yoko.MACHIDA さん プロフィール

  •  
yoko.MACHIDAさん: プロヴァンス発 南フランス暮らし365日
ハンドル名yoko.MACHIDA さん
ブログタイトルプロヴァンス発 南フランス暮らし365日
ブログURLhttps://ameblo.jp/provencal/
サイト紹介文お茶目な仏人とエクスでシャンブルドットを始めました☆プライベートチャーターもしています
自由文エクス・アン・プロヴァンスで暮らしています。人生、愛、フランス人との生活なども綴っています。南フランスの旅や国際恋愛の参考になればうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/02/06 23:49

yoko.MACHIDA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • わたしの IKIGAI
  • うちのシャンブルドットには、いろんなゲストが泊まりに来てくれます。今年のゴールデンウィークには、2人の小さな女の子連れのカップルが来てくれました。じつは彼らYさんご夫婦は、6年前に新婚旅行で来てくれたんです。その際は初めての南仏で、料理を作ったり、あちこちご案内したりしました。そして今回。毎日のように、一緒に家族のようにごはんを食べ、外から戻ると、ただいまー! とわざわざ階上の私のところに来て、いろ [続きを読む]
  • ネットショップを始めたわけ
  • ずっとあたためていたことを、今年から始めました。 南仏で目覚めたアンティーク愛を形にすること。 パートナーのダヴィッドの家族から、ひいおばあちゃんくらいの代からの家具やリネン、食器などを譲り受けながら、日常で使っているうちに、その魅力にひかれていきました。 わが家のテーブルにはおばあちゃんの嫁入り道具だったモノグラム入りの(もちろん手刺繍)リネンがクロスとしてかかり、ナフキンもやっぱり彼女の嫁入り [続きを読む]
  • オステオパシーのクリニックに行ってきました
  • オステオパシーのかかりつけ医に診てもらってきました。 超美人のドクター。 調子が悪いときだけ、駆け込みます。 順調なときは来なくていい、と言われるので(^▽^;) オステオパシーって、ご存知ですか? 辞書を引くと、整体とあるのですが、一般的な整体とはぜんぜん違うのです。 たとえば、今日は、肩から手、足にかけて痛みがあったのですが、まずは長い問診をします。 その後、いろんな動きをしたり、触ったり。 激 [続きを読む]
  • 種子法が廃止になったら
  • 私が暮らしているプロヴァンスは、フランスの中でもおいしい野菜がとれる地方として有名です。 南フランスは300日が晴れ。雨が降ったあとにはミストラルという強風が吹くので、野菜についた水分が一気に吹き飛ばされます。 そのため、BIOと呼ばれる有機農作物も多く、あちらこちらにBIOの専門店やスーパーがあります。値段は1,2〜1,5倍くらい。 プロヴァンスだけでなく、フランスでは自然志向を背景にBIO市場が伸びています。 [続きを読む]
  • 常識を頭から追い出して
  • そういえば、遅ればせながら、 冬の間に、タイに行ってきました。 タイのクラビというところです。 プーケットには何度か行ったことがあるので、今回は別の場所へ。 有名なライレイビーチは混みすぎていて?ずっとホテルのプールにいたくらい。 気に入ったのは、ランタ島です(^ ^) コ・ランタといいます。 大きな島なので、ビーチが延々と続きます。 ローカルな雰囲気があります。 スクーターであちこち?? 散策。 途中、フ [続きを読む]
  • バラとアンティークで花あそび
  • 昨日、テラスのバラのツボミについてたアブラ虫退治をしたら、今朝起きてびっくり!ツボミがすべて、一気に花開いていました!洗ってあげて気持ちよかったんだなあ。もっと早くしてあげればよかった。ごめんなさい。そんなわけで、今日のわが家は黄バラでいっぱいです。せっかくなので、一つにまとめず、いろんな器に入れてみました。たとえばこちらは、昔のビストロのティピカルなピシェ。小ぶりな大きさ、渋めの茶。ある年齢以上 [続きを読む]
  • フランスの健康法は、あの植物の実
  • 春は大地から生命がわき出る季節。 魔法を見ているように、風景が日に日に変わっていきます。 花も次々と咲いて、プロヴァンスは、めくるめく花繚乱の世界。 私の大好きなマロニエの花が満開です。 マロニエはこんなに大きくなるんですよ。 私の町にはマロニエがたくさん! 一年待った愛する花ですから、この時期は上ばかり見て過ごしています。 エネルギーに満ちた季節は、人間の体にも影響があるのでしょう。 体調が悪いわけ [続きを読む]
  • 居心地のいい、居場所さがし
  • 日本に行ったり、タイに行ったりしていたら、あっという間に数ヶ月が経ってしまいました。 プロヴァンスは、今週から夏に突入です。 洗濯物があっという間に乾きます。 それが楽しくて、せっせせっせと洗濯に精をだす私。 逆に、植物にはきちんと忘れず水をあげないと、即死してしまう季節でもあります。 植物たちはとてもデリケートで、このアジサイなどは、この場所から他に移すと数時間後にはぐったりしています。 ここじゃな [続きを読む]
  • 居心地のいい、自分の居場所さがし
  • 日本に行ったり、タイに行ったりしていたら、あっという間に数ヶ月が経ってしまいました。 プロヴァンスは、今週から夏に突入です。 洗濯物があっという間に乾きます。 それが楽しくて、せっせせっせと洗濯に精をだす私。 逆に、植物にはきちんと忘れず水をあげないと、即死してしまう季節。 植物たちはとてもデリケートで、このアジサイなどは、この場所から他のところに移すと数時間後にはぐったりしています。ここじゃなきゃダ [続きを読む]
  • ビタミンDをチャージ
  • 冬になると必ず、ビタミンDが欠乏していると医者に言われます。 ドクター曰く、 「太陽をもっと浴びなきゃダメ!」 というのも、ビタミンDというのは紫外線を浴びると増えるらしいのです。夏の間は自然にたっぷり生成されているけれど、外に出る時間が減り、出かける時も着込んでいる冬期は足りなくなってしまうのだと。 なので、プロヴァンス流、光テラピーを。 手のひらでも、足の一部分でも、太陽の光があればあててビタミン [続きを読む]
  • ミモザとフランスと
  • いま、南フランスは黄色に染まっています。 鮮やかで軽やかでかわいらしい花、ミモザがあちらこちらで開花中。満開になったときは、玉状になった黄色い房がたわわに実っているような印象です。 フランスでは、女性を象徴する花。花言葉も女性のエネルギー、といったもののようです。 太陽の光を思わせる明るさ、力強さ、繊細さ、軽やかさ、エレガンス、美をこの花に感じるのでしょう。 女性というのは、存在そのものが太陽のよう [続きを読む]
  • 一度行ってみたい京都の田舎カフェ
  • 私は東京時代は編集者をし、南青山という地区に住み、小洒落た都会人のふりをしていましたが、 じつは、田舎者です。 大学を卒業して東京へ行くまで、 田んぼが遊び場、といっても大袈裟でない町に住んでいました。 春にはレンゲやツクシ、夏にはウシガエルの鳴き声、秋には野焼きの匂い、冬は凧揚げ…… 今、こうしてプロヴァンスにとどまり、プロヴァンスの中でもどんどん田舎サイドに移っているのは、幼い頃に過ごした場所に少 [続きを読む]
  • 店番は、5か月女児?
  • 私が暮らしているのは、ちょっと発音しにくい名前の町。リル・シュル・ラ・ソルグと言います。ソルグ川にくるりと囲まれた小さな島のような旧市街です。小さな町ながら、素敵な店がいくつもあります。ここもその一つ。ローズという名前のセレクトショップ。南仏でも、冬のセールが始まっているので、さっきのぞいてきました。この店のお店番は、こちらの女性お二人。ママさんと5か月女子??ちびちゃんは、店の奥に置かれたベビー [続きを読む]
  • 女子にオススメ。エクス・アン・プロヴァンスの売店
  • プロヴァンスといえば、ハーブ、です。 ラベンダーをはじめ、タイムやローズマリーなどがふつうに自生しています。 いちおう、うちのテラスにはタイム、ローズマリー、ラベンダーが植えてありますが、そんなことをしなくても、そのへんの野っ原でむしってくればよいのです。 冬になると、冷え予防ということもあって、夜にはハーブティを飲みます。ハーブティはフランスではtisaneティザンヌ、infusionアンフュジョンなどといい、 [続きを読む]
  • 古いもの好き
  • 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。気づけば、もう1週間が過ぎてしまいました。年末に新しいサイトを立ち上げて、期間限定アンティークフェアを開いています(1月14日終了予定です)。私が好きで集めたものばかり。ご興味を持っていただけたら嬉しいです。フランスでもなかなか手に入らない良い状態のものがまだたくさんあります。アンティーク、いわゆる高価な骨董というより、日本でいう古道具的な日常生活で使 [続きを読む]
  • 人生の節目の日に
  • Joyeux Noël à vous !皆さま、すっかりご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか?前回、いつこのブログを書いたかというと、なんと元日でした。あっという間の一年……というより、いったい私は何をやってたんでしょうね……今さらながら、ご報告ですが、今年は「ゆでたまごを作れなくても幸せなフランス人」というエッセイと、「南フランスの休日 プロヴァンスへ」というガイドエッセイを刊行できました。ガイドエッセイは写 [続きを読む]
  • ゆでたまごとフランス人。2017
  • Bonne année 新年あけましておめでとうございます。みなさまはどんな新年をお過ごしですか?こちらフランスの大晦日は夜ふかしパーティ。よって、必然的に、元日は二日酔いの朝寝坊 ^o^ 初日の出とか、初詣とか、神聖な気分はゼロ! 私たちは、大晦日に結婚25周年を迎えた友人夫婦とお祝いのパーティでした。午前3時までシャンパーニュを飲み、牡蠣、ウニ、エビ、パテ、フロマージュ、ガトーショコラ…などをつま [続きを読む]
  • ようやく完成⁉?
  • 疲労骨折寸前の日々?でしたが、なんとか、かんとか、家らしくなってきました。最初の契約から1年と3ヵ月。工事を始めて5ヶ月以上。引っ越ししてから、かれこれ3週間。引っ越し後は、工事の人とほぼ同居のような日々でした。まかないを作ったり、おやつを出したりして機嫌をとりつつ、お尻を叩き続けないと調子にのるフランス人(-_-;)かといって、厳しすぎると愛想をつかして、途中でやめちゃう人もいっぱいいると皆におどかさ [続きを読む]
  • フランスで家をリノベーションするというのは
  • その後の引越し状況ですが……カッコよく、できあがりの写真ともどもご報告したい気持ちは山々なれど……現実的には、遅れています!自信満々に工事の責任者は「確実に間に合いますよ」と言ってたのに。信じた私が愚かでした。その上、工事は予定外に遅れてるくせに、責任者は予定どおりポルトガルへ10日間のヴァカンスへ行ってしまった……。残って現場をやってくれてる男子たちも、きっちり土日休み。100年以上昔の家をリノベー [続きを読む]
  • 長らくご愛顧ありがとうございました
  • 小さなシャンブルドットをエクス・アン・プロヴァンスという町にオープンしたのが、5年前でした。 マルセイユに住んでいた頃、プロヴァンス出身のダヴィッドがプライベートチャーターを始め、その次のステップとして、自分たちの家に泊まっていただける部屋を作ったのでした。 このシャンブルドットを拠点に、チャーター、料理アトリエ、ターブルドット(夕食)をみなさまとご一緒できたのは、私たちにとっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …