こあら さん プロフィール

  •  
こあらさん: ユーカリクリニック
ハンドル名こあら さん
ブログタイトルユーカリクリニック
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koaramate
サイト紹介文ユーカリ栽培 25年超。植木屋からみたユーカリの活用法を発信します。庭の剪定・草刈りもいたします。
自由文動物園のコアラやインコの餌に使うユーカリを栽培しています。
ユーカリ栽培農家として、他に切花やハーブティーとしてのユーカリも栽培しています。もちろん苗の販売もします。
暮らしをリフレッシュするために、簡単に利用できるユーカリのレシピを発信出来ればと思っています。
弊社のホームページ[ユーカリ農場*ユーカリ栽培]へもお越しください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/02/11 19:05

こあら さんのブログ記事

  • 過ぎたるは及ばざるがごとし
  • もう飽きたな!    雨!もっと満遍なく、降るって出来ヘンのかなぁ・・・?これでもし、明日の朝に真滝が倒れたんやけど・・。なんて電話が掛かってきたら???そういった被害は出ませんように!地震の後地盤が緩んでいるところへこの大雨!その上に台風の強風まで加わったら被害はよりいっそう大きくなりますよね。どなた様も息災で過ごせますように!合 掌 !下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 被害拡大!
  • 大阪北部地震の後、豪雨や強風で被害に遭われた方は、増える一方の様子です。昨日植木を届けてくれた卸屋さんは池田市ですが家屋は2階の壁がかなり傷んだとのことでした。被害に遭われた方に、改めて、心からお見舞い申し上げます。弊社のある大阪南部は地震の被害こそ免れましたが、その後の大雨や強風は避けられず、弊社の圃場でも週初めより週中場そして週末へと右肩上がりで被害が目に見えて増加しています。コアラのエサを栽 [続きを読む]
  • あぁ〜〜!
  • やってまった〜〜〜。by すずめ別の場所に有る大鉢だけの圃場は約2割強が傾倒していました。完全に倒れていたのは、10鉢足らずでしたが小さくても身長程度有るのでショックは右肩上がり。鉢が大きくてもユーカリが茂っていて大きければ風当たりも強いので転倒の可能性は高くなりますよね。さぁて、何か良い方法はないかな?合 掌 !下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ(文字をク [続きを読む]
  • 何が起きてる?
  • 昨夜からの強風で大鉢があっちでもこっちで倒れています。出荷前の苗や問い合わせ頂いて居る苗に今の処被害は出ませんでしたが、他の圃場のことを考えると気もそぞろです。地震の被害にあっている方々には辛い天候ですよね。お察し致します。こんな言葉は何の役にも立たないでしょうが、一日も早く不安から解放される日が来ますように!合 掌 !下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 11回目
  • 百聞は一見にしかず 11回目 ツキヌキユーカリ Eucalyptus perriniana のツボミ発見!ツボミ?なのかな?ツボミなら初めての発見です!! これがツボミかどうかが解るまでどれくらい掛かる?。キャップがついているのでツボミに間違いないと思いますが、初めてのことなので少し緊張しますね。それに、販売用なので確認できないまま売れて言ってしまうと言うことも充分に考えられますから。上の画像が苗の全体画像。ところが残 [続きを読む]
  • 大阪北部地震後の配送
  • 日頃のご愛顧感謝致します。また、地震の被害に遭われた全ての方にお見舞い申し上げます。今後の雨にも充分ご用心下さい。同じ大阪でも南部に住まいすると北部のことは想像の域を出ませんが約1週間が経過し、ライフラインもかなり復旧が進み少し落ち着きを取り戻しているようです。しかしながら、一度大きな地震を体験するとまだ大きな不安と隣あわせの生活を余儀なくされますよね。北但淡路の地震を経験した皆さんも同じでしょう [続きを読む]
  • 通販ご利用のお客様へ!
  • 日頃のご愛顧感謝致します。また、地震の被害に遭われた全ての方にお見舞い申し上げます。今後の雨にも充分ご用心下さい。現在関西圏では地震の影響が少しずつ出始め、今朝は宅配の牛乳が届きませんでした。弊社に語注のん頂いたユーカリも、発送は可能なんですがお届けまでに今まで以上の時間が掛かる模様です。何処かで一度リセットの必要が出てくると思います。現在はまだ御注文をお受け致しますが、いつものような状態でお届け [続きを読む]
  • 生きてる!
  • 今朝方の地震で被害に遭われた全ての方にお見舞い申し上げます。こんなところで立ち止まれないので、くれぐれもご自愛下さい。 こんなところで立ち止まれないので、くれぐれもご自愛下さい。出も、無理はなさらないで下さいね。余震にもご注意下さい。精神的に追い詰められていきますからね。築年数が大きく、耐震強度の少ない自宅も倒れずに持ちこたえてくれました。突き上げるような揺れでしたが、横揺れが少なかったのが幸いし [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 10回目
  • 百聞は一見にしかず 10回目 今回はお客様から届いた画像をご紹介!通販で販売中の小鳥のおやつ!インコに大好評です!! 気温の高い時期は、新鮮なままお届けすることが非常に難しいですが、試行錯誤の結果今の処何とかフレッシュな状態でお届けできています。画像は、オーストラリア原産のオカメインコです。飼い主のお客さまは、インコの喜びようが違うと賞賛してくれましたが真に受けても良いのでしょうか?嬉しそうにオカメイ [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 9回目
  • 百聞は一見にしかず 9回目(次は2桁) 今まで苗の撮影をするときはグレーのバックもしくは水色の撮影用布をバックに使って居たんですが、衣替え?です。今回は、ブラックバック! 見本の1枚はザルトレーが台にしてあって少し陳腐ですが、何か良いものが見つかるまではおそらくこのままです。シネレア(銀丸葉ユーカリ)Eucalyptus cinerea  のように葉の色が白っぽいと余計に映えます。本来の狙いは、ストロボ撮影による陰が [続きを読む]
  • 最近の傾向と注意喚起
  • いつもお引き立てを頂きありがとうございます。 数年前から、スマートフォンからの御注文が増え、それに比例するかのようにキチンと弊社にメールが届かなかったり、お客様に確認用のメールをお届けできなかったりと言うことが頻繁に起こるようになりました。いろいろとその原因を探りましたが、フリーメールやスマホや携帯電話からのメールに対してだけそういう現象が起きていると言うことが解っただけで、どうすれば改善できるのか? [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 8回目(何が違う?)
  • 百聞は一見にしかず 8回目(何が違う?) 同じ種類のユーカリを、同じように同じ環境で育てていてもこんなに違った結果になることもある。下の2枚は、同じ ムーンラグーン Eucalyptus moon lagoon ですが何があったのでしょうか? 1枚目の画像の苗は、どうしてなのか植えへの成長が止まったかのように、放射状に伸び出しました。成長点を摘み取られたわけでも無いのにこういった成長をしています。定植した苗から大きな鉢にあ [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 7回目
  • 毎回は、既に売れてしまった苗もありますが、最近の良作。 こうしてみると、栽培当初とのできの違いが一目瞭然です。以前の出来映えを恥じるよりも、成長を喜ぶことにします。 どうです?立派な苗に見えませんか?まず最初は、ウェブステリアナ Eucalyptus websteriana そして次は、テトラゴナ・シルバー Eucalyptus pleurocarpa 今までなかなか幹が太くなってこなかったんですが、発芽から2年を過ぎると幹が柔らかそうな感じか [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 6回目(今日は息抜き)
  • 毎回何か知られていないようなことを探すのは結構な困難になってきてしまうので、今回は私にストレスをためないため 息抜きです。 ベンジャミンやパキラ、はたまたミリオンバンブーなどでよく見かける編み込み。これをユーカリでもやってみよう!と言うことで、ユーカリでも編み込みやってみたと言う今風に試してみたのがこれ! どうです?試作品なのでできはまだまだ今一ですが遠目に見ると幹が太くて立派な苗に見えますよね?見 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 5回目
  • 長らくお待たせしました?  5回目は植物の不思議です。 このブログは、ユーカリの存在を広く一般の方々に知って頂くために始めましたが、今回はユーカリに限ったことではありませんがどうして定植の際に1芽植えよりも複数植えの方が成長が早いのか?また健常なのか?と言う疑問です。まずはこちらをご覧下さい。 これは、Eucalyptus pulverulenta ですが、1枚目が1芽植え。そして2枚目が向かって左に複数芽を植え付けたモノ [続きを読む]
  • 不織布ポット
  • 最近、スリットポットではなく不織布ポットでの栽培を試みていることは既に以前の記事に書き込んだ通りです。 不織布ポットを活用して、根域制限をした果樹の樹高を低いままで実を付けるという試みが以前から行われています。このことに関して、興味を持たれた方はご自分で記事検索して下さいね。根域制限をすると植物にはどういったことが起きるでしょうか?ユーカリの栽培に関して言えば通常、鉢物栽培をすれば鉢、用土の量に併せる [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 4回目(苗の生長と変化)
  • 4回目がどうなってしまうのかという心配を、何の縁もゆかりも無い方々に もしも心配をお掛けしているとしたらあまりにも心苦しいので、さっさと4回目の書き込みをいたします。 Eucalyptus lehmannii 〜レーマニー〜 葉に傷みさえ出なければこのユーカリほど綺麗な樹形で光沢の有る葉を持ったユーカリは他に無いでしょう!下の画像は先日ご覧頂いた今年定植を行うレーマニーの苗です。播種時期はお正月明け。こちらは2015年 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 3回目
  • 3回目はもう無いのか?早くもネタ切れか??と思われた方も多かったことでしょうが、じらしているわけではありませんが何かと雑用の多い今日この頃。ようやく各動物園さまへの今年度分の植え付け苗の発送も大半が終わったので3回目書き込みです。 Eucalyptus kruseana 〜クルセアナ〜 今までたくさんの花を咲かせてくれたのに一度も結実そして種子の確保と言うところにこぎ着けられなかったのですが・・・。今年は違います!し [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 2回目
  • 2回目は皆さんが余り目にすることの無いコアラのエサとして栽培しているユーカリの苗です。 Eucalyptus haemastoma 〜ハエマスとかヘマスとか呼ばれます〜 大きくなると幹にエカキムシ(ハモグリバエ)が張ったような跡が出来るので有名ですが国内ではなかなか一般に馴染みはありません。Eucalyptus microcorys 〜ミクロコリス〜  3種類目はこちら Eucalyptus punctata var. longirostrata 〜ロンギロストラータ〜と呼ばれ [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 1回目
  • 苗の状態だとこんな感じです。 Eucalyptus polybractea 〜ポリブラクティア〜 大きくなると葉は高野槇のように細くなるのにこのサイズだとずいぶん感じが違いますね。Eucalyptus risdonii 〜リスドニー〜  リスドンペパーミントと呼ばれるほどペパーミントの良い香りがするユーカリです。ペパーミントの香りのするユーカリの代表は、なんと言ってもEucalyptus pulverulenta 〜銀世界〜 ですが、リスドニーもそれに次ぐポジシ [続きを読む]
  • お願い
  • 今までに何度も繰り返しお願いしたと思いますが弊社は通信販売のサイトとしてホームページを立ち上げています。平均すると1ヶ月に2人程度の方が弊社への訪問を希望されます。正直なところ、対面販売をするほど人材を確保できていないのと人員を配置していられるほど収益を上げられないんですよね。これが、大々的に広告を打って売り子の手配をしても大丈夫なほどになれば当然人員は配置するんですが・・・。いつかそんな日が来れ [続きを読む]
  • とは言うものの
  • 朝はまだ少し肌寒く、犬の散歩にはまだ軽装では少し辛いですね。しかし、この朝夕の気温低下と日中の暖かさとの寒暖差が丈夫な苗を育てる大きな要素です。上へ上へというベクトルの大きなユーカリの苗はともすれば倒れやすく。それは苗の間だけで無く大きく成長を遂げた跡も同様です。幼苗の時期に倒れてしまうと、それはそれで自然界では重要な役割を果たすのでしょうが、家庭ではそうも言っていられません。庭の大半をあっと言う [続きを読む]
  • あとは勝手に
  • 間もなく冬越し完了です!サクラが咲くまであと少しですね。今年はどの種類も(とは言っても全部じゃ無い)ほぼ良い具合に越冬してくれて、概ね満足出来る状態です。現在うまくいっていないのは、microcorys と haemastoma 。発芽温度に大きな差はないはずですがどうも良い結果を出せません。恐らく温度環境が合わなかったんでしょう。最低温度を管理してやれないと、なかなか思い通りの成長は見込めません。でも、いろんな種類を [続きを読む]
  • 日々成長
  • あっと言う間にこんなに綺麗な苗が登場です!Eucalyptus cinerea 現在とてもナイーブな新緑です。もう少し葉が固まってきてからの方が出荷は安全ですが、すぐに気温が上がって今度は蒸れが心配になりますから今の方がタイミングとしては良いでしょう。上の Eucalyptus cinerea は、50〜60cmの仕立てタイプです。続いて、こちらは今までなかなか納得のいくモノが栽培出来なかった  pEucalyptus pleurocarpa 。今まで脇芽を出 [続きを読む]
  • 現在の苗状況
  • やはり春は近づいているんですね。知らない間にユーカリはこんなに綺麗になりました。下の画像は、Eucalyptus acaciformis 弊社ではまだ秘密兵器扱い。今年販売開始予定の現在はまだ非売品です。 Eucalyptus parvura ほど葉が細かいわけではありませんが、かなり細かな葉です。寒さにも強い種類ですのでムーンラグーンよりも生け垣に向いていますね。ビナンカズラやマングローブのように何処かに数枚色の違う葉がほぼ恒に存在し [続きを読む]