ちゅうしん さん プロフィール

  •  
ちゅうしんさん: ちゅうしん健康日記
ハンドル名ちゅうしん さん
ブログタイトルちゅうしん健康日記
ブログURLhttp://chushin.blog61.fc2.com/
サイト紹介文脊柱側湾症、赤ちゃん整体、骨盤矯正、整体学校の中心軸整体院での施療内容、症例、実例写真、健康情報。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/02/06 14:06

ちゅうしん さんのブログ記事

  • 頭部の歪みと呼吸の浅さ 多動、怖がり 小4 女子
  • 頭部の歪みと呼吸の浅さ小4 女子 Yちゃん相談内容ソワソワ、落ち着きがない座ってる時の貧乏ゆすりを我慢できない怖がり、不安感が強い調整前立位①胸郭が縮みすぎて短く固まり、胸郭全力疾走直後の様な状態②僧帽筋の異常緊張、顔色も悪く、目が泳いでいる③高すぎる胸郭と肩に押されて、頭部前出調整箇所、頭部のみ仰向けでの調整中も、胸式呼吸のまま、興奮状態がおさまらない。調整の進行とともに落ち着いていき、終了時に [続きを読む]
  • 正座の時の股関節の曲がる感じを覚えておくと背骨に良い
  • 正座の時の股関節の曲がる感じを覚えておくと背骨に良い「背骨のカーブを作る椅子とか、骨盤の位置を良くする硬めのクッションみたいのってどうですか?」姿勢関連商品に関するご質問をよく頂きます。・背骨のカーブ=生理的湾曲・骨盤の位置=股関節と腰椎との関係のことですが、これらを再現、維持するには絶対的な必要条件があります。それは「股関節屈曲角度」です。→股関節屈曲角度の実測値これは股関節が無理なく曲る角度の [続きを読む]
  • 前重心の定義と重心変化の感じ方の違い
  • 骨格細分化調整を続けていると、いい意味での「体の重さ」や「足裏に重さが乗っている感覚」を感じやすくなる方が多くいます。どちらかというと、特定の運動をしていない方の方がその傾向にあります。以外に思われるかも知れませんが、長年同じ運動を行ってきた方や、姿勢や歩き方の指導を受けてきた方の場合、姿勢や、体の形をつくる意識が普通になっていて、重力や歪み以外の緊張が癖になっているせいか、重心変化を感じにくいこ [続きを読む]
  • 前重心と内股X脚、外反扁平足 10歳 
  • 前重心と内股X脚、外反扁平足Hくん10歳、相談内容の一つに「外反扁平足」と足指の捻じれがあります。→10歳 姿勢変化比較写真今回はこれら足のトラブルと「前重心と内股X脚、外反扁平足の関係」についてを見ていきます。その前に、まず「骨格主導の理想的な重心」と「筋肉主導の前重心」についての確認をします。左の二人は、「骨格主導の理想的な重心位置」で立っています。体の重さが脛骨(スネの骨)を通過し、7割以上の [続きを読む]
  • マス目の歪みと脚のねじれ 走り方がおかしい 10歳
  • マス目の歪みと脚のねじれ 走り方がおかしい10歳 Hくん前回記事で、「内在するマス目の歪みにより、気をつけで身体を固めても真っ直ぐ立っていられない状態」についてを見てみました。→子供姿勢 真っ直ぐ立っていられない内在するマス目の歪みは、運動強度が高くなるほど(筋肉が働こうとして固くなるほど)動きに制限を起こすことが考えられす。Hくんの相談内容・走り方がおかしい・自転車に乗ってる時も足の動きがおかしい [続きを読む]
  • 子供姿勢 真っ直ぐ立っていられない 
  • 子供姿勢 真っ直ぐ立っていられない前回記事で10歳 Hくん、外見上の歪みの変化を見てみました。→10歳 姿勢変化比較写真今回は「マス目の歪み」の観点からHくんの状態を見てみます。左:初回調整前 「気をつけ」をしても身体を真っ直ぐにして立てていません。マス目の歪みが多いため、身体を固めて真っ直ぐにしたくても外見上も歪みが現れる状態です。右:数回の調整後 「気をつけ」で身体を真っ直ぐにして立っていられま [続きを読む]
  • 10歳 姿勢変化比較写真
  • 10歳 Hくん 調整変化の比較写真です。初回         調整3回後左:全体が右より。写真では分かりませんが、骨盤右前方回転、腰椎・骨盤左方向軸回旋。右:全体に中央におさまっている。*写真にある垂直ライン上から外れるほど、身体に負担の大きい状態になります。次に横からの写真も見てみます。左の初回調整前写真と比べて、中央から右へと調整を行っていくほど、垂直ライン上に頭部が乗っていくのがわかります。 [続きを読む]
  • 腸内環境を改善する簡単な方法と基礎知識
  • 腸内環境を改善する簡単な方法と基礎知識座り姿勢の改善が出来た女子大生Kさんに提案した指導内容です。→「座り姿勢と腸内環境」腸内細菌が減る原因・食生活の乱れ(食事内容、食事時間)・添加物摂取に対する危惧の低さ(食品添加物は食中毒を防ぐ上で必要なものです。しかし、複数の組み合わせが身体に及ぼす影響については、分かっていないことが多く、副作用のリスクが多い中、日本は添加物使用量世界一です。・薬、抗生物質 [続きを読む]
  • 座り姿勢と腸内環境
  • 座り姿勢と腸内環境女子大生 Kさん相談内容座ってる時、姿勢を保てないどうしてもお腹が潰れた姿勢になってしまうKさんは中学生の時から、側湾症のご相談で調整を継続されてきました。調整継続の甲斐あって、側湾症に伴う不調は、ほぼ無くなりました。現在も定期的に調整をしていますが、最近、冒頭の内容が気になるようになったとの事。今までになかったことでしたので、心当たりと食生活、睡眠時間などを伺いました。大学授業以 [続きを読む]
  • 赤ちゃん睡眠と発達
  • 赤ちゃんの睡眠と発達4ヶ月 Rちゃん相談内容寝付きが悪く毎日数時間かかる。眠りが浅いのか、小さな物音などでもすぐに目が覚めてしまう。一時間位で目覚めてしまい、誕生以来ずっとまとまった睡眠がとれずにいる。睡眠の質が低いせいか、首の座りが遅く、まだ普通に縦抱きが出来ない。乳児湿疹もひどく、なかなかなおらず、歪みと関係があるのか気になる。頭部変形分類:A5B7初回調整後途中目を覚ますことなく、7時間連続で眠 [続きを読む]
  • 腸内環境と子供の落ち着きのなさ
  • Hくん 5歳調整開始以降、様々な改善を経て、普通保育園に通い始めたHくん。以前のHくん→2歳 言葉が遅い、転びやすい、三角頭蓋保育園に行き始めてから、様々な面で更に成長してきていましたが、最近、気になることも出てきました。「じっとして話しを聞いていられなくて、すぐに席を離れてしまうそうなんです」「それから、病院のアレルギー検査で、ほぼ全ての食品に対し、アレルギー反応が出てしまい、何を食べさせていいの [続きを読む]
  • 花粉症改善体験
  • 花粉症改善体験今回は深田先生の花粉症改善体験のお話をします。私達は食養生を始めてから、食生活と運動による身体の変化やアレルギー変化の観察を続けています。特に不調はありませんでしたが、2017年度は、体重の増加と強度の向上を目的に動物性食品の摂取量を増やしてみました。約一年経過、体重の増加は3〜4キロ程度。筋肉の厚みや弾力が増し、骨格的には強度が増した感じに変化しました。ところが、翌年2018年、食 [続きを読む]
  • 三角頭蓋からクローバーリーフ頭蓋に〜頭部変形が変化していく
  • 三角頭蓋からクローバーリーフ頭蓋に〜頭部変形が変化していく前回記事「歩行時のふらつき 2歳Y君」の頭の形についてY君の頭の形について、お母さんが興味深いお話をされました。・出産直後は頭頂部前側が凹んでいて上から見ると三角形だった。・凹みが目立たなくなってくると同時に、額の両サイドが膨張してきたインターネットで赤ちゃんの頭の形を調べていたら、まるで三角頭蓋からクローバーリーフ頭蓋になったみたいだと思っ [続きを読む]
  • 歩行時のふらつき 2歳 Yくん
  • 歩行時のふらつき 2歳 Yくん相談内容歩行時のふらつき、歩けるが立って生活できない静止立位はたまにしかしない、頑張って10秒程度が限界言葉が遅い、食が細い、むせやすい眼球運動失行、低緊張、外反扁平足リハビリなども受けてきたが、特に変化の様子がない・お座りでは上体が左に傾いてしまい、頭部も左傾げ・興味や対象物に意識が向くと、頭部が右後方に回旋、その位置で頭部が絶えず揺れている・眼球と胴体の正面は一致 [続きを読む]
  • 外反母趾の痛み 前重心と後ろ重心(かかと重心)
  • 外反母趾の痛み 前重心と後ろ重心(かかと重心)40代女性 Sさん相談内容・慢性腰痛、疲れやすく疲労がとれない・自律神経系の様々な不調・外反母趾が年々悪化しているSさん、強烈な前重心のため、立ち方について何か意識されているのか尋ねたところ、以前通っていた整体で「後ろ重心」を指摘され、「後ろ重心は良くない」と現在の立ち方、「前重心」を指導されたとのこと。「足指でしっかり地面を掴む、歩く時も足の指で蹴る・ [続きを読む]
  • 幼児期の歩きにくさと運動発達、骨格的老化
  • 幼児の歩きにくさと運動発達、骨格的老化前回記事Mちゃん3歳の続きです。→転びやすい つま先歩きMちゃんは立位獲得前から発達の遅れで調整を受けてきました。今春、幼稚園にも入園し、現在は大きな問題はありません。しかし、月に1、2度定期的に調整を受けている時のほうが、活発に動き回り、外遊びや、滑り台なども積極的。諸事情で数ヶ月間が空くと、歩くのが嫌なのか、積極的な様子が減っていき、運動量の減少からか、怖が [続きを読む]
  • 転びやすい つま先歩き
  • 転びやすい つま先歩きMちゃん 3歳相談内容よく転ぶ。毎日必ず転ぶ。始めての場所などの緊張するシーンや、早く歩こうとする時など筋緊張が高くなると、踵の浮いたつま先歩きになる。立位 1、頭部右傾げ 2、あしゆびが左右不対象に捻れる 3、内踝の下がりと同時に踵が外側にズレた外反扁平足状態*静止立位では足裏全面着地 歩行時 4、歩いているうちに上半身が左に横ずれしていき、5、同時に前のめりになるのを背骨 [続きを読む]
  • 中心軸と老化〜生理的湾曲の崩壊と重心のズレ
  • 中心軸と老化〜生理的湾曲の崩壊と重心のズレ70代 女性 Oさん骨格細分化調整を受け始めた当初は、腰痛、膝痛、首、肩などの不調改善が目的でした。月に一度のペースでしたが、ゆっくりとこれらの問題が解消されていくに従い、Oさんはあることに気がついたそうです。「最近、歩いてる時とかに周囲の人が歪んでるのがよく分かるようになった気がするんです。前は、気がつかなかったのだろうか?って思うんですけど。こちらで調整 [続きを読む]
  • いつも息苦しい 姿勢の間違いと呼吸 
  • いつも息苦しい 姿勢の間違いと呼吸 30代女性 Hさん相談内容・いつも息苦しい感じで、疲れやすく、眠りも浅い・定期的に運動をするようにして、体力がついたものの息苦しさは変わらず。・姿勢指導も受け、気をつけているが、 増々息苦しさを感じるようになった気がする。調整前立位胸張り、肩引き、背面全体の反りが強く、本来の骨格状態を無視した不自然な全身緊張状態。緊張で息を止めているようなものなので、息苦しいの [続きを読む]
  • グニャグニャしていて走り方がおかしい 8歳 A君
  • グニャグニャしていて走り方がおかしい 8歳 A君相談内容・動きの不自然さ(走り方、自転車をこぐ時、左右の足の動きが明らかに違う)・姿勢が悪いというか、いつもグニャグニャしている・右脚の捻れと足の形も年々おかしくなってきている様に見えるA君、立位で ①気をつけ をすると一見普通に立っているように見えるが、実際は前重心、前のめりで倒れそうになるのを、背骨を反らすことで立位を保っているため、本来の姿勢維持 [続きを読む]
  • 普通に立てる、座れる、歩けることの価値
  • 普通に立てる、座れる、歩けることの価値赤ちゃん整体でお見えになられる方の中には子供の変化を見て、その後御両親も調整を受ける方がいます。N君のお母さんAさんもその一人です。子供の頃からの全身不調、筋骨格系だけでなく、自律神経系の症状も多彩で、何をやっても改善がなし。息子さんの調整がご縁となり、骨格細分化調整を受け始めてから、みるみる元気になりました。「私の場合、立っても歩いても座っても、何をしてても何 [続きを読む]
  • 老化とマス目の歪み 慢性筋緊張と睡眠
  • 老化とマス目の歪み慢性筋緊張と睡眠前回Uさんの続き「最近、寝すぎで、いつも6、7時間だったのに、10時間位寝てるのよ、それ位寝ないと眠くて。歳のせいかしら?」一般的に加齢と共に睡眠時間は短くなると言われています。また、寒い時期は、体温維持に多くのエネルギーが必要になるため、夏場よりも長めの睡眠時間が必要です。例年ならもっと固く乾いた筋肉状態になるUさんの肉質が、柔らかさと余裕のある状態だったので、検 [続きを読む]
  • 老化による姿勢の崩れと腰痛、膝痛
  • 老化による姿勢の崩れと腰痛、膝痛70代 女性 Uさん前回記事「腰痛、背中の張り、全体的に動かしずらい」Kさんのご紹介で来られたUさん。相談内容は「加齢に伴う背中の丸まり」でしたが、当初は、長年の膝痛があり、定期的に水抜きや注射、鍼・整体などに通われていました。また、慢性腰痛もあったとのこと。Uさん、調整を進めるうちに膝の痛みと長年の腰痛はなくなっていました。中心軸整体は、治療を目的とした施術ではなく、 [続きを読む]
  • 腰痛、背中の張り、全体的に動かしずらい
  • 老化と身体の縮み腰痛、背中の張り、全体的に動かしずらい70代 女性 Kさん年末頃からおかしいなと思っていたが、年明けから急に腰痛が悪化。寝ているのも辛い。調整前立位一見大きなズレは見られないものの、1、肋骨下部と腰椎との間が狭すぎ、腰椎部の圧縮が強い。2、O脚、脚の外張りが強い。前にブログでご紹介した、老化の特徴状態にありました。↓老化と身体の縮み調整箇所:仙骨、腰椎、胸椎Kさん調整中から「横になり [続きを読む]
  • 発達障害と姿勢 「マス目の拡張不足」
  • 発達障害と姿勢「マス目の拡張不足」Hちゃん当時3歳8ヶ月当時の相談内容・言葉の遅れ・運動機能の低さ(医療機関では低緊張と言われている)、階段手すりにつかまって一段ずつ・動き全体のぎこちなさ、手先の不器用さ・明らかな頭部変形(生まれた時は丸かった)当時はじっとしていられずに大泣きでの調整。(遠方のため、3ヶ月に一度、二枠連続で行う)初回後 歩行距離の増加(500m→2km)、言葉が増えた2回後 階段 [続きを読む]