ensyuu さん プロフィール

  •  
ensyuuさん: 茶の湯日記
ハンドル名ensyuu さん
ブログタイトル茶の湯日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/omk72000
サイト紹介文茶の湯が好きで茶事をしてます。お茶に関すること、茶碗、香合、和菓子等、あと松江を紹介します。
自由文自由にお茶が楽しめると、良いですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供592回 / 365日(平均11.4回/週) - 参加 2010/02/07 21:52

ensyuu さんのブログ記事

  • お濃茶席 大覚寺雲望亭と大沢の池の茶会
  •  10月8日に、京都市の大覚寺望雲亭と大沢の池で開催されました茶会に伺いました。 お濃茶席は、ご亭主様にしっとりとしたお点前を楽しませていただきました。 お茶も大変に美味しかったです。 お道具は映しませんが、香合が櫓を象ったもので秀逸でした。 ご亭主様がこの茶会のためにご注文をされたもので、大変に素晴らしいものでした。 作家に自分の意に沿ったものを指定して注文し、作家を育てていくのが本当の茶人と正 [続きを読む]
  • 待合など 大覚寺望雲亭と大沢の池の茶会
  •  10月8日に、京都市の大覚寺望雲亭と大沢の池で開催されました茶会に伺いました。 大沢の池は、美しかったです。  あの赤い屋根の舟に乗れるのが楽しみです。 既に、心は平安貴族気分です。  いよいよ、望雲亭に入ります。 中はは、大変に、立派な建物でした。  待合に入ると、目の前は大沢の池です。 嵯峨天皇が作らせた人工の池です。 池もスケールがちがいますね。  花台は、船の古材です。 今日のテーマの一つで [続きを読む]
  • 藪内流随竹庵席 松江城大茶会
  •  10月7日に、松江城大茶会に伺いました。 最後に伺ったのは、藪内流随竹庵さんのお席でした。 お菓子は、器との取り合わせが美しいものでした。  大阪からのご参加となります。 若宗匠自ら、お点前をされました。 目力があり、引き締まった雰囲気のお席で、心地よかったです。  お道具は、野点ということで、小ぶりなものを選ばれたそうです。 珍しいお道具で、興味津々でした。  最後に、やはり、風炉の灰は藤灰を使 [続きを読む]
  • 不昧流大円会 松江城大茶会
  •  10月7日に、松江城大茶会に伺いました。 3席目は、不眛流大円会さんの席に伺いました。  この席から、尾道市の方々と合流いたしました。さまざまなお席でお世話になった方々と一緒に茶席をまわるのは楽しいですね。  お菓子は、彩雲堂さんの秋いろ。 きれいなお菓子でした。  道具組は野点らしく、シンプルなものでした。  短冊は、「吟風一葉松」。 松の木の多いお城にふさわしい禅語でした。にほんブログ村 その他 [続きを読む]
  • 不昧流不昧会席 松江城大茶会
  •  10月7日に、松江城大茶会に伺いました。 お菓子は、桂月堂さんの秋けしき。 鮮やかな色彩の練り切りでした。  朝は雨でしたので、野点席でお点前は大変だったと思います。  今年の初日は、雨により準備が大変だったと思います。 莨盆の下の地面のぬかるみ具合で席の様子がわかると思います。  毎年、天気が心配になる野点ですが、皆さま、悪天候の中でもお茶を楽しみます。  花は、秋の花が涼やかに入っていました。 [続きを読む]
  • 会席の法 松平不昧
  • 本膳出シ    勝手口締ル椀物出シ    是ヨリ口明置食鉢出シ    自身給仕ノ時盆ヲ上ニアゲ中ニ杓子置客前ニテ杓子鉢ニ入レ汁替ル  食鉢明き候ハ、此時引酒出ス引物出ス    二菜ノトキ此引物斗        椀物ニテモ前ノ椀物無シ食鉢出シ汁替ル     杯台下リ候ハヽ引食鉢引     此時飯ノ挨拶シテ引勝手口締ル吸物出シ    肴カ取肴ノ時此時出ス  椀者引勝手口明ケ置酒替出肴出ス取肴出シ    [続きを読む]
  • 客作法之事 松平不昧
  • 一、案内あらば時刻をうつすべからず一、座入 作法の如くしてさわがしからぬように 就中にしり締きり心を付べき事一、座付不申巳前ノ高咄無用之事一、炭あらば火うつり心を付中立の時猶更心を可用事一、鉦声至らば速に可入花の露不乾を専一とす一、火相のあしきは主の罪にあらず客の罪たるべし一、客は主の仕能やうに主は客の能やうに可有事。一、何にても主の置合不違やうに腰掛の一具手柄杓まで心を付べき事 到喫茶去 不到喫 [続きを読む]
  • 茶湯心得 松平不昧
  • 一、茶の湯はいかにも綺麗に、、いさぎよく、さびたる中にも、見所あるを本とす。一、時世のうつりゆきを不弁、一と所いあしをとめて移行を不知ものは生涯の下手と可中也。一、先達の仕置し事は、何れの流れにもかぎるべからず。取用能事を、我のちからにすべき事。一、茶道は手前を専一にして、意を次にせよ。茶の者は、意を専一にして、手前を次にせよ、茶道は下手にてもよし、数寄者は下手にてはせんなき事也。一、手前は、飯椀 [続きを読む]
  • 茶礎 松平不昧
  •  茶の湯は稲葉に置ける朝霧のごとく、枯野に咲けるなでしこのやうにありたく候。この味をかみわけなば、独り数寄道を得べし。其外客の麁相は、亭主の麁相なり、亭主の麁相は、客の麁相と思ふべし。味ふべきことなり。客の心になりて亭主せよ、亭主の心になりて客いたせ。習にかゝはり、道理にからまれ、かたくるしき茶人は、田舎茶の湯と、笑ふなり。我が流儀立つべからず、諸流皆我が流にて、別に立派あるべからずと、可覚悟なり [続きを読む]
  • 茶事覚書 松平不昧
  • 一、露地数寄屋は宗旦、物数寄好之物は宗甫どの。茶の湯の法は宗閑どの。一人にしたら、天下一人也。其心にて可修行。一、茶の湯は閑静幽寂 活手段と云々。一、掛物掛ること無習、見て直なるを吉とす。一、茶の湯の上手は、客の面白と思うが上手。一、手前のよきは人の気の付ぬが良き也。一、道具置合は、見てよきが習。一、会席はくはれるものゝ無きが会席。一、茶の湯は雪の朝を捨てず。一、茶の湯は雨にしおれたる竹の如く、雪 [続きを読む]
  • 不昧公の茶書について 贅事
  •  「松平不昧伝」は、「公の筆に成りて」と言っているから、松平家の資料によったと思われるが、それが、どんな形で残されていたかは、何も触れていない。本文凡そ二千二百字近い堂々たる構えの文体で、明和七庚寅九月十七日と日付もあり、未央庵宗納と署名もしてあって、一見首尾整った文であるようにみえる。というのは、終わりに近いところで不昧公は、当流(石州流)の書物にも誤りがある。それを「左に書留め人々の笑草にもな [続きを読む]
  • 武者小路千家席(明々庵) 松江城大茶会
  •  10月7日に、松江城大茶会に伺いました。 最初に、赤山茶道会館の武者小路千家席に伺いました。  お席には、季節の花がたくさんありました。 花の苦手な私には、このように花を入れるのを見るのは参考になります。  お菓子は、三英堂さんのお菓子で、葵の紋が入っていました。 来年の不昧公20年祭に向けてのお菓子でしょうか。 菓子器は、長岡空郷さんのものでした。  この席では、私は正客をさせていただきました。  [続きを読む]
  • 錦秋 和菓子 三英堂
  •  色づいた紅葉が、秋らしい主菓子です。  松江市の三英堂さんのお菓子です。 銘は、錦秋。 練り切り製です。<今回ご紹介したお店>店名 岡三英堂住所 島根県松江市寺町47TEL  0852-31-0122HP http://www.saneido.jp/にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字を )PVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 松茸 和菓子 三英堂
  •  本物のマツタケには縁が薄くとも、お菓子では、毎年いただいております。  松江市の三英堂さんのお菓子です。 銘は、松茸。 求肥製です。<今回ご紹介したお店>店名 岡三英堂住所 島根県松江市寺町47TEL  0852-31-0122HP http://www.saneido.jp/にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字を )PVアクセスラ [続きを読む]
  • いちょう 和菓子 三英堂
  •  これから色づく銀杏でしょうか。 緑の葉が印象的な主菓子です。  松江市の三英堂さんのお菓子です。 銘は、いちょう。 薯蕷饅頭です。<今回ご紹介したお店>店名 岡三英堂住所 島根県松江市寺町47TEL  0852-31-0122HP http://www.saneido.jp/にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字を )PVアクセスラン [続きを読む]
  • 9月の稽古の様子です。
  •  9月の最終日にお稽古をしました。取り敢えず、内容はシンプルに、基本を大事にと心がけました。  短冊は、華蔵寺住職の「水月空華」でした。  花は、すべて家の庭に自生していたもので入れたことだけに達成感を感じました。  お点前は、濃茶も薄茶も、基本の運びをしました。  薄茶の干菓子は、すすきと栗で置き合わせて見ました。赤い栗がかわいらしいですね。向月庵さんの干菓子です。にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶 [続きを読む]
  • 白小倉 和菓子 向月庵
  •  豆の好きな方には、たまらない主菓子ですね。  松江市の向月庵さんのお菓子です。 白小倉です。<今回ご紹介したお店>店名  向月庵住所  島根県松江市苧町1−36電話  0852-26-7393休日  通年日曜、祝日(1月1〜2日休)営業  9:00〜18:00にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字を )PVアクセスラン [続きを読む]
  • 里づと 和菓子 向月庵
  •  熟した柿をイメージさせる主菓子です。  松江市の向月庵さんのお菓子です。 銘は、里づと。 外郎製です。<今回ご紹介したお店>店名  向月庵住所  島根県松江市苧町1−36電話  0852-26-7393休日  通年日曜、祝日(1月1〜2日休)営業  9:00〜18:00にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字を )PVア [続きを読む]
  • 野分 和菓子 向月庵
  •  生地の破れも、野分の激しさを感じさせる主菓子です。  松江市の向月庵さんのお菓子です。 銘は、野分。 薯蕷饅頭です。<今回ご紹介したお店>店名  向月庵住所  島根県松江市苧町1−36電話  0852-26-7393休日  通年日曜、祝日(1月1〜2日休)営業  9:00〜18:00にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字を [続きを読む]
  • 秋桜 和菓子 向月庵
  •  小さな、かわいらしいコスモスの主菓子です。  松江市の向月庵さんのお菓子です。 銘は、秋桜。 練り切り製です。<今回ご紹介したお店>店名  向月庵住所  島根県松江市苧町1−36電話  0852-26-7393休日  通年日曜、祝日(1月1〜2日休)営業  9:00〜18:00にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字を )ランキング参加中!(文字をクリッ [続きを読む]
  • 花野 和菓子 向月庵
  •  秋の、静かな花野を思う主菓子でしょうか。土の感じが夏の終わりを感じさせます。  松江市の向月庵さんのお菓子です。 銘は、花野。 カルカン製です。<今回ご紹介したお店>店名  向月庵住所  島根県松江市苧町1−36電話  0852-26-7393休日  通年日曜、祝日(1月1〜2日休)営業  9:00〜18:00にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ(文字を )人気ブログランキング「菓子・和菓子」(文字をクリッ [続きを読む]