純正仕様です。バッテリーそのままでは載りません。削り取り、スペースを作りましたがこの状態は実車とかなり違っています [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エアークリーナー
  • エアークリーナーの修整です。エアコンコンデンサーを仮置きします。目立たない部分なのでエバーグリーン凸凹板の簡易工作で行こうと思ったのですが予定変更。後日再工作とします。前面にエアークリーナーが配置されます。実車のエアークリーナーはブラケットでラジエターサポートとシャーシから伸びるアームで固定されています。(写真は後期型なので若干違いますが基本的には同じです)オリジナルキットはマニホールドから伸びた [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 ボンネット修整
  • ボンネットの修整です。ルーバーは放熱口カバーで、全体が抜けているようでは無いみたいです。アクステオンのエッチングパーツも有ったのですがサイズ形状が合いません。なのでこの部分の貫加工はパスします。裏側は補強リブモールドを作るので凹凸モールドを削り落とし平らに。工作しやすくするための処置なので実車形状とは異なった仕上がりになります。モールド考察はこちら ? 別館2で複雑なモールドなのでテンプレートを作 [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 キャリパー
  • フロントキャリパーの作製です。ディテールがかなり甘いですが取り敢えず形にしました。工作過程を記録に残します。プラ板をディスクのカーブに合わせて彫り込み。少し段差を付けこれがベースとなります。ピストンカバー部分はかなり省略しスプリングも省略。実車とはかなり違いますが手抜きで完成です。続いてステアリングリンケージ。ストラットのキャリパーブラケット。ラフな工作ですがボルトリベットを付けて誤魔化します。ナ [続きを読む]