pohh さん プロフィール

  •  
pohhさん: ビンボーおやじの腎不全と透析と心房細動
ハンドル名pohh さん
ブログタイトルビンボーおやじの腎不全と透析と心房細動
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tatsuno123
サイト紹介文腎不全、血液透析を2017年12月より開始。不整脈もあります。お絵描きで綴る闘病記
自由文闘病は試行錯誤ですが、楽しく、頑張っていきたいです。他に、仕事のこと、家族のことなど。落書きみたいな絵も楽しみに描いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/02/09 20:44

pohh さんのブログ記事

  • 透析患者と熱中症
  • 暑いなぁすごく暑い。実は、今年、町内会の役員になったんだ。持ち回りなので、無理しないことを前提で、役員を引き受けたのだけれど、夏は、町内会の行事、盆踊りがある。この近辺の踊りの曲は、東京音頭と炭坑節それと、子供たちのための踊り、アニメの○○音頭みたいな感じだ。先日、踊りの練習があったので行ってみたなかなかの<民族舞踊>だね単なる、夏の風物詩みたいに見ていたけれど、実は、優雅な踊りなのだね。まぁ、盆 [続きを読む]
  • ドライウェイト変更
  • 暑い季節になってきた。もっとも今日は、雨模様で梅雨の空だよ。そういえば、ネットで天気予報や天気図などがわかるから、空を見上げ、雨の気配を感じたり、雨季の訪れるを想ったりして季節を味わう、といったことは、減ってきたなぁ考えれば、日本は暖かな海流に包まれている島だから、海からの蒸気に包まれている風土。海流は、両手のひらで包み込むように島を抱いている。雨が良く降るのは当然なのだろう。季節ごとに雨の呼び方 [続きを読む]
  • あいたたた 透析中に足がつった
  • あいたたた・・昨日の透析で透析中に足が攣っちゃったよ。だいたい、透析時間もそろそろ終わりかな・・という時。水分を抜く機能を止めてもらい、足のふくらはぎに温湿布をしてもらい、様子をみていると、痛みがひいてきた。安心して、また機能を戻して水を引いてもらうと、まただんだん痛み出す。その繰り返し「不均衡症候群」らしいね。何となくしか、理由はわからないのだけれど、大雑把に言えば、本来、腎臓が一日24時間年中無 [続きを読む]
  • 透析6か月目の透析時間の過ごし方
  • 透析を始めてから、半年。少しずつ慣れてきたかな。透析初期におきやすいといわれる不均衡症候群は、時々あるみたいで、透析中頭がちょっと痛かったり、足が攣りそうになったりするので、体調は、万全とは言えないけれど、まぁまぁ。でも保存期の最後のほうの体調から比べると、今のほうがだいぶ良いことは確かだ。透析中の過ごし方まだ透析に不慣れなことも多い私だけれど、透析中の過ごし方は、少しずつ工夫しているよ。スマホや [続きを読む]
  • 透析時間が4時間に増えたよ
  • 連休の真っ最中!先日から、透析時間が3時間半から4時間になった。最初、3時間だったのだけれどね。増やして欲しいと告げたら、時間を減らして欲しいとは良くいわれるけれど・・というお返事だった。なるほど、確かに、「透析時間が短くなる」ほうが、何となく体調が良くなった気がするのかな?でも、一生透析を続ける、ということを考えたら、早いうちから、少しでも長い透析時間に慣れておきたいものだ。もっとも4時間透析だって [続きを読む]
  • 痛み止めの麻酔シールでかぶれちゃった
  • 透析の開始は、針を2本差す。血液の「出口」と「入口」が必要だからね。穿刺は、すごく痛いと感じる方、あまり痛みは気にならない方など、痛みは、人それぞれらしいんだって。私は、さほど気にならないほうだ。でも痛くないのに越したほうはないけれど ^^痛み止めとして、痛み止めのシールを透析の1時間くらい前に貼るようになっている。透析を始めた最初の頃、シャント手術をした病院では麻酔シールは貼らなかった。ちょっと痛 [続きを読む]
  • 透析室で読書
  • 「悪医」日下部羊医療小説この人の作品は、病気になってからよく読んでいる。病院の待合室や透析室で読むのは、ブックカバーをつけたい、と思ってしまうタイトルだ^^;早期がんが転移して末期がんが進行してしまった患者様々な治療を繰り返してきた担当の医師はこれ以上の治療行為は、むしろがんの進行を早めてしまう、と判断した。治療で命を縮めるよりは、余生を有効に使って欲しいという想いから「残念ですが、もうこれ以上、 [続きを読む]
  • 猫のこと、透析について勉強することはいろいろあるみたいだ
  • 血液透析 開始から、まもなく4ヶ月目透析について、とっても初心者だ。それでも、こうやってブログで発信することにも何らかの意味合いがあるのだろうと思いつつ、綴っている。ただ、保存期の時と違い、最近は絵を描かなくなったなぁ絵を描いていたときは猫がまだ元気でいたときなんだ。猫の、あの人を食ったような表情を見ていると、面白いので、すらすらと面白い絵のイメージが沸いたものだ。猫の絵に限らず ね猫が死んじゃっ [続きを読む]
  • 透析導入後に食事指導を受ける
  • 昨年、シャントの手術をしたり、透析導入をしたりで、入院していたときに、退院間近の頃、食事指導があった。保存期では、たんぱく質制限や塩分制限などあったので、それがどう変わるか・・ちょっと興味深々というところもあったのだけれど・・結果は、たんぱく質の摂取量が増えただけで他は何だか保存期とあまり変わらないなぁ〜〜という感じなのだ。主食 ごはん 何g肉 何g 魚 何gとかうむむこれは、どうだろう・・と考え [続きを読む]
  • 透析導入前と後で、食事がとってもかわったこと
  • ようやく確定申告の記入が終了して、ほっとしているよ。もっとも、相変わらず、ビンボーな自営業だ。特に、昨年は、腎機能がぐ〜んと落ちて体調も悪かったことが多く、なかなか仕事もはかどらなかったので、散々なありさまだ。透析をしながら体調を整え、ともあれ出来ることから仕事をはじめていきたいよ。透析になる前の保存期、食事制限には気を使っていた。低たんぱく米とか、低たんぱく食減塩 カリウムの制限 など数か月に一 [続きを読む]
  • 3時間の透析時間を 今月から30分延ばしてもらう
  • 透析を始めてから、慣らしの意味もあった、3時間の透析時間を今月から30分延ばしてもらうことにした。体から血液を抜いて血を掃除するわけで、普通の腎臓なら一年365日24時間営業。腎臓治療も長時間のほうが良いはず・・と思ってしまう。透析の3時間は、まぁ、退屈でもあるけれど本を読んだり音楽を聴いたり・・最近は、透析室の無料Wifiを使ってアマゾンfire TVをモニターにつなげて映画などを観ている。ここまでくるのが、なかな [続きを読む]
  • 透析二か月目だ
  • 透析導入して2ヶ月まだまだ、慣れてはいないけれど。透析のビギナーなのだけれど、この2か月で感じたことわかっていたつもりでいても理解していなかったことが、意外と多かった。もっとも、実際の体験は透析患者にならないとわからないのだものね。1.人工腎臓は、未だ、人の腎機能のすべての代用を果たせる機能を持っていない。(それでも、人工臓器として透析はすごい技術だと思う)2.人の腎臓は体内で24時間年中無休で働い [続きを読む]
  • リンの制限について
  • リンの制限の指示が出ている。リン制限は、保存期では、ほとんど気にしていなかった。リンをたくさん含む食品、つまり、たんぱく質制限をしていたからまぁ、大丈夫だと思っていた。検査でも、リンの制限は指示されなかった。透析になると、ある程度はたんぱく質は食べたほうが良いことになるし、腎機能も、すっかり落ち、リンが排出されなくなるのかなぁ。長期間リンが体内に溜まると、骨が弱くなるらしいのだ。改めて調べてみたい [続きを読む]
  • 9割以上の腎臓病患者は、透析にならないの?
  • 先日の入院しての心臓カテーテルの検査冠動脈の検査だったのだけれども、結果は良好だった。血管は若干細くなっているところがあったけれど、処置をしなければならないほどではない、薬も現時点では必要はない、とのこと。結局、11月の息切れと呼吸困難は腎不全の症状のひとつだったのかな。ともあれ、ほっと一安心だ。透析についての考え方も、以前とだいぶ変わった。透析と聞くだけで、すごく特別なことだと思ってしまうけれど、 [続きを読む]
  • 透析になって薬が変わった
  • 透析になって、内服薬が変わったよ。週に3回、通っていて、血液検査も機会があるごとに行うから保存期で、数か月おきとは、やっぱり薬の出し方が変わるのかな。血圧を下げるためのカルシウム拮抗剤がなくなった。透析をすると、けっこう血圧が下がる時があるんだ。現在はワーファリン 血栓防止薬 フェブリク  尿酸を下げるカルフィーナ 活性型ビタミンDフロセミド 利尿剤カルベジロール αβ受容体遮断薬沈降炭酸カルシウム [続きを読む]
  • 月末に栄養指導
  • 透析を始めてから一ヶ月が過ぎた。透析の時間や血流量やドライウェイトや穿刺の場所とか服用する薬などなどいろいろなことで、試行錯誤しながらだって。一回の透析時間も3時間。もうちょっと長いほうが、毒も抜けそうだし除水も進みそうなんだけれどね、体がびっくりしないように、気を使いながら緩く慣らしているみたいだね。先日、心臓の検査入院もした。心臓にカテーテルを通して造影剤を入れての検査。2泊3日で、前後の2日 [続きを読む]
  • 自分らしく暮らしていきたいから 腎臓病とも向かい合う
  • 透析について調べてみたら、はじめた最初の頃は、急激に毒素や余計な水分が抜けたりするのでとても調子良く感じることがある・・とあったね。今は、わずか1割にも満たないけれどそれでも、腎機能は、まだ残っているから自分の腎臓+人工腎臓(透析)で、好調になるらしいのだね。まぁ、そこまで、腎機能が落ちなければ、さらに良かったのだれどこうなったのが現実だから、それはしっかり受け入れなきゃね うんうんで、体が楽にな [続きを読む]
  • 透析ライフをどうするか
  • その1その2透析ライフをどうしようかなさて、昨日が今年最初の透析だった。透析になったのを機に、もう一回、腎臓病の勉強をしなおしてみてもいいかな、とも思った。保存期では腎機能を維持することが大前提だった。そのため食事療法を学んだり、薬のことを勉強したり。腎臓が自力ではもうダメになってしまい血液透析とか始めると、これ以上自力では腎臓は守れない。透析の機械に頼ることになるのだ。週3回、数時間の透析の治療に [続きを読む]
  • 新年早々、腎臓病の話なんだけれどね^^;
  • 前回(昨年)までのお話とうとう12月に透析導入になってしまった。透析導入には、シャントを作ったり、血管が育つのを待ったり、まぁ、いろいろあるのだけれど、最初の透析、何だか、体の毒素が抜けた感じがしてほっとした。ところで、透析がはじまって最初の頃は、体内に溜まった毒素を掃除していたようだが、何度かやって、体が慣れてくると、今度は、余計な水分を抜くようにもなるんだね。ともあれ、最後のほうは、腎臓がすっか [続きを読む]
  • 初透析だぁ〜
  • 2週間前、初透析だったよ。この日がいつか来るんだよなぁ・・と思いながら保存期を過ごしていた割にあまり感慨もなかった。シャントを作って2週間縫合部も落ち着き、しっかり血管も育って、さあいよいよ透析が出来る。初透析・・う〜ん、緊張するねでも、退屈するのもなんだなぁと思い文庫本を持って行ったよ。初穿刺太い針なんで痛くなかったといえばウソだけれど、ま、こんなもんでしょう、という感じかね。穿刺の痛みには個人差 [続きを読む]
  • シャント作りをしたのだ。
  • このところ、入院したり、忙しかったりで大変だ。こんなに忙しいので、腎臓もかなり傷んでそれで透析が早まったのあかなぁ・なんて思ってもいるけれど、ま、そうしたことも、人生にはあるから。暮らしていれば、いろいろな出来事があるのはある意味、当然さ。それらを、どう受け止めるか・・これは大事なことだろう。なるようになるさ〜 明るい気持ちで歩んでいきたいよともあれ、せわしなくシャントを作ることになり入院して作っ [続きを読む]
  • シャントを作る前に
  • だいぶ記事もご無沙汰していたよ。いろいろ忙しくって。腎臓がこんなに悪いのに何でせわしないのかなぁ。苦しいのに、いろいろやらなければならない。悪い腎機能がますます悪化するじゃないか・・とぼやきたくもなるよ。でも、考えたら、まぁそういったことつまり、人生の中ではどうしようもないことだってあるさ、それを全部含めて自分が生きていくことなんだよね・・絵なんか描いている時間がないので、以前のものを使いまわし^ [続きを読む]
  • 通院日 透析の準備段階なのだ
  • 通院日クレアチニン値が、検査日ごとにどんどん上がっているね。月1.0くらいの上昇ペースだろうか。この頃は、もっとかな。もう、小数点の上下なんて、問題外なんだね ^^;今まで、0.1くらいの上下に、喜怒哀楽していた私って何だったのか・・くらいの上昇率ここまでだと我ながら、さすがに見事だと、へんに感心してしまう。ともあれ、今は6くらい一か月前の4.5くらいから、とっても上がったね。とりあえずむくみをとるため [続きを読む]
  • 腎不全の進行につき 7月、8月から増量した薬
  • 自分のための記録として書き留めておこう。いつも、薬は増えたり減ったりしている。そうしながら何とか体調を維持して、腎臓病の進行を抑えよう、という感じのようだ。透析を前提の上で・・と医師に告げられても悲壮感は、ほとんどない。でも、今は保存期なんだから、出来るだけ腎臓を保護して頑張らないと、という感覚はある。もちろん、闘病は人生の一部であるけれどすべてではないのだから、自分らしい暮らし、生き方を大事にし [続きを読む]
  • 疾患をどう受け入れるか 闘病するという意味
  • 腎機能がだいぶ落ちてきたので、透析などの代替療法の準備も考えておくことになった。ともあれ、腎機能が落ちないようにがんばってみたけれど、(そして今でもがんばっているけれど)心の持ち方が、少しそれまでと切り替わったようだ。そういったことも闘病がんばったのに腎機能が落ちてしまい、さぞかし、がっかりしているだろうと思われがちだけれど意外と、さばさばしているんだ。これから先のこと、どんな代替療法をするか日々 [続きを読む]