こあら さん プロフィール

  •  
こあらさん: ユーカリクリニック
ハンドル名こあら さん
ブログタイトルユーカリクリニック
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koaramate
サイト紹介文ユーカリ栽培 25年超。植木屋からみたユーカリの活用法を発信します。庭の剪定・草刈りもいたします。
自由文動物園のコアラやインコの餌に使うユーカリを栽培しています。
ユーカリ栽培農家として、他に切花やハーブティーとしてのユーカリも栽培しています。もちろん苗の販売もします。
暮らしをリフレッシュするために、簡単に利用できるユーカリのレシピを発信出来ればと思っています。
弊社のホームページ[ユーカリ農場*ユーカリ栽培]へもお越しください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/02/11 19:05

こあら さんのブログ記事

  • 百聞は一見にしかず 5回目
  • 長らくお待たせしました?  5回目は植物の不思議です。 このブログは、ユーカリの存在を広く一般の方々に知って頂くために始めましたが、今回はユーカリに限ったことではありませんがどうして定植の際に1芽植えよりも複数植えの方が成長が早いのか?また健常なのか?と言う疑問です。まずはこちらをご覧下さい。 これは、Eucalyptus pulverulenta ですが、1枚目が1芽植え。そして2枚目が向かって左に複数芽を植え付けたモノ [続きを読む]
  • 不織布ポット
  • 最近、スリットポットではなく不織布ポットでの栽培を試みていることは既に以前の記事に書き込んだ通りです。 不織布ポットを活用して、根域制限をした果樹の樹高を低いままで実を付けるという試みが以前から行われています。このことに関して、興味を持たれた方はご自分で記事検索して下さいね。根域制限をすると植物にはどういったことが起きるでしょうか?ユーカリの栽培に関して言えば通常、鉢物栽培をすれば鉢、用土の量に併せる [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 4回目(苗の生長と変化)
  • 4回目がどうなってしまうのかという心配を、何の縁もゆかりも無い方々に もしも心配をお掛けしているとしたらあまりにも心苦しいので、さっさと4回目の書き込みをいたします。 Eucalyptus lehmannii 〜レーマニー〜 葉に傷みさえ出なければこのユーカリほど綺麗な樹形で光沢の有る葉を持ったユーカリは他に無いでしょう!下の画像は先日ご覧頂いた今年定植を行うレーマニーの苗です。播種時期はお正月明け。こちらは2015年 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 3回目
  • 3回目はもう無いのか?早くもネタ切れか??と思われた方も多かったことでしょうが、じらしているわけではありませんが何かと雑用の多い今日この頃。ようやく各動物園さまへの今年度分の植え付け苗の発送も大半が終わったので3回目書き込みです。 Eucalyptus kruseana 〜クルセアナ〜 今までたくさんの花を咲かせてくれたのに一度も結実そして種子の確保と言うところにこぎ着けられなかったのですが・・・。今年は違います!し [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 2回目
  • 2回目は皆さんが余り目にすることの無いコアラのエサとして栽培しているユーカリの苗です。 Eucalyptus haemastoma 〜ハエマスとかヘマスとか呼ばれます〜 大きくなると幹にエカキムシ(ハモグリバエ)が張ったような跡が出来るので有名ですが国内ではなかなか一般に馴染みはありません。Eucalyptus microcorys 〜ミクロコリス〜  3種類目はこちら Eucalyptus punctata var. longirostrata 〜ロンギロストラータ〜と呼ばれ [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず 1回目
  • 苗の状態だとこんな感じです。 Eucalyptus polybractea 〜ポリブラクティア〜 大きくなると葉は高野槇のように細くなるのにこのサイズだとずいぶん感じが違いますね。Eucalyptus risdonii 〜リスドニー〜  リスドンペパーミントと呼ばれるほどペパーミントの良い香りがするユーカリです。ペパーミントの香りのするユーカリの代表は、なんと言ってもEucalyptus pulverulenta 〜銀世界〜 ですが、リスドニーもそれに次ぐポジシ [続きを読む]
  • お願い
  • 今までに何度も繰り返しお願いしたと思いますが弊社は通信販売のサイトとしてホームページを立ち上げています。平均すると1ヶ月に2人程度の方が弊社への訪問を希望されます。正直なところ、対面販売をするほど人材を確保できていないのと人員を配置していられるほど収益を上げられないんですよね。これが、大々的に広告を打って売り子の手配をしても大丈夫なほどになれば当然人員は配置するんですが・・・。いつかそんな日が来れ [続きを読む]
  • とは言うものの
  • 朝はまだ少し肌寒く、犬の散歩にはまだ軽装では少し辛いですね。しかし、この朝夕の気温低下と日中の暖かさとの寒暖差が丈夫な苗を育てる大きな要素です。上へ上へというベクトルの大きなユーカリの苗はともすれば倒れやすく。それは苗の間だけで無く大きく成長を遂げた跡も同様です。幼苗の時期に倒れてしまうと、それはそれで自然界では重要な役割を果たすのでしょうが、家庭ではそうも言っていられません。庭の大半をあっと言う [続きを読む]
  • あとは勝手に
  • 間もなく冬越し完了です!サクラが咲くまであと少しですね。今年はどの種類も(とは言っても全部じゃ無い)ほぼ良い具合に越冬してくれて、概ね満足出来る状態です。現在うまくいっていないのは、microcorys と haemastoma 。発芽温度に大きな差はないはずですがどうも良い結果を出せません。恐らく温度環境が合わなかったんでしょう。最低温度を管理してやれないと、なかなか思い通りの成長は見込めません。でも、いろんな種類を [続きを読む]
  • 日々成長
  • あっと言う間にこんなに綺麗な苗が登場です!Eucalyptus cinerea 現在とてもナイーブな新緑です。もう少し葉が固まってきてからの方が出荷は安全ですが、すぐに気温が上がって今度は蒸れが心配になりますから今の方がタイミングとしては良いでしょう。上の Eucalyptus cinerea は、50〜60cmの仕立てタイプです。続いて、こちらは今までなかなか納得のいくモノが栽培出来なかった  pEucalyptus pleurocarpa 。今まで脇芽を出 [続きを読む]
  • 現在の苗状況
  • やはり春は近づいているんですね。知らない間にユーカリはこんなに綺麗になりました。下の画像は、Eucalyptus acaciformis 弊社ではまだ秘密兵器扱い。今年販売開始予定の現在はまだ非売品です。 Eucalyptus parvura ほど葉が細かいわけではありませんが、かなり細かな葉です。寒さにも強い種類ですのでムーンラグーンよりも生け垣に向いていますね。ビナンカズラやマングローブのように何処かに数枚色の違う葉がほぼ恒に存在し [続きを読む]
  • 季節外れの
  • 昨夜からの季節外れの強風は、すごかったですね。まるで台風。と、言うかそれ以上。その結果、こういうことも。かなり大きなユーカリだったのに、バッタリと横倒し。道路際の木でなくて良かったと思うより他ないですね。クワバラ クワバラ合掌!下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ(文字を ) [続きを読む]
  • タネの少量購入の落とし穴
  • 弊社では原則として種子の販売は行っておりませんが、それでも余剰分のある場合のみお分けしています。そこで、良く陥る落とし穴をお知らせしておきます。1グラム当たり、2,000粒含まれるというタネがある場合。個人利用なのでそんなに必要ないので200粒だけもしくはもっと少量を分けてもらえませんか?と言うお客様がほとんどです。 細かなタネを数えることは不可能なので多くの方は0.1グラムもしくは100粒分けても [続きを読む]
  • 久々の雪景色
  • 家の近くの橋の上から 一枚目が東側方面こちらは西側方面温室のユーカリの苗と設備が心配で確認に出かけましたが、降雪の被害もなく無事でした。下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ(文字を ) [続きを読む]
  • こんなのもある
  • ユーカリは皆さんがご存じの通り700種類以上が存在します。専門店と偉そうなことを言っても私がまだ見たことの無い種類も当然あるわけで、そんな中からこれはと思うモノを毎年数種類栽培品として増やして行っています。もちろん、全く需要がなくて以後の栽培を中止する品種も出てきます。今回 紹介する苗もそういった憂き目に遭うかもしれませんが・・・。下の画像は、昨年どんなものなのかユーカリの専門書では解らないので試し [続きを読む]
  • 気温だけじゃ無いユーカリの傷み具合
  • 大阪も寒かった!今年は久しぶりに葉が寒さで真っ白になってしまいました。こんな事はもう5年以上は経験していないでしょう。下の画像は、農場のゴニオカリックス eucalyptus goniocalyx です。大きく育った木の方が寒さに強いのですが、寒さに強いのと葉の傷みは別物。人間で言う耐寒温度という八でしょうか?地面より離れた位置の方がより寒く、また風当たりも強いので葉が霜焼けで白くなっていますね。でも、これで枯れるの [続きを読む]
  • 樹木医
  • 以前は、古木に出来た洞にはには、必ずと言って良いほど下の画像のようにモルタルで朽ちた部分の穴埋めをするという処置をしていた樹木医さん達。 最近はかなり変化してきているようです。大きな洞には、奥に出来ている木質層までの朽ちた材を取り除き水洗いをした後で殺菌剤や接ぎ蝋のようなモノを塗布してからウレタン材で空洞を埋めるという外科的な処置をしていました。しかし、その外科的な処置にも誤りがあると気がついたよ [続きを読む]
  • 諸行無常
  • 今朝の散歩の途中に見つけた鳥の羽。 どの種類でしょうか?柄は鷹の羽に似ていますが・・・。本当に鷹の羽でしょうか?それともキジバトでしょうか?どうやら野良猫か何かに襲われたようです。新年早々、それもお墓の近くで襲われるなんて可哀想に・・・。合掌!下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ(文字を ) [続きを読む]
  • 災い転じて
  • いつもお引き立てありがとうございます。 前回書き込んだオーストラリアからのタネが、民営化された日本郵便の配達員のおかげでお正月だというのに再配達されて参りました!!!!!オーダーしていないのに!感動というのは、こういうことを言うんでしょうね。新年早々、私には幸先の良い出来事でした。これで、予定を前倒しして作業が進められます。寒いときの1日は非常に貴重です。高額宝くじが当たったような気分です。実際の宝 [続きを読む]
  • 早々と失敗
  • いつもお引き立てありがとうございます。 年末年始とまたがって大失敗です!31日にやっと届いたオーストラリアからのタネが、もちろん事務所不在の間に届いて、ポストには不在通知のみ。お正月にもらい受けに行くつもりでいたのに・・・。年始は4日からの営業なんだとか。早々にやってしまった。大失敗!4日まで種まきの準備をするしか無いようです。合掌!下の文字を してくれると私は喜びます。にほんブログ村 花ブロ [続きを読む]
  • 年の終わりは
  • いつもお引き立てありがとうございます。 今年最後の用事は、おじさんの弟のお葬式となりました。寂しくても、生きて行く実にとってはいろんな思いを吹っ切って明日新しい年を迎えてまた一歩踏み出すより無いわけです。私などより遺族はもっと寂しいことでしょうが、充分乗り切ってくれることだと思います。皆さんにもいろんな事があった一年でしょうが、それはもう済んだこととして、変えられないものなら明日からまた新しい年に掛け [続きを読む]
  • ホームページのご案内
  • いつもお引き立てありがとうございます。 さて、ホームページのトップページに 最新の状況をアナウンスしているのですがどうすれば効果が出るのでしょうか?20日で年内の発送を終了しますとアナウンスをしていますが、本日も数件御注文が入りました。このアナウンスをお客様に徹底するのはどうすれば良いのでしょうか?また、セキュリティーをあげざるをえないような情勢ですので弊社のホームページもセキュリティーを向上させ [続きを読む]
  • まくれ!
  • いつもお引き立てを頂きありがとうございます。異常なほどの10月の雨で遅れている得意先の庭の手入れも、かなり追い込みを掛けることが出来て少し気が楽なほどの遅延になっています。追い込みを掛けることが出来たとは言え、遅延していることに変わりは無いので、お得意様にとっては年内に綺麗になるのかどうか?非常に気をもんで居られることでしょう。一定の季節に行う仕事は、ともすればこう言う結果になってしまいます。来年こ [続きを読む]
  • 寒さに負けず
  • 寒いですね。今日は、雪までちらついています。 それでも農場のユーカリはとても元気で、この寒空の下花を咲かせています。植物の花って、暖かい時期に咲くことが多いですよね。でも、ユーカリの多くは秋から冬にかけて開花時期を迎えます。下の画像は、ロブスタ Eucalyptus robusta ユーカリ茶でお馴染みの非常に多糖体の多いユーカリです。白く見えているのは花のつぼみと一部は開花したものです。クローズアップはこちら。開 [続きを読む]
  • 耐寒訓練?
  • 急に寒くなり、今日は氷点下の地域があったようです。これで、白菜や水菜も柔らかくなりそうですね。気温が下がるのは動と言うことは無いのですが、。そんな中、同じ種類の苗をアチコチ違う場所に配置換えしています。ビニール温室にとどめて春を待つ苗・寒冷紗のみで春を待つ屋外待機の苗・全くの吹きさらし状態になった苗の3パターンで耐寒差を調査中です。調査と言えば聞こえが良いですが、まさに生死を賭けた状態でもいるわけ [続きを読む]