ちゃげ さん プロフィール

  •  
ちゃげさん: サガン サーガ
ハンドル名ちゃげ さん
ブログタイトルサガン サーガ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/chage11
サイト紹介文2019、残留争いじゃなくACL挑戦を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/02/10 15:45

ちゃげ さんのブログ記事

  • 最終戦、鹿島とドローで残留!凄まじい16位争いでした(^^;
  • TVで鹿島戦、PCでJ1試合速報を見ながら、一喜一憂の緊張した2時間でした。湘南の2点リードで、負けても名古屋より上と思ったら名古屋が追いつくし、スコアレスの鹿島戦はどっちが有利とも言えない状況で、1点入れられたらPO16位の状況。名古屋がもう1点入れて、鳥栖が0−1になったら総得点数で16位。湘南得点の場合は、名古屋と勝点差で残留。ドローで試合終了し、喜びよりホッとして気が抜けました(笑)名古屋 [続きを読む]
  • アウエー鹿島戦、この最終戦に勝って残留を!
  • 磐田、湘南、鳥栖、名古屋。磐田と勝点41で並ぶ横浜は得失点から残留は確定的。残留争いの4クラブ、勝敗ドローでいろいろなケースが考えられます。一番の問題は湘南と名古屋の直接対決ですね。得失点が残留降格の分かれ目になる可能性もあります。それでも鳥栖はドローで残留確定。もちろん、勝利を目指しますが流れでは作戦が必要になるかも・・ともあれ、入れ替え戦は何があるか分からない。ここで残留を決めよう!明治安田J [続きを読む]
  • ホーム横浜戦、逆転勝利!この勢いで鹿島にも勝ち残留を!
  • DAZNじゃなく、NHK佐賀の中継で観戦しました。サッカーに興味のない奥様はやや不機嫌(^^;鳥栖は意欲ある試合運びで、今日は大丈夫と思ったら先取点をとられ・・不吉な予感。しかし、後半で金崎のPK、トーレスのシュートと応えられない展開、勝利。いい試合で、これで残留決定の筈が・・名古屋、湘南も勝って残留決定は最終戦へ。名古屋、湘南の勝敗、ドローを計算すると組み合わせがいろいろあって・・ともあれ、鹿島に負 [続きを読む]
  • ホーム最終戦は横浜FM、残留に泥臭くても勝利を!
  • J2はドローで町田が2位内に入れず、福岡はPOを逃しました。最終戦はどこも勝利で終わりたいものです。次がないのですから・・横浜には苦手意識がありますけど、もうそんな段階じゃありません。勝たねばJ2に落ちます。もし落ちたら・・と想像するだけで悲惨な状況が浮かびます。主力が抜け、J2では上位の壁が立ちふさがる。ドローも駄目、次がアウエーで鹿島ですから・・考えると胃が痛くなります(^^;・・PK、レッドカー [続きを読む]
  • アウエー神戸戦、ともあれ貴重な勝点1ゲット
  • 残念ながら流れは神戸で、イニエスタとポドルスキの存在感は大きい。鳥栖もトーレス、金崎で対抗したが、チームの連係に差があった。ボールが繋がらず、取られるんですよね・・それでも守り抜いての勝点1はアウエーだし、内容から言ってほっとしました。選手は懸命にプレーしている。空回りしないように戦術、形を作らないといけないんだけど、来年の課題でしょうね。ともあれ、残留しないと(^^;勝点差わずかに『4』の11位・神戸 [続きを読む]
  • アウエー神戸戦でイニエスタと トーレスは注目だが、とにかく勝点3!
  • 柏が鹿島に負けて、自動降格では長崎、柏が不利となっている。不利であって決定じゃないし、16位では入替戦。期待のJ2町田はちょっと調子を落としているかな?まぁ、モチベーションとして仕方ないだろう。16位勝点を42未満とした場合、残り3試合で神戸、磐田は1勝。横浜1勝1分、湘南、名古屋、鳥栖が2勝。現時点で鳥栖は16位なので、一番不利になる。ここは、絶対2勝、つまりは神戸、横浜に必ず勝たねばならない。 [続きを読む]
  • ホーム長崎戦勝利!残留への執念で勝ち進もう
  • 同じく残留への執念を持つ長崎は強かった。熱い試合を制したのはホームの声援と権田のスーパーセーブが大きい。まさにチームが一つになり、原川のゴールも生まれたのだろう。残留すれば、鳥栖は今季の経験で大きく伸びるだろうし、降格すれば主力選手が去ってもうJ1に戻れない気がする。残り3試合、絶対残留!16位の鳥栖と18位の長崎による今季四度目の“九州ダービー”は残留争いの直接対決となった。ホームの鳥栖は直近のリー [続きを読む]
  • ホーム長崎戦、J1生き残りを賭けた九州ダービー!
  • 残り4試合。長崎(29)、神戸(37}、横浜(38)、鹿島(49)。サガン鳥栖が勝点33なので、3勝1敗で42、ギリギリセーフじゃないかと楽観的計算をしていますが、少なくとも1敗が長崎じゃ無理です。降格ラインから長崎、神戸、横浜には勝たねばなりません。特に下位の長崎には、絶対勝利!長崎も残り全勝で残留と計算してるでしょうから、ホームの強みを生かして・・でも長崎サポーターも大勢来るんですよね(^^;たまに長崎の [続きを読む]
  • 天皇杯準々決勝浦和戦、残念ながら負けました・・
  • 忘れてました。金崎は出場出来ないんでした(^^;勝って勢いをと期待しましたが、結局得点力不足が解消されてない結果となりました。熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた天皇杯準々決勝。約2カ月前、同会場で東京Vを下して勝ち上がった浦和が、今度は鳥栖と対した。U-19日本代表に招集されている橋岡 大樹、荻原 拓也がおらず、山田 直輝やファブリシオ、菊池 大介といった負傷者もいる。それでも、直近の明治安田J1で4勝 [続きを読む]
  • 天皇杯準々決勝浦和戦、やっぱり勝ちたいですね〜
  • 今のサガン鳥栖にとって、最重要事項は残留です。その為なら、天皇杯を捨てても構わないのですが、出来れば残留にプラスとなる試合になって欲しい。気を抜いて、折角仙台戦の盛り上がりを落としたくないし、勝って勢いをつけたい。ただ、仙台戦の疲れが残っている選手には無理をさせたくない。もし怪我人でも出たら目も当てられません。ラウンド16が行われた8月22日から約2カ月を経て、天皇杯準々決勝が行われる。10月24日水曜日 [続きを読む]
  • アウエー仙台戦、気迫の3−2勝利!残留に半歩前進・・
  • 監督交代で、戦術、技術等の工夫とても無理ですが、熱のこもった良い試合になりました。義希とトーレスのゴールで今日は勝てると確信しましたが、2−2に追いつかれて嫌な予感。オマリの勝ち越し得点は嬉しかったですね〜最後まで緊張感の試合の筈でしたが・・終了間近に雷雨で中断。DAZN観戦で、出勤の時間となりました。途中で3−2試合終了をスマホで確認して、やっと安心(笑)明治安田J1第30節は、上位進出を目指す仙 [続きを読む]
  • アウエー仙台戦、やはりトーレスに託したい!
  • もう目標は残留しかない。その為のトーレス、金崎、豊田。トーレスの技術と金崎の決定力と豊田の意欲をうまく連動させれば、もっと勝てた筈。波に乗れなかった要因に監督があると思うから今回の交代は賛成だけど、金明輝コーチのコメントも切迫感に欠けてる気がする。それでも雰囲気は変わると思うから、仙台戦での熱いプレーと勝利を信じましょう!残り5試合となった今季の明治安田J1。ユアテックスタジアム仙台で20日に開催さ [続きを読む]
  • ホーム湘南戦、痛恨の敗戦・・残留確率30%か?
  • 立ち直れません・・この負けは痛過ぎる・・監督が、スタメンがと愚痴る元気もない。トーレス、金崎の加入で降格の心配はないと思ってましたが、勢いが出ませんでした。残り5試合、祈るしかないかなぁ・・台風25号の接近により、開催が心配された一戦。しかし、試合開始時には台風一過となり、心配された風、雨の影響はほとんど感じられない中でのキックオフとなった。 試合は立ち上がりからホームチームがペースを握る。1分、藤 [続きを読む]
  • ホーム湘南戦、絶対に勝たねばならない直接対決!
  • 残り6試合。ホーム湘南、アウエー仙台、ホーム長崎、アウエー神戸、ホーム横浜、アウエー鹿島となります。現在の勝点30ですから、残留ラインの40以上には4勝2敗が基準。個人的に鹿島との最終戦は計算に入れたくない・・横浜戦で逃げ切りたいものです。ホームの湘南、長崎、横浜は確実に勝利し、アウエー仙台、神戸はせめて1勝1敗の計算。この厳しい状況で、湘南戦に負けると後がなくなります。吉田が復帰し、泥臭くとも勝 [続きを読む]
  • アウエー札幌戦、悲劇的敗戦・・・残留に黄信号
  • ファウルの位置は内か外か・・疑惑のPKで敗戦となったが・・ファンとしては外で都倉に高橋が倒され足が都倉にかかって、これ幸いと都倉が派手に前のめり落ちたと・・未練な身贔屓判断に判定は関係ないってなるけど、この負けは影響が大きい。16位だったG大阪は広島に勝って13位に。鳥栖は残留プレーオフの16位に。台風で延期が多い為、暫定が増えますます計算が複雑になりそう。他会場よりも一足早くキックオフされた明治 [続きを読む]
  • アウエー札幌戦、これも負けられない・・勝たないといけない一戦!
  • 調子を落としている札幌ですが、地震の影響が大きいんじゃないかな・・それならホームで勝ってサポーターを喜ばせたい気持ちはよく分かりますが・・熾烈な残留争いの鳥栖としては同情してられません。是が非でも勝点3、贅沢を言えば得失点差も残留判定になるかもなので、1点でも多く。それにしても残留争いの湘南は川崎相手にドローだし、J2で昇格を目指す福岡は熊本とJ2残留争いの京都に敗戦。これからの闘いに格上とか順位 [続きを読む]
  • アウエー柏戦、ドロー・・益々混迷残留争い
  • 権田のスーパーセーブに助けられたが、全般的には互角の試合内容だった気がする。ドローは妥当と思うしかないか。勝点3が欲しかったけど、アウエーはどうもツキがないって事で・・自分を慰めましょう(^^;トーレスと豊田の交代は・・いいんじゃないかな。結果は出なかったけど、まだ歯車のズレてるトーレスと意欲満々の豊田を比較すれば、試してみたくなる。今はとにかく残留が絶対目標!J1残留に向けて、勝点3を争う熱いバトル [続きを読む]
  • アウエー柏戦、残留争いで負けられない直接対決!
  • 13位湘南から最下位長崎まで勝点差6。混戦の残留争いもこの範囲じゃないかな。12位の名古屋はジョーの勢いで突破した感じだし。入れ替えの16位も降格圏とすれば、15位の鳥栖と16位の柏は危うい位置になある。14位横浜まで勝点29の得失点差による順位差。鳥栖戦で勝って名古屋が抜け出したように、直接対決の結果は重い。J1に残る為、負けられない一戦です。この試合も(^^;ただ・・鳥栖はアウエーに弱いんだよな〜 [続きを読む]
  • ホーム広島戦、下剋上で勝点3・・達成(^^)
  • 吉田抜きでも守備がいいなぁ・・下克上と書きましたが、今のJ1はそれほどの実力差はなく、勝敗は時の運、紙一重の結果は流れを掴んで離さなかった方の勝になりやすい。それには、ホームであるという有利が大きかったのかもしれません。試合開始前の段階では16位の鳥栖と首位の広島だったが、試合の入りから攻勢をかけたのはホームの鳥栖だった。高い位置から積極的にプレスを掛け、球際の局面では高いインテンシティーを発揮。6 [続きを読む]
  • ホーム広島戦、下克上で勝点3!
  • 代表戦と福岡ー横浜戦で気を紛らわせましたが、やはり鳥栖戦がないと寂しい。とにかく降格圏を抜けないと、福岡か大分と入れ替え戦なんて嫌です(^^;2位川崎に勝点差9の首位広島と、15位柏と勝点差3で16位のサガン鳥栖。でも名古屋の快進撃みたいに、今のJ1は順位で実力差を測れない。問題は試合の流れ、そしてホームの鳥栖は有利・・の筈です〜残留と優勝、置かれている状況は大きく異なるが、明確な目標を持つ鳥栖と広島 [続きを読む]
  • アウエーFC東京戦、負けなかったが勝てなかった・・
  • PCが故障、サブのデスクトップを起動しましたが、DAZNは観れず。win7だと駄目なようで・・仕方なくスマホ観戦となりました。怪我、体調不良でスタメンがかなり入れ替わり、それでも無失点は健闘ですが・・無得点は寂しい。まぁ、流れではFC東京の方が良かったので、ドローで文句は言いにくいのですが・・やはり勝ちたかった。もっとトーレス、金崎を生かせないかなぁ〜明治安田J1の今節の中で、唯一の日曜試合となっ [続きを読む]
  • アウエーFC東京戦、負ける気がしない〜
  • アウエーですけど、勢い、流れから鳥栖が有利な筈と言い聞かせ・・実際後半は順位関係なく拮抗していますから、大事なのはモチベーションになるでしょう。17位のG大阪は川崎に勝ち、15位だった横浜は柏に勝って14位。G大阪との勝点差は1で、横浜、柏との差は4。つまり、FC東京に勝っても負けても16位は変わりません。ただ、勝点を考えれば上に接近出来るか、下に追い上げられるかの大事な試合。トーレス、金崎の勢い [続きを読む]
  • ホームガンバ戦、遂にFW陣覚醒で快勝の3−0
  • トーレスのアシストで小野、金崎が得点。最後はトーレスのヘディング。遂に望んだ形の勝利になりました。形が現実化したんですから、これからの試合も機能する筈。少し遅くなりましたが、快進撃開始(^^)天皇杯ラウンド16・神戸戦から中3日となる鳥栖は、その試合で好プレーを見せたジョアン オマリ、三丸 拡が今季のリーグ戦では初スタメン。一方、1週間の準備期間があったG大阪は、先発3人を変更。米倉 恒貴、藤春 廣輝、藤本 [続きを読む]
  • ホームG大阪戦、残留争い相手の連敗は絶対阻止!
  • 鳥栖に勝った名古屋は14位で、負けた鳥栖は16位。勝点3の違いです。17位G大阪との勝点差は1。負ければ、長崎の結果によって最下位もあり。負けられない戦いに負けた鳥栖としては、今度こそ絶対に負けられない戦い(^^;天皇杯神戸戦で勢いがついた筈。トーレスのプレッシャーも和らいだでしょうし、出場出来なかった金崎も燃えているでしょう。ホームでもありますし、絶対勝点3!(笑)16位の鳥栖と17位のG大阪、J1残留 [続きを読む]
  • 天皇杯神戸戦、トーレス締めた得点3(^^)
  • まだ16なのにトーレスとイニエスタ対決かって注目されました。何と言ってもBSで実況中継ですから(笑)さっき録画を観終わったところです。結果の分かってる試合はダイジェストで十分と思っていますが、ベアスタの雰囲気も感じたかったし。準々決勝進出を懸けた天皇杯ラウンド16は、直近のリーグ戦から中2日のタイトなスケジュールでの試合となった。鳥栖はそのリーグ戦から先発6人を変更。三丸 拡、ジョアン オマリ、高橋 [続きを読む]