ploverbell さん プロフィール

  •  
ploverbellさん: 模型とあれやこれ
ハンドル名ploverbell さん
ブログタイトル模型とあれやこれ
ブログURLhttp://chidorishika.blog117.fc2.com/
サイト紹介文車の模型の製作記とミニカー・・・時々日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/02/04 23:26

ploverbell さんのブログ記事

  • GOLF Mk4 R32 製作記  トレーリングアーム
  • トレーリングアームの作製です。まずはトレッドの調整から。矢印部分は位置決めの為のプラパイプです。ホイールの固定が有るためハブの位置を実車に合わせたトレッドで作るのは困難です。今回もマグネット固定としたのでホイール側にキーパーと固定軸の接着。右は厚みを同じにしたダミーのマグネットとディスク。固定方法を優先でハブ位置を決めました。別車種のホイールのためオフセットがかなり違うのでディスクも奥まってしまう [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 ドライブシャフトブーツ
  • リアアクスルの作製です。何処から何に手を付けていいのやらと悩みます。まずはドライブシャフトブーツから。ドライブシャフトの考察はこちら ? 別館2でポンチで貫いただけ。小さくて薄いので角を丸めるのが面倒くさい。変な所にこだわる割にこの手の作業は嫌いなのでパスしてしまいました。ホイール側1枚目を瞬着で仮着して積層。この状態で穴を貫通させます。デフ側デフ側が汚い仕上がり。サスを作るのに必要なのはホイール [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 ドライブシャフトトンネル
  • ドライブシャフトトンネルの修整です。トレーリングアームの考察が終わらないため別パーツを修正しました。ラリーゴルフのAWDへの改造ではドライブシャフトトンネルも修正されていたのですが今回調べた資料では改修されずFFシャシのまま。現状ではドライブシャフトとマフラーを収めるには絶対的に深さが足りない状態。実車は十分スペースが有るのか?模型が浅いのか?答えを見つけぬまま彫下げました。縦に切り取るか横か?縦 [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 ホイール
  • ホイールの作製です。ホイールの考察はこちら ? 別館2で純正ホイールのパーツはありません。3Dで作ってしまう時代ですがアナログで修整しました。今回は18インチのインプレッサWRCのホイールを修整します。正面から見ると似た形態なのですが側面から見るとスポークが飛び出し、ボルト部分は窪み過ぎています。(実車写真は完成後の不出来がバレルので、別館2で)まずはホイール軸に穴開け。ヤスリがけで表面を平らに。スポ [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 燃料タンク
  • 燃料タンクの作製です。複雑な形状をしています。考察はこちら ? 別館2で箱組で作製。タンクの上をドライブシャフトが通るので窪ませますが右側はマフラーが有るので大きく避けます。サブタンク(?)は別パーツで作ってから接着。デフの下に位置します。肉付けして削り出し。遮熱板はバキュームも考えましたが今回はスジ彫り塗分けです。完成。出来上がった後で判った部分ですがこの部分のタンク形状は間違いです。知らなきゃ [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 スペアタイヤハウス
  • スペアタイヤハウスの修整です。キットパーツから修整。FF車に比べかなり浅くなります。サイズ的にはテンパータイヤの深さですが実際にはスペアタイヤは入っていないそうです。真ん中の大きな窪みにはフューエルキャ二スターが入ります。完成後はこの上にマフラーが来るので外形ぐらいしか確認できなくなります。キャ二スターは全く見えずパイピングだけ確認できる程度。それでも作ります。続く [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 シャシ再修正
  • シャシを再度修正します。車軸の位置決め用だったFFサスを外します。軸位置と高さをプラ板でマーク。シャシ側に付けたプラ板で軸位置の再現。ノーマルの車高ですがタイヤ径が大きいせいかギチギチです。この位置で前方部のシャシ側フレームを付けます。次はドライブシャフト。太さが判りません。資料では太めのイメージ。太めだとかイメージとか何を基準に言っているのかあやふやです。実車が有るので径を測って、とは流石に頼めま [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 デフマウント固定
  • デフのマウント固定です。フロント側に固定部モールドも付けましたがダミーで実際にここで固定はしません。追加パーツ。実際は箱形状では無いのですがそこはスルー。ケーブルもつながりますが何のパーツかも不明です。前方はビス止め。後方は固定具で。仮ダボは外しました。カップリングがフリーの状態なので車軸を入れて調整。バランスを確認して固定します。FFサスとのコラボ。この後続けて工作したい所ですが予定外なミスがあり [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 ハルデックスカップリング
  • ハルデックスカップリングの作製です。ハルデックス社の4WD車の電子制御油圧多版クラッチ機構を持つカップリングだそうな。結構複雑な形状です。芯のプラ棒にパーツを貼り付けていく形で工作しました。写真を見ながらあーだこーだと工作。似た形にはなっていますが正確ではありません。コントロールユニット、チャージングポンプ、オイルフィルター部分とそれっぽく作りましたが配線?配管?は不明。こちらも裏は省略です。続く [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 デフギア
  • デフギアの作製です。デファレンシャル、ディファレンシャルどっち?工作に当たり再度別館2で考察しました ? こちらスクラッチで一番悩むのがサイズですが、今回は写真比率からの推測で作っています。基本ベースを作ってモールドを付けます。省略もしたのですが時間が掛ったのでこれだけ。ボルトモールドは付けます。見えなくなる裏側は作っていません。仕上げ時(1年後かな?)気が向いたら作ります。続く [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 リアシャシ修整
  • リアシャシの修整です。FFのフロアパンを4motionに変更します。考察は 別館2で ? こちら手始めにキットのリアサスに本来無いドライブシャフトを通しました。スペアタイヤハウスを切取り(再利用予定)リアサスの仮合わせ。ドライブシャフトの位置確認です。新たな燃料タンクスペースの確保。一度に切り取り穴開けをすると歪みそうなので分けています。3mmの厚みを確保。くり貫きまで。続く [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 サイドスポイラー
  • サイドスポイラーの作製です。実車のサイドスポイラーは直線基調ではなく微妙な曲面と凸モールドが有ります。バランス良く出来そうにないので、知らなかった振りで平面で済ませてしまいました。写真は三角プラ棒を貼った状態。それを芯にしてプラ板を貼り付けただけの簡単工作です。また、実車の底面は平らではなくホイールアーチ部分で盛り上がった形状。そしてこんなに幅広ではありません。間違いが分かったのが貼り付けてから、 [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 ドア修整
  • 大阪オー集は所用のため参加出来なくなりました。0回から毎年参加させて頂いたのですが残念です。ドアの修整です。4Doorを2Doorに変更します。ガイドテープはケチって半分にして使用。と言うのも有りますが曲面で幅が広いと浮いてくるので細切にしました。マスキングテープで浮き上がりも防止しています。ドアラインもスジ彫してBピラーのカット。ピラーのドアラインは4doorと違うので入れ直ししました。テープの代わりにクリップ [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 ルーフスポイラー
  • ルーフスポイラーの作製です。控えめなスポイラーが付きます。直接盛りで作るのは困難そうなのでバキュームパーツで作りました。複製でバキューム原型を作製。0.5mmのプラ板を使用しました。軟化は少し控えめでバキュームしています。裏にプラ棒を貼り、棒の厚み分とプラ板の厚み分だけ飛び出すように調整。切り出し、隙間埋めは瞬着ベビーパウダーです。修正して取り敢えず完成。両サイドを少し内側に曲げて密着させます。しか [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 リアバンパー修整
  • リアバンパーの修整です。プロントバンパーと同じでプラ板でベースを作りました。コーナー部分は細切プラ板です。下部が内側に巻き込んだ状態なので削り出しのためレジンの盛り上げ。中途写真は無いですが、線の部分でカットして内側に巻き込みました。スリットはガイドプラ棒を瞬着で貼り付け切り抜きます。隙間埋め、厚み増しはパテを使わず瞬着ベビーパウダーとレジンを使いました。こちらもまだ修正個所も有りますが取り敢えず [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 脱着修整
  • 製作開始です。ボディとシャシの接続は一般的なボディを押し広げて爪にかけるタイプ。なので合わせると矢印部分が当たります。これから幾度と嵌め外しをするのでこの部分から修整。まずはバンパーを削って干渉無しに。嵌め込み部分の上の出っ張りも削ります。別パーツで台座を付けネジ固定とします。何度も嵌め外しはしますが実際のネジの締付は数回しか無いのでナットは付けていません。フロントはこのまま行きますが実際にはバン [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記
  • GOLFⅣ R32 2Doorを製作します。ベースキットはタミヤGolf V5.ゴルフ4なのにV5。違和感を覚える名称ですが、それは日本未導入のV型5気筒搭載のモデルの名称だからです。組説には説明されていますがよほどのゴルフ通でなければ知らないでしょう。それはさておき今回作るR32は2003年の1月から2004年の5月頃まで2ドア500台、4ドア400台限定で日本では販売されたものです。エンジンはV型6気筒3.2L 4Motionで前期型が2ドア/ [続きを読む]
  • GOLF Mk4 R32 製作記 フロントバンパー修正
  • フロントバンパーの工作から。バンパーはR32専用となります。シャシとの接合部を残しカット。慣れた人の改造作例を拝見すると、パテ盛って削って完成の工作ばかり。パテ盛は苦手なので何時ものプラ板工作です。ベースを作ってプラ板を貼っていきます。厄介なのは立ち上がり角度。ここの調整は資料とにらめっこでした。ベースの上にプラ板を貼って立体的にし削る作戦です。下書き代わりにラインテープを貼ってプラ板で造形。まだま [続きを読む]
  • S130 200ZT 完成2
  • 詳細です(カメラの調子が悪くホワイトバランスの調整出来ません)【シャーシ】モーターライズシャーシの改造です。そのためリアフロアパンが地面に対し下がり過ぎです。マフラー太鼓下1/3が欠けているのが分ると思います。裏から見たディテールを意識しバンパー裏側も含め以前作より手を加えました。【内装 ボディ】ドアの開閉に伴い内装のディテールも手を加えました。今回のアピールポイントはフロアマットとシート座面です [続きを読む]
  • S130 200ZT 完成
  • S130 200ZT 完成です。240ZGに憧れて乗った過去の愛車です。モデルは初期型2000cc。キットは初版のノーマルルーフの物が手に入らなかったのでT-bar車からの修整。ホイールは過去に作った作品からの流用です。詳細は後日 [続きを読む]
  • 1/12 S130Z レストア車の修理 2
  • 1/12 S130Z レストア車の修理です。結果的には大した修理ではありませんが、工作過程の中で思考が有ったので日記に残します。折れた部分は模型電動士さんが240Z製作記の中で破損の危険が有るため軸打ちしたところ。まさにその通りになりました。ジャンクパーツをあさると予備のストラットは有ります。1/12となるとジャンクパーツも実車の解体屋から買ってきた気分です。上下部2カ所が折れたので付け替えも考えましたが大 [続きを読む]
  • 1/12 S130Z レストア車の修理
  • S130Z の完成写真は分け合ってもう少し先です。次回作も資料がまだ集まらず、手つかずです。なので少し違う工作をば。実は1/12 S130Z を破損しておりました。実車はノーマル車だったのですが模型はローダウンしています。数回の展示会での移動で運搬時のサス保護が不良でストラットが折れてしまいました。左下矢印部分はアンダーガードも脱離。今年の静岡ホビーショーでの展示要望もあったのですがこんな状況で辞退したの [続きを読む]
  • S130 200ZT 製作記 エンブレム複製
  • 完成前にもう一工作しています。(写真はジャンクボディーです)実車にもオリジナルキットにもNAPSエンブレムは有るのですが付けていませんでした。なのでジャンクボディから複製して貼り付けました。簡単そうに済ませていますが実際には失敗で断念→放置だったのですが別方法を思いつき再チャレンジで出来上がった物です。工作過程は別館2の記事とかぶる部分も多いのですが再UPします。 [続きを読む]